無料で10万円以上勝てる予想サイト

競艇のまくり戦法「ツケマイ」とは?上手い選手やレース動画

競艇のツケマイとは?

競艇のレースにおいて最も興奮する「決まり手」は何ですか?

決まり手は「逃げ・差し・まくり・まくり差し・抜き・恵まれ」の6種類。感じ方は人それぞれでしょうが、おそらく「まくり」と回答する人が多いのでは。

軸で購入している艇がトップスタートを決め、全速ターンで置き去りにしていくのは鳥肌もの!そして、さらに脳汁が噴き出すシーンがありますよね。そう…

ツケマイが決まって内側艇を沈めた時。

現在、決まり手としては表示されませんが、仮に舟券を買っていなくても最高に興奮する瞬間。まさに”究極のまくり”と呼ぶにふさわしい技だと思います。

そこで今回は、意外と理解度の低い「ツケマイ」について、基本的なことから上手な選手、凄さの分かるレース動画までまとめて紹介していきます。

無料予想だけでも勝てます

闘魂ボート

15,000円キャッシュバックの期間は残りわずか

「闘魂ボート」は歴史の浅い予想サイトですが、恐ろしい勢いで利用者数を伸ばしています。なぜなら…

  • 無料予想の的中率が高い!
  • 当たった時の回収率が高い!
  • ユーザー評価がすこぶる高い!

上記メリットは「無料予想」のみで体感できます。

競艇知識の乏しい初心者をはじめ、思うように勝てない中級者以上にもおすすめの予想サイト。大きく勝ちたいなら今がチャンスです!

利用時の注意点
1日1回の無料予想を数レース試し、メリットを感じたら継続利用しましょう。検証ではエアーでも構いません。

気になる項目へジャンプできます

競艇の「ツケマイ」とは?

競艇のツケマイとは、内側にいる艇の外側を全速でターンする戦術のこと。

内側の艇にピッタリとツケて回ることから「ツケマイ」と呼ばれていますが、ネットの情報を調べる限り正式な語源はないようです。

また、マイに関しては諸説あり。”舞う”という表現を言い換えた説や、”回る”を言い換えた説など。その為、解釈は個々の自由だと思います。

ツケマイは「まくり」の一種

現行の決まり手一覧

逃げ・差し・まくり・まくり差し・抜き・恵まれ

ツケマイは「まくりの一種」です。

決まり手は6種類のみで、ツケマイという決まり手は存在しません。よって、レース結果に記載されることはないので、あくまで戦術のひとつとして覚えておきましょう。

2008年までは決まり手の一つだった

現在はツケマイで勝利しても「まくり」と表記されますが、2008年に決まり手が統一されるまではそのまま表記されていました。

なぜ統一されたのかは不明です。ただ、ツケマイはまくりから派生した技なので、明確な見極めるのが難しかったのかも。実際、どちらか微妙なレースは多々ありますし、統一して分かりやすくしたのだと思います。

まくりとツケマイの違いは?

  • まくり :2コースより外の艇が、外側から全速旋回して1着になること。
  • ツケマイ:2コースより外の艇が、内側艇のギリギリ外側を全速旋回して1着になること。

まくりとツケマイの意味はほぼ同じ。

そのうえで違いを説明すると、まくりは2~6コースの艇が外側から攻める総称。一方、ツケマイは同様の流れで「内側にピッタリつけて強引に抑え込む」といった、より具体的な攻め方となります。

また、まくりは他艇の邪魔をせず旋回することが多い中、ツケマイは内側の艇を沈めて1着になるケースが多いです。

管理人
言葉だけで理解するのは難しいので、後ほど動画でも解説しますね!

ツケマイが効果的だと言われる理由

スタートで1艇身以上先行していたり、内側の選手が凹んでしまった場合、全速ターンでまくる展開が生まれます。しかし、スタートが揃ったり凹む選手がいない場合、まくりが決まる可能性は低くなります。

そうした状況を打破できるのがツケマイ

横並びの状態(同体)であってもお構いなし!内側艇のギリギリ外側を回り、引き波に乗せてキャビらせることが可能。

競艇のキャビるとは?意味や現象&キャビったレース動画

1周1マークでほぼ勝敗が決してしまう競技において、ツケマイ巧者であれば発動できるシーンは様々。だからこそ、効果的な技と言われているのです。

もちろん、全速ターンを抑えつける力をはじめ、ピッタリツケて回り続ける旋回力が求められるので、並みの選手には難しいでしょう。

要は、限られた選手にしかできない”まくり技術”と言えます。

ツケマイが決まりやすい条件は?

状況
穏やかな静水面

ツケマイは全速ターンで攻める戦法なので、波が立っていない静水面がベスト。江戸川のように荒れている水面では決まりにくく、外側へ流されることが多いでしょう。

状況
伸びが優れた上位モーター

モーター性能には大きく分けて「出足・伸び」がありますが、減速が必要となる差しは出足重視、ツケマイなどのまくりなら伸び重視のモーターが有利。

また、チルトを跳ねて”伸び特化”にしている選手がいる場合は、差しよりまくりで攻める可能性が高くなるでしょう。

「ツケマイ」と「先マイ」似てるけど…

ツケマイと似た専門用語に「先マイ」という用語もありますが、マイは同じでも全く違う意味を持ちます。

先マイとは、他の艇より先に回ること。誰も通っていない水面に進入して引き波を立たせ、後続艇を引き入れて失速させたり、ターンしにくくする効果があります。

ですが、先マイするには減速が必須

ターン後にスピードを乗せるまで時間が掛かってしまうので、簡単に内差しされるデメリットも。

先マイが効果的に働くのは、先頭が1艇身以上先にいっているシーン。先マイを敢行すると相手は差し構えとなり、減速しすぎてチャンスとなるケースがあります。その少ないチャンスを狙う選手は多いです。

ただし、先マイが成功する展開はそう多くありません。特に、G2以上のグレードレースに出場する選手は”捌く技術”が高く、決まる確率はそこまで高くない印象。

管理人
先マイと見せかけて差しに切り替えるトップ選手も!選手同士の駆け引きが競艇の見どころでもあります。

ツケマイを繰り出すメリット・デメリット

少し大げさに例えると、ツケマイは成功すれば天国、失敗すれば地獄。そう言っても過言ではないほど、リスクを伴った”まくり戦法”です。

では、ツケマイにはどのようなメリット・デメリットがあるのか?

ツケマイのメリット(長所)

  • 競っている艇を減速させて追い抜く
  • モーター性能をフルに発揮できる
  • 不利な状況でも逆転することが可能

ツケマイ最大のメリットは、不利な状況でも逆転できること

引き波に乗ってしまうと減速してしまい、スピードを乗せるまで時間を要します。その隙をついて一気に引き離すことができます。

それと、ツケマイは全速ターンが基本となるため、チルトを跳ねて伸びに特化した選手、そもそもモーター性能が高い選手は決まりやすい傾向にあります。

もちろん、最も大切なのはターン技術ですが、どんな選手であっても低調モーターで成功させるのは至難の業と言えるでしょう。

ツケマイのデメリット(短所)

  • 全速ターンにかかるGで膨らんでしまう
  • 内側艇に抵抗されて押し出される
  • 着外、転覆などに陥るリスクあり

ボートレースは時速60㎞を超える競技。

そのスピードで全速ターンをすると、半端ない遠心力(G)が働きます。このGを抑えることができなかった場合、外側へ大きく流れてしまい、後続の艇に抜かれるリスクがあります。

また、内側の艇に強く抵抗された時も同様です。逆に壁となって使われてしまい、自分だけ外側へ押し出されて戦線離脱してしまうケースも。

1着を狙うつもりが大きく着を落としたり、ボートを抑えきれず転覆する光景はよく目にします。

このように、ツケマイを敢行する側には大きなリスクを孕んでいるのです。

「伝説のツケマイ」と称されるレース動画

言葉のみでは理解しづらいと思うので、実際に「ツケマイ」をしている動画を紹介します。

内側艇を沈めた畑田汰一のツケマイ

期待のルーキー「畑田汰一」が魅せたお手本のようなツケマイ。

蒲郡で開催された2021年1月24日のサンベリー蒲郡いちご杯。畑田選手は3号艇(3コース)の進入となりますが、コンマ25とスタートで若干で遅れてしまいます。

何とか伸び返して1マークを迎えるも、2号艇に先行されバックストレッチで外側から2着を狙う展開。ポジション的に不利な状況かと思われましたが…

1周2マークで2号艇を沈める豪快なツケマイを敢行!

実況アナからも「好旋回の畑田汰一」と声を荒げるほど見事に決まり、そのまま抜かして2着でゴールしました。

正直、こんなツケマイをされたら2号艇に勝ち目はなし(笑)畑田汰一のターンが上手すぎただけで、トップレーサーでもまくられていたはずです。

伝説となった1億円のツケマイ【瓜生正義】

競艇界のトップを決める戦い「グランプリ(賞金王決定戦)」。

賞金1億円を懸けて6名の選手で争われ、1着を獲った者がその年の”賞金王”を手にします。(※優勝しても賞金王にならないケースあり)

2021年グランプリ決勝戦の出走メンバーは「峰竜太・丸野一樹・平本真之・瓜生正義・白井英治・毒島誠」。

当然、賞金ランキング1位で順当に勝ち進んだ「峰竜太」が断トツ人気。その証拠に、イン逃げを軸にしたオッズは万舟が1つもなく、それ以外はほぼオール万舟といった状況。

95%以上の競艇ファンは「峰の優勝」を確信していたでしょう。しかし、4コース”瓜生正義のツケマイ”により、競艇史に残す大事件を引き起こすことなります。

数秒間に起こったヤバすぎるツケマイ

ツケマイとは?伝説となった1億円のツケマイ【瓜生正義】①
ツケマイとは?伝説となった1億円のツケマイ【瓜生正義】②

ほぼ横並びのスリット隊形。1コース峰にとってイン逃げする絶好の展開であり、他の艇が1着になるのはかなり困難な状況。

ツケマイとは?伝説となった1億円のツケマイ【瓜生正義】③

しかし、瓜生の舟足は予想以上に良く、伸びで勝った瓜生は一気に幅を寄せて「通常のまくりからツケマイに切り替え」をしたように見えます。

本来はもっと外側をまくっていくのが3コースの走り方。

ツケマイとは?伝説となった1億円のツケマイ【瓜生正義】④

これだけピッタリと艇をツケられてしまうと、峰が侵入できる進路は限られてしまいます。さらに、瓜生が通過した後には引き波が立つので、この時点で勝敗は決していたと言うべきかもしれません。

コンマ07の好スタートを決めた峰竜太に対し、これほど美しいツケマイが決まるなんて…。誰一人予想できなかったのでは?

このツケマイに沈められた峰はターンマークに激突して転覆。

後続の丸野・平本・毒島も巻き込まれる大惨事となり、ゴールできたのは優勝した「瓜生正義」と、唯一かわすことができた「白井英治」の2人だけとなりました。

その結果、3連単・3連複は不成立。

峰竜太 グランプリ優勝戦で史上最高額となる返還②

ほぼ全てのファンが峰から購入していたこともあって、96.18%となる41億1426万3700円の舟券は返還。最も盛り上がるグランプリ優勝戦において、最悪の幕引きとなってしまったのです。

峰竜太に怒りを覚えるのは分かるけど…

舟券を購入していた場合、妨害失格となった峰竜太を責める気持ちは分かります。

でも、誰しも1着を獲るために死ぬ気で走っており、不利な状況を打破しようとして起こった不幸だと感じています。また、レース後にはしっかりと謝罪しています。

迷惑をかけました。油断したわけではないけど、瓜生選手が上手でした。ターンマークにぶつかる前にまくられていました。プレッシャーに負けた感じはなかったけど、うまくいかなかった。すみません。大勢の人に迷惑をかけてしまって本当にすみませんでした。

出典:スポーツ報知

なんにせよ、瓜生正義のツケマイが本当に凄すぎた

あんなツケマイを決められたら、SG常連の選手であっても1マークを乗り切るのは相当難しいはず。なので、峰選手を責めるのではなく、瓜生選手を称えるべきかと。

瓜生正義とは?賞金王2回&SG11勝を挙げる天才レーサー

峰竜太を沈めたツケマイ【菅章哉】

ツケマイが成功すると、格上相手でも勝てることを証明した一戦。

4号艇6コースにはチルト3度の元アウト屋「菅章哉」、そして6号艇2コースには艇界のスーパースター「峰竜太」。峰の前づけもあって「162354」とグチャグチャの進入隊形となったレース。

峰選手がスタートを決めて直まくりに行ったところを、菅選手も6コースから全速でまくっていきます。1マークの攻防は菅に軍配が上がりますが、2マークで再び峰の差しが届きます。

峰に内側を取られたらほぼ勝機なし。そう思った瞬間、外側から全速ツケマイが炸裂!

このツケマイがこれ以上ないほど見事に決まり、引き波で減速した峰選手を引き離すことに成功。マクール副編集長の三吉さんがおっしゃる通り、自然と声が出てしまうまさに神業w

後世に残るツケマイといっても過言ではないと思います。

管理人
まくり屋の選手は常に全速ターンなので、ツケマイの技量も高いことで知られています。

令和のまくり屋!ボートレース界では珍しい伸び特化の3選手

ツケマイが上手い&得意な競艇選手

これまでレースを見てきた中で「ツケマイ巧者」と感じた競艇選手を紹介します。ただし、紹介する以外にも上手な選手は沢山いるので、あくまで一部と思ってご覧ください。

※以下のリンクは公式プロフィールページ、または当サイトの記事に飛びます。

引退した選手(山崎智也)も含めましたが、紹介した選手は全員”ツケマイ巧者”であり、まくり技術の長けた実力者。

Youtubeで検索すれば関連動画が見つかると思うので、気になる選手がいたらぜひ調べてみましょう!

管理人
改めて感じたのは、まくり(ツケマイ)が得意な選手は上位勢ばかり。上に行くには必須テクニックなのかもしれませんね。

まとめ

競艇の「ツケマイ」という用語を知っていても、舟券予想に役立つことはないかも。ただ、ボートレースを楽しむためには必須の知識であり、知って損することはありません。

今後、自然と声が出るようになれば一端の舟券師(笑)

何も知らない時より10倍は楽しめるはずなので、理解できなかった箇所は再度チェックすることをおすすめします。

管理人
どうしても分からないことがあった場合は、コメント欄に残してもらえれば回答させていただきます。遠慮せず気軽にお声がけしてください!

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます