初心者に試してほしい舟券予想法

桐生順平とは?SGでの実績&結婚や凄すぎる年収など全て

桐生順平とは?競艇界屈指の「神速ターン」を持つ男の成績

デビュー11年目となる2017年のグランプリで優勝し、埼玉支部初となる賞金王レーサーに輝いた「桐生順平」選手。

身長160cmの小柄な体から繰り出される鋭い旋回技術は、迅速ならぬ「神速ターン」と呼ばれることも。

桐生順平は逃げてよし、差してよし、まくってよしの万能タイプ。SGでの予選落ちがほとんどない安定した強さも、トップレーサーの証と言えます。

そんな桐生選手について…

  • 基本的なプロフィール
  • 自転車競技からボートレーサーになった理由
  • デビューから初優勝まで
  • 神速ターンが炸裂した過去のレース
  • ドラマティックな2017年のグランプリ

桐生順平というレーサーが歩んできたこれまでのキャリアを紹介します。

無料予想だけでも勝てます

※約150万円の利益が出た的中画像

ゴールドシップ」の予想は爆発力もありますが、それ以外もめちゃくちゃ優れた予想サイトです。

  • 無料予想がとにかく当たる!
  • 利用者の評判がすこぶる良い!
  • 有料予想をタダ(無料pt)で試せる

無料予想のみでも凄さに気づきます。

特に、競艇でマイナス続きの「初心者・中級者」なら満足度は高いはず。本日の予想から試せるので、まだの方は今すぐどうぞ。

利用時の注意点
1日1回の無料予想を”最低5レース”は試すように。価値の判断は自分で確認しましょう!

気になる項目へジャンプできます

艇界を代表する「桐生順平」とは?

桐生順平とは、福島県石川郡出身のボートレーサー。

「学法石川」の略称で知られるスポーツの強豪校、学校法人石川高等学校に入学。高校時代は競輪選手だった兄・卓也さんの影響もあって自転車競技部に所属し、3年生の時にはインターハイ3位の成績を残しています。

桐生順平の公式プロフィール

公式画像養成所チャンプ&リーグ勝率1位「桐生順平」
名前桐生順平(きりゅうじゅんぺい)
登録番号4444(100期)
生年月日1986年10月7日
身長/体重160cm/53kg
血液型AB型
出身/支部福島県/埼玉支部

桐生順平の出場予定や直近の成績は、以下の公式プロフィールページでご確認ください。

競輪ではなく「競艇」を選んだきっかけ

桐生順平の自転車競技における実力は全国トップクラス。

しかし、高3夏のインターハイに優勝できなかったことで「これ以上続けても厳しいだろう」と諦めがつき、高校卒業と同時に自転車から身を引く決断をします。

その後、競艇選手を目指すきっかけとなったのは、父親と兄の勧め。それと、160cmというボートレース向きの体格もあったといいます。

減量苦もなく体を絞って養成所試験に臨み、3度目のチャレンジで合格通知を受け取りました。

東京五輪代表選手「新田祐大」との縁

桐生順平とは?東京五輪代表選手「新田祐大」との縁

高校時代、大きな影響を受けた1年先輩のアスリートがいます。同じ福島県出身で、東京五輪の自転車トラック種目代表として出場した「新田祐大」選手です。

白河高校在学中、新田選手はインターハイ自転車競技1kmタイムトライアルで優勝。

桐生順平とは大会や合宿などでよく顔を合わせており、人一倍努力する姿や並外れた集中力など、新田選手から学ぶことは沢山あったといいます。

新田選手はプロ入り後も、競輪競技において活躍するトップ選手。

  • G1優勝8回(2021年10月現在)
  • トラック世界選手権ケイリンで2位
  • 東京五輪でスプリント・ケイリンの2種目出場

2人はイベントや取材などで一緒になる機会があるそうです。そんな中、この2人が同じ日に揃って”偶然すぎる快挙”を果たす出来事が起こるとは…。詳細は後ほど紹介します。

2012年に結婚。嫁との馴れ初めはやまと学校

桐生順平が結婚したのは2012年10月頃。嫁(絵美さん)の写真などは公開されていません。

実は絵美さんもボートレーサー養成所試験に合格した訓練生。共にやまと学校で訓練を受けていた時期もありましたが、残念ながら卒業はできなかったようです。

ただ、養成所時代の後輩として、厳しい世界に身を置いていた絵美さん。桐生順平の妻として、各地の競艇場で活躍する桐生順平を支えています。

義兄「佐藤慎太郎」は2019年の賞金王

桐生順平とは?義兄は「佐藤慎太郎」競輪賞金王レーサー
出典:More CADENCE

2012年に結婚した桐生順平の妻、絵美さんのお兄さんはなんと「佐藤慎太郎」選手。しかも、佐藤選手は桐生順平と同じ学法石川の大先輩なんです!

佐藤慎太郎といえば、2019年の競輪グランプリ優勝者であり、その年の賞金王にも輝いたトップ選手。

生涯獲得賞金はなんと15億円を突破。史上11人目となる記録を達成し、現在もバリバリの現役で活躍しています。

それにしても、関わりの深い「新田祐大」をはじめ、義兄には「佐藤慎太郎」。全員がトップクラスの選手というのは凄すぎやしませんか(笑)

桐生順平の年収はどのくらい?

ファンの多くが気になる「桐生順平の年収額」。

詳細な額までは分かりませんが、獲得賞金額が大よその年収になるかと。そこで、年始に確定する賞金ランキングから、過去のデータを引っ張ってきました。

桐生順平が獲得した年別の賞金額

年度獲得賞金額(賞金ランキング)
2022年9,608万円(8位)
2021年1億1,611万円(7位)
2020年6,488万円(25位)
2019年1億4,964万円(4位)
2018年8,671万円(6位)
2017年2億1,224万円(1位)
2016年1億383万円(4位)
2015年8,507万円(9位)

参考までに「サラリーマンの生涯年収」から紹介します。

大学・大学院を卒業し、フルタイムで正社員を続けた場合の60歳までの生涯賃金(退職金を含まない)」は、男性で約2.7億円、女性で約2.2億円。

出典:りそなグループ

大学を卒業し、正社員として22歳頃~60歳の定年まで働いて「男性約2.7億円・女性約2.2億円」が平均の生涯年収。

では改めて、桐生順平の獲得賞金を見てみましょう。

2015年以降で最も少ない年の賞金は「6,488万円」。逆に最も獲得した2017年の賞金は「2億1,224万円」。サラリーマンの生涯年収を1年ちょっとで稼いだことになります。

なんか悲しい気持ちになるのは私だけでしょうか?これ以上深掘りするとハゲそうなので、この辺で終わらせていただきますw

管理人

お金で悩むことなんて一生涯ないはず。そのような暮らし、生まれ変わったら一度は経験したいものです。

桐生順平のデビューからG1初優勝まで

登録期100期、登録番号4444という覚えやすい数字でデビューした桐生順平。

養成所チャンプは惜しくも逃しましたが、リーグ戦勝率は7.37で1位。卒業後は埼玉支部に所属し、2007年5月に戸田競艇場でデビューしています。

華の100期生!才能あふれる同期レーサーたち

秦英悟(100期生)
秦英悟
青木玄太(100期生)
青木玄太
松尾昂明(100期生)
松尾昂明
中田元泰(100期生)
中田元泰
宮地元輝(100期生)
宮地元輝
黄金井力良(100期生)
黄金井力良
川野芽唯(100期生)
川野芽唯

100期生には「桐生順平」以外にも、注目レーサーは沢山います。

上記以外にも重要レースで活躍する選手はおり、これほど豊作だった期は数えるほどしかないでしょう。この中でも桐生順平はNo.1の実績を残しています。

デビュー期に3連対率40%超え

桐生順平のデビューは2007年5月の戸田一般開催。

初勝利は6走目。各艇のスリットが大きくバラつく中、コンマ09のトップスタートを決め、大外から豪快にまくって見事に1着を奪いました。

デビュー期は5勝する活躍を魅せ、勝てなくでも連対するレースが多かったことから3連対率はなんと42.8%

当然、同期を寄せ付けないハイアベレージを記録。勝率も同期1位の4.44を記録し、デビュー期でのB2脱出に成功しています。

師匠「西村勝」にリベンジ!戸田でデビュー初優勝

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます