出足か伸びか?チルト角度による影響とレース展開&競艇予想法

出足か伸びか?チルト角度によって変わるレース展開や競艇予想方

ボートレースの知識を覚えていく過程で必ず耳にする「チルト」というワード。チルト角度を上げる(はねる)といった使い方をされますが、何も知らないと「だから何?」となってしまうはず。

そこで今回は、知れば必ず役立つ「チルトの特徴」について深堀していきます。初心者でも理解しやすいように解説するので、3分程度お付き合い頂ければ幸いです。

以下の記事も合わせて読むとスキルアップできます。

【2021年9月】当たる競艇予想サイト

戦国ボート 見解つき予想

今最も勢いのある「戦国ボート」という予想サイト。論より証拠ということで、自腹をきって有料予想を検証した結果をまずはご覧ください。

  • 検証1回目:払戻229,500円
  • 検証2回目:払戻155,520円
  • トータル収支:回収額385,020円

驚きの回収率!この実績もさることながら、予想に至るまでの「レース見解」がマジS級なんです。もちろん外れる時もあるでしょうが、詐欺予想を経験した方ならその価値に気づけると思います。

管理人
まずは「無料予想」からお試しください。的確なレース見解に驚くはずです。

気になる項目へジャンプできます

ボートレースの「チルト」とは?

まずは「チルト」がどんな役割を果たしているのか理解しましょう。

チルトはボートに取り付ける角度のこと

ボートレースの「チルト」とは?チルトはボートに取り付ける角度のこと東スポWeb

チルトとは「ボートに取り付けるモーターの角度」のこと。チルトアジャスターという部品で調整を行い、角度を上げたり下げたりします。

チルト角度の調整は基本的に選手任せとなりますが、競艇場によっては最大角度に制限があることも。制限が設けられている理由は「事故を減らすため」であり、それだけチルト角度がレースに影響することを意味します。

管理人
余談ですが、上げることを「はねる」と表現するファンも多いので、どちらも同じ意味だと認識しておきましょう。

チルト角度は「-0.5度~3度」の8種類

-0.5度・0度・0.5度・1度・1.5度・2度・2.5度・3度

コースによって変更できない角度もありますが、現時点の環境で変えることが可能なチルト角度は以下の8つ。

管理人
2008年11月の多摩川競艇場にて、上記にはない「チルト4度」を試していた時期がありました。今となっては幻となりましたが、もし採用されていたらどうなっていたのか?少し残念ですね…

各ボートレース場の最大チルト角度

最大角度 競艇場
0.5度 戸田競艇
1度 桐生競艇
1.5度 びわこ競艇・住之江競艇・若松競艇・福岡競艇・大村競艇
2度 江戸川競艇・徳山競艇
3度
(2.5度なし)
平和島競艇・多摩川競艇・蒲郡競艇・常滑競艇・津競艇・三国競艇・尼崎競艇・鳴門競艇・丸亀競艇・児島競艇・宮島競艇・下関競艇・芦屋競艇・唐津競艇
3度
(2.5度あり)
浜名湖競艇

前述したように調整できる角度は競艇場によって違いがあります。全て覚える必要はないと思いますが、あなたがよく挑む競艇場の最大角度ぐらいは頭にしまっておきましょう。

ちなみに、最大角度が0.5度の戸田競艇、1度の桐生競艇が他より制限しているのは、コースレイアウトの幅が狭いから。特に戸田競艇は日本一狭いコース幅であり、チルト角度を上げることが危険と判断されたのでしょう。

標準となっている角度はマイナス0.5度

競艇のチルトとは?標準角度はマイナス0.5度出典:ボートレースオフィシャルサイト

現在、ほとんどの競艇選手は「チルト-0.5度」に調整しています。あくまで個人的な見解ですが、標準角度が-0.5度になっているのは以下の理由ではないか?と感じています。

2014年に「出力低減モーター」が採用され、直線の伸び勝負が難しくなる。その為、現環境に適している出足重視(-0.5度)が主流となった。

10年以上の前のレース映像を見たことはありますか?今のレースとは明らかにスピード感が違い、ホームストレッチなどで追い抜くシーンがよくあるほど。ただ、出力低減モーターに変わったことで、モーターやプロペラ重視の時代は終わったのです。

昔ながらの競艇ファンには物足りないかもしれませんが、今後もチルト-0.5度が標準のままだと思います。

チルト角度による影響やメリット・デメリット

チルト角度によってどのような影響があるのか?また、角度を変更した際のメリット・デメリットを紹介します。

角度による影響は自転車のタイヤ幅と似ている

チルト角度による影響やメリット・デメリット 影響は自転車のタイヤ幅と似ている

発揮する性能が大きく異なる「太いタイヤと細いタイヤ」の自転車。実はチルト角度による影響も、この2つの性能に少し似ていると(個人的に)感じています。

太いタイヤの場合、荒れた道でも安定して走れますが、スピードを追求することには向いていません。一方、細いタイヤの場合、安定感を求めることはできませんが、太いタイヤよりスピードを乗せることができます。

なぜこのように性能の差が生まれるのか?それは、地面との摩擦(抵抗)の大きさが違うから。同じことを「チルト」に置き換えた場合、抵抗を受けるのは水面です。

  • 角度を下げると艇先は下向きとなり、水面との抵抗は大きくなる
  • 角度を上げると艇先は上向きになり、水面との抵抗は小さくなる

この水面と接する面積の差が、走りに大きな影響を与えるのです。

管理人
参考までに、水面とボートが平行の角度が「チルト0度」。それより下向きならマイナス、上向きならプラスです。

チルト角度が最小の-0.5度だった場合

現代のボートレースで主流になっている「チルト-0.5度」の特徴から。

艇先が水面の下を向き、接水面積が大きくなるので、出足が良くなり安定感が増します。しかし、チルトをはねたボートと比較すると、抵抗が大きくなる分、直線での伸びは劣ってしまいます。

チルト角度が最大の3度だった場合

次に、最大角度の「チルト3度」に見られる特徴。

艇先が上向きとなって接水面積は小さく抵抗が少ないので、直線での伸びは向上します。ただ、コーナーでの安定感は低下し、細かいハンドル操作が難しくなります。

「-0.5度」vs「3度」どちらが有利?

チルト角度によってメリット・デメリットがある中、はたして「上げる or 下げる」のはどちらが有利なのか?正解は存在しませんが、一般的な捉え方で結論づけるなら…

主流の「-0.5度」にした方が有利

そう答えた最大の理由は、上記でも説明した「出力低減モーター」の存在。このモーターが採用されたことにより、いくらチルトをはねても”伸び”は制限されました。要は、チルトをはねる最大のメリットが軽減されてしまった訳です。

それともう一つ、チルト3度の艇を自在に操るのはA1級選手でも難しいそうです。よっぽど慣れていないと不利に働いてしまうので、敢えてそのリスクを選択する選手は少ないのでしょう。

ただし、6コースを自ら選択する「アウト屋」たちは、有利・不利など関係なくチルトをはねて走っています。

管理人
ボートレース界の絶滅危惧種と言われているアウト屋。ひりつくレースが好きな方は、該当選手たいの応援をしてあげてください!

アウト屋の競艇選手一覧!なぜ不利な6コースから?伝説の動画も

チルトをはねた選手がいた場合のレース展開予想

チルトをはねてレースに挑む選手が少なくなったとはいえ、番組表を見ているとちょこちょこ目にします。そういったレースで注意してほしいことをいくつか解説します。

チルト0度はレースへの影響は少ない

風速5m以上だったり波が高い日など、あえて「チルト0度」にする選手は多いです。出足より伸びを重視したのか?ターン時の乗り心地を優先したのか?明確な理由は分かりませんが、天候が悪い日にチルトをはねるのはよくあることです。

また、0度にしたからといってレースへの影響はそこまでないと思います。

管理人
例外として、単騎ダッシュの艇のみ0度だった場合、一撃まくりの可能性あり。その選手が格上であればより注意しましょう。

チルト0.5度~3度は何かが起きるかも

よほど天候が悪くない限り、チルトを0.5度以上にしている選手は「アウト屋」ぐらい。仮にアウト屋が番組表にいる場合は、波乱も含めた展開予想をおすすめします。ただし、以下のことは絶対にお忘れなく。

  • 競艇は「6コースが最も不利」である
  • あなたが思っている以上に”アウト屋を好きな競艇ファン”は多い

人気があるアウト屋とはいえ、さすがちょっと売れすぎじゃないか?そう感じるレースは多々あります。

あまりにもオッズが偏っているなら旨味のある配当を狙うか、どうなる全く予想できないなら見送るなど、状況に応じた判断が求められます。まぁ、自身がないレースは見が一番ですよw

【注意】江戸川競艇のチルト角度は例外

江戸川競艇のチルト角度は例外江戸川競艇の出走表

全国24ある競艇場の中で「江戸川競艇」のみ、一般的なチルト角度の常識が通用しません。もちろん、主流の「チルト-0.5度」に調整する選手もいますが、不利と言われている「0度~2度」にしている選手も同じぐらいいます。なぜ、このような事態になっているのか?

まず、江戸川競艇の特徴をご覧ください。

  • SG選手でもスタートを置きにいくほど難しい
  • 2コース以外の差しが決まりにくい
  • 24場で抜きの成功率が最も高い

上記のようになってしまう原因は「強風で水面が荒れている」から。

そんな水面状態で接水面積の大きい「-0.5度」だと影響をモロに受け、スタートを合わせるのは至難の業。また、2コース以外の差しが決まりにくく、内側が伸びないのは明らか。逆に、大外をまわした艇がバックストレッチなどで抜くシーンもよく見かけます。

以上の特徴をまとめると、チルト角度(-0.5度)で出足を求めるより、ターン後の伸びを重視した角度(0度~1.5度)が有利だと推測できます。

それと、静水面だと-0.5度の方が安定感は増しますが、江戸川ほどの波高にはその常識が通用しないようです。接水面積がより少ない(チルトをはねる)方が”乗り心地”は良くなるのかもしれません。

管理人
どちらにしても、手堅く価値を目指している方に江戸川競艇は絶対におすすめしません。ココでプラス収支を継続してる人ってほとんどいないはず。

チルトをはねている選手や参考動画

文字で説明するより、実際にチルトをはねて走っている競艇選手を紹介しますね。そして、その選手らが出走しているレース映像も合わせて載せておきます。

競艇系のユーチューバーはこちら

チルトをはねている代表的な競艇選手

選手画像 選手の詳細
チルトをはねている代表的な競艇選手「阿波勝哉」
  • 選手名:阿波勝哉
  • 生年月日:1973年4月18日
  • 最高級別:A1級
  • 所属支部:東京
  • 優勝回数:19回(一般)
チルトをはねている代表的な競艇選手「菅章哉」
  • 選手名:菅章哉
  • 生年月日:1988年7月2日
  • 最高級別:A1級
  • 所属支部:徳島
  • 優勝回数:1回(G3)・13回(一般)
チルトをはねている代表的な競艇選手「和田兼輔」
  • 選手名:和田兼輔
  • 生年月日:1986年12月28日
  • 最高級別:A1級
  • 所属支部:兵庫
  • 優勝回数:3回(G3)・10回(一般)

まず、アウト屋のレジェンド「阿波勝哉(アワカツヤ)」。全盛期の頃は最大角度(MAX3度)に調整するのが阿波仕様でした。しかし、もちペラ制度の廃止、出力低減モーターに変更されて以降は苦戦が続いています。ちなみに、現在は「0.5~1度」の調整が多いようです。

チルト3度で勝ちまくっている「菅章哉(スガフミヤ)」。おそらく、現在のボートレース界でチルト3度を最も極めている選手であり、先日のG1では2連勝するほどの実力者。G2以上の優勝もきっと成し遂げてくれるでしょう。

インコースでもチルト0度を貫く「和田兼輔(ワダケンスケ)」。10年以上前に選手生命に関わる怪我から復帰し、2017年には通産500勝を飾っています。

管理人
チルトMAXで好成績を残す「菅選手」などの影響もあり、最近はチルトをはねる選手が増えてきました。近い将来、主流の角度が変わるかもしれませんね!

チルト3度がよく分かるYouTube動画

一番上の動画を視聴すれば、チルト3度についてかなり詳しくなれます。「だったら最初に紹介しろ!」と怒られそうですが…

2,3番目の動画は、阿波勝哉が6コースから捲りきったレース映像や、チルト3度を自在に操る菅章哉の凄さが分かると思います。他にも検索すればいろいろあるので、時間があればぜひ探されてください。

まとめ

意外と理解しているようでしていない「チルト」。中級者以上の方であればしっかりと確認するでしょうが、競艇初心者だと気にも留めなかったのでは?

チルト角度によってレースに与える影響を理解しておけば、今より確実に精度の高い予想をできるようになります。もし、解説した内容で分からないことがあった場合は、この記事のコメントに質問を残してください。気づき次第、回答させていただきます。

出足か伸びか?チルト角度によって変わるレース展開や競艇予想方

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます
閉じる