競艇初心者向けの予想ハウツー

菊地孝平とは?競艇の実績&嫁・弟子・プライベートなど全て

菊地孝平とは?競艇の実績&嫁・弟子・プライベートなど全て
最新情報
2024年1月

年跨ぎで開催された地元浜名湖の一般戦。初日からオール連対の活躍で優出に進出し、優勝戦は1周2マークで先頭を走る河合佑樹を抜いて今年初Vを飾った。

2023年グランプリで炎上

賞金ランキング18位でギリギリ選出された2023年グランプリ。

トライアル1ndで結果を残せず敗退。しかし、トライアル2ndで馬場貴也が妨害失格となったうえ、ルールに救われるかたちで順位決定戦に繰り上げ選出。

6号艇出走となった最終レースは5着に入り、400万円の賞金を獲得した。

アンチ急増の菊地孝平…騒擾惹起レベルの走りにファン大炎上

2014年の賞金王レーサー「菊地孝平」。

82期「静岡三羽ガラス」の1人としてデビューし、当初からズバ抜けた才を発揮。現在に至るまで5つのSGタイトル&賞金王に輝いています。

そして、菊地孝平といえば艇界屈指のスタート巧者。どのコースからでも1マークを先取りできる唯一無二の存在です。

レースの合間も登山やランニングなど充実したプライベートを過ごしているようですが、ネット上には気になる噂がちらほら。

それらの真意をはじめ、競艇での競争実績、嫁・子供・弟子などについてまとめて深掘りしていきます!

試せば分かる優良予想サイト

一つでも該当するなら「競艇モンスター」をぜひお試しください。

  • 舟券が全く当たらない
  • 当てやすいレースを選定できない
  • 他力本願でも勝ち組になりたい

モンスターでは”勝てる予想”を無料で入手可能。無課金で利用しているユーザーも多く、長期的にプラス収支を達成しています。

さらに、期間限定で”アマギフ1000円分”のプレゼントキャンペーン実施中!

まずは無料予想から。5レースほど検証すれば凄さに気付けるはずです。

気になる項目へジャンプできます

菊地孝平とは?

菊地孝平は北海道出身、岩手県育ちのボートレーサー。

登録上の出身地が岩手県となっているのは、同じ82期レーサーである中澤和志と菊地の2名のみ。

養成所を卒業した後、選手は自由に支部を選ぶことができます。埼玉支部を選んだ同郷の中澤に対し、菊地孝平は静岡支部を選択。その理由は後の項目で解説します。

菊地孝平の公式プロフィール

公式画像菊地孝平(82期)
名前菊地孝平(きくちこうへい)
登録番号3960(82期)
生年月日1978年8月16日
身長/体重165cm/55kg
出身/所属岩手県/静岡支部
デビュー日1998年5月8日

菊地孝平の出場予定や期別成績は、オフィシャルサイトの選手ページをご覧ください。

出身地を「岩手県」に理由

菊地孝平とは?ボートレース甲子園は岩手県代表

菊地孝平は北海道札幌市で生まれ、岩手にはその後に移住。

本人曰く「厳密には北海道出身なのかも」とインタビューで話していますが、青春時代を過ごした岩手が故郷だと思っているらしい。

その為、選手会から出身地のアンケートが来た際、迷わず「岩手県」と記載。そうした経緯もあって、北海道出身ではなく、岩手県のボートレーサーになりました。

また、故郷への思いがより強くなった2011年の東日本大震災。

菊地はTシャツの売上を義援金に回すなど、被災地への支援活動を積極的に行っています。

野球に明け暮れた高校時代

菊地孝平が卒業した岩手県立不来方高校
出典:ウィキペディア

菊地孝平の出身高校は、2017年に21世枠として甲子園初出場を果たした県立不来方高校。

高校時代は野球部で3年間汗を流した一方で、成績も上位の優等生。地元の国立大学「岩手大学」に合格可能な偏差値だったとか。

しかし、競艇好きの父から「競艇選手になれ」と言われ続けたことで、高3の時にボートレーサーの進路も選択肢に加えたそうです。

「競艇の試験は絶対受からないと周りに言われたしダメ元で…」と、大学と養成所の両方を受験することに。

岩手大と養成所の両方に合格

菊地孝平とは?岩手大と養成所の両方に合格

岩手大工学部の入学試験と82期養成所試験。どちらも受験した結果、なんと両方合格。

飛行機の開発に携わる仕事を目指していた話は有名ですが、選んだのは高収入なうえに父親の願いも叶えられる競艇への道でした。

ただ、養成所へ入所してもデビューできる保証がないので、大学に籍を置いた状態で訓練生活を送ることに。

デビュー前から頭の良さを伺える行動。これも菊地がトップ選手になれた所以かもしれません

ボートレーサー養成所の成績

1997年4月、本栖研修所(現ボートレーサー養成所)に入所。実力者の多い期でしたが、その中で勝率6点台とまずまずの実績を残しています。

翌1998年の春に卒業。プロデビューが決まった時点で、在籍中だった岩手大学を中退しました。

同期(82期)の主な選手

坪井康晴(82期)
坪井康晴
赤岩善生(82期)
赤岩善生
中澤和志(82期)
中澤和志
横澤剛治(82期)
横澤剛治
作間章(82期)
作間章
谷村一哉(82期)
谷村一哉

菊地孝平の同期となる82期は、SGやG1のレースで活躍中の強者揃い。

同期最多優勝回数を誇る「赤岩善生」は、2006年の賞金王シリーズ戦の覇者。同じ岩手県出身の中澤和志は、2006年の平和島クラシックでSGタイトルを獲得しています。

よく耳にする「静岡三羽ガラス」とは、静岡支部「坪井康晴・横澤剛治」に菊池孝平を含めた3人のことです。

師匠は金子良昭、弟子は金子萌

菊地孝平とは?師匠は金子良昭、弟子は金子萌

菊地孝平の師匠は、54期の2500勝レーサー「金子良昭」。

2014年のG1競艇名人戦(マスターズチャンピオン)の覇者、SGでもダービーで2度の優出経験がある名選手です。

そして、金子良昭の次男「金子萌(はじめ)」が菊地孝平に弟子入り。デビュー7年目の2020年にA級へ昇格し、2023年7月の浜名湖MB大賞でG2初優出を果たしています。

父親からアドバイスを送ることはほとんどなく「全部、菊地君にまかせている」とのこと。それだけ信頼している存在なのでしょう。

菊地孝平の年収(獲得賞金)

獲得賞金順位
2024年
2023年78,827,000円18位
2022年96,310,000円9位
2021年79,686,000円14位
2020年105,976,000円8位
2019年84,795,000円12位
2018年85,276,000円9位
2017年100,548,000円8位
2016年134,660,500円3位
2015年47,440,000円27位
2014年169,540,000円1位

菊地孝平の年収(獲得賞金)は上記の通り。

オールスター・グランドチャンピオンと2節連続でSG制覇した2014年は、リーマンの生涯年収に匹敵する約1憶7000万円を獲得。その後も常に賞金ランキング上位に君臨し続けています。

毎年1億円ほどのお金が入ってくる生活ってどんな感じなのか?一瞬でいいので体感してみたい…

菊地孝平の家族やプライベート

生涯獲得賞金が18億円を超える菊地孝平。

一流レーサーの象徴ともいえる高級車は推定1000万円のリンカーン・ナビゲーター。また、交友関係の広いレーサーとして知られ、私生活で華やかな情報が散見されます。

とはいえ、家族に関するネット記事はほぼ皆無ですが、SNSやYouTubeで意外な一面を知ることができました。

菊地孝平は既婚者。嫁と2人の子供か?

菊地孝平には奥さんと子供がいます。家族構成については公表されていませんが、本人発信のSNSには家族の姿が垣間見える投稿も。

まず、娘の存在を明かした過去のツイート。プール教室を辞めようとした際の不満を漏らすツイートで確認できました。

菊地孝平は既婚者。嫁と2人の子供か?

また、娘だけでなく息子がいることもインスタグラムで確認。親子で富士登山にチャレンジした画像が見られます。

以上の情報から、菊地孝平には嫁さんと2人のお子さんがいるのはほぼ間違いなし。

登山・キャンプ・トレランなど多趣味

菊地孝平とは?登山・キャンプ・トレランなど多趣味
引用元:菊地孝平公式インスタグラム

レース外の菊地孝平はとにかくアクティブ。

自信のインスタグラムには「マラソン・キャンプ・トレラン・サーフィン・スキー・登山」等々。多忙なボートレーサーとは思えないほど動き回っていますw

さらに驚きなのが、本格的なキャンプ場を自ら作ってしまう器用さ。以下の動画を見れば衝撃を受けるはず。

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます