初心者に試してほしい舟券予想法

毒島誠とは?SG常連でG1完全優勝も果たしたナイターキング

毒島誠とは?SG常連でG1完全優勝も果たす競艇ナイターキング

これまで最高峰のSG競争で7勝。ここ数年は賞金ランキング上位、そしてグランプリの常連として安定した成績を残している「毒島誠」選手。

そもそも「毒島」という苗字を何と呼ぶのか分かりますか?

一般的にあまり知れ渡っていない苗字ですが、競艇ファンであれば「ぶすじま」と一瞬で解ります。それほど競艇界には欠かせない選手なんです。

生涯獲得賞金は12億円超え。このままいけばランキングトップ10も時間の問題でしょう。

また、多彩な趣味やライフワークとしている慈善活動など、競艇場を離れたところでの活動も注目されています。

管理人

92期の出世頭であり、今では群馬支部のエースにまで成長した毒島選手のこれまでを振り返っていきましょう

無料予想だけで勝てる!

グリーンベレー」はこんな予想サイト。

  • 無料予想がとにかく当たる
  • 有料予想をタダ(無料pt)で試せる
  • リピート率がすこぶる高い

競艇でマイナス続きの「初心者・中級者」なら満足度は高いはず。勝ち組になりたいならぜひお試しください!

管理人
1日1回の無料予想を5レースは検証するように。最終的な評価はあなたの目で確認しましょう。

気になる項目へジャンプできます

ボートレーサー「毒島誠」とは?

毒島誠は群馬県桐生市で生まれ、現在は高崎市在住という生粋の群馬っ子。92期生として2003年にデビューし、通算優勝回数はSGで7回、G1で12を含む計60回以上。

元ボートレーサーの妻(池田幸美)を持ち、師匠はイン屋としても有名な江口晃生選手、弟子は伊久間陽優。

毒島誠の公式プロフィール

公式画像毒島誠とは?毒島誠のプロフィールと生い立ち
名前(かな)毒島誠(ぶすじままこと)
登録番号4238(92期)
生年月日1984年1月8日
身長・体重162cm・55kg
血液型B型
出身/支部群馬県/群馬支部

「毒島」は群馬特有のレア名字

毒島誠とは?「毒島」は群馬特有のレア名字

名字のポータルサイト「名字由来net」によれば、毒島という名字の人は全国におよそ910人、全人口比0.0007%というレアな存在。

さらに「毒島」という名字は、群馬県桐生市の周辺地域だけで全国の7割近くを占めているそうです。

2018年にはNHK『ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!』での「名乗りづらい名字」に取り上げられ、毒島誠本人も出演されていましたw

約1600名いるボートレーサーの中で、毒島姓を持つのはもちろん毒島誠選手だけ。プロスポーツ全体に範囲を広げると、同じく群馬県桐生市出身のプロ野球選手が1名だけいましたw

管理人

桐生高校からプロ野球の東映に入団し、日本一となった1962年には外野手のレギュラーとして活躍した名選手です。

妻・幸美さんは元競艇選手(池田幸美)

毒島誠の妻「幸美」さんは、2009年まで「池田幸美」として現役で走っていた元ボートレーサー。

出会いは幸美さんの地元である三国競艇場。

同じ競艇強にあっせんされ、5年先輩の幸美さんとレース場で会話を重ねるうちに、プライベートでも仲良くなったとブログには書かれています。

福井支部の82期レーサーとして1998年にデビューし、通算150勝で2009年の年末に引退した幸美さん。結婚の時期は非公表ですが、幸美さんの引退と関係していたのは間違いないでしょう。

現在は1男1女の4人家族となった毒島家。ボートレーサーという仕事に対する理解がある幸美さんの存在は、毒島誠にとって大きな支えとなっているようです。

競艇選手を目指すきっかけは「柴田光」の一言

高校卒業後の進路に悩んでいた当時、高校2年生の時にボートレーサーを志すきっかけとなる出会いが訪れます。

桐生市役所の採用試験を控えていた中、友人の叔父さんの家へ遊びに行ったことが大きな転機に。その叔父さんの名は「柴田光」選手。

群馬支部68期の現役ボートレーサーだったのです。

毒島誠とは?競艇選手を目指すきっかけは「柴田光」の一言

自宅に飾ってあった優勝トロフィー眺めていた毒島誠に、柴田選手が言葉をかけます。

君、背が小さいから選手に向いてるね

この一言で、自分にもボートレーサーになれる可能性があることに気づいたそうです。進路を競艇の世界に定め、高3の1年間は学科試験対策と体力づくりに費やしたといいます。

とはいえ、狭き門であるボートレーサー養成所試験。それでも競艇界への夢を諦めず突き進んだ結果、見事に一発合格を果たしました。

今では同じ群馬支部で先輩後輩の関係となった柴田と毒島。すべては少年期の出会いと「選手に向いてるね」の一言がはじまりだったのです。

毒島誠のデビューから新鋭王座優勝まで

毒島誠とは?デビューから新鋭王座優勝まで

毒島誠は92期生として養成所を卒業し、2003年5月に19歳でデビューしました。師匠は2020年に24場制覇を達成したSG2勝レーサーの「江口晃生」です。

毒島誠の同期(92期)レーサー

デビュー時点では28名いた92期。SGを勝ったレーサーは毒島誠しかいません。

SGに出走経験があるレーサーは毒島誠以外に3名いますが、3名ともに「G1優勝1回、SGクラシックで準優進出経験あり」という共通項があります。

妹も元ボートレーサー「大峯豊」

公式画像毒島誠とは?同期(92期)レーサー「大峯豊」
名前(かな)大峯豊(おおみねゆたか)
登録番号4237(92期)
生年月日1983年10月14日
身長・体重171cm・56kg
血液型AB型
出身/支部山口県/山口支部

デビューの年には同期トップタイとなる10勝を挙げ、2010年の中国地区選手権で初G1制覇を達成した大峯選手。

SG出場は年1回前後ですが、2007年後期からA1級を守り続けています。妹の大峯明菜さんも1期後輩の93期でデビューし、2009年まで現役で走っていた元レーサーです。

2009年の地元記念でG1初優勝「安達裕樹」

公式画像毒島誠とは?2009年の地元記念でG1初優勝「安達裕樹」
名前(かな)安達裕樹(あだちゆうき)
登録番号4227(92期)
生年月日1983年2月12日
身長・体重166cm・54kg
血液型166cm・54kg
血液型
O型
出身/支部三重県/三重支部

新人時代はスタート事故に苦しんだ安達選手。

大峯選手と同じく2007年から調子がグンと上向き、2009年の地元津G1で自身初の記念優勝を達成しました。

2018年のクラシック以来SG出場からは遠ざかっていますが、2021年は優出9回優勝2回と一般開催で活躍中。2回目のG1優勝、そしてSG戦線への復帰を期待したいところです。

養成所リーグ戦勝率1位「松村敏」

公式画像毒島誠とは?養成所リーグ戦勝率1位「松村敏」
名前(かな)松村敏(まつむらさとし)
登録番号4236(92期)
生年月日1983年9月17日
身長・体重170cm・53kg
血液型O型
出身/支部熊本県/福岡支部

養成所リーグ戦では勝率1位を記録した松村選手でしたが、初優勝は2009年とデビュー後の苦労が続きました。

本来の実力が開花したのは2015年。3月の平和島ダイヤモンドカップで初のG1優勝を達成し、その年のダービーでSG初出場を果たします。

松村選手も4年半以上SGへの出場がなく、2021年前期は出走回数不足でB1級降格という屈辱も味わいました。ただ、後期でA1に復帰した後は2回の優勝を飾るなど、調子を取り戻しています。

4節目で初勝利。4年目で初優勝

毒島誠のデビューは2003年5月の桐生一般開催。

初戦は大外6コースからコンマ03のタイミングで3着と健闘します。ただ、その後は桐生の不安定な風と水面に苦しんでスタートを合わせることができず、デビュー節は「35536656」という結果に。

初勝利はデビュー4節目となる多摩川の初日1レース。コンマ14のトップスタートで大外から豪快にまくり切り、デビュー25走目での水神祭となりました。

最終日でも1着を獲り、この節だけで2勝をマークします。

そして、初優勝はデビュー4年目の2006年9月。自身2度目のあっせんとなる鳴門の一般開催。

予選で3勝を挙げ、準優では3コースから2着に食い込む好成績。優勝戦は5コース進入となり、ほぼ互角のスタートから間隙を縫ってのまくり差しが見事に決まって1着でゴール。

92期では一番乗りとなる初優勝の水神祭を挙げました。

新田雄史との大激闘を制す!2010年新鋭王座V

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます