無料で10万円以上勝てる予想サイト

毒島誠とは?SG常連でG1完全優勝も果たしたナイターキング

毒島誠とは?SG常連でG1完全優勝も果たす競艇ナイターキング

これまで最高峰のSG競争で7勝。ここ数年は賞金ランキング上位、そしてグランプリの常連として安定した成績を残している「毒島誠」選手。

そもそも「毒島」という苗字を何と呼ぶのか分かりますか?一般的にあまり知れ渡っていない苗字ですが、競艇ファンであれば「ぶすじま」と一瞬で解ります。それほど競艇界には欠かせない選手なんです。

難水面で知られる桐生競艇場で磨いた技術をレースで発揮し続け、生涯獲得賞金は12億円を超えています。このままいけばランキングトップ10も時間の問題でしょう。

最強の競艇選手まとめ!歴代賞金王&生涯獲得賞金ランキング

また、多彩な趣味やライフワークとしている慈善活動など、競艇場を離れたところでの活動も注目されています。

管理人
92期の出世頭であり、今では群馬支部のエースにまで成長した毒島選手のこれまでを振り返っていきましょう!
正直、勝ちたいなら利用しないと損です

「グリーンベレー&モンスター」の特徴を簡単に説明すると…

  • 無料の的中率がすこぶる高い
  • 利用者の評判がすこぶる良い
  • 0円で予想の仕方を学べる

「初心者~中級者」におすすめしたい予想サイトです。爆勝ちできる予想ではありませんが、手堅くプラス収支をアシストしてくれるはず。

管理人
まずは無料予想をどちらも数レース試し、買い目など相性の良い方を継続しましょう!

気になる項目へジャンプできます

ボートレーサー「毒島誠」とは?

毒島誠は群馬県桐生市で生まれ、現在は高崎市在住という生粋の群馬っ子。92期生として2003年にデビューし、通算優勝回数はSGで7回、G1で12を含む計60回以上。

元ボートレーサーの妻(池田幸美)を持ち、師匠はイン屋としても有名な江口晃生選手、弟子は伊久間陽優。

毒島誠の公式プロフィール

公式画像 毒島誠とは?毒島誠のプロフィールと生い立ち
名前(かな) 毒島誠(ぶすじままこと)
登録番号 4238(92期)
生年月日 1984年18
身長・体重 162cm・55kg
血液型 B型
出身地 群馬県
所属支部 群馬支部

「毒島」は群馬特有のレア名字

毒島誠とは?「毒島」は群馬特有のレア名字

名字のポータルサイト「名字由来net」によれば、毒島という名字の人は全国におよそ910人、全人口比0.0007%というレアな存在。さらにこの名字は、群馬県桐生市の周辺地域だけで全国の7割近くを占めているそうです。

2018年にはNHK『ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!』での「名乗りづらい名字」に取り上げられ、毒島誠本人も出演されていましたw

1600名いるボートレーサーの中で、毒島姓を持つのはもちろん毒島誠選手だけ。プロスポーツ全体に範囲を広げると、同じく群馬県桐生市出身のプロ野球選手が1名だけいました。

管理人
桐生高校からプロ野球の東映に入団し、日本一となった1962年には外野手のレギュラーとして活躍した名選手です。

妻・幸美さんは元競艇選手(池田幸美)

毒島誠の妻「幸美」さんは、2009年まで「池田幸美」として現役で走っていた元ボートレーサーです。

出会いは幸美さんの地元である三国競艇場。同じ競艇強にあっせんされ、5年先輩の幸美さんとレース場で会話を重ねるうちに、プライベートでも仲良くなったとブログには書かれています。

福井支部の82期レーサーとして1998年にデビューし、通算150勝で2009年の年末に引退した幸美さん。結婚の時期は非公表ですが、幸美さんの引退と関係していたのは間違いないでしょう。

現在は11女の4人家族となった毒島家。ボートレーサーという仕事に対する理解がある幸美さんの存在は、毒島誠にとって大きな支えとなっているようです。

先輩レーサー「柴田光」の一言で競艇の道へ

高校卒業後の進路に悩んでいた当時、高校2年生の時にボートレーサーを志すきっかけとなる出会いが訪れます。

とりあえず桐生市役所の採用試験を受ける準備を進めていた中、友人の叔父さんの家へ遊びに行ったことが大きな転機となりました。その叔父さんの名は「柴田光」選手。群馬支部68期の現役ボートレーサーだったのです。

公式画像 毒島誠とは?先輩レーサー「柴田光」の一言で競艇の道へ
名前(かな) 柴田光(しばたひかる)
登録番号 3532(68期)
生年月日 1971年12月6日
身長・体重 167cm・58kg
血液型 O型
出身地 群馬県
所属支部 群馬支部

自宅に飾ってあった優勝トロフィー眺めていた毒島誠に、柴田選手が言葉をかけます。

君、背が小さいから選手に向いてるね

この一言で、自分にもボートレーサーになれる可能性があることに気づいたという毒島誠。高校卒業後の進路を競艇の世界に定め、高31年間は学科試験対策と体力づくりに費やしたといいます。

とはいえ、狭き門であるボートレーサー養成所試験。そのチャレンジを聞いた両親や担任からは猛反対を受けたそうですが、それでも競艇界への夢を諦めず突き進んだ結果、見事に一発合格を果たしました。

今では同じ群馬支部で先輩後輩の関係となった柴田と毒島。すべては少年期の出会いと「選手に向いてるね」の一言がはじまりだったのです。

毒島誠のデビューから新鋭王座優勝まで

毒島誠とは?デビューから新鋭王座優勝まで

毒島誠は92期生として養成所を卒業し、20035月に19歳でデビューしました。師匠は2020年に24場制覇を達成したSG2勝レーサーの「江口晃生」選手です。

毒島誠の同期(92期)レーサー

デビュー時点では28名いた92期。2021年現在、SGを勝ったレーサーは毒島誠しかいません。

SGに出走経験があるレーサーは毒島誠以外に3名いますが、3名ともに「G1優勝1回、SGクラシックで準優進出経験あり」という共通項があります。

妹も元ボートレーサー「大峯豊」

公式画像 毒島誠とは?同期(92期)レーサー「大峯豊」
名前(かな) 大峯豊(おおみねゆたか)
登録番号 4237(92期)
生年月日 1983年10月14日
身長・体重 171cm・56kg
血液型 AB型
出身地 山口県
所属支部 山口支部

デビューの年には同期トップタイとなる10勝を挙げ、2010年の中国地区選手権で初G1制覇を達成した大峯選手。

SG出場は年1回前後ですが、2007年後期からA1級を守り続けています。妹の大峯明菜さんも1期後輩の93期でデビューし、2009年まで現役で走っていた元レーサーです。

2009年の地元記念でG1初優勝「安達裕樹」

公式画像 毒島誠とは?2009年の地元記念でG1初優勝「安達裕樹」
名前(かな) 安達裕樹(あだちゆうき)
登録番号 4227(92期)
生年月日 1983年2月12日
身長・体重 166cm・54kg
血液型 O型
出身地 三重県
所属支部 三重支部

新人時代はスタート事故に苦しんだ安達選手。大峯選手と同じく2007年から調子がグンと上向き、2009年の地元津G1で自身初の記念優勝を達成しました。

2018年のクラシック以来SG出場からは遠ざかっていますが、2021年は優出9回優勝2回と一般開催で活躍中。2回目のG1優勝、そしてSG戦線への復帰を期待したいところです。

養成所リーグ戦勝率1位「松村敏」

公式画像 毒島誠とは?養成所リーグ戦勝率1位「松村敏」
名前(かな) 松村敏(まつむらさとし)
登録番号 4236(92期)
生年月日 1983年9月17日
身長・体重 170cm・53kg
血液型 O型
出身地 熊本県
所属支部 福岡支部

養成所リーグ戦では勝率1位を記録した松村選手でしたが、初優勝は2009年とデビュー後の苦労が続きました。本来の実力が開花したのは2015年。3月の平和島ダイヤモンドカップで初のG1優勝を達成し、その年のダービーでSG初出場を果たします。

松村選手も4年半以上SGへの出場がなく、2021年前期は出走回数不足でB1級降格という屈辱も味わいました。ただ、後期でA1に復帰した後は2回の優勝を飾るなど、調子を取り戻しています。

4節目で初勝利。4年目で初優勝

毒島誠のデビューは2003年5月の桐生一般開催。

初戦は大外6コースからコンマ03のタイミングで3着と健闘しますが、その後は桐生の不安定な風と水面に苦しんでスタートを合わせることができず、デビュー節は「35536656」という結果に。

初勝利はデビュー4節目となる多摩川の初日1レース。コンマ14のトップスタートで大外から豪快にまくり切り、デビュー25走目での水神祭となりました。最終日でも1着を獲り、この節だけで2勝をマークします。

そして、初優勝はデビュー4年目の2006年9月。自身2度目のあっせんとなる鳴門の一般開催でした。

予選で3勝を挙げ、準優では3コースから2着に食い込む好成績。優勝戦は5コース進入となり、ほぼ互角のスタートから間隙を縫ってのまくり差しが見事に決まって1着でゴール。

92期では一番乗りとなる初優勝の水神祭を挙げました。

新田雄史との大激闘を制す!2010年新鋭王座V

毒島誠のG1初タイトルは、浜名湖で開催された2010年の新鋭王座決定戦でした。

予選を「31323」で切り抜けて準優は3号艇となりますが、外から2艇が動いて進入は5コースに追いやられます。

不利な状況になるかと思われましたが、スタートでスローの内3艇が全員フライングというまさかの展開に。毒島誠はラッキーな形で1着を獲り、優勝戦への出場を果たします。

3コースで迎えた優勝戦は、内側2コースの新田雄二選手とスリットで同体となり、11マークから激しい競り合いを繰り広げます。抜きつ抜かれつの攻防は最終ターンマークまで続きましたが、最後は頭ひとつ抜け出した毒島選手に軍配。

ゴール後のバックストレッチで見せた、感情むき出しのガッツポーズが印象的でした。

毒島誠の強さがわかるSG・G1戦歴

毒島誠のSG初出場は、浜名湖で開催された2010年の笹川賞(オールスター)。

実力を上げてSG常連となった2013年には、若松のオーシャンカップで初優出(3着)。そして、この開催から2021年末のグランプリまですべてのSGに出場し続ける強さ!さらには安定感を兼ね備えたレーサーに成長しています。

夏の丸亀ナイター・MB記念でSG初優勝

毒島誠がはじめてSGの栄冠をつかんだのは、オーシャンカップ初優出の余勢を駆って臨んだ2013年8月のモーターボート記念(メモリアル)でした。

予選突破には整備による機力の底上げが必要な状況。ただ「前検から1走ごとに舟足が良くなっている」という本人のコメント通りに調子が上向き、予選では差しを2本決めて「311333」の4位で準優に進出。

2号艇ながら深川真二選手の前付けによって3コース進入となった準優でも、コンマ06のスタートで内2艇を沈めて1着。SGVが大きく近づく優勝戦1号艇をゲットします。

枠なり進入となった優勝戦は、スロー3艇による激しいスリット合戦に。

1コース毒島誠はコンマ02という最高のスタート。しかし、後輩ながらすでにSGを獲っている3コース篠崎元志選手は合わせきれず、痛恨のフライングとなってしまいます。

丸亀の場内が騒然とする中、絶好のスタートを切った毒島誠。冷静な1マークのターンで差しを狙う2コース平石選手の追撃を振り切って、デビュー10年3ヵ月で悲願のSGタイトルを手にしました。

毒島誠が「ナイターキング」と呼ばれる理由

毒島誠といえば「ナイターキング」の異名でもよく知られています。

調べた限り、普段からナイターレースでの勝率が格段に高い訳ではありませんが、グレードの高いレースになると話が変わってきます。

地元のナイター水面である桐生競艇場では、これまで記念開催(G1赤城雷神杯)で2回の優勝(20152020年)を飾っています。さらにSGに目を向ければ、毒島誠が過去に制した7回のSG優勝のうち6回がナイター開催でした。

毒島誠とは?「ナイターキング」と呼ばれる理由

最近はナイター開催が主流となっている夏のMB記念で3回の優勝を記録しています。

また、これまでSGで優勝した競艇場(丸亀、下関、若松、大村、児島、蒲郡)がすべて海水面であることも、チェックしておくべきポイントです。

三国競艇の周年記念(G1)で完全優勝!

三国の「68周年記念G1北陸艇王決戦」において、5年に1度程度しか現れない偉業を達成!皆さんの記憶にも新しいと思いますが…

全てのレースを1着で勝ち抜く完全優勝を果たしました!

このG1は私も参戦していましたが、毒島選手の強さは”異常”と呼ぶにふさわしい強さ。運良くその異変に気付いた2レース目から毒島選手を100%信頼することができたので、彼を軸とする舟券はオール的中。

その様子は文字で説明するより実際のレース動画で確認してください。正直、こんな毒島選手に太刀打ちできる選手なんている訳ないw

全階級が混在する一般戦ならまだしも、A1選手しか出場資格のないG1レースで完全Vをしてしまうとは・・。ちなみに、過去にG1以上で完全優勝を達成した選手はこれしかいません。

  • 1999年~松井繁(G1)
  • 2000年~高山秀則(G1)
  • 2001年~市川哲也(SG)
  • 2002年~今村豊(G1)
  • 2008年~中島孝平(G1)
  • 2015年~中島孝平(G1)
  • 2017年~遠藤エミ(G1)
  • 2021年~毒島誠(G1)

モンスター級のモーターに毒島誠を乗せてしまうとマジやばいです(笑)

競艇の完全優勝まとめ!SG・G1で偉業達成した選手たち

歴代最多!SG連続出場記録更新中

毒島誠とは?歴代最多!SG連続出場記録更新中出典:東スポ 師匠の江口晃生(右)

2021年のグランプリ終了時点で、毒島誠はSGの連続出場回数を「69」にまで伸ばしています。これは現役選手だけでなく歴代でも最多の数字です。

安定した成績を残し続けるのはもちろんのこと、いくら実力があっても記録が途切れてしまうケースに「フライング休み」があります。

過去には賞金王レーサー「松井繁」選手が2018年のマスターズチャンピオンでフライングを切り、罰則休の期間が7月のオーシャンカップと重なったことで、6年間にわたる連続出場が47回でストップしたケースも。

開催のスケジュールから逆算して「○月○日以降にFを切ったら〇〇のSGに出られない」という目安が立つため、選手たちも一定の時期からスタートに気をつけることが多いようです。

競艇選手の心理状態にヒントあり!ワンランク上の舟券攻略法

毒島誠もこの記録継続中に合計5回のフライングを切っています。ただ、いずれもSG除外に該当することなく切り抜けています。

202111月のチャレンジカップ予選でもフライングしていますが、F休みは翌年1月下旬からの30日となるため、20223月に行われるクラシック出場への影響はありません。

管理人
毒島選手のSG連続出場記録は抜かれないんじゃ?と思うぐらいの偉業。この実力と安定感、マジ半端ねぇっすw

デビュー19年目にして初のファン投票1位

順位(前年) 選手名 得票数
1位(4位) 毒島誠 26,575
2位(2位) 西山貴浩 24,575
3位(5位) 守屋美穂 23,934
4位(-) 池田浩二 18,334
5位(10位) 白井英治 17,180
6位(8位) 平高奈菜 13,088
7位(-) 菅章哉 12,413
8位(9位) 平山智加 11,058
9位(7位) 桐生順平 10,704
10位(20位) 濱野谷憲吾 10,550

2021年に行われた第48回オールスターの投票時は、峰竜太・大山千広・西山貴浩に次ぐ4位。

そうして迎えた2022年のオールスター投票。三国G1で完全優勝するなどの活躍をしたこともあり、26,575もの得票数を得て「自身初のファン投票1位」を獲得!

出場停止となった峰竜太が不在だったのもプラスに働きましたが、それ抜きでも1位になっていた。私はそう感じています。また、ファン投票1位の知らせを受けて…

「幸せです。頑張ってよかった」と意気込みを語っています。

SGオールスター(笹川賞)を攻略!予想展望や注目モーターなど

毒島誠の多彩な趣味や社会活動

「好奇心が止まらない人間」だと自らも認めている毒島誠。

競艇を離れたところでの、さまざまな趣味や社会活動でもよく知られています。2020年には災害復興支援の功績が認められ、国から褒章を受け取りました。

釣り歴は約30年!1mオーバーのマグロも

毒島誠とは?1mオーバーのマグロもゲット!釣り歴は約30年

競艇と同じく水に関係するからか、趣味が釣りだというボートレーサーは少なくないようです。毒島誠も小学4年生の頃から川釣りやルアー釣りで遊んでいたそうで、選手になってから海釣りにハマったといいます。

釣りはオフのいい気分転換となっており、次のレースに向けて心を整えている感覚もあるそうです。

海釣りでは111センチ、24キロのキハダマグロを釣り上げたこともある毒島誠。各地のレース場へ行っても、水の中にどんな魚がいるのかチェックを欠かさない筋金入り。

ちなみに、魚の姿がよく見えるのは鳴門競艇場だとかw

ロードレースチームの総監督として鈴鹿8耐にも出場

毒島誠とは?ロードレースチームの総監督として鈴鹿8耐にも出場

かつては2輪の最高峰・MotoGPクラスにも参戦していた青木選手。同じアスリートとしてお互いを尊敬し合う仲の毒島誠に「総監督やらない?」と声を掛け、即答したことですぐに話がまとまったそうです。

ボートレースとロードレース、2つのモータースポーツが交流する架け橋になることを目指し、2018年にレーシングチーム「Moto Map Supply」の毒島総監督に。その年の鈴鹿8耐にも出場を果たしています。

被災地支援の功績で「紺綬褒章」を受章

毒島誠とは?被災地支援の功績で「紺綬褒章」を受章出典:西日本スポーツ

2020年530日、毒島誠は日頃の継続的な寄付活動が認められて「紺綬褒章」を受章しました。

紺綬褒章とは、国や地方公共団体、公益団体などへ一定の金額を寄付した個人や団体に贈られるもの。毒島誠は地震などの災害が発生する度に、自らがレースで獲得した賞金の一部を日本財団の「災害復興特別基金」に寄付しており、この功績が認められたものとなります。

ボートレーサーによる寄付は、毒島誠に限らず広く行われています。かつては守田俊介選手(滋賀)が、SG優勝賞金の全額を福島の復興支援に寄付したこともありました。

災害復興以外にも、各自治体の子育て・教育支援、動物愛護、コロナ禍での医療従事者支援など、ボートレースの選手たちはさまざまな形で積極的な社会貢献を行っています。

毒島誠のブログ・SNSなど

毒島誠はいろんなツールを使って日常的に情報の発信を行っています。行動範囲が広くて表現力にも優れた毒島誠らしく、オンオフを問わず幅広いテーマで情報を発信しています。

毒島誠ブログ「ボートレーサー毒島誠」

毒島誠のブログ・SNSなど!毒島誠ブログ「ボートレーサー毒島誠」

noteで更新されている毒島選手のブログ。

出走したレースが終わった後の振り返りを中心に、趣味やトレーニングの話など幅広く書かれています。質問箱や音声データ、対談記事などもあって、毒島誠に関する情報を幅広く知ることができるコンテンツといえるでしょう。

毒島誠のツイッターアカウント

毒島誠のブログ・SNSなど!毒島誠のツイッターアカウント

近年は多くのボートレーサーが運用するツイッター。

毒島選手のアカウントでは、オフの時間や家族、友人知人に関する投稿など、レース場を離れた毒島誠の素顔がたくさん見られる場所となっています。競艇やスポーツ以外のいろんな交遊関係を覗くことができるのも魅力です。

コラム「ポイズンロード日進毒歩」

毒島誠のブログ・SNSなど!コラム「ポイズンロード日進毒歩」出典:日刊スポーツ

日刊スポーツで月1回掲載されているコラムも要チェック!

ブログと同じく、選手目線でしか分からない競艇の知識や話題をはじめ、家族や群馬支部の話もたくさん紹介されています。こちらも好奇心の広さが感じられる内容です。

まとめ:SG連続出場など今後の活躍に注目

峰竜太選手や平本真之選手、馬場貴也選手などと共に、現在の競艇界を引っ張る毒島誠。一昔前は「珍しい苗字」のイメージが強かったものの、今では実力でしっかり名前を売ることができる存在となっています。

当面の注目は、現在更新中のSG連続出場記録をこの先どこまで伸ばせるか?そして、まだ優勝が1度もない年度前半のSG(クラシック、オールスター、グランドチャンピオン)に手が届くかどうか?

「弱点のなさが毒島の強さ」という声も多く、現役屈指の安定感を生かした活躍からは目が離せません!

管理人
毒島選手のライバルたちについても記事を書いてます。時間があれば合わせてご覧ください。

競艇の美人レーサーランキング26!アイドル並みに可愛い選手も

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます
閉じる