無料で10万円以上勝てる予想サイト

競艇界注目の新人選手!歴代の最優秀新人&未来のスター候補生

競艇界注目の新人選手!歴代の最優秀新人&未来のスター候補生

毎年2回、ボートレーサー訓練所を卒業した新人選手がデビューを果たしますが、ほとんどの選手は舟券に絡むことができず、オール6着といった成績も珍しくありません。

というのも、前線で活躍する先輩たちと実力差が大きいうえ、レースに慣れるまで「6コース進入」という暗黙のルールまで存在します。その状況下で実績を残すのは極めて難しく、信用されず舟券から外されれるのは当然のこと。

しかし、1年に数名ほど規格外の新人選手が現れます。

圧倒的に不利な6コースからドデカ万舟を演出したり、デビュー期にいきなり優勝してしまう選手も。

そうした選手は、登録から3年以内の獲得賞金、勝率などを基に選出される「最優秀新人選手」に選ばれるケースが多いです。まさに将来有望なボートレーサーの証でもあり、期待させてくれる存在となります。

そこで今回は、歴代の最優秀新人選手と、未来のSGレースで活躍しそうな新人選手をまとめて紹介します。知っておくだけで、舟券に役立つこと間違いなし!

競艇のルーキーシリーズはなぜ荒れる?特徴や攻略法を伝授

無料予想だけでも勝てます

※約150万円の利益が出た的中画像

ゴールドシップ」の予想は爆発力もありますが、それ以外もめちゃくちゃ優れた予想サイトです。

  • 無料予想がとにかく当たる!
  • 利用者の評判がすこぶる良い!
  • 有料予想をタダ(無料pt)で試せる

無料予想のみでも凄さに気づきます。

特に、競艇でマイナス続きの「初心者・中級者」なら満足度は高いはず。本日の予想から試せるので、まだの方は今すぐどうぞ。

利用時の注意点
1日1回の無料予想を数レース試し、メリットを感じたら継続利用しましょう。検証ではエアーでも構いません。

気になる項目へジャンプできます

歴代の最優秀新人選手(2017~2021年)

ボートレース界における最優秀新人タイトルの受賞資格は、新しく選手登録された年の翌年から3年以内。スター選手への第一歩となるタイトルであり、過去の受賞者には後のSG優勝者や賞金王レーサーも多数名を連ねています。

この先、間違いなく頭角を現すレーサーです。直近5年間の受賞者ぐらいは覚えておきましょう!

畑田汰一(2021年最優秀新人選手)

公式画像 競艇界注目の新人選手!畑田汰一(2021年最優秀新人選手)
名前(かな) 畑田汰一(はただたいち)
登録番号 5042(122期)
生年月日 1998年10月26日
身長・体重 175cm・55kg
血液型 A型
出身地 東京都
所属支部 埼玉支部

デビュー節でいきなり水神祭を挙げると、その後も大外から舟券圏内に何度も食い込む活躍を見せてきた「畑田汰一」選手。

2020年は惜しくも前田篤哉選手に譲ったものの、2021年は優勝2回・優出6回としっかり結果を残し、念願の最優秀新人のタイトルをつかみました。

桐生順平」選手を彷彿とさせる切れ味鋭いターンで、ファンの間では”埼玉支部の次世代エース”と呼ぶ声も。特にホーム水面の戸田では優勝3回など実績が非常に高く、地元G1やSGへの登場が早くも期待されています。

前田篤哉(2020年最優秀新人選手)

公式画像 競艇界注目の新人選手!前田篤哉(2020年最優秀新人選手)
名前(かな) 前田篤哉(まえだあつや)
登録番号 4983(120期)
生年月日 1996年11月29日
身長・体重 174cm・52kg
血液型 O型
出身地 愛知県
所属支部 愛知支部

前田滉選手(123期)と前田翔選手(124期)を弟に持つ「前田篤哉」選手。

2020年10月に桐生のルーキーシリーズで初優勝を飾ると、2週間後の多摩川ルーキーシリーズでも優勝。この連続Vが2020年最優秀新人タイトル獲得の大きな決め手となりました。

2021年以降は勝率6点台とA1級を維持。差し、まくり差し主体の巧みな旋回技術は若手の中でも高く評価されており、G1そしてSGでの走りを期待する声も高まっています。

宮之原輝紀(2019年最優秀新人選手)

公式画像 競艇界注目の新人選手!宮之原輝紀(2019年最優秀新人選手)
名前(かな) 宮之原輝紀(みやのはらこうき)
登録番号 4939(118期)
生年月日 1997年11月26日
身長・体重 161cm・50kg
血液型 O型
出身地 東京都
所属支部 東京支部

養成所リーグ勝率1位の実力をデビュー後もいかんなく発揮し、わずか2年半でA級に昇格した東京支部のホープ「宮之原輝紀」選手。

2018年に2回の優勝を飾ると、翌2019年はヤングダービーを含む優出9回の大活躍で最優秀新人のタイトルに輝きました。

センターからの差し、まくり差しを得意とし、ルーキーシリーズだけでなく記念競走でも活躍中。持ち前のターンスピードに磨きをかけてヤングダービー制覇、そして念願のSG初出場が期待されます。

大山千広(2018年最優秀新人選手)

公式画像 競艇界注目の新人選手!大山千広(2018年最優秀新人選手)
名前(かな) 大山千広(おおやまちひろ)
登録番号 4885(116期)
生年月日 1996年2月5日
身長・体重 161cm・47kg
血液型 O型
出身地 福岡県
所属支部 福岡支部

2018年は3回の優勝に加えてヤングダービーにも優出。抜群の成績で他を圧倒して2009年の平山智加、2010年の平高奈菜に続き、女子では3人目の最優秀新人レーサーとなった「大山千広」選手。

翌2019年は史上最年少でG1レディースチャンピオンにも優勝し、女子賞金ランキング1位にも輝きました。

ただ、相次ぐスタート事故で2020年秋以降は成績を残せず…。しかし、母(大山博美元選手)譲りの度胸とレースセンスで復活を果たし、2度目の女子G1タイトル、そしてSG戦線への復帰を期待しましょう。

羽野直也(2017年最優秀新人選手)

公式画像 競艇界注目の新人選手!羽野直也(2017年最優秀新人選手)
名前(かな) 羽野直也(はのなおや)
登録番号 4831(114期)
生年月日 1995年3月29日
身長・体重 167cm・56kg
血液型 AB型
出身地 福岡県
所属支部 福岡支部

デビュー4年目となる2017年10月、平成生まれ初のG1優勝となった大村記念で一躍脚光を浴びた「羽野直也」選手。文句なしの最優秀新人タイトル獲得となりました。

羽野直也とは?SG優勝や結婚が待たれる艇界屈指のイケメン

2021年にはヤングダービーでG12度目のVを飾ると、翌2022年3月には地元若松の記念G1で優勝。粗削りだった走りにも安定感が出て、2020年のグラチャン以来のSG優出、そして平成生まれ初となるSG制覇の第一候補といって良いでしょう。

競艇界が注目する新人選手(123期~128期)

6コースからでも舟券に絡んでくれそうな初々しい新人選手から、デビューからそこそこ経っている期待のルーキーを紹介します。

内容は定期的に更新していきます。

128期の有望新人選手(2021年春デビュー)

競艇界が注目する新人選手(128期)

将来有望の128期養成所チャンプ・飛田江己

公式画像 競艇界注目の新人選手!将来有望の128期養成所チャンプ・飛田江己
名前(かな) 飛田江己(とびたこうき)
登録番号 5191(128期)
生年月日 2001年5月10日
身長・体重 172cm・50kg
血液型 A型
出身地 東京都
所属支部 埼玉支部

128期の養成所チャンプ「飛田江己」の高い素質を感じ取れたのは、デビュー10節目の初勝利となった2021年10月の戸田一般開催。1周1マークの勢いある二段まくりと2周1マークの鋭い差しは、今後の大きな期待を感じさせる見事な旋回でした。

デビューからの勝ち星では他の同期を引き離しており、今後のさらなる成長を期待したい注目の新人レーサーです。

新人離れのセンスが高評価!鰐部太空海

公式画像 競艇界注目の新人選手!新人離れのセンスが高評価!鰐部太空海
名前(かな) 鰐部太空海(わにべたくみ)
登録番号 5196(128期)
生年月日 2001年10月3日
身長・体重 163cm・55kg
血液型 O型
出身地 愛知県
所属支部 愛知支部

愛知支部の「鰐部太空海(わにべたくみ)」選手。まだ実戦での勝ち星は少ないものの、2,3着に食い込むレースを続けてコツコツと勝率を伸ばしています。

デビュー初勝利は難水面の「江戸川競艇」。スタート勘だけでなく鋭いターンや道中の捌きにも高い評価が集まっており、戦法が広がる2年目からの飛躍を大いに期待したいレーサーです。

127期の有望新人選手(2020年秋デビュー)

競艇界が注目する新人選手(127期)

127期養成所チャンプ・清水愛海

公式画像 競艇界注目の新人選手!127期養成所チャンプ・清水愛海
名前(かな) 清水愛海(しみずあみ)
登録番号 5163(127期)
生年月日 1999年11月23日
身長・体重 158cm・47kg
血液型 O型
出身地 山口県
所属支部 山口支部

女子では史上6人目となる127期養成所チャンプに輝いた「清水愛海」選手。

デビューからしばらくは転覆などの事故続きでした。それでも随所に光るものを感じさせる走りは、平高奈菜選手を彷彿とさせる大物感が漂います。

2022年に入ってから成績が大きく向上し、勝ち星、勝率ともに同期ではトップを快走中。順調にいけば数年後にも、レディースチャンピオンやクイーンズクライマックスで活躍する姿を見ることができるはず。

将来性が高く評価される登玉隼百

公式画像 競艇界注目の新人選手!将来性が高く評価される登玉隼百
名前(かな) 登玉隼百(とだまはやと)
登録番号 5161(127期)
生年月日 1999年6月3日
身長・体重 167cm・51kg
血液型 AB型
出身地 兵庫県
所属支部 兵庫支部

印象的な名前の「登玉隼百(とだまはやと)」選手。生まれも育ちも尼崎のボートレーサー。

事故も多く粗さが目立つ走りながら、強気の攻めで舟券に絡んで万舟を提供する姿も少なくありません。業界内でも将来性を高く買う声が聞かれており、地元尼崎のファンにとっても成長と活躍が楽しみな新人選手です。

126期の有望新人選手(2020年春デビュー)

競艇界が注目する新人選手(126期)

126期養成所チャンプ・常住蓮

公式画像 競艇界注目の新人選手!126期養成所チャンプ・常住蓮
名前(かな) 常住蓮(つねずみれん)
登録番号 5142(126期)
生年月日 2001年1月2日
身長・体重 160cm・50kg
血液型 A型
出身地 佐賀県
所属支部 佐賀支部

修了記念競走ではインからきっちりと逃げ切って養成所チャンプの座を手にした「常住蓮」選手。養成所リーグでも勝率1位に輝き、周囲からも逸材としての期待が大きく持たれているレーサーです。

デビュー直後は転覆が多発するなど若さも出ましたが、レースぶりの安定とともに成績も上昇中。2022年前期では同期トップの勝率を維持しています。

素質十分で優出一番乗り!大澤風葵

公式画像 競艇界注目の新人選手!素質十分で優出一番乗り!大澤風葵
名前(かな) 大澤風葵(おおさわふうき)
登録番号 5141(126期)
生年月日 2000年12月21日
身長・体重 161cm・53kg
血液型 A型
出身地 群馬県
所属支部 群馬支部

2021年10月の桐生開催で節間2勝を挙げ、同期一番乗りの優出を果たした「大澤風葵」選手。優勝戦は惜しくも4着に敗れましたが、1マークの判断とターン技術を評価する声も多く出ました。

群馬支部といえば象徴的な存在だった「山崎智也」選手が引退を表明したばかり。将来の群馬を引っ張る次世代エース候補として、大澤選手の成長も大いに期待されています。

【引退】山崎智也とは?2度の賞金王獲得&艇界屈指のイケメンレーサー

125期の有望新人選手(2019年秋デビュー)

競艇界が注目する新人選手(125期)

125期養成所チャンプ・定松勇樹

公式画像 競艇界注目の新人選手!125期養成所チャンプ・定松勇樹
名前(かな) 定松勇樹(さだまつゆうき)
登録番号 5121(125期)
生年月日 2001年5月2日
身長・体重 168cm・52kg
血液型 A型
出身地 福岡県
所属支部 佐賀支部

養成所リーグ勝率1位、養成所チャンプの両方を獲得した「定松勇樹」選手。師匠の峰竜太選手も、天性の素質とセンスを高く称賛しているといいます。

まだスタートに難があるものの、思い切りのいいターン技術は同期ナンバーワンの評価。2021年は4回の優出を果たし、秘めた能力が徐々に開花しつつあるようです。

競艇界の峰竜太まとめ!成績・年収・嫁など異次元すぎだろ

勝率急上昇中の注目株!砂長知輝

公式画像 競艇界注目の新人選手!勝率急上昇中の注目株!砂長知輝
名前(かな) 砂長知輝(すなながともき)
登録番号 5112(125期)
生年月日 1999年10月10日
身長・体重 169cm・53kg
血液型 O型
出身地 埼玉県
所属支部 埼玉支部

デビューからの通算勝ち星では、定松選手(上記紹介)とほぼ変わらない数字を残している「砂長知輝」選手。

2020年5月の戸田で初勝利を飾ってからレースぶりに進境が見られ、勝率も5点台に乗せてきました。当面の目標はA級昇格。安定感のあるスタートを武器に、もう一皮むけての活躍を期待したいレーサーです。

早い復帰が待たれる新星・山本稔太朗

公式画像 競艇界注目の新人選手!早い復帰が待たれる新星・山本稔太朗
名前(かな) 山本稔太朗(やまもとじんたろう)
登録番号 5120(125期)
生年月日 2001年3月13日
身長・体重 161cm・55kg
血液型 B型
出身地 愛知県
所属支部 愛知支部

デビュー節は7走で6着がわずか1本のみ。124期の先頭に立つ定松選手にとって最大のライバルになると予想されていた、愛知支部の「山本稔太」朗選手です。

2節目以降も6着が少ない「負けない走り」が印象的で、2年目から周囲の期待通りに成績を伸ばしました。しかし、2021年11月の蒲郡で激しく転覆した際に大腿骨を骨折。復帰に向けた懸命のリハビリが続いています。

管理人
山本選手のツイッターにて、ボートに乗る報告がありました!復活の日も近そうで何より。

124期の有望新人選手(2019年春デビュー)

競艇界が注目する新人選手(124期)

124期養成所チャンプ・末永和也

公式画像 競艇界注目の新人選手!124期養成所チャンプ・末永和也
名前(かな) 末永和也(すえながかずや)
登録番号 5084(124期)
生年月日 1999年2月16日
身長・体重 172cm・54kg
血液型 A型
出身地 佐賀県
所属支部 佐賀支部

124期の養成所チャンプ「末永和也」選手。

デビュー8走目での初勝利は同期で一番乗り。その後も6コース進入でスタートとターン技術を磨きながら、2021年3月のルーキーシリーズで初優出を果たすなど。この年優出5回と大活躍。

内外自在の攻めに深みが出て、2022年はA2級に昇格し、A1級になるのも時間の問題でしょう。悲願の初優勝をつかむ瞬間はすぐそこまで来ていると思います。

目を見張る急上昇で今後に注目!佐藤航

公式画像 競艇界注目の新人選手!目を見張る急上昇で今後に注目!佐藤航
名前(かな) 佐藤航(さとうこう)
登録番号 5087(124期)
生年月日 1999年10月21日
身長・体重 164cm・54kg
血液型 B型
出身地 埼玉県
所属支部 埼玉支部

金の卵があふれる埼玉支部には、124期にも活躍を期待したいレーサーがいます。戸田のデビュー戦でいきなり3着に入り、3節目の桐生では初勝利を含む4度の3連対を果たした「佐藤航」選手です。

2021年後期は期間23勝と急上昇。A2級に上がっても成績は伸びる一方で、末永選手に先んじてのルーキーシリーズ初優勝も十分あり得る存在。

初Vに期待がかかる高憧四季

公式画像 競艇界注目の新人選手!初Vに期待がかかる高憧四季
名前(かな) 高憧四季(たかはたしき)
登録番号 5088(124期)
生年月日 1999年11月10日
身長・体重 157cm・47kg
血液型 B型
出身地 大阪府
所属支部 大阪支部

全国レベルの女子サッカー選手からボートレース界に転身した「高憧四季」選手。

持ち前のセンスを生かして調子を上げてきたレーサーの1人。デビュー2年目から女子戦を中心に結果が出始め、2021年2月のびわこヴィーナスシリーズで初優出を果たしました。

その後も女子戦、混合戦の両方で優出しており、この選手も同期一番乗りの初優勝を遂げるポテンシャルを持ち合わせた選手です。

123期の有望新人選手(2018年秋デビュー)

競艇界が注目する新人選手(123期)

兄に続く最優秀新人・前田滉

公式画像 競艇界注目の新人選手!兄に続く最優秀新人・前田滉
名前(かな) 前田滉(まえだひかる)
登録番号 5068(123期)
生年月日 2000年3月17日
身長・体重 167cm・50kg
血液型 A型
出身地 愛知県
所属支部 愛知支部

2020年の最優秀新人レーサー「前田篤哉」選手に続き、史上初の兄弟新人王を目指す前田3兄弟の次男「前田滉」選手。養成所時代から前評判通りの実力を見せ、リーグ勝率1位で卒業しています。

デビュー後は初勝利まで時間がかかったものの、コース進入が自由になった2年目からは本来の実力を発揮。2020年10月に同期一番乗りの優勝を江戸川で達成し、勝率も年々上昇中。

123期養成所チャンプ・前原大道

公式画像 競艇界注目の新人選手!123期養成所チャンプ・前原大道
名前(かな) 前原大道(まえはらひろみち)
登録番号 5058(123期)
生年月日 1996年9月29日
身長・体重 163cm・54kg
血液型 B型
出身地 岡山県
所属支部 岡山支部

修了記念競走で前田選手のイン逃げを阻み、養成所チャンプの座を勝ち取ったの「前原大道」選手。父は元競輪選手、姉は現役女子レーサー「前原哉(115期)」であることも話題になった選手です。

デビュー戦の児島でいきなり2着に入り、4節目の徳山で初勝利。スタートのムラっ気が大きく2019年にはF2を喫してしまいますが、2021年以降は走りにも安定感が出てきています。

実力も見た目もスター性あり!西岡成美

公式画像 競艇界注目の新人選手!実力も見た目も抜群!西岡成美
名前(かな) 西岡成美(にしおかなるみ)
登録番号 5056(123期)
生年月日 1996年4月21日
身長・体重 157cm・46kg
血液型 B型
出身地 徳島県
所属支部 徳島支部

123期の女子選手で最も有望視されているの「西岡成美」選手。姉は116期の西岡育未選手です。

初勝利までには1年3ヵ月を要しましたが、デビューから男女混合の開催でもたびたび舟券に絡む健闘を見せていました。2022年にはB1級ながらG1四国地区選手権に斡旋され、節間3勝と大暴れ。大きな舞台になるほど強さを発揮するタイプかも。

また、アイドル顔負けのルックスを持ち合わせており、姉育未選手と共に男性ユーザーの誘致に貢献している女子レーサーでもあります。

過去にデビュー節から快進撃を見せた選手

過去の競艇界では、デビュー当初から新人離れした活躍を見せた選手も多数存在します。ベテランや強豪のレーサーにハンデなしで挑んでいく過酷な世界。いきなり結果を出すのは並大抵のことでありません。

今村豊(1982年最優秀新人選手)

公式画像 競艇界注目の新人選手!今村豊(1982年最優秀新人選手)
名前(かな) 今村豊(いまむらゆたか)
登録番号 2992(48期)※2020年引退
生年月日 1961年6月22日
通算勝利数 2880回
SG優勝 7回

デビュー戦でいきなり1着。そして、優勝戦でも舟券圏内(3着)に入り、わずか9ヵ月でG1初出場。

その後もデビュー1年でSG初出場、3年足らずでSG初優勝と、当時の最年少記録を次々と塗り替えてボートレースの歴史に輝かしい足跡を残した「今村豊」選手。

「日本一強い選手は日本一努力している」という信念のもと、39年5ヵ月の選手生活で稼いだ賞金は29億4144万円。生涯獲得賞金ランキングでは、松井繫に次ぐ2位を維持しています。

デビューから引退レースまで常に注目を集め続けた「艇界のプリンス」。引退後もなお多くの現役レーサーにとっての目標、そしてあこがれの存在となっています。

最強の競艇選手まとめ!歴代賞金王&生涯獲得賞金ランキング

25歳で最年少賞金王!太田和美

公式画像 競艇界注目の新人選手!25歳で最年少賞金王!太田和美
名前(かな) 太田和美(おおたかずみ)
登録番号 3557(69期)
生年月日 1973年1月6日
身長・体重 165cm・56kg
血液型 A型
出身地 長崎県(奈良県在住)
所属支部 大阪支部

予選でオール2連対、準優1着、優勝戦5着。素質の高いレーサーが揃う「華の69期」において、養成所チャンプに輝いた太田和美選手のデビュー節は、当時の競艇界を騒然とさせる暴れっぷりでした。

1996年にG1初Vを飾ると、翌1997年には賞金王決定戦を含む3つのSGで優出。そして、1998年の賞金王決定戦では5コースから会心のスタートで大まくりを決め、25歳11ヵ月の史上最年少で賞金王レーサーの座をつかみました。

太田選手は現在も円熟味を増した技術はそのままに、SGや記念戦線で活躍を続けています。

江崎一雄(2014年最優秀新人選手)

公式画像 競艇界注目の新人選手!江崎一雄(2014年最優秀新人選手)
名前(かな) 江崎一雄(えざきかずお)
登録番号 4657(108期)
生年月日 1987年7月23日
身長・体重 170cm・55kg
血液型 O型
出身地 福岡県
所属支部 福岡支部

10年に1度の逸材とも呼ばれた「江崎一雄」選手。

養成所リーグの成績は驚異の8.64。2011年5月、デビュー節の若松一般開催でいきなり優出。優勝戦は勢い余って転覆しましたが、若松の夜を大いに盛り上げました。

続く2節目の福岡でも予選で3勝をマークして準優に進出。このままG1、SGまで突き進むかと思われましたが、2015年8月のレース中に振り込んで失速し、後ろから乗り上げた後続艇が両目を直撃。左目は失明寸前になるほどの大ケガに見舞われてしまいます。

この事故を機に不甲斐ない走りが続いています。大好きな選手なので、デビュー当時の勢いを取り戻す日が来ることを願ってます。

大阪期待の星!上田龍星

公式画像 競艇界注目の新人選手!大阪期待の星!上田龍星
名前(かな) 上田龍星(うえだりゅうせい)
登録番号 4908(117期)
生年月日 1995年7月15日
身長・体重 167cm・52kg
血液型 O型
出身地 大阪府
所属支部 大阪支部

養成所リーグでは勝率2位でしたが、デビュー後は他の同期選手を大きく引き離す活躍を見せている「上田龍星」選手。

2015年11月に地元住之江のデビュー節でさっそく水神祭。その後も不利な大外6コースから上位に食い込む走りを続け、2016年2月の宮島まで7節連続で節間1回以上の連対を果たしました。

2018年8月の下関でベテラン新美恵一選手を道中で逆転し、念願のデビュー初優勝を達成。

A1級に上がった2020年は、5回の優勝を飾ってG1の出走機会も増加しました。SGでも2021年オールスターで準優3着と健闘し、名実ともに競艇界のスターを目指す大阪支部期待のレーサーです。

上田龍星とは?トップルーキーにも選ばれた艇界の超新星

新人レーサーの成長も競艇の楽しみ!

数年後、さらに十数年後に大舞台で活躍が期待される新人レーサーを紹介しました。

新人の中には高い素質を持っていながら、実力を発揮できていない選手も多いはず。そんな中、応援してきた新人がはじめて舟券に絡み、はじめて電光掲示板に乗った時はめちゃくちゃ感動しますw

そのような推し選手を見つけることも、競艇を楽しむ醍醐味のひとつ!

今回紹介した選手以外にも「光る原石」は沢山います。皆さんも各地の一般開催やルーキーシリーズで、将来性あふれる新人レーサーをチェックしてみてはいかがでしょうか?

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます