ガチ勝てるおすすめの競艇無料予想

末永和也とは?峰軍団の新星&彼女・師弟・年収・兄弟など全て

末永和也とは?デビュー3年でG1優勝した実力や彼女など全て
最新情報
一番弟子を向かい入れる

師弟関係になった時期は不明だが、大型ルーキーとして期待される「安河内鈴之介」の師匠となった。末永は佐賀、安河内は福岡で別々の支部に所属。

2023年のふり返り

2月の九州地区選手権競走でもG1初制覇を達成するなど、トップレーサーの仲間入りを果たす。賞金ランキングは自己最高の66位(4680万円)。

デビュー節に初勝利を挙げた注目のルーキー「末永和也」。

2023年2月にG1初優勝を果たし、5000番台では2人目の快挙を達成。その他にも最優秀新人に選ばれるなど、今最も期待される若手レーサー。

そんな末永和也について、デビュー前から現在までの実績を紹介していきます。また、プライベートにも触れているので、どんな選手か知らない方はぜひ最後までお付き合いください!

無料予想とは思えない的中&回収実績

蒼天ボート」をおすすめするのは…

  • 当たる無料予想がほしい
  • 一撃大回収を狙いたい
  • 投資コストはなるべく抑えたい

直近の検証で「的中率64%・回収率180%超え」の実績。ただ当てるだけでなく、収支に関してもすこぶる好調です!

本気で勝ちたいなら”ココ一択”で問題なし。

永久0円の”無料予想”からまずはお試しください。

気になる項目へジャンプできます

末永和也とは?

末永和也は佐賀県出身、佐賀支部のボートレーサー。

養成所へ124期生として2018年に入所。圧倒的な成績を残して卒業し、デビュー節の7走目で初勝利。その後、2022年前期にA2級、2023年にA1級に昇格し、23年度のトップルーキーに選出。

末永和也の公式プロフィール

公式画像末永和也(124期)
名前末永和也(すえながかずや)
登録番号5084(124期)
生年月日1999年2月16日
身長/体重174㎝/52㎏
血液型A型
出身/所属佐賀県/佐賀支部

ボートレーサー養成所の受験資格には”体重制限”があります。その為、自ずと160㎝台の選手が集まりやすく、170㎝を超える選手は高身長の部類。

そんな中、末永和也の身長は174㎝

レースに与える影響の度合いは分かりませんが、他の選手より手足が長いことが好成績に繋がっている可能性はありそう。

最終学歴は佐賀県立唐津商業高校卒業

末永和也とは?最終学歴は佐賀県立唐津商業高校卒業

末永和也が卒業したのは「佐賀県立唐津商業高校」。

唐津商業高校といえば、甲子園に複数回出場するほどの強豪校。読売ジャイアンツ「坂本勇人」選手の出身校としても有名な学校です。

競艇選手を目指したきっかけ

末永和也とは?競艇選手を目指したきっかけ
※デビュー当時の末永和也

幼少期の頃から、自宅からほど近い唐津競艇場や、お隣の県にある福岡の場に親と度々行っていたとのこと。

小さい頃から親に唐津とか福岡のボートレース場に連れて行ってもらって、身近な存在でした。当時から「かっこいい、選手になろう」と決めていました。

引用元:マクール

インタビューでは「競艇は身近な存在で、かっこいい選手になろう」と語っています。当時憧れていた選手は、福岡支部の「瓜生正義」と、福岡でグランプリを制した「吉川元浩」の2人。

ちなみに、高校生の時にボートレーサーを目指すことは決心していたようで、卒業してすぐ養成所を受験し、2度目に合格しています。

師匠は峰軍団の上野真之介

末永和也とは?師匠は峰軍団の「上野真之介」

末永和也の師匠は「上野真之介」。そして、上野真之介の師匠は艇界のスーパースター「峰竜太」です。

少しややこしい関係性ですが、末永から見れば上野は師匠、峰は大師匠。逆に峰から見れば上野は弟子、末永は孫弟子にあたります。

師匠は違えど、業界で大暴れしている”峰軍団”の一員。

峰軍団の選手一覧
  • 山田康二(4500)
  • 上野真之介(4503)
  • 高田明(4624)
  • 安河内将(4734)
  • 横田貴満(4949)
  • 牧山敦也(4981)
  • 安河内健(5026)
  • 末永和也(5084)
  • 野田なづき(5118)
  • 定松勇樹(5121)
  • 常住蓮(5142)
  • 小玉啓太(5270)

峰軍団で最も輝きを放っている「定松勇樹」は、末永の1期後輩。2023年トップルーキーには2人とも選出されています。

弟子は福岡支部「安河内鈴之介」

末永和也の弟子「安河内鈴之介」

末永和也の弟子は、福岡支部133期レーサー「安河内鈴之介」。

師弟で別々の支部というのは非常に稀。実は、安河内がレーサーを志したきっかけの存在であり、ずっと憧れのレーサーだったらしい。

そうした経緯もあって、所属した福岡支部の川上剛支部長に相談し、今回のような形になったそうです。

峰軍団の若きエースから勝ち方を学び、SGレーサーが多数在籍する福岡支部で鍛錬を積む。これ以上ない環境で成長していくので、化け物になる可能性はかなり高そう!

同期(124)の注目選手

前田翔(124期)
前田翔
佐藤航(124期)
佐藤航
高憧四季(124期)
高憧四季

124期で上位の成績を残している「前田翔」。末永和也とほぼ同時期に初優勝を飾り、2022年頃から急速な成長を遂げているルーキーです。

未だ優勝経験はありませんが、注目度でいえばトップクラスの「佐藤航」。ここ最近、勝利者インタビューでパチンコ「ユニコーンガンダム」を扮したモノマネが話題を呼んでいます。

佐藤航とは?パチンコ好き&展示ジャンプで大バズり中w

見た目のかわいさと実力を兼ね備えた「高憧四季」も同期。2022年後期からA級へ昇格し、23年レディースオールスターではファン投票14位(6,827票)を獲得した期待の女子レーサーです。

124期には修了記念競走で2着の為本智也や、美人レーサー生田波美音なども在籍。

ボート界に兄弟はいない

末永和也とは?ボート界に兄弟はいない

Googleで「末永和也」と検索した際、サジェストワードに”兄弟”と出てきます。これだけ見ると「末永には兄弟のボートレーサーがいるのか?」と思ってしまいそうですが…

ボートレース界に末永和也の兄弟はいません。

末永和也とは?ボート界に兄弟はいない②

おそらく、末永という名字のボートレーサーが他に2名いるうえ、兄弟でもおかしくない年齢なので、その情報が回りまわって誤認識を生んでしまったのでしょう。

末永和也の年収(年別獲得賞金)

獲得賞金順位
2024年
2023年46,800,000円66位
2022年33,180,000円161位
2021年19,200,000円530位
2020年12,320,000円954位
2019年4,180,000円1486位

末永和也の年収(年別獲得賞金)は上記の通り。

2022年以降は勝率を伸ばして獲得賞金が大きく増加。そして、年間7勝を挙げた2023年は、グランプリシリーズ選出まであと一歩の賞金ランキング60位台まで浮上しました。

たった5年でこれほど稼げる選手はごく僅か。控えめに言って凄すぎるルーキーですw

末永和也のSNSアカウント

末永和也とは?末永和也のSNSアカウント

末永和也は「インスタグラム」のみ開設しています。

ただ、唯一のインスタも更新頻度は激低。というか、2022年10月に投稿した優勝報告以降、一度も更新されていません。

多くのボートレーサーがやっているツイッターもないことから、SNSにはあまり興味がないと思われます。

同僚たちが関連投稿をしているので、インスタおよびツイッターで「#末永和也」と検索すればいろいろヒットします。

末永和也に彼女はいる?結婚は?

今のところ「彼女」の存在を確認できる情報はなし。

しかし、ネットで”神尾楓珠似”と言われることもあるイケメンですし、同世代の平均年収を遥かに上回る稼ぎ。彼女候補に手を挙げる女性が多数いるのは間違いないでしょう。

今やボート界でもそこそこ名の知れた選手なので、少しでも怪しい動きをすれば拡散するはず。そういった情報を発見した際、改めて報告させてもらいます。

活躍するレーサーの奥さんは芸能人並みの美人さんばかり。末永選手もそうなりそうな予感w

末永和也の強さがわかる実績

末永和也が「10年に1人の逸材」と言われる理由を解説します。これさえ見れば、注目される理由を納得できるはず。

養成所チャンプ&リーグ戦勝率1位

末永和也とは?ボートレーサー養成所チャンプ&リーグ戦勝率1位

末永和也は124期の「養成所チャンプ&リーグ戦戦勝率1位」の成績で卒業しています。

養成所の詳細な成績は、リーグ勝率7.04、準優出4回、優出5回。優勝したのは第3戦、第4戦、修了記念競走の3回です。

別の期のデータを見る限り、チャンプ or 勝率1位のどちらか一方を達成した選手の方が割合は高め。末永のように両方獲得した訓練生は、デビュー後に活躍する確率が高い印象。

チャンプ&勝率1位の選手
  • 中山翔太(131期)
  • 石渡翔一郎(130期)
  • 西岡顕心(129期)
  • 清水愛海(127期)
  • 常住蓮(126期)
  • 定松勇樹(125期)
  • 末永和也(124期)
  • 松尾拓(114期)
  • 中田達也(113期)
  • 馬場剛(112期)
  • 岩瀬裕亮(106期)
  • 篠崎仁志(101期)
  • 田中和也(97期)
  • 新田雄史(96期)
  • 岡村仁(95期)

ご覧の通り、デビュー後に実績を残している選手ばかり。特に「リーグ戦勝率1位」の選手は、G1・SGで優勝しているケースが多いように感じます。

女子初のリーグ戦勝率1位となった「清水愛海」なんかはまさにそれ。

デビュー戦3着、7走目で初勝利

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます