無料で10万円以上勝てる予想サイト

羽野直也とは?SG優勝や結婚が待たれる艇界屈指のイケメン

羽野直也とは?SG優勝や結婚が待たれる艇界屈指のイケメン

今どきのモテ顔からは想像できない走りで、SGをはじめとするグレードレースの常連となった「羽野直也」選手。

当初は女性ファンの追っかけが多く、イケメンレーサーのイメージが先行していたように感じます。しかし、今では人気と実力の両方を兼ね備えた一流レーサーとして飛躍を遂げました。

デビューからコンスタントに勝ち星を重ね、2022年3月の若松記念で早くも3回目のG1優勝を達成。平成生まれレーサー初のSG戴冠もいよいよ手が届く位置にまで近づいています。一方でプライベートに関する噂も絶えず、彼女の有無や結婚についても気になるところ。

そこで今回は、公私ともに話題が尽きない「羽野直也」を丸裸に!成績やプライベートなど、洗いざらい紹介していきます。

競艇界のイケメン選手ランキング!男前すぎるボートレーサーたち

無料予想だけでも勝てます

※約150万円の利益が出た的中画像

ゴールドシップ」の予想は爆発力もありますが、それ以外もめちゃくちゃ優れた予想サイトです。

  • 無料予想がとにかく当たる!
  • 利用者の評判がすこぶる良い!
  • 有料予想をタダ(無料pt)で試せる

無料予想のみでも凄さに気づきます。

特に、競艇でマイナス続きの「初心者・中級者」なら満足度は高いはず。本日の予想から試せるので、まだの方は今すぐどうぞ。

利用時の注意点
1日1回の無料予想を数レース試し、メリットを感じたら継続利用しましょう。検証ではエアーでも構いません。

気になる項目へジャンプできます

羽野直也とは?

羽野直也とは、2014年5月にデビューした平成生まれ(1995年)の競艇選手。出身地は福岡県飯塚市で、実弟の羽野諒(121期)も競艇界で活躍しています。

好きな食べ物はまぐろの中トロ。趣味はゴルフや釣り、同期に教わりながら楽しんでいるサーフィンなど。ただ、YouTubeのボートレース公式チャンネルでは「特になし」となっており、どちらが事実かは調査中です。

以下の画像はゴルフをしている羽野選手。

羽野直也とは?趣味のゴルフ出典:naoyan_114

コースを回った時のスコアもアップされていましたが、15年やってる私とほぼ同じレベル(笑)やっぱり運動神経が半端なく良いのでしょうね。

羽野直也の公式プロフィール

公式画像 競艇界注目の新人選手!羽野直也(2017年最優秀新人選手)
名前(なまえ) 羽野直也(はのなおや)
登録番号 4831(114期)
生年月日 1995年3月29日
身長・体重 167cm・56kg
血液型 AB型
出身地 福岡県
所属支部 福岡支部

羽野直也といえば艇界トップクラスのイケメンは外せません!上記の公式写真も十分カッコいいのは分かりますが、オフショットを見れば性別関係なく”キュン”してしまうはずw

G1制覇してしまうほどの実力者で、当然お金もめちゃくちゃ持っている。さらにこの見た目ですからね…。そりぁ、世の女性たちがほっておく訳ないわな。

選手になるきっかけは「迫力」と「瓜生正義」

羽野選手がはじめて競艇と出会ったのは高校2年生。

通学途中で「ボートレーサー募集」のポスターを目にしたことで興味が湧き、福岡競艇場に足を運びました。生でレースを観戦し、1周1マークの水しぶきと迫力にカッコ良さを覚えたといいます。

当時、将来は「消防士になりたい」という夢もあったそうですが、それを上回る魅力を感じた競艇の世界へ方針転換を決めたとのこと。

親をどう説得したのかは気になるところ。ただ、幸いにもこの時の羽野選手には、理解を得られやすい要因が2つありました。

羽野直也とは?選手になるきっかけは「迫力」と「瓜生正義」

1つは福岡支部のグランプリ覇者「瓜生正義」選手が同郷で高校の先輩だったこと。そして、地元飯塚市にはオートレース場があり、地元民にとって公営競技が身近に感じられる環境だったこと。この2つが話を切り出しやすい理由だったはず。

かくして親からも反対されることなく「やりたいなら応援する」と快く背中を押してもらえることに。

野球部で鍛えた肉体の減量にはかなり苦労したといいますが、見事に養成所試験を一発でクリア。114期の訓練生として、プロデビューを目指すための厳しい世界に足を踏み入れました。

瓜生正義とは?賞金王2回&SG11勝を挙げる天才レーサー

実弟「羽野諒」もボートレーサー

福岡支部の兄弟レーサーといえば篠崎元志・仁志選手が有名ですが、羽野直也の実弟も今後が期待されるボートレーサーです。

公式画像 羽野諒
名前(なまえ) 羽野諒(はのりょう)
登録番号 5008(121期)
生年月日 1997年2月4日
身長・体重 168cm・53kg
血液型 AB型
出身地 福岡県
所属支部 福岡支部

羽野直也の実弟「羽野諒」選手は、121期として2017年秋にデビュー。初勝利まで1年半を要しましたが、スタートとターンの技術を磨きながら成長を続け、勝率も右肩上がりに上昇しています。

記事作成時点でまだ優出はありませんが、兄の直也選手は「計画通りにコツコツやるタイプ。内に秘めるものがある」と、弟の持つポテンシャルに期待している様子。

SG同時出場を果たした篠崎兄弟に続けと、A1級昇格を目指して奮闘を続けています。

羽野直也のSNS(ツイッター・インスタ)

羽野直也とは?羽野直也のSNS(ツイッター)

羽野選手が運用しているSNSアカウントは、ツイッターとインスタグラム。

どちらも2016年頃に開設していますが、更新頻度はあまり高くありません。短いスパンだと数ヵ月に1回、長い時だと1年更新されないことも…。ただ、SNSでしか見れない写真もアップしてあるので、ファンの方はフォロー必須です!

お世辞抜きで女性ファンが多すぎw

「羽野直也」に関連するツイートを検索すると、とりあえず黄色い声援が多いことにビックリ(笑)また、女性ファンだけでなく、実力を買って応援している男性ファンも大勢いました。

同じ男性として嫉妬しちゃいますが、ここまできたら「峰竜太」を超えるようなボートレーサーになって競艇を盛り上げてくれ!

羽野直也の同期(114期)レーサーたち

厳しい訓練生活を共にした114期のレーサーは養成所卒業時点で27名。そのうちSGに出場経験があるレーサーは羽野選手以外に3名います。

羽野の同期ライバル「村松修二」

公式画像 村松修二
名前(なまえ) 村松修二(むらまつしゅうじ)
登録番号 4816(114期)
生年月日 1991年2月27日
身長・体重 164cm・53kg
血液型 A型
出身地 広島県
所属支部 広島支部

広島支部期待の「村松修二」選手。

同期一番乗りとなるデビュー2ヵ月で初勝利を納め、その後も順調に成績を伸ばしています。2020年の中国地区選手権では5コースから豪快なまくりを決め、G1初優出初優勝の快挙を達成しました。

勝率も7点台で安定しており、2022年は羽野選手と同じくSGへの本格参戦となります。

114期養成所チャンプ「松尾拓」

公式画像 松尾拓
名前(なまえ) 松尾拓(まつおひろむ)
登録番号 4808(114期)
生年月日 1988年9月3日
身長・体重 169cm・50kg
血液型 B型
出身地 三重県
所属支部 三重支部

114期の養成所チャンプに輝いた三重支部の「松尾拓」選手。

養成所リーグでは8.24の高勝率で卒業記念競走を制したうえ、双子の兄「松尾充(114期)」選手も同じ競艇で活躍するボートレース兄弟です。

2020年には自己最多となる4勝を挙げると、2021年の東海地区選手権でG1初優勝を達成。優勝戦1コースの勝率は9割を超えており、イン逃げの強さに定評があります。

結婚・出産を経て復帰「中村桃佳」

公式画像 中村桃佳
名前(なまえ) 中村桃佳(なかむらももか)
登録番号 4823(114期)
生年月日 1993年2月3日
身長・体重 156cm・45kg
血液型 B型
出身地 香川県
所属支部 香川支部

114期女子レーサーの出世頭である“讃岐のピーチ姫”こと香川支部の「中村桃佳」選手。

2018年のG2レディースオールスターで初タイトルを獲得し、2018年に同支部の「竹田和哉」選手と結婚したことを発表。その後、出産を経て2020年春に復帰し、ママさんレーサーとしてさらなる活躍を目指します。

羽野直也の彼女や結婚は?

艇界屈指のイケメンレーサーで、女性ファンの数もトップクラスの羽野直也。そのような存在であることから、恋愛事情や結婚についての話題は当然盛り上がりを見せています。

競艇の世界では20代で結婚する男子選手も多く、羽野選手からそういった話が出てきてもおかしくない年齢。

はたして本人は理想の女性像や結婚観をどう考えているのか?そして、ネット上では「結婚しちゃえばいいのに」という声も多い同支部の後輩「大山千広」選手との仲についても取り上げます。

理想のタイプは「家庭的でしっかり者」

羽野直也とは?羽野直也の彼女や結婚は?出典:蒲郡公式チャンネル

羽野直也選手のプライベートで最も気になる理想のタイプ。各メディアのインタビューでもほぼ必ずこの質問を受けており、調べてみると以下のような発言をしていました。

  • (21歳当時)堀北真希さん、松岡茉優さんみたいな方がタイプ
  • (22歳当時)真面目で家でご飯作ってくれる人がいいです
  • (24歳当時)清潔感があって、いつもこぎれいにされている方には好印象を持ちます
  • (25歳当時)知的な人が好きです。ぼくは事務作業が得意じゃないので、そういうものをササッと片づけられるような人だと「おっ!」ってキュンとしちゃいますね

当初は芸能人を例えにしていたのが、具体的な言葉が少しずつ増えている気がw

でも、すべてのコメントを見るからに、イメージとしては家庭的やしっかり者といった、陰で支えてくれるような存在が理想のような気がします。レースに集中できるよう身の回りのことを全部やってあげたいと思う女性が理想なのかもしれませんね。

結婚は30歳くらいが理想

Q. 結婚願望はありますか?

ありますね!30歳くらいで結婚するのが理想です。子どもが生まれたら、やりたいことをなんでもやらせてあげる親になりたいですね。ぼく自身がそんな風に育てられてきたので。

出典:ananweb

羽野直也選手は雑誌のインタビューで「30歳くらいで結婚するのが理想」と話しています。

両親がボートレースの道に挑戦することを快く応援してくれたこともあって、自分に子どもが生まれたら「同じようにやりたいことを何でもやらせてあげる親になりたい」という思いもあるそうです。

結婚相手に求める条件については「いい意味で諦めてくれる人」という意味深なコメントを残しています。

その真意を聞かれると「生活を共にすると嫌な部分も見えてくるじゃないですか。きっとぼくもダメなところがあるので、それを広い心で許してくれる人だとありがたい」と回答。

相手に対しても、自分のダメなところを見せてほしいと望んでいるらしい。「それが心を許してくれているということにもつながるから、お互いの愛情もより深まる」という、優しさに加えて心の器の大きさも感じる言葉を残しています。

結婚を推す声多数!大山千広との仲は?

羽野直也とは?結婚を推す声多数!大山千広との仲は?出典:西日本新聞

理想の彼女も結婚観もしっかり固まっているように思える羽野直也選手。肝心の彼女、そして結婚の予定についてはどうなのでしょうか。

羽野選手の交際相手について、これまで表立った名前は聞こえてきません。しかし、結婚を後押しする声がとても多い女子レーサーが1人だけ…。

同じ福岡支部の後輩「大山千広」選手です!

公式画像 大山千広はどんな競艇選手?
名前(なまえ) 大山千広(おおやまちひろ)
登録番号 4885(116期)
生年月日 1996年2月5日
身長・体重 161cm・47kg
血液型 O型
出身地 福岡県
所属支部 福岡支部

大山選手といえば、他の男子レーサーとの仲もいろいろと噂された過去があるものの、現在は交際や結婚についての噂は皆無。

そうした状況から、デビュー当初より練習に付き合いながら指導を続けてきた、羽野直也に対する気持ちはあってもおかしくないような・・

このように、羽野選手と大山選手が応援するツイートが多数。「大山千広となら結婚しても許す」というファンもいるほど、同支部の先輩後輩の関係を期待する声は大きいようです。

そんな2人はYouTubeで対談を行ったこともあります。

羽野選手は「いつか強くなるとは思っていたが、ここまで早いとは」と大山選手を評価し、大山選手は「デビューの頃からずっと練習に付き合ってもらって、すごく意識している。早く追いつきたい」と、羽野選手に対する尊敬の思いを言葉にしています。

固い絆はもちろん、G1やSGの舞台では同支部のライバルとしても切磋琢磨し合う2人。

余計なお世話かもしれませんが、もしこの2人がお互いの仲を深めて結婚ということになれば、競艇ファンの間で祝福の嵐となることは間違いないでしょう。

無料予想だけでも勝てます

※約150万円の利益が出た的中画像

ゴールドシップ」の予想は爆発力もありますが、それ以外もめちゃくちゃ優れた予想サイトです。

  • 無料予想がとにかく当たる!
  • 利用者の評判がすこぶる良い!
  • 有料予想をタダ(無料pt)で試せる

無料予想のみでも凄さに気づきます。

特に、競艇でマイナス続きの「初心者・中級者」なら満足度は高いはず。本日の予想から試せるので、まだの方は今すぐどうぞ。

利用時の注意点
1日1回の無料予想を数レース試し、メリットを感じたら継続利用しましょう。検証ではエアーでも構いません。

羽野直也のデビューから初優勝まで

羽野直也は2014年5月、地元の若松競艇場でボートレーサーの第一歩を踏み出しました。

師匠は85期の「別府正幸」選手。福岡出身の選手ですが、2020年7月に「将来を見据えて、手に職をつけておきたい」という理由で、親戚がいる埼玉支部へ移籍しています。

大物の片鱗を見せた地元若松のデビュー節

羽野直也選手のデビュー戦は2014年5月16日、若松の一般開催。当時の貴重な映像が残っていました。

スタートはコンマ22のタイミングでしたが、スリット後に艇を伸ばしていきます。1周1マークでレバーをしっかり握り、鋭いまくりを放って3番手にポジションを上げます。

1周2マークでいったん4番手に後退したものの、2周2マークで再び勢いのある全速まくりで再度3番手に浮上。そのまま3着でゴールし、デビュー戦からいきなり舟券に絡む活躍を魅せ、3連単万舟券の波乱を演出しました。

羽野選手は翌日のレースでも、好スタートからのまくりで2着に入る大健闘。準優進出はなりませんでしたが、デビュー節から2着1本、3着2本の成績を残して大物感を漂わせる滑り出しを見せたのです。

初勝利は遠く…11ヵ月後の若松

羽野直也とは?初勝利は遠く…11ヵ月後の若松出典:日刊スポーツ(記事の内容と関係なし)

デビュー節の活躍から初勝利は時間の問題かと思われましたが、その後は2、3着はあっても1着に届かずのレースが続いていきます。

しかし、羽野選手本人に焦りの気持ちは一切なかったといいます。

新人選手は大外のコースから進入するという暗黙のルールがある一方、成績不良でクビの選手が決まる四期通算勝率の対象からも外されます。

成績を気にすることなく、自分の走りに集中できる期間だと前向きに考えた羽野選手。養成所時代に教官から言われた「焦って1着を狙おうとするな。6コースからは3着で1等ぐらいの気持ちで走れ」という言葉を忠実に守り、大外からスタートとターンを磨き続けました。

その鍛錬が実を結んだのは、デビュー11ヵ月後となる2015年4月。地元若松開催5日目でした。

予選4日間を大外から「434433」と6着ゼロの安定した走りを続け、5日目の一般戦で6コースからコンマ06のスタートを決めます。

1周1マークでは同じくスタートの良かったセンター勢が攻め込み、もつれる中で空いた内側を逃さず攻めた結果…。鋭い差しを入れて一気に抜け出し、地元水面で待望の水神祭となりました。

羽野直也とは?初勝利は遠く…11ヵ月後の若松①

デビュー135走目での初勝利は、114期の中でもかなり遅い方。しかし、一度コツを掴んでからの成長は早く、その2節後となる芦屋のGW開催で節間3勝5連対と大活躍。

年末までに7勝をマークして、大外からコツコツと積み重ねてきた努力の甲斐が結果にも表れてきたのです。

初優勝は芦屋!インを沈める圧巻の強まくり

羽野直也選手は、2016年1月の平和島でデビュー初優出(6着)。その後も4月に唐津、5月には徳山で優出を果たし、待望の初優勝は7月の芦屋一般開催となりました。

予選6走は「312361」。先輩やベテランレーサー相手にも引けを取らない走りをできるようになり、準優も5コースから2着に食い込んで自身4度目の優出。

迎えた優勝戦は5コースからの進入。タイミングはコンマ13でしたが、内側4艇が揃って後手を踏む展開となり、羽野選手に絶好のまくりチャンスが到来。大外からターンを磨き続けてきた経験を生かすべく、完璧な外からのまくりを決めてインを飲み込んでそのまま1着でゴール。

A1級レーサー3人を破る金星でうれしいデビュー初優勝を達成しました。

羽野直也とは?初優勝は芦屋!インを沈める圧巻の強まくり

平成生まれ初!G1覇者となった羽野直也

デビュー後から結果を焦ることなく、地道な努力を続けてきた羽野直也選手。素質が開花した後の勢いは目覚ましく、2017年秋の大村G1記念制覇によってその名を全国に広く知らしめることになります。

成生まれ初のG1優勝(2017大村開設65周年記念)

初日から参戦した初のG1は7月の浜名湖記念。9月の蒲郡ヤングダービーでは準優に進み、10月の大村G1はその次の斡旋となる開催でした。

好調を維持して臨んだ羽野選手は、予選で3勝を挙げる活躍。準優もインから難なく押し切り、優勝戦では2号艇(2コース)からインの「原田幸哉」選手に立ち向かうチャレンジとなります。

原田幸哉とは?B2転落からのSG優勝や長崎移籍・沖縄移住のなぜ

この大事なレースでコンマ06のトップスタート!スリット後に原田選手から半艇身前に出てプレッシャーをかけます。このまま強引にまくり切る勢いもあった状況で、1周1マークでの判断は一歩引いての「差し」。

原田選手も競りの強さがあり、外へ弾き飛ばされるリスクもあった中での極めて落ち着いた捌きだったと思います。

バックストレッチで有利な内側につけた羽野選手は、2マークで原田選手のツケマイを許さず先頭へ。そのまま振り切って「G1初出場初優勝」のゴールとなりました。

平成生まれのレーサーとしては初となるG1制覇

満を持して114期の出世レースからも大きく抜け出し、2017年の「最優秀新人獲得」も確実にする大きなタイトル奪取となったのです。

競艇界注目の新人選手!歴代の最優秀新人&未来のスター候補生

2度目の挑戦でヤングダービー制覇(2021年徳山)

2018年(4着)以来2度目の優出となった2021年のヤングダービーは、羽野直也の強さが際立つ6日間となりました。

2連対率40%超えの上位モーターを引き当て、初日から舟券圏内を外さない走りで得点を上積み。予選6走をオール3連対で1位通過します。準優もインから押し切っての1着で、同じくイン戦となる優勝戦に進みます。

スタートがカギとなった優勝戦も、集中を切らさずコンマ07のトップスタート。あとは難なくターンマークを回り続ける完璧なレースを見せ、1着でゴール。

ヤングダービーらしい荒い競り合いもあった中、ただ1人インから落ち着いた逃げで3周を走り切った羽野選手。悲願だったヤングダービー王者に輝き、いよいよSGレーサーとの本格的な戦いへ向かうことになります。

地元記念V達成(2022年若松・開設69周年記念)

羽野直也とは?地元記念V達成(2022年若松・開設69周年記念)

トップレーサーであれば誰もが1度は勝ちたいと思う、地元で行われる周年記念のタイトル。羽野直也の場合は、デビューから己を鍛え続けてきた若松の記念G1となります。

2022年3月の「G1全日本覇者決定戦開設69周年記念」には、高校の先輩でもある2021年グランプリ覇者の瓜生正義、ミスター若松こと田頭実、地元記念への執念を燃やす西山貴浩など、同じ福岡の強豪レーサーも多数顔を揃えました。

その中で機力上位のモーターを引くことができ、予選から堅実な走りでポイント重ねて得点率7.67の2位で準優に進出。

準優でも1コースからソツのない押し切りで1着。その後のレースで予選1位だった田村隆信選手が5着に敗れたため、羽野選手は優勝戦も1号艇からのイン戦となりました。

いつも以上に緊張感が増す地元記念の優勝戦。

そんな中、羽野選手はこの大一番でコンマ07のトップスタートを決めます。そのまま1周1マークでもスキのない旋回を見せ、他の艇に詰め寄る余地をまったく与えないままバックストレッチで独走態勢に。

「恩返しの意味も込めて、地元のG1で優勝するのが目標だった。この優勝はすごくうれしい」

レース後、このように話した羽野直也。自分を育ててくれた若松でつかんだ記念G1のタイトルは、SGにも手が届く実力の証にもなる大きな勲章となりました。

羽野直也のSG制覇チャレンジ

現時点で、羽野直也は3つのG1を含む14回の優勝を達成しています。A1級維持も連続10期に達し、いよいよ最高峰であるSG制覇へ体制が整ったようにも感じます。

羽野直也の年別獲得賞金

羽野選手がこれまで獲得した年間の賞金額、賞金ランキング順位は以下の通り。

年度 年間獲得賞金 順位 優勝 SG出場
2017 4519万円 38位 4回 1節
2018 4341万円 47位 0回 6節
2019 4474万円 57位 3回 5節
2020 4751万円 50位 2回 3節
2021 6029万円 31位 3回 5節

2021年はヤングダービーの優勝をはじめ、SGやG1での好成績が多かったことで自己ベストの6000万円超え

2017年からの5年間はいずれも賞金ランキング60位以内に入り、年末のグランプリシリーズ出場権を獲得しています。まだ2018年には優勝ゼロながら11月のチャレンジカップにも出場を果たしています。

最強の競艇選手まとめ!歴代賞金王&生涯獲得賞金ランキング

狙うは「平成生まれ初のSG優勝」

2022年のクラシック終了時点で、羽野直也選手のSG出場は計21節。そのうち準優に7度進んでおり、2020年の宮島グランドチャンピオンでは優勝戦に進出(6着)しています。

2021年にもSG優出のチャンスはありましたが、8月の蒲郡メモリアルでは2コースからトップスタートを決めたものの、1周2マークで池田浩二選手のまくりを許して3着敗退。

年末の住之江グランプリシリーズでは2コースから2番手争いに食いむも、1周2マークで振り込んで失速。他艇を巻き込む形となり落水失格に泣きました。

ちなみに、現役最年少のSG優勝経験者は「深谷知博」選手で、1988(昭和63)年4月生まれの34歳。

この記録を破るのは高い確率で平成生まれのレーサーとなるため、最有力の1人といえる羽野選手にかかる期待も非常に大きくなっています。

平成生まれでSG初制覇しそうな競艇界のヤングレーサー10選

2021年10月「初代ミッドナイト王者」に輝く

平成生まれのSG優勝一番乗りに先がけて、羽野選手は2021年10月に別の一番乗りを達成しています。ボートレース初のミッドナイト開催となった下関の一般戦「トランスワードトロフィー」です。

メンバー的には格上の存在。予選で1着を4本奪って貫禄の1位通過。準優ではコンマ08、優勝戦でもコンマ07のタイミングで外からの攻めを許さずイン逃げを決め、ミッドナイトボートレース史上初の王者に輝きました。

羽野直也とは?2021年10月下関「初代ミッドナイト王者」に輝く出典:日刊スポーツ

「ヤングダービーの優勝戦より緊張した」と話す羽野でしたが、危なげのない力強いイン逃げは一流レーサーにふさわしい走り!リアルタイムで観戦していて「羽野はまだまだいける」と実感したのを覚えています。

まとめ:多くのファンが待ち望む羽野直也のSG制覇

新人の頃はあどけない表情で“イケメン”しか印象がなかった羽野直也。しかし、年を重ねるごとに落ち着きと貫禄さえも感じさせ、A1級のトップレーサーと肩を並べるまでに成長。

ベテランから若手まで層の厚い福岡支部ですが、人気・実力ともに支部を支える1人でもあります。

2022年5月のSGオールスターも、福岡では西山貴浩、瓜生正義に次ぐ3番目の得票数を獲得し、全体の25位で選出。今後はSG戦線の常連としてもう一段上の活躍を、地元のみならず全国のファンが願っていることでしょう。

最後に、羽野選手が過去に1号艇(1コース)で挑んだ優勝戦の成績はデビューから9戦全勝。この先、SGの予選をもし1位通過するようなことがあれば…。

会心のイン逃げをSGの優勝戦で見られるかもしれませんね!

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます