ガチ勝てるおすすめの競艇無料予想

安河内鈴之介とは?イケメンの素顔&師匠・兄弟・年収など

安河内鈴之介とは?デビュー後の成績&師匠・兄弟・年収など

水面を走らせれば教官が頷き、陸に上がれば女性ファンが待つイケメンルーキー「安河内鈴之介」。

デビュー当初からよく話題に上がっていた新人ですが、その評判通り早々と水神祭達成!水陸どちらも活躍が期待される逸材といって良いでしょう。

近い将来、人気レーサーになるのは間違いなさそうなので、今のうちにデビュー前後について掘り下げておくことにしました。

新情報を入手した際は、随時内容を更新させていただきます。

無料予想の的中率は業界随一

こんな人は絶対に試すべき。

  • 是が非でも勝ちたい
  • 勝てる予想を探している
  • 予想にお金をかけたくない

ボートぴあ」は全ての願いを叶えてくれます。

無料予想ならリスクは一切ないので、業界トップクラスの”的中率&回収率”をその目で実感してください!

正直、無料予想のみでも勝てます。損したくなければぜひ!

気になる項目へジャンプできます

安河内鈴之介とは?

安河内鈴之介は福岡県出身、福岡支部のボートレーサー。

高校卒業後、2度目の試験で合格して養成所へ入所。その後、2023年11月に福岡でデビューし、同期2番目となる46走目で初勝利を達成。

安河内鈴之介の公式プロフィール

公式画像安河内鈴之介(133期)
名前安河内鈴之介(やすこうちすずのすけ)
登録番号5330(133期)
生年月日2003年12月15日
身長/体重163㎝/54㎏
出身/所属福岡県/福岡支部
デビュー日2023年11月9日

安河内鈴之介の出場予定や期別成績は、オフィシャルサイトの選手ページでご確認ください。

藤蔭高校の野球部に所属

安河内鈴之介の出身校は、野球の強豪校として知られる大分県の藤蔭高等学校。

国分少年野球(小学)・大野城ガッツ(中学)・藤蔭(高校)と野球一色の学生時代。目立った実績は確認できなかったものの、高校1年生の時には夏の甲子園に出場しています。※本人は未出場。

そんな学生の様子を伺えるのが…

安河内鈴之介のツイッター(X)アカウント
安河内鈴之介のXアカウント

安河内鈴之介が開設したと思われるツイッターアカウント。

プロフィール欄に”ボートレーサー”とは記載していませんが、ID(@suzunosuke_1215)に誕生日が付けられているうえ、小中の経歴が同じ。それらの情報により、高い確率で本人のものだと予想されます。

仮に安河内鈴之介のアカウントだった場合、同垢を開設したのは中学1年生(2016年5月)。この頃の情報を知れるのはかなり貴重かもw

ただし、いずれは削除しそうな気がするので、気になる方は早めに確認しておきましょう。

競艇選手を目指したきっかけ

安河内鈴之介とは?藤蔭高校の野球部に所属

保育園の年長から高校3年生まで野球を続け、大学でも野球を続けるつもりだったそうです。しかし、同時に体が小さいことをコンプレックスに感じ、その体型を活かせるスポーツをしたい気持ちもあったのだとか。

そんな時、父親からボートレーサーを勧められます。さらに、実姉の知人に「末永和也・篠原晟弥」がいたことから、両選手と話す機会に恵まれたのです。

そうした経緯がきっかけとなり、レーサーになることを決意。2度目で養成所試験に合格し、晴れて2023年11月にデビューを果たしました。

デビュー前に名選手と話せたなんて…運が良すぎるw

同期(133期)の注目選手

小林京平(133期)
小林京平
133期「澁川夏」
澁川夏
香川陽太(133期)
香川陽太
長尾萌加(133期)
長尾萌加
三嶌さらら(133期)
三嶌さらら
西田和加(133期)
西田和加

同期最速で水神祭を達成したのは、見た目・実力を兼ね備えた「長尾萌加」。

その他、133期養成所チャンプの「小林京平」や、リーグ勝率1位に輝いた「澁川夏」。さらに、飯山晃三と香川素子の息子「香川陽太」など、姻戚関係のある選手が多数在籍しています。

個人的に注目しているのが「西田和加」。実績が伴ってくればアイドルレーサーの仲間入りは確実ですw

推しメンをお探しの方は、以下の記事が参考になります。

師匠は峰軍団124期「末永和也」

師匠は峰軍団124期「末永和也」

安河内鈴之介の師匠は、佐賀支部124期レーサー「末永和也」。

安河内って福岡支部じゃ?と思った方も多いはず。また、峰竜太を追いかけ佐賀支部となった「定松勇樹」のように、同支部はあっても師弟が別々になるケースは極めて稀。

そうした例外をよく思わない先輩がいる可能性もあったため、福岡の支部長「川上剛」に前もって相談したそうです。

支部長の川上さんに相談し、許可をいただけました。他の選手からもなんで?と言われることはあっても、悪く言われることはなかったです。

よっぽど末永への憧れが強かったのでしょう。

ちなみに、末永和也の師匠は上野真之介で、上野の師匠は峰竜太。よって、安河内鈴之介は峰・上野の孫弟子であり、峰軍団の一員と言えます。

精鋭揃いの峰軍団がさらにパワーアップしましたね!

理想のレーサーは末永和也

安河内鈴之介とは?憧れのレーサーは末永和也

目標とするレーサーはもちろん、弟子入りした峰軍団の若きエース候補「末永和也」。

トップルーキに選ばれるほどの走りに魅了されつつ、安河内をボートレーサーに導いてくれた恩人。そんな末永和也のような選手になりたいと話しています。

安河内将・安河内健は兄弟?親戚?

イケメン兄弟「安河内将・安河内健」と兄弟・親戚ではありません。

”安河内”という名字について調べたところ、福岡県粕屋郡酒殿に多く、元々は太宰府に収める酒造りをしていた過去があるらしい。

安河内兄弟・安河内(鈴)の祖先までは分かりませんが、どちらも九州出身で佐賀と福岡。ひょっとしたら、2つの家族は近しい関係にあったのかもしれませんね。

原田教官も認めたターン技術

イケメンレーサーとしても注目の「安河内鈴之介」ですが、肝心の腕前もかなり期待された選手。養成所時代の恩師”原田教官”に太鼓判を押されたほど。

養成所のリーグ成績

リーグ戦成績
  • 勝率:6.09(全体8位)
  • 優出:2回
  • 優勝:1回

修了記念競走含む8回のリーグ戦において、安河内鈴之介は優出2回、優勝1回。また、勝率は全体8位の6.09で、真ん中より少し上ぐらいの成績を残しています。

ターン力は同期トップの実力

以下は訓練生だった安河内鈴之介に対する教官の評価。

原田教官

Fが続いてしまい、B1扱いからも漏れたりして落ち込む時期はありましたが、ターンは上手。いずれ(早めに)出てくると思います。

原田富士男といえば、G1競争を2度制するなど爪痕を残し、2020年に引退した元トップレーサー。その選手がここまで褒めた訓練生は僅かしかいません。

養成所チャンプ・リーグ勝率1位はそこそこの評価だったことを考えると、よっぽど”光るもの”を感じたのでしょう。

デビューから現在までの成績

安河内鈴之介がデビューした2023年11月以降の成績を紹介します。

デビュー戦は2023月11月9日の福岡

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます