ガチ勝てるおすすめの競艇無料予想

藤原仙二とは?競馬から転身&父・師匠・今村聖奈との関係など

藤原仙二とは?競馬から転身&父・師匠・今村聖奈との関係など

実力派が揃う滋賀支部にまた1人、超大型ルーキーとしてデビューした「藤原仙二」。

初陣からわずか2年の2024年6月蒲郡。ルーキーらしからぬ内外自在の立ち回りを披露し、同期一番乗りとなる初優勝&水神祭を達成しました。

将来有望な若手レーサーの1人ですが、実は生まれながらに競馬一色の環境だった異色の経歴。また、かわいいと評判の”今村聖奈”とは幼馴染なんです!

そんな藤原仙二について、レーサーになったきっかけをはじめ、結婚・彼女・父親・師匠などプライベートもまとめて解説します。

無料予想とは思えない的中&回収実績

蒼天ボート」をおすすめするのは…

  • 当たる無料予想がほしい
  • 一撃大回収を狙いたい
  • 投資コストはなるべく抑えたい

直近の検証で「的中率64%・回収率180%超え」の実績。ただ当てるだけでなく、収支に関してもすこぶる好調です!

本気で勝ちたいなら”ココ一択”で問題なし。

永久0円の”無料予想”からまずはお試しください。

気になる項目へジャンプできます

藤原仙二とは?

藤原仙二は滋賀県栗東市出身、滋賀支部のボートレーサー。

最終学歴は滋賀県立栗東高校中退。2021年4月に130期として養成所に入所。優秀な成績で卒業後、2022年5月にデビューし、64走目で初勝利、デビュー2年1ヵ月で初優勝達成。

藤原仙二の公式プロフィール

公式画像競艇界注目の新人選手「藤原仙二」
名前藤原仙二(ふじわらせんじ)
登録番号5255(130期)
生年月日2003年11月6日
身長/体重167cm/55kg
出身/所属滋賀県/滋賀支部
デビュー日2022年5月21日

藤原仙二の出場予定や期別成績は、オフィシャルサイトの選手ページでご確認ください。

元々は騎手志望も、2度の不合格で心折れる

藤原仙二とは?小中学校で同級生だった今村聖奈・角田大河
同級生のJRA騎手「今村聖奈・角田大河」

藤原仙二の父(吾郎)はJRAの調教助手。そうした環境で育ったことから、競馬は身近な存在だったといいます。そして、いつしかJRAジョッキーになること志すように。

小中学校時代は同じ小中学校に通う「今村聖奈・角田大河」と共に、栗東の乗馬スポーツ少年団で鍛錬の日々が始まります。

乗馬クラブでは成績優秀な生徒が揃うジュニアチームに選ばれ、あとはJRA競馬学校騎手過程の試験に合格するのみ。

しかし、乗った馬が突然立ち止まる不運などもあり、競馬学校は2度受験しいずれも不合格。3度目の受験をトライすることなく、地元の滋賀県立栗東高校に進学しました。

藤原仙二

高校時代は食べたいものをたらふく食べて、適当に遊んでいた。

あまりの減量苦に夢を諦めてしまい、その反動もあって制限なしの食生活となっていきます。

競艇選手を目指したきっかけ

食べて遊んでダラダラ過ごしていた高校時代。そんな姿を見かねた父は”息子の刺激になれば”と、日頃から足を運んでいたびわこ競艇場に連れていきます。

幼い頃に観戦した記憶はあったそうですが…

藤原仙二

ボートレースを久しぶりに見て、めっちゃカッコイイと思った。

思惑通りに事が進み、高校在学中にボートレーサー養成所を受験することに。その結果、1度目の試験で見事合格したのです。

合格の報せを聞いた父は「まじか!」と本人以上に大喜び!一度は夢を諦めた藤原仙二でしたが、17歳にして新たな人生の幕開けとなりました。

ボートレーサー養成所の成績

藤原仙二とは?ボートレーサー養成所の成績
デビュー前の藤原仙二

2021年春、同期では下から4番目の年少(17歳)で養成所へ入所。また、実力者揃いの期でしたが、厳しい訓練を耐え抜き卒業を果たしています。

養成所のリーグ戦成績は、勝率6.25・優出3回。

優勝およびデビュー後のB1級斡旋対象者には選ばれなかったものの、第1戦から3連続優出と優秀な実績といって良いでしょう。

130期は51名の訓練生が入所し、その内卒業できたのは27名。

同期(130期)主な選手

中山翔太(130期)
中山翔太
塚越海斗(130期)
塚越海斗
西丸侑太朗(130期)
西丸侑太朗
門田栞(130期)
門田栞
羽田妃希(130期)
羽田妃希
本田愛(130期)
本田愛

藤原以外で注目されているのは、養成所チャンプの中山翔太、養成所リーグ勝率7点台の塚越海斗。

その他、勝率上昇中の西丸侑太朗・荒木颯斗など、今後が楽しみなルーキーが多数在籍。

女子で活躍が目立つのは、両親が共にアスリートという静岡支部の本田愛。レースぶりに荒さはありますが、近いうちにA2級昇格を果たすはずです。

師匠は滋賀支部109期「丸野一樹」

藤原仙二とは?師匠は滋賀支部109期「丸野一樹」

藤原仙二の師匠は、滋賀支部に所属する109期レーサー「丸野一樹」。

2019年のびわこ周年を皮切りに、これまで6度のG1制覇。良からぬ噂も浮上していますが、紛れもなく艇界を代表するトップレーサーの1人です。

師弟関係が発覚したのは2023年1月頃。丸野のYoutubeチャンネルに藤原が登場し、その動画内で弟子入りした経緯などを話しています。

丸野一樹

デビューして半年になるんですけど、この間「師匠にしてください」と言われまして…

藤原仙二

カッコ良かったというか、ボートに対しての考え方が凄く熱心で、その姿に憧れてお願いしました。

愛弟子(初弟子)ということもあるでしょうが、これ以上ないほど褒めちぎるほどの高評価。

ターンはもう絶品!むちゃくちゃ上手いからね。

デビュー前の練習時、水面がめちゃくちゃうねってたんですよ。そんな中で全速ターンしまくってて、馬場(貴也)さんに「あのターンできます?」と聞いたら「俺ちょっと無理やわ」ってw

それぐらいデビュー前から普通の奴とは違うなぁと。気持ちをコントロールできればA1級昇格、G1出場はすぐ!

あの丸野一樹から絶賛される逸材。いずれはSGで師弟対決が見れるかもしれませんね!

藤原仙二の父親・彼女・年収・SNSなど

あまり報じられない「藤原仙二のプライベート」を深掘りしていきます。

父はJRA調教助手「藤原吾郎」

藤原仙二とは?父はJRA調教助手「藤原吾郎」

藤原仙二の父親は、橋口慎介厩舎に所属する日本中央競馬会(JRA)の調教助手。

かつてはクラシック二冠牝馬のベガ、3つのG1を勝ったアドマイヤムーンなどを管理した栗東の名門・松田博資厩舎に所属。また、G16勝の名牝ブエナビスタを担当していたことでも知られています。

父の吾郎さんは昔柄の競艇ファン。さらに、親交のある滋賀支部のレーサーが多数いるらしく…

「滋賀支部の選手はみんな人間性が素晴らしいし、息子にはボートレーサーになってほしかった」というのが本音だったとか。

JRA「今村聖奈・角田大河」は同級生

藤原仙二とは?JRA「今村聖奈・角田大河」は同級生

小中学校時代の同級生、そして乗馬学校も一緒だった現役JRAジョッキーが2人います。

1人は栗東・寺島良厩舎所属の「今村聖奈」。2022年7月CBC賞(G3)で1着となり、JRA女性初の重賞初騎乗&初勝利を達成しました。

もう1人は、栗東・石橋守厩舎の「角田大河」。2001年日本ダービーを制した角田晃一調教師の二男です。

同じ公営競技で活躍する同級生に対し…

藤原仙二

彼らの活躍はモチベーションになる。まだ足元にも及ばないけど、最終的には僕の方が稼げるように、活躍できるように頑張ります

というか、小学・中学で同じ学校に通っていた幼馴染が、3人も公営競技にいるなんて凄すぎるw

今村聖奈はまさか彼女?

競馬ファンならご存じの通り、今村聖奈はアイドル並みの可愛さを兼ね備えた人気騎手。男なら誰しも恋焦がれる存在ですが、SNSでは「藤原仙二の彼女?」といった声もちらほら。

そのような憶測が囁かれたきっかけは以下のツイート。

今村聖奈はまさか藤原仙二の彼女?

ほほを赤くして酔っぱらっている様子の今村聖奈と、デレデレしている風に見える藤原仙二の2ショット。

まぁそうなるわな(笑)もちろん、幼馴染の優勝を祝っているだけの可能性もありますが、ボート界の出世頭が彼氏(旦那候補)ならまさしくwinwinですし。

あ、全て憶測ですので。ファンの方はどうか怒らないでください。

藤原仙二の年収(年別獲得賞金)

獲得賞金順位
2022年2,950,000円1551位
2023年12,980,000円1063位
2024年8,570,000円827位
※2024年は7月時点の獲得賞金

デビュー以降に稼いだ獲得賞金の一覧です。

競艇選手になってわずか2年で年収1000万円超え。2024年はさらに成績を伸ばしており、ボートレーサーの平均年収(約1900万円)に届きそうな勢い!

お忘れかもしれませんが、この情報をお伝えしている時点の藤原仙二は若干20歳。紹介していて少し悲しい気持ちになります…

藤原仙二のSNS(インスタ・X)

藤原仙二のSNS(インスタ・X)

藤原仙二が運用するSNSは「ツイッター(@fujiwaraaa5255)」のみ。

ボートレース関連の投稿がメインで、たまにプライベートを呟く感じ。プロフィール欄には「劇団ひとりさんの公式Twitterではございません」の一文。確かに、見る角度によって雰囲気がそっくりw

美人レーサー「日野未来」推し?

藤原仙二のXを見ていると、とある競輪選手のリポストが沢山。その選手とは…

藤原仙二の推しメン「日野未来」②
藤原仙二の推しメン「日野未来」①

ガールズケイリン界を代表する美人レーサー「日野未来(ひのみらい)」。

2010年に中原未來としてアイドルグループで芸能界デビューし、グループ卒業後はグラビアアイドルに。そこから競輪選手に転向した異色の経歴。

藤原仙二はそんなアイドルレーサーを熱心に応援しているので、さすがに”今村聖奈の彼女説”は無理があるかも。

今村聖奈と交際していた場合、SNSで堂々と推し活はしないよなw

デビューから現在までの成績

藤原仙二のキャリアはまだ始まったばかりですが、デビュー以降の成績を振り返っていきましょう。

デビュー節で2着!しかし、F2を切り窮地に

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます