ガチ勝てるおすすめの競艇無料予想

競艇の賞金額はいくら?1着~6着&グレードレースの賞金など

競艇の賞金額とは?1着と6着の差&グレード別の賞金など
最新情報

新年度(2024年4月1日)より、各グレードの優勝賞金が増額。

最も増額したのは、グランプリを除くGRANDE5(クラシック・オールスター・メモリアル・ダービー)で、4,000万円から200万円増の4,200万円に。その他、G1以下も軒並み賞金がアップした。

詳しくは記事内にて。

ボートレーサーの平均年収はよく目にしますが、毎日開催されている各レースの賞金額ってご存じですか?

調べても意外と情報は見つからないので、各グレード(SG・G1・G2・G3・一般戦)の優勝賞金、着順賞金など全てを解説。また、賞金の仕組みも深掘りしていきます。

ボートレーサーの年収については以下の記事をご覧ください!

無料予想とは思えない的中&回収実績

蒼天ボート」をおすすめするのは…

  • 当たる無料予想がほしい
  • 一撃大回収を狙いたい
  • 投資コストはなるべく抑えたい

直近の検証で「的中率64%・回収率180%超え」の実績。ただ当てるだけでなく、収支に関してもすこぶる好調です!

本気で勝ちたいなら”ココ一択”で問題なし。

永久0円の”無料予想”からまずはお試しください。

気になる項目へジャンプできます

グレード別の着順賞金&優勝賞金【2024年最新】

まずは「SG・G1・G2・G3・一般戦」の賞金額から。

大よその賞金額です。正確な情報を知りたい場合は、大会毎の公式情報を確認してください。

一般戦の着順賞金&優勝賞金

着順予選
1号場/2号場
優勝戦
1号場/2号場
1着9万円11万円80万円100万円
2着6.7万円7.8万円52万円75万円
3着4.7万円5.3万円42万円60万円
4着0円0円37万円46万円
5着0円0円34万円43万円
6着0円0円33万円40万円
※1号場は鳴門競艇、2号場は若松競艇を参照

1号賞金・2号賞金」とは、1日の平均売上が基準を超えれば2号、下回れば1号に分類される仕組み。当然、1号場より2号場の方が賞金額は多い。

1号場・2号場の振り分けは以下をご覧ください。

1号賞金場・2号賞金場
競艇場2023年度2024年度
桐生2号賞金2号賞金
戸田2号賞金1号賞金
江戸川1号賞金1号賞金
平和島2号賞金2号賞金
多摩川2号賞金2号賞金
浜名湖2号賞金1号賞金
蒲郡2号賞金2号賞金
常滑1号賞金1号賞金
1号賞金1号賞金
三国1号賞金2号賞金
びわこ1号賞金1号賞金
住之江2号賞金2号賞金
尼崎2号賞金1号賞金
鳴門2号賞金1号賞金
丸亀2号賞金2号賞金
児島1号賞金1号賞金
宮島2号賞金1号賞金
徳山2号賞金2号賞金
下関2号賞金2号賞金
若松2号賞金2号賞金
芦屋2号賞金2号賞金
福岡1号賞金1号賞金
唐津2号賞金1号賞金
大村2号賞金2号賞金

一般戦で賞金が貰えるのは1~3着で4着以下は0円です。ただ、無事故完走なら手当が貰えるため、実質収入ゼロではありません。

成績上位者が出場できるドリーム戦および準優以降は、着順に関係なく賞金あり。以下は若松(2号場)を参照。

1着2着3着4着5着6着
選抜戦29211612107.7
準優勝戦14106.94.53.32.3
ドリーム14106.94.53.32.3
単位:万円

そして、優勝戦まで進めば80~100万円前後の賞金を獲得できます。

準優敗北者が出場する選抜戦は1着賞金30万円程度。よって、消化試合とは思わない方が良いでしょう。

G3の着順賞金&優勝賞金

着順予選(2号場)優勝戦(2号場)
1着11.6万円110万円
2着8.2万円77万円
3着5.9万円61万円
4着0円50万円
5着0円46万円
6着0円43万円
※戸田競艇(2号場)を参照

G3の賞金額は一般戦よりやや高めとなっていますが、それほど大差はありません。

G2の着順賞金&優勝賞金

着順予選(2号場)優勝戦
1着12.5万円490万円
2着8.8万円250万円
3着5.9万円170万円
4着0円130万円
5着0円110万円
6着0円95万円

G2競争の優勝賞金は一般戦・G3の約4倍。年9回程度しか開催されませんが、優出できれば大きな賞金上積みが可能です。

2024年のG2開催一覧
  • 1月:モーターボート大賞(江戸川)
  • 2月:レディースオールスター(びわこ)
  • 3月:モーターボート大賞(宮島)
  • 5月:レディースオールスター(宮島)
  • 5月:モーターボート大賞(平和島)
  • 7月:モーターボート大賞(児島)
  • 7月:全国ボートレース甲子園(津)
  • 7月:モーターボート大賞(江戸川)
  • 9月:モーターボート大賞(三国)
  • 10月:秩父宮妃記念杯(びわこ)
  • 11月:レディースチャレンジカップ(下関)

レディースオールスターの開催時期が変更されたため、2024年は2月・5月と2度開催されます。

G2で最も盛り上がるのは「ボートレース甲子園」。47都道府県から代表選手が1人ずつ選出され、毎年熱いバトルが繰り広げられます。

そして、他のG2より売上も高いことから、優勝賞金は同グレード最高額の500万円となります。

G1の着順&優勝賞金

着順予選優勝戦
G1/PG1
1着16.5万円1200万円1700万円
2着13.5万円490万円420万円
3着10.2万円350万円310万円
4着8.5円240万円220万円
5着7.5円200万円180万円
6着6.5円170万円150万円
※G1は周年記念、PG1は賞金女王決定戦を参照

G1以上のグレードになると、予選4着以下でも賞金が貰えます。さらに、準優・優出を果たせば大きな賞金を獲得でき、優勝者には630~1,700万円が贈られます。

ちなみに、G1で賞金が一番低いのは地区選手権。開催数が多い分、プレミアムG1・周年記念より低く設定されています。

2025年2月に「PG1スピードクイーンメモリアル」が新設!女子戦では3つ目のPG1となる。

SGおよびグランプリの着順&優勝賞金

SG競争優勝賞金
クラシック4,200万円
オールスター4,200万円
グランドチャンピオン3,600万円
オーシャンカップ3,600万円
メモリアル4,200万円
ダービー4,200万円
チャレンジカップ3,600万円
グランプリシリーズ2,000万円
グランプリ1億1,000万円

SG(スペシャルグレード)の優勝賞金は上記の通り。

2024年度からSG競争(グランプリを除く)の賞金が200万円増額。メダル対象のGRANDE5(クラシック・オールスター・メモリアル・ダービー)が4,200万円、それ以外が3,600万円となりました。

優勝すればとんでもない大金を手にできるうえ、仮に優勝を逃しても以下の賞金が用意されています。

余談ですが、グランプリとGRANDE5全て優勝すると”3億円相当のインゴット”が贈呈されます。

グランプリ(賞金王決定戦)優勝戦

着順優勝戦
1着1億1000万円
2着4700万円
3着3300万円
4着2400万円
5着2200万円
6着2000万円

順位決定戦・シリーズ戦の優勝戦

着順順位決定戦シリーズ戦
1着2000万円1700万円
2着1100万円720万円
3着800万円470万円
4着550万円370万円
5着450万円330万円
6着400万円300万円

トライアル1nd&2nd・選抜戦の賞金

着順トライアル
1st/2nd
選抜A戦選抜B戦
1着48万円/57万円210万円115万円
2着37万円/45万円150万円80万円
3着30万円/36万円115万円62万円
4着22万円/31万円90万円50万円
5着19万円/28万円80万円45万円
6着16万円/26万円70万円40万円

チャレンジカップ終了時点の獲得賞金が基準となるグランプリ。詳しい出場資格などは以下をご覧ください。

ダービー・オールスターの賞金

着順予選準優勝戦優勝戦
1着21万円57万円4200万円
2着17万円43万円1650万円
3着13万円33万円1050万円
4着11万円26万円800万円
5着10万円23万円700万円
6着9万円20万円650万円

なぜボートレーサーがSGを目指すのか?この賞金を知れば納得できますよねw

競艇における賞金の仕組み

ボートレーサーの生命線ともいえる賞金ですが、その仕組みについて理解している人は意外と少ない印象。舟券の勝ち負けに関係ないとはいえ、覚えておくとより楽しめるはずです。

競艇の賞金に関して最低限知っておきたいことをQ&A方式でまとめておきます。

1号賞金場・2号賞金場とは?

賞金平均売上
1号場80万円4億4500万円以下
2号場100万円4億4500万円以上
※2024年度の基準

1日の平均売上目標が基準となり、下回ると1号賞金場、上回ると2号賞金場。要は、売上の多い競艇場ほど賞金が多く貰える仕組み。

ここ数年のボートレース売上は上昇中なので、ほとんどの場が2号賞金場になってもおかしくない情勢。

しかし、2022年度の2号賞金場が22場だったのに対し、2023年度は17場、2024年度は12場に減少しています。

そうなってしまった理由は「1日平均売上条件が増額」したから。

2022年度は3億5000万円、2023年度は3億9000万円、そして2024年度は4億4500万円。全体売上に比例して条件が変わっていくため、次年度以降も1号 or 2号は変動していくことが予想されます。

競艇場2022年度2023年度2024年度
桐生2号賞金2号賞金2号賞金
戸田2号賞金2号賞金1号賞金
江戸川2号賞金1号賞金1号賞金
平和島2号賞金2号賞金2号賞金
多摩川2号賞金2号賞金2号賞金
浜名湖2号賞金2号賞金1号賞金
蒲郡2号賞金2号賞金2号賞金
常滑1号賞金1号賞金1号賞金
1号賞金1号賞金1号賞金
三国2号賞金1号賞金2号賞金
びわこ2号賞金1号賞金1号賞金
住之江2号賞金2号賞金2号賞金
尼崎2号賞金2号賞金1号賞金
鳴門2号賞金2号賞金1号賞金
丸亀2号賞金2号賞金2号賞金
児島2号賞金1号賞金1号賞金
宮島2号賞金2号賞金1号賞金
徳山2号賞金2号賞金2号賞金
下関2号賞金2号賞金2号賞金
若松2号賞金2号賞金2号賞金
芦屋2号賞金2号賞金2号賞金
福岡2号賞金1号賞金1号賞金
唐津2号賞金2号賞金1号賞金
大村2号賞金2号賞金2号賞金

賞金の原資はなに?

我々が投票する舟券売上です。競艇は控除率25%なので、その手数料が各開催の賞金に充てられます。

競艇選手って給料はもらえるの?

会社員のような固定給はありません。

ボートレーサーの収入は、レースに出場して獲得する賞金と手当(日当など)。

峰竜太みたいに副業をしている選手も稀にいますが、基本的にレースで得る賞金や手当が収入の柱となります。

手当はいくらぐらいもらえるの?

  • 前検日に参加:1万円
  • 開催参加(1日):2万円
  • ナイター手当(1日):1万5000円
  • 無事故賞:(1日):5,000円
  • 完走手当:4着3万円・5着2万円・6着1万円
  • GW・お盆・正月の地元戦はプラスα

獲得した賞金や手当は、その節が終わった翌日か翌々日に振り込まれます。

賞金以外で競艇選手の収入になるもの

デビューしたての新人選手はいくらぐらい稼ぐ?

2021年5月にデビューした新人選手の平均月収は「30万円」程度。

3着以内の着順賞金はほぼ受け取れませんが、日当や完走などの手当でその稼ぎを得られます。悪い言い方をすれば、成績が悪くても大卒の初任給以上を稼ぐことが可能。

B2級選手の年収は?

過去に公表されたデータによると、B2級の選手は「年収500万円前後」。

そもそも、B2級だと斡旋数が少なめ。B1級に昇格するまでは最低限のお金しか稼ぐことができません。

ちなみに、各級別の平均年収は…

  • A1級:約3,000万円
  • A2級:約1,800万円
  • B1級:約1,100万円
  • B2級:約500万円

獲得賞金はいつリセットされる?

グランプリ選出などに影響する獲得賞金は、1月1日~12月31日の期間で集計されます。

年末年始にかけて開催されるレースの場合、年を跨いだ賞金は翌年の賞金としてカウント。賞金王争いをしていても同様です。

2022年に分かりやすい例が起こったので、気になる方は以下の記事をご覧ください。

白井英治が2022年賞金王に輝く!競艇史に残る大逆転劇

競艇の賞金額はなぜ上がったの?

競艇の売上(2012~2023年)

ボートレース売上は、10年前と比較して約2.5倍。

ネット投票の普及、在宅率増加などがプラス要因となり、2022年度には史上最高額の売上を更新しました。

そうした利益増加に伴い、ボートレーサーの待遇を良くしたのでしょう。

歴代1位の年間獲得賞金額(最高年収)は?

選手名獲得賞金
2002年植木通彦2憶8393万円
2020年峰竜太2憶5302万円
2009年松井繁2憶5120万円
2011年池田浩二2憶5085万円
2003年田中信一郎2憶2980万円
2015年山崎智也2憶2933万円
2006年松井繁2憶2800万円
2019年石野貴之2憶2564万円
2023年石野貴之2億2203万円
2016年瓜生正義2憶1373万円
2008年松井繁2憶1259万円

年間獲得賞金の”歴代1位記録”を保持しているのは、2002年に2億8,393万円を獲得した「植木通彦」元選手。

それ以降、峰竜太・松井繁といったトップレーサーが追随するも、20年以上記録は破られていません。

まとめ

意外と知られていないボートレースの賞金額。

競艇をやるうえで重要な知識ではありませんが、これまでと違った感覚でレースを楽しめるはず!

競艇場や開催ごとに違いがあるので、詳細はそれぞれの公式サイト等で確認してください。

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます