競艇初心者向けの予想ハウツー

ゴールデンレーサー賞&24場制覇を達成した競艇選手一覧

ゴールデンレーサー賞&24場制覇を達成した競艇選手一覧

約1,600名のボートレーサーがいる中、極僅かな選手しか到達できない「ゴールデンレーサー&24場制覇」。

また、それらの名誉は実力だけでなく、運やタイミングも味方につける必要があります。要は競艇の神様に認められた存在と言えるでしょう。

そこで今回は、前人未到の「GRANDE5」をはじめ、数えるほどしか達成していない「ゴールデンレーサー&24場制覇」について解説していきます。

競艇史に残る「歴代1位記録」は以下の記事をご覧ください。

試せば分かる優良予想サイト

一つでも該当するなら「競艇モンスター」をぜひお試しください。

  • 舟券が全く当たらない
  • 当てやすいレースを選定できない
  • 他力本願でも勝ち組になりたい

モンスターでは”勝てる予想”を無料で入手可能。無課金で利用しているユーザーも多く、長期的にプラス収支を達成しています。

さらに、期間限定で”アマギフ1000円分”のプレゼントキャンペーン実施中!

まずは無料予想から。5レースほど検証すれば凄さに気付けるはずです。

気になる項目へジャンプできます

競艇界の輝かしい表彰制度

競艇では輝かしい功績を上げた選手に対し、GRANDE5・ゴールデンレーサー賞・24場制覇・ボートレース殿堂の表彰制度が用意されています。

各表彰の説明は不要な方は、以下のボタンより受賞者までジャンプ可能です。

GRANDE5とは?条件や賞金など

GRANDE5とは?達成者には3億円相当のインゴット
出典:BOAT RACE MEDAL AWARDS

GRANDE5(グランデファイブ)とは、5つのSG競争をまとめた総称。優勝戦3着以内の選手を対象に、金・銀・銅のメダルが贈られる2014年に新設された制度です。

GRANDE5と呼ばれるSG競争は以下の5つ。

GRANDE5
  • ボートレースクラシック
  • ボートレースオールスター
  • ボートレースメモリアル
  • ボートレースダービー
  • グランプリ

このSG競争で優勝戦まで勝ち上がり、上位3着に入ると「金(1着)・銀(2着)・銅(3着)」のメダル贈呈。ただし、最も賞金額の高いグランプリのみ「プラチナ・金・銀」となります。

そして、GRANDE5で最初に全て優勝した場合、グランドスラムを祝して「3億件相当のインゴット」が贈呈されます。

ゴールデンレーサー賞の条件や賞金とは?

ゴールデンレーサー賞とは?

ゴールデンレーサー賞とは、2019年に新設され、BOATRACE振興会会長賞メダルなど基準を満たした選手に贈られる表彰制度。

ゴールデンレーサー賞の認定基準
  • BOATRACE振興会会長賞メダルを24個以上授与
  • GRANDE5のメダルを3個以上授与
  • ゴールデンレーサーとして適切な品格を保ち、他の模範となっている者

BOATRACE振興会会長賞メダルとは…

  • 2014年以降のGRANDE5
  • 2015年以降の周年記念・マスターズチャンピオン
  • 2020年以降のグランドチャンピオン・オーシャンカップ・チャレンジカップ

上記基準を満たせばゴールデンレーサー賞を受賞できます。しかし、SG優勝戦でフライング、品格を損なう自称が発生した場合、ゴールデンレーサーの名称使用が停止されます。

一定期間経過し、解除が適当と判断された場合は名称使用が復活。

24場制覇とは?

競艇の24場制覇とは?

24場制覇とは、全国24ヵ所の競艇場全てを制覇した選手に、金貨1オンスと表彰盾贈られる賞。

GRANDE5やゴールデンレーサー賞と異なる点は、基準となるレースグレードがなく、一般戦の優勝もカウントされるところ。その為、SGに出場しない選手でも受賞することは可能です。

ちなみに、24場制覇まで”後1場”の選手は以下の通り。

残り1場優勝で24場制覇
  • 大場敏(鳴門)
  • 荒井輝年(徳山)
  • 島川光男(住之江)
  • 三角哲男(芦屋)
  • 松井繁(江戸川)
  • 三嶌誠司(多摩川)
  • 都築正治(平和島)
  • 田中信一郎(福岡)
  • 高濱芳久(江戸川)
  • 中辻崇人(常滑)
  • 平田忠則(戸田)
  • 佐々木康幸(戸田)
  • 坪井康晴(鳴門)
  • 湯川浩司(津)
  • 毒島誠(江戸川)
  • 山田哲也(若松)

ボートレース殿堂の条件とは?

ボートレース殿堂とは?殿堂第1号の今村豊

ボートレース殿堂とは、多大なる功績を残して引退した選手に対し、その功績を讃えて贈られる制度。

ボートレース殿堂の認定基準
  • 2010年4月1日以降に引退した選手
  • SG・G1で優勝回数50回以上
  • ゴールデンレーサー賞など同等の受賞者
  • 現役時代に品格を保ち規範となった選手

現在、殿堂入りした選手は「今村豊」さんただ1人。

生涯獲得賞金約29億円、通算2880勝、SG・G1合わせて54勝を挙げた他、数々の歴代1位記録を樹立した名レーサーです。

そんな今村さんが殿堂入りするのは当然のことですが、認定基準のハードルが高すぎるような…。この基準だと、後に続く選手はかなり限られてくると思われます。

GRANDE5のメダル保有数

2023年12月現在のメダル獲得情報は…

獲得数選手名
3個石野貴之・峰竜太
2個馬場貴也・白井英治・原田幸哉・平本真之・瓜生正義・吉川元浩・毒島誠・桐生順平・菊地孝平
1個土屋智則・遠藤エミ・篠崎仁志・寺田祥・深谷知博・井口佳典・中島孝平・守田俊介・深川真二・坪井康晴・篠崎元志・仲口博崇・茅原悠紀
※2014年以降のSGが対象

23年オールスターを制した「石野貴之」と、ダービー覇者の「峰竜太」が一歩リードしていますが、リーチの選手は未だ不在。誰が獲ってもおかしくない状況です。

もし2009年に新設されていたら、既に池田浩二がインゴットを手にしています(笑)詳細は以下で紹介しています。

ゴールデンレーサー賞の受賞選手一覧

2019年に「ゴールデンレーサー賞」が新設されて以降、受賞した選手は以下の12名。

選手名基準達成日
第1号白井英治2019年3月21日
第2号峰竜太2019年5月26日
第3号菊地孝平2019年9月1日
第4号井口佳典2019年9月29日
第5号桐生順平2019年11月14日
第6号瓜生正義2020年3月31日
第7号毒島誠2020年10月26日
第8号平本真之2021年8月29日
第9号茅原悠紀2021年10月14日
第10号石野貴之2022年6月10日
第11号馬場貴也2022年12月18日
第12号篠崎元志2023年3月21日

ゴールデンレーサー賞第1号の受賞者は、関門のホワイトシャークこと「白井英治」。2019年のSGクラシックで優出を果たし、24個目のメダルを獲得。

その直後、艇界のスーパースター「峰竜太」がオールスターで達成するなど、2019年は5名もの受賞者が誕生しました。

また、達成まであと1~3個としている選手は…

ゴールデンレーサー賞まで残りわずか
  • 1個:松井繁・新田雄史・山口剛
  • 2個:吉川元浩・辻栄蔵・篠崎仁志・坪井康晴
  • 3個:池田浩二

残り1個の「松井繁・山口剛」は対象のSGを予定しているので、優勝戦に進出した時点でゴールデンレーサー賞を受賞することができます。

24場制覇の達成者一覧

これまでに24場制覇を達成し、メダルを受賞した選手は以下の26名。

2000年以前に達成した選手は7名いますが、メダル受賞者ではないため除外しています。

選手名達成日
第1号山室展弘2002年3月9日
第2号関忠志2005年6月12日
第3号山下和彦2014年6月23日
第4号市川哲也2014年8月31日
第5号石川真二2014年9月3日
第6号徳増秀樹2015年2月28日
第7号前本泰和2016年2月27日
第8号今垣光太郎2016年3月31日
第9号岩崎正哉2016年7月14日
第10号吉川元浩2017年4月16日
第11号今村豊2017年4月24日
第12号服部幸男2017年11月3日
第13号重野哲之2018年4月12日
第14号赤岩善生2018年4月18日
第15号北川幸典2018年7月20日
第16号辻栄蔵2018年9月11日
第17号原田幸哉2018年9月15日
第18号林美憲2018年12月11日
第19号上平真二2018年12月29日
第20号深川真二2019年2月24日
第21号守田俊介2019年9月20日
第22号江口晃生2020年4月1日
第23号石野貴之2020年9月18日
第24号白石健2020年12月16日
第25号濱野谷憲吾2021年3月26日
第26号田口節子2021年9月19日
第26号峰竜太2023年10月29日

24場制覇の第1号メダル受賞者は、2002年3月に達成した「山室展弘」。

一方、2000年8月に達成した「万谷章」はメダルを受賞していないことから、2000年9月~2002年3月の間に現制度が新設されたのでしょう。

24場制覇まで残り1場の選手

  • 島川光男(住之江)
  • 三角哲男(芦屋)
  • 松井繁(江戸川)
  • 大場敏(鳴門)
  • 三嶌誠司(多摩川)
  • 都築正治(平和島)
  • 田中信一郎(福岡)
  • 荒井輝年(徳山)
  • 高濱芳久(江戸川)
  • 中辻崇人(常滑)
  • 平田忠則(戸田)
  • 佐々木康幸(戸田)
  • 坪井康晴(鳴門)
  • 湯川浩司(津)
  • 毒島誠(江戸川)
  • 山田哲也(若松)

SGレーサーの名前がずらり。ゴールデンレーサーの「毒島誠」すら未だ達成できておらず、24場制覇がいかに難しいのか理解できるはず。

あと、斡旋されないことには全場制覇は不可能。松井繁のように江戸川を避けていると、当然ながら24場制覇は達成できませんw

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます