競艇初心者向けの予想ハウツー

競艇史に残る「歴代1位記録」を持つボートレーサーまとめ

競艇界のいろんな歴代1位まとめ!賞金・年齢・勝利数など

1952年4月から始まった競艇の「歴代1位記録」をまとめています。

よく目にする情報といえば「生涯獲得賞金・SG優勝回数」など。ただ、あまり報じられることのない歴代No.1は他にも沢山あるので、この機会に競艇のことをより深く学んでおきましょう!

この記事では様々な歴代1位の記録及び保持者を紹介していきますが、時間と共に更新される可能性もあります。

誤った情報を見つけた際はご一報いただけると幸いです。

試せば分かる優良予想サイト

一つでも該当するなら「競艇モンスター」をぜひお試しください。

  • 舟券が全く当たらない
  • 当てやすいレースを選定できない
  • 他力本願でも勝ち組になりたい

モンスターでは”勝てる予想”を無料で入手可能。無課金で利用しているユーザーも多く、長期的にプラス収支を達成しています。

さらに、期間限定で”アマギフ1000円分”のプレゼントキャンペーン実施中!

まずは無料予想から。5レースほど検証すれば凄さに気付けるはずです。

気になる項目へジャンプできます

競艇史に残る歴代1位記録

競技が開始されてから約70年、艇界ではとんでもない記録が飛び出しています。その中からデータを確認できる「歴代1位」を紹介していこうと思います。

生涯獲得賞金ランキング(全体)

順位選手名生涯獲得賞金(SG優勝)
1位松井繁40億1150万円
2位今村豊29憶4144万円
3位今垣光太郎26億2350万円
4位山崎智也25憶9690万円
5位瓜生正義25憶8840万円
6位濱野谷憲吾24億7630万円
7位太田和美23億2613万円
8位植木通彦22億6186万円
9位田中信一郎21億6530万円
10位池田浩二21億3755万円
11位服部幸男20憶4571万円

競艇界で最も賞金を稼いでいるのは、絶対王者の「松井繁」。

2023年5月に前人未到の”40億円”を突破。また、同年1月のBBCトーナメントで優勝した際には「75歳まで走るつもり。相当な記録を残しているんじゃないですか」と語っています。

ここ最近は少し調子を落としているようですが、いずれまた快挙を成し遂げることでしょう!

生涯獲得賞金ランキング(女子)

順位選手名生涯獲得賞金
1位日高逸子10億9,417万円
2位山川美由紀10億7,344万円
3位寺田千恵10億59万円
4位谷川里江8億4,411万円
5位海野ゆかり7億8,565万円
6位角ひとみ7億7,107万円
7位鵜飼菜穂子7億3,229万円
8位渡辺千草6億7,035万円
9位高橋淳美6億5,468万円
10位田口節子6億3,406万円

女子レーサーの生涯獲得賞金歴代1位は「日高逸子」。

松井繁の約40億円には遠く及びませんが、現役最高齢レーサーとして記録を伸ばし続けています。

年間獲得賞金ランキング

選手名年間獲得賞金
2002年植木通彦2億8418万円
2020年峰竜太2憶5302万円
2009年松井繁2憶5120万円
2011年池田浩二2憶5085万円
2003年田中信一郎2憶2980万円

年間最高獲得賞金の記録保持者は、艇王や不死鳥として知られる「植木通彦」。

2002年に3つのSG(グランドチャンピオン・チャレンジカップ・グランプリ)を制し、2位を大きく突き放して賞金王に輝いています。その年に稼いだ賞金額は…

競艇の歴代記録および全ての公営競技でNo.1となる「2億8418万4000円」。サラリーマンの生涯年収をたった1年で荒稼ぎしました。

この記録に最も迫ったのが松井繁。2008年のグランプリを優勝すれば植木超えだったものの、惜しくも4着に敗れています。

SG優勝回数

SG優勝回数ランキング
  • 1位:野中和夫(17回)
  • 2位:松井繁(12回)
  • 3位:山崎智也(11回)
  • 4位:瓜生正義(11回)
  • 5位:彦坂郁雄・植木通彦・池田浩二(10回)

SG優勝回数歴代1位は、艇界のモンスターこと「野中和夫」。

絶頂期だった1995年にはグランドスラムを達成するなど、SG17勝という記録を残しています。ただ、暴力事件が明るみになることもあり、人間性は難ありといった一面もあったようです。

SG連続出場歴代1位

毒島誠が持つSG連続出場記録
出典:艇国データベース

毒島誠が持つ「SG75回連続出場」が歴代1位。

2013年のオーシャンカップ以降、一度も途切れることなく約10年間SG連続出場。しかし、2022年8月の桐生でフライングを切ってしまい、同年のダービーを最後に記録はストップしました。

SG最短出場&最短優勝

競艇界の歴代1位!SG最短出場&最短優勝「今村豊」
  • SG最短出場:今村豊(1年1ヵ月 1982年笹川賞)
  • G1最短優勝:今村豊(1年2ヵ月 1982年丸亀周年)
  • SG最短優勝:今村豊(2年11ヵ月 1984年笹川賞)

1981年(昭和56年)にデビューした「今村豊」。

翌年5月の笹川賞に出場して最短出場記録を更新。さらに、7月の丸亀周年でG1初優勝、1984年の笹川賞でSG初優勝を成し遂げます。

これらは全て”歴代1位の最短記録”として、未だ破られていません。

彦坂郁雄が持つ歴代1位記録

彦坂郁雄の歴代記録は複数あるため、まとめて紹介させていただきます。

彦坂郁雄の歴代1位記録
  • 優勝回数:179回
  • SG・G1優勝:20回
  • SG・G1年間優勝:9回
  • SG・G1全場制覇
  • 連勝記録:37連勝
  • 期勝率1位:20回
  • 期勝率:9.27(1970年後期)

SG・G1年間優勝のみ歴代最多タイで、それ以外はいずれも歴代1位および史上初の記録です。

中でも強さの証明でもある”期勝率”は突出しており、1970年後期には夢の9点台を残しています。絶対とは言えませんが、彦坂郁雄の記録が更新されることはなさそう。

歴代最年少のSG覇者

競艇界の歴代1位!歴代最年少のSG覇者「服部幸男」

SG最年少優勝記録保持者は「服部幸男」。

服部がこの記録を打ち立てたのは、1992年の全日本選手権(ダービー)。デビューから2年11ヵ月で笹川賞を制した今村豊の記録を更新し、21歳の若さでSG覇者となりました。

歴代最年長のSG覇者

競艇界の歴代1位!歴代最年長のSG覇者「安岐真人」

SG最年長優勝記録保持者は「安岐真人」。SG5回、GI22回含む通算77回の優勝を果たしたレジェンド級レーサーです。

そんな安岐がSGの最年長優勝記録を塗り替えたのは、1997年のモーターボート記念。帝王植木などがいる中、52歳7ヵ月の時に5コースからまくり差しで優勝。

私も衰えを感じ始めた年頃だけど、50歳を過ぎてSG制覇なんて奇跡としか言いようがない。

歴代最年長優勝レーサー

競艇界の歴代1位!歴代最年長優勝レーサー「加藤峻二」

歴代最年長優勝レーサーは、71歳2ヶ月という年齢で優勝した「加藤峻二」。

峻ちゃんが71歳で優勝するまでは、同じく高齢の高塚清一が持つ65歳10ヵ月が歴代1位。その記録を大きく上回り、二度と破られないだろう大記録を樹立しました。

17歳でデビューしてから引退まで約56年。大変失礼な言い方をさせてもらうと、世の中的には”年金暮らしのおじいちゃん”と言ってもおかしくないお年頃。

肉体的に辛い時期もあったでしょうが、半世紀以上の現役生活、本当にお疲れさまでした。

歴代最年長レーサー&最年長勝利記録

競艇界の歴代1位!歴代最年長レーサー&最年長勝利記録「高塚清一」

2023年4月現在、ボート界の最年長レーサーは76歳の「高塚清一」。

この歳で現役を続けているだけでも凄いことですが、未だ自身が持つ最年長勝利記録を更新中。はたしてどこまで記録を伸ばすのか?引退まで見守りたいと思います。

歴代最年長女子レーサー&女子最年長勝利記録

競艇界の歴代1位!歴代最年長女子レーサー&女子最年長勝利記録「日高逸子」

女子界の最年長レーサーは「日高逸子」。

2022年11月2日に鵜飼菜穂子が持つ”61歳25日”の記録を塗り替え、現在もバリバリのA級として記録を更新中です。

歴代通算勝利数(1着数)

競艇界の歴代1位!通算勝利数歴代1位「北原友次」①
競艇界の歴代1位!通算勝利数歴代1位「北原友次」②

通算勝利数(1着数)の歴代1位は「北原友次」。

46度の優勝など輝かしい実績を残し、ボートレースの殿堂入りを果たしたトップレーサー。2005年に引退するまで歴代最多となる”通算3417勝”を達成しています。

歴代最高勝率

順位選手名最高勝率
1位野中和夫9.53
2位今垣光太郎9.45
3位松井繁9.44
4位彦坂郁雄9.27
5位今村豊9.15
6位黒明良光9.01

期間最高勝率歴代1位は「野中和夫」で9.53。

現代のスーパースター「峰竜太」でも9点台は未開の地であり、これまで達成したのは上記6名のみ。野中の9.53がいかに偉業なのか理解できるはず。

ちなみに、一般戦だと1着10点・2着8点(グレードレースは点増し)。9点台の勝率を残すにはほぼ2着以内が必須となります。

歴代連勝記録(1着)

順位選手名(連勝数)連勝数(達成年)
1位彦坂郁雄37連勝(1970年)
2位山岡豊年25連勝(1965年)
3位岡本義則22連勝(1980年)
4位黒明良光21連勝(1985年)
5位森永淳20連勝(2014年)

連勝記録の歴代1位は「彦坂郁雄」。1970年3月21日~4月21日までの1か月間、1度も負けることなく1着を獲り続けました。

歴代連続2連対記録

順位選手名連対数(達成年)
1位服部幸男39連対(2008年)
2位渡邉英児32連対(2006年)
3位中澤和志31連対(2012年)
4位田口節子30連対(2014年)
5位三角哲男27連対(2013年)
集計時期:1997年以降

(1997年以降で)連続2連対記録の歴代1位は「服部幸男」。4位には「田口節子」がランクインしており、16位タイでは女子レーサー唯一の記録となっています。

歴代連続3連対記録

順位選手名連対数(達成年)
1位中島孝平62連対(2007年)
2位倉谷和信54連対(2013年)
3位服部幸男52連対(2008年)
4位上野真之介48連対(2021年)
5位赤岩善生47連対(2019年)
集計時期:1997年以降

(1997年以降で)連続3連対記録の歴代1位は「中島孝平」。2007年8月6日~10月14日までオール3連対という偉業を達成しています。

史上初の5冠達成者

競艇界の歴代1位!史上初の5冠達成者「峰竜太」
峰竜太が獲得した業界タイトル
  • 最優秀選手(MVP)
  • 最多賞金獲得(2億5,302万円)
  • 最高勝率(勝率8.71)
  • 最多勝利(134回)
  • 記者大賞

2020年のグランプリ覇者「峰竜太」は、年明けの授賞式で史上初となる5冠を達成。

この年は34節に出場して14勝(SG2勝・G12勝)と大暴れ。艇界No.1レーサーを印象づけた1年となりました。

しかしながら、2022年に予想屋との繋がりで出場停止処分を受けて以降、業界No.1の嫌われ者に。現在は回復傾向にありますが、原因の1つでもあるSNSは一切更新していません。

ボートレーサー養成所の歴代最高勝率

競艇界の歴代1位!歴代最高勝率(ボートレーサー養成所)「瓜生正義」

ボートレーサー養成所で歴代勝率1位(8.65)を記録したのは「瓜生正義」。

養成所チャンプは逃しますが、全10選で優出9回、優勝6回というヤバすぎる成績で卒業します。瓜生の訓練生時代を知れば、今の活躍は当たり前に思えるかもしれません。

最優秀選手(MVP)の受賞回数

最優秀選手(MVP)の受賞回数歴代1位は「彦坂郁雄・松井繁」でともに5回。

その他、現役ボートレーサーで最優秀選手に2回以上選ばれているのは、瓜生正義・池田浩二・田中信一郎・峰竜太の4名。

ゴールデンレーサー賞歴代受賞者

受賞日選手名
2019年3月21日白井 英治
2019年5月26日峰竜太
2019年9月 1日菊地孝平
2019年9月29日井口佳典
2019年11月14日桐生順平
2020年3月31日瓜生正義
2020年10月25日毒島誠
2021年8月29日平本真之
2021年10月14日茅原悠紀
2022年6月10日石野貴之
2022年12月18日馬場貴也
2023年3月21日篠崎元志

2019年に新設された「ゴールデンレーサー賞」。受賞条件は、ボートレース振興会会長賞メダルを24個以上獲得すること。

会長賞メダルの獲得方法
  • GRANDE5競走(クラシック・オールスター・メモリアル・ダービー・グランプリ)の優勝戦出場
  • グランドチャンピオン・オーシャンカップ・チャレンジカップ優勝戦出場
  • マスターズチャンピオン優勝戦出場
  • 記念競走優勝戦出場
  • GRANDE5競走で優出3位以内

近いうちに受賞しそうな選手については以下の記事をご覧ください。

歴代最高配当ランキング

順位配当額開催日/場
1位761,840円2022年11月/児島
2位682,760円2011年5月/徳山
3位650,610円2016年3月/三国
4位595,550円2019年1月/徳山
5位579,900円2016年5月/芦屋
6位554,930円2020年3月/丸亀
7位537,990円2003年12月/若松
8位535,520円2020年11月/江戸川
9位534,930円2020年11月/芦屋
10位514,810円2013年10月/蒲郡

現時点の歴代最高配当は「761,840円(7618.4倍)」。

2022年11月に開催された児島G3オールレディース。6号艇「黒明花夢」が1周2マークで人気選手を抜き去り、そのまま1着でゴールしてしまった超大波乱レース。

超高配当となったレース映像などを視聴したい方は以下の記事をご覧ください。

全24場の歴代最高配当

競艇場配当額発生日
桐生366,150円2012年3月
戸田318,270円2017年7月
江戸川535,520円2020年11月
平和島237,520円2018年4月
多摩川371,570円2022年9月
浜名湖300,660円2021年7月
蒲郡514,810円2013年10月
常滑397,600円2020年3月
471,480円2014年6月
三国650,610円2016年3月
びわこ477,800円2018年10月
住之江472,150円2023年3月
尼崎389,830円2018年6月
鳴門293,110円2022年12月
丸亀554,930円2020年3月
児島761,840円2022年11月
宮島335,040円2021年8月
徳山682,760円2011年5月
下関438,030円2013年4月
若松537,990円2003年12月
芦屋534,930円2020年11月
福岡506,500円2008年4月
唐津498,640円2015年10月
大村511,500円2014年7月

全国24場の歴代最高配当は上記の通り。

インが強い場ほど高額配当が出やすい傾向。インが弱い場の平均配当は高めですが、荒れることが織り込み済みなのかもしれません。

競艇史上最高の返還額

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます