競艇初心者向けの予想ハウツー

服部幸男とは?元暴走族の過去&最年少SG・嫁・弟子など全て

服部幸男とは?元暴走族の過去&最年少SG・嫁・弟子など全て
最新情報

2024年4月20日、G1マスターズチャンピオンの準優勝戦でフライング(コンマ03)。これにより、6月の徳山一般戦終了後、G1への斡旋が6ヵ月間出場停止。

1990年代の競艇界を席巻した静岡のレジェンド「服部幸男」。

先輩レーサー相手に大暴れした若い頃は、絶対王者「松井繁」をも遥かに凌ぐ強さ。中でもSG最年少優勝記録(21歳9ヵ月)は、この先破られることはないはず。

現在は若干衰えた様子ですが、未だA1級で活躍中。静岡支部の重鎮として、一般戦を中心に実績を残し続けています。

そんな服部幸男について、元暴走族時代だった黒歴史をはじめ、SGの成績、嫁・弟子など全て解説します。

勝てる”無料予想”はこちら

ボートぴあ」の無料予想はお世辞抜きで優秀。しかも、その予想を本日から0円で利用できます。

約1ヵ月間の検証実績は、的中率63%・回収率200%超え。これほど質の高い競艇予想は滅多にありません。

とりあえず5レースほど試し、あなたの目で凄さを実感してください!

気になる項目へジャンプできます

服部幸男とは?

服部幸男は静岡県浜松市東区出身、静岡支部のボートレーサー。

最終学歴は中学卒業。競艇選手だった父親(服部正彦)の影響でレーサーを志し、1988年に入所した本栖研修所を勝率トップで卒業。

その後、暴走行為による6ヵ月の出場停止処分を受けるも、悪事を悔い改めレースに復帰。そこからSG最年少優勝など目覚ましい成長を遂げ現在に至る。

服部幸男の公式プロフィール

公式画像服部幸男(64期)
名前服部幸男(はっとりゆきお)
登録番号3422(64期)
生年月日1971年1月5日
身長/体重167㎝/56㎏
出身/所属静岡県/静岡支部
デビュー日1989年5月13日

服部幸男の出場予定や期別成績は、オフィシャルサイトの選手ページでご確認ください。

きっかけは競艇選手の父・服部正彦

服部幸男とは?きっかけは競艇選手の父・服部正彦

服部幸男の父親は23期の「服部正彦」元選手。

1976年の東海地区選手権、1984年の浜名湖周年など数々の重賞タイトルを制覇した名レーサー。幼い頃からそんな父に憧れて、競艇の世界に飛び込んだといいます。

勉強が嫌いだった幸男は17歳で高校を中退し、父が引退を決めた1988年の春に受験を決意。見事1発で合格を果たして本栖研修所に入所しました。

本栖研修所の成績

本栖研修所時代の服部幸男

64期訓練生として本栖研修所に入所。

実地訓練では事故を繰り返して「落水王」と呼ばれる始末。ただ、レースセンスは群を抜いており、養成所リーグ勝率は7.49で堂々の第1位を記録します。

卒業記念競走では優出を逃たものの、レース後には服部幸男らしいコメント。

服部幸男

ここで勝つよりデビューしてから目立ちたい。だから優勝は狙っていなかった

負けず嫌いで知られる性格は当時から変わっていないようですw

暴走族所属(暴走行為)が発覚して6ヵ月の出場停止

1989年5月に地元浜名湖でデビュー。しかし、早々に不良時代の非行がバレ、6ヵ月の出場停止処分を受けてしまいます。

処分に至った理由は「暴走族所属と暴走行為の発覚」。

現代なら”引退勧告”もあり得る犯罪行為ですが、ギリギリ許される時代だったのでしょう。謹慎中に猛省し、暴走族とも決別したことで復帰を果たしました。

それにしても、協会側の素行調査が甘すぎ(笑)ちょっと調べれば所属していたことぐらい分かっただろうに…

同期(64期)の主な選手

松井繁(64期)
松井繁
鈴木博(64期)
鈴木博
中里英夫(64期)
中里英夫
加瀬智宏(64期)
加瀬智宏
上田隆章(64期)
上田隆章
栗原謙治(64期)
栗原謙治

2023年11月現在、64期の現役選手は服部幸男を含めて11人。

その中でも別格の存在といえる40億レーサーの「松井繁」。服部とはデビュー当時から切磋琢磨を繰り返してきた最高のライバルです。

ネットでは「敬遠の仲」といった不仲説を見かけますが、根も葉もないただの噂。

その証拠に、デビュー当時は「松井がいなかったら今の僕はない」と話すほどお互いをリスペクトしていた関係性。

また、ベテランになった今でも仲良さげな様子。

仲良しの松井繁と服部幸男①
仲良しの松井繁と服部幸男②

2人とも偉大な選手ですが、同期で切磋琢磨できたからこそ今があるのかもしれません。

服部幸男の弟子は?

服部幸男の弟子は「佐々木康幸・深谷知博・三浦永理・長嶋万記」の4人。

オーシャンカップを制した佐々木康幸と、ダービー・チャレンジカップで優勝した深谷知博。さらに、女子界トップクラスの長嶋万記、三浦永理も師弟関係にあります。

服部は若手の育成に定評があり、弟子4人はビッグタイトルを獲得してトップに君臨する選手ばかり。

佐々木康幸は師匠に対して「仕事に対する姿勢、自分への厳しさはマネできない。大きい人だなって思います」と話しています。

水上では先輩も後輩も関係なし

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます