競艇初心者向けの予想ハウツー

今村豊とは?通算成績や引退理由&豪邸・パチンコ好きなど全て

今村豊とは?通算成績や引退理由&豪邸・パチンコ好きなど全て
新着情報

2023年6月20日、1日限りの復活を果たし、大勢のファンの前でメモリアルランを実施。その様子は以下のリンクよりご視聴いただけます。

ボートレース公式動画はこちら

2020年に突如現役引退を発表し、39年半に渡るレーサー生活に別れを告げた「今村豊」。

デビュー時から驚異的な強さを発揮し続け、引退までに積み上げた実績は、1着数2880回、優勝142回など、歴史に残る大記録を打ち立てました。

その強さからついたニックネームは「ミスター競艇・艇界のプリンス」。そして、引退した現在も、生きる伝説として競艇界で活躍しています。

そこで今回は、今村豊はどれほど凄いレーサーだったのか?プライベートはどんな人間なのか? 1から100まで解説していきます。

勝てる競艇予想をお探しなら

ボートぴあ」の予想はお世辞抜きで優秀。しかも、初回登録ならその予想を完全無料で利用できます。

約1ヵ月間の検証実績は、的中率63%・回収率200%超え。これほど質の高い競艇予想は滅多にありません。

とりあえず5レースほど試し、あなたの目で凄さを実感してください!

気になる項目へジャンプできます

今村豊とは?

今村豊は1961年生まれ、山口県小野田市(現・山陽小野田市)出身のボートレーサー。

学生時代は数学が得意だったことから「商業高校を出て銀行員になりたい」という思いもあったそうですが、県立小野田工業高等学校を卒業してすぐ競艇選手の道へ進みます。

今村豊のプロフィール(現役時代)

公式画像今村豊(48期)引退
名前今村豊(いまむらゆたか)
登録番号2992(48期)
生年月日1961年6月22日
身長/体重162cm/50kg
出身/所属山口県/山口支部
デビュー日1981年5月7日
引退日2020年10月8日
生涯獲得賞金29億4144万6172円
通算勝率7.76
1着回数2880回
通算優勝回数142回
SG優勝回数7回

今村豊の詳細な成績を知りたい場合は、ウィキペディアか艇国データベースをご覧ください。

競艇選手を目指すきっかけは?

競艇の道に進んだきっかけについて、引退会見の時に「父の勧めだった」と話しています。

体が小さかった幼少期の頃から「競艇選手になれ」と言い続けた父。しかし、本当は父自身が選手になる夢を叶えられなかったのも関係しているらしい。

そしてもう1つ、引退会見の場で語られなかったきっかけが「年収の高さ」。

高校卒業後は一般企業への就職を考えていた中、初任給が8万円ほどだと知り「面白くない」と疑問を抱いたとか。

そんな時に「競艇選手」という父の言葉を思い出し、800~900万円という当時の平均年収を目にして養成所試験を受験したそうです。

養成所時代の異名は「本栖のドボンキング」

48期生として本栖養成所で訓練を積んだ今村豊。

教官からはスピードを高く評価され、養成所リーグ勝率も8点台に乗せる好成績を残しますが、同時に転覆回数も断トツNo.1。

その数は他を圧倒する“12回”という多さから「本栖のドボンキング」と呼ばれるようになります。

これには理由があり、今村は教官の許可を得て全速ターンの技術を習得しようとしていたのです。この経験がデビュー後の活躍に繋がったのは言うまでもありません。

デビュー節でまさかの優出3着

今村豊のデビューは1981年5月7日の徳山競艇場。

詳細な記録は残っていませんが、デビュー1走目でいきなり1着の水神祭。さらに、2走目以降も上位争いに食い込む活躍を魅せます。

準優までの7走は「1433212」。新人らしからぬ着順を並べ、デビュー節で優勝戦に進出する快挙を達成。

優勝戦は3着に終わって大偉業とはならず。とはいえ、ド新人が7回も舟券に絡み、強烈すぎるインパクトを残したプロデビュー戦。

今村豊の伝説はこの節から始まります。

半年でA級昇格&2年目からSG・G1で大暴れ

デビュー2節目以降も善戦を続けた今村豊。

デビューからの6ヵ月間は66レース走って1着が14本。また、3連対率63.6%という衝撃的な成績を残します。

デビュー期の勝率は6.20。1982年前期はいきなりA級(当時の最上位クラス)に昇格。

記念レーサーとなった今村豊は、翌1982年に蒲郡で初優勝、住之江笹川賞でSG初選出、丸亀でG1初優出初優勝、そして桐生ダービーでSG初優出と息つく間もない活躍を発揮し続けました。

控えめに言ってヤバすぎ。今村豊を超える新人は二度と現れないはず。

今村豊の家族・豪邸・趣味

今村豊は山口県で生まれ育ち、現在も地元で暮らしています。

現役時代はストイックに競艇と向き合う姿勢が印象的でしたが、あまり語られない意外な一面も。

水面を離れた艇界のレジェンドはどんな日常を送っているのか。家族構成や趣味など「今村豊のプライベート」をまとめておきます。

嫁は元同期レーサー「庄島真知子」

今村豊とは?嫁は元同期レーサー「庄島真知子」

1988年秋、今村豊は同期(48期)の元女子レーサー「庄島真知子」さんと結婚。

訓練生時代に富士駅のバス停で庄島さんの姿を見て「俺、この人と結婚する」と直感的に感じたそうです。

庄島さんは当時美人選手と騒がれる存在でしたが、結婚を機に現役を引退しています。 ちなみに、48期は女子レーサーの大量募集が始まった期。この頃から女子の割合は高くなっていき、オール女子戦などの開催が増えていきました。

妻と母親、子供は多分いない

今村豊の家族構成は、妻の真知子さん、実のお母さんの3人暮らし。あと、同居はしていないものの、弟が1人いるといった情報も。

「引退会見に出かける時、女房とおふくろに言った」と引退後のインタビューで話していることから、現在は3人で地元に住んでいる様子。

お子さんについてはいないとされています。

自宅は噂通りの大豪邸

今村豊とは?自宅は噂通りの大豪邸
出典:永島知洋のなかよし日和

今村豊は「豪邸」に住んでいることでも有名。広い庭と立派な門がある平屋建てで、家屋は数年前に建て替えをしたばかり。

今村豊とは?自宅は噂通りの大豪邸①

豪邸と呼ぶにふさわしい庭園。ただ、落ち葉が1枚あっても拾いに行くほど几帳面な性格らしく、掃除などの手間を省くために土は一切使用していないそうです。

今村邸の中まで知りたい方は、以下のYouTube動画を視聴してください。

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます