競艇初心者向けの予想ハウツー

定松勇樹とは?師匠「峰竜太」も認める10年に1度の逸材

定松勇樹とは?師匠「峰竜太」も認める10年に1度の逸材
最新情報

2023年はルーキーシリーズを中心に年間7勝を達成。また、5月には悲願のSG初出場を達成し、峰竜太の愛弟子として驚異的な成長を遂げた。

今最も期待されている若手レーサーの1人「定松勇樹」。

養成所時代から圧倒的な実績を残し、あの峰竜太から「10年に1度の逸材」と太鼓判を押されるほどの実力者。

まだデビューして間もないので重賞タイトルは獲得していませんが、数年後には間違いなくトップレーサーの仲間入りを果たしているはず。

今回はそんな定松選手の全てを丸裸にしていきます。

試せば分かる優良予想サイト

一つでも該当するなら「競艇モンスター」をぜひお試しください。

  • 舟券が全く当たらない
  • 当てやすいレースを選定できない
  • 他力本願でも勝ち組になりたい

モンスターでは”勝てる予想”を無料で入手可能。無課金で利用しているユーザーも多く、長期的にプラス収支を達成しています。

さらに、期間限定で”アマギフ1000円分”のプレゼントキャンペーン実施中!

まずは無料予想から。5レースほど検証すれば凄さに気付けるはずです。

気になる項目へジャンプできます

定松勇樹とは?

定松勇樹は、2019年にデビューした125期生のボートレーサー。

福岡県出身ながら、憧れの「峰竜太」を追い求めて佐賀支部に所属。そして現在、峰チルドレンとしてルーキーとは思えない活躍を見せています。

定松勇樹の公式プロフィール

公式画像定松勇樹とは?
名前定松勇樹(さだまつゆうき)
登録番号5121(125期)
生年月日2001年5月2日
身長/体重167cm/53㎏
血液型A型
出身地福岡県
所属支部佐賀支部

これまで沢山の選手を紹介してきた中で、2001年生まれは初かも(笑)ただ、この年齢にしてサラリーマンの平均年収を遥かに超えているなんて…。本当に凄い世界です。

「出身地と支部が違うのはなんで?」と思われた方もいるでしょうが、その件については後ほど。

ボートレーサーのきっかけは父親

定松勇樹・野田なづきのデビュー前写真
※デビュー前の野田なづき(左)と定松勇樹(右)

定松勇樹がボートレーサーを志すようになったきっかけは、競艇好きだった父親の影響。父親が自宅でテレビ観戦していた年末グランプリを見た頃から、興味を示すようになったそうです。

その後、実際に福岡競艇で生のレースを観戦した際…

「初めて生で見てカッコ良かった。ずっとスポーツをしていて乗り物も好きだったから、自分にピッタリだなと思った」

このようにインタビューで語っています。そして、中学3年生から養成所の試験を受けはじめ、4度目の受験で合格。晴れて養成所への入所を果たします。

125期の養成所チャンプに輝く

定松勇樹とは?125期養成所チャンプの表彰式

卒業記念競走において優勝を果たし、125期の養成所チャンプに輝いた定松勇樹(当時18歳)。

厳しい訓練を耐え抜いた男子22名、女子6名の中でNo.1となっただけでなく、リーグ戦での成績も圧倒的な戦績でNo.1。

リーグ戦での戦績
  • 勝率:7.81
  • 2連対率:66.6%
  • 優出:6回
  • 優勝:5回

卒業記念競走の優勝戦では、1コースからコンマ05のスタート。そのままイン逃げで独走する圧巻の走り。ただ、3周1マークでキャビるシーンもあり、かなり緊張した中で勝ち取った優勝だったようです。

実は、養成所チャンプとなった約1年前に父親をがんで亡くしています。優勝する姿を見せられなかったのは残念ですが、最高の形で恩返しできのではないでしょうか。

同期(125期)で期待される選手

真っ先にA級昇格した選手は、定松勇樹と砂長知輝の2名。まだまだこれからの時期ですが、近いうちに重賞レースで実績を残す存在となるでしょう。

野田なづき」に関しては、見た目の可愛さで男性人気はトップクラス。また、近年は成績も急上昇しているので、大山千広のような女子レーサーになる素質は申し分なし!

野田選手をはじめとした「美人レーサー」を紹介しています。気になる方はぜひw

競艇の美人レーサーランキング26!アイドル並みに可愛い選手も

師匠は艇界のスター「峰竜太」

定松勇樹の師匠「峰竜太」

定松勇樹の師匠は、艇界No.1といっても過言ではない「峰竜太」選手。

福岡出身なら福岡支部に所属するのが通例。しかし、憧れの峰竜太を追い求め、養成所に入所する時に”佐賀支部”で出願登録し、卒業してすぐ弟子を志願しました。

他支部のレーサーに弟子入りすることはよくありますが、定松勇樹のような例は極めて稀なケース。

定松勇樹

握って回るレースが武器なので、峰さんのような豪快なターンができる選手になりたい。

こう話しているように、それほど峰竜太への憧れが強かったのでしょう。

峰竜太の弟子

話は変わりますが、峰竜太の弟子(峰チルドレン)は、定松を含めて現在5人。峰の遺伝子を受け継いでいるだけあって、どの選手も艇界を代表する逸材ばかり。

選手名支部登録期優勝
山田康二佐賀102期35回
上野真之介佐賀102期28回
高田明佐賀107期7回
安河内将佐賀111期7回
定松勇樹佐賀125期2回
※優勝回数は作成時の数値

5人とも優れた選手なのは間違いありません。

ただ、峰からも「10年に1度の逸材」を言われているように、最も飛躍するのは「定松勇樹」だと予想しています。

「峰竜太 VS 弟子」唐津ドリーム戦

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます