無料で10万円以上勝てる予想サイト

定松勇樹とは?師匠「峰竜太」も認める10年に1度の逸材

定松勇樹とは?師匠「峰竜太」も認める10年に1度の逸材

今最も期待されている若手レーサーの1人「定松勇樹」選手。

養成所時代から圧倒的な実績を残し、あの峰竜太から「10年に1度の逸材」と太鼓判を押されるほどの実力者。

まだデビューして間もないので重賞タイトルは獲得していませんが、数年後には間違いなくトップレーサーの仲間入りを果たしているはず。

今回はそんな定松選手の全てを丸裸にしていきます。

無料予想だけでも勝てます

闘魂ボート

15,000円キャッシュバックの期間は残りわずか

「闘魂ボート」は歴史の浅い予想サイトですが、恐ろしい勢いで利用者数を伸ばしています。なぜなら…

  • 無料予想の的中率が高い!
  • 当たった時の回収率が高い!
  • ユーザー評価がすこぶる高い!

上記メリットは「無料予想」のみで体感できます。

競艇知識の乏しい初心者をはじめ、思うように勝てない中級者以上にもおすすめの予想サイト。大きく勝ちたいなら今がチャンスです!

利用時の注意点
1日1回の無料予想を数レース試し、メリットを感じたら継続利用しましょう。検証ではエアーでも構いません。

気になる項目へジャンプできます

定松勇樹とは?

定松勇樹とは、2019年にデビューした125期生のボートレーサー。福岡県出身ながら、憧れの「峰竜太」を追い求めて佐賀支部に所属。そして現在、峰チルドレンとしてルーキーとは思えない活躍を見せています。

定松勇樹の公式プロフィール

公式画像定松勇樹とは?
名前定松勇樹(さだまつゆうき)
登録番号5121(125期)
生年月日2001年5月2日
身長/体重167cm/53㎏
血液型A型
出身地福岡県
所属支部佐賀支部

これまで沢山の選手を紹介してきた中で、2001年生まれは初かも(笑)ただ、この年齢にしてサラリーマンの平均年収を遥かに超えているなんて…。本当に凄い世界です。

「出身地と支部が違うのはなんで?」と思われた方もいるでしょうが、その件については後ほど。

ボートレーサーのきっかけは父親

定松勇樹・野田なづきのデビュー前写真
※デビュー前の野田なづき(左)と定松勇樹(右)

定松勇樹がボートレーサーを志すようになったきっかけは、競艇好きだった父親の影響。父親が自宅でテレビ観戦していた年末グランプリを見た頃から、興味を示すようになったそうです。

その後、実際に福岡競艇で生のレースを観戦した際…

「初めて生で見てカッコ良かった。ずっとスポーツをしていて乗り物も好きだったから、自分にピッタリだなと思った」

このようにインタビューで語っています。そして、中学3年生から養成所の試験を受けはじめ、4度目の受験で合格。晴れて養成所への入所を果たします。

125期の養成所チャンプに輝く

定松勇樹とは?125期養成所チャンプの表彰式

卒業記念競走において優勝を果たし、125期の養成所チャンプに輝いた定松勇樹(当時18歳)。

厳しい訓練を耐え抜いた男子22名、女子6名の中でNo.1となっただけでなく、リーグ戦での成績も圧倒的な戦績でNo.1。

リーグ戦での戦績
  • 勝率:7.81
  • 2連対率:66.6%
  • 優出:6回
  • 優勝:5回

卒業記念競走の優勝戦では、1コースからコンマ05のスタート。そのままイン逃げで独走する圧巻の走り。ただ、3周1マークでキャビるシーンもあり、かなり緊張した中で勝ち取った優勝だったようです。

実は、養成所チャンプとなった約1年前に父親をがんで亡くしています。優勝する姿を見せられなかったのは残念ですが、最高の形で恩返しできのではないでしょうか。

同期(125期)で注目度の高い選手

現時点で真っ先にA級昇格した選手は、定松勇樹・砂長知輝の2名。デビュー間もないのでまだまだこれからですが、いずれの選手も近いうちに重賞レースで見かける存在となるはず。

野田なづき」に関しては、見た目の可愛さで男性ファンを虜にしています。今後は実績の面でも注目される女子レーサーになることを期待しています!

管理人

野田選手をはじめとした「美人レーサー」を紹介しています。気になる方はぜひw

競艇の美人レーサーランキング26!アイドル並みに可愛い選手も

師匠は艇界のスター「峰竜太」

定松勇樹の師匠「峰竜太」

定松勇樹の師匠は、艇界No.1といっても過言ではない「峰竜太」選手。

競艇界の峰竜太まとめ!成績・年収・嫁など異次元すぎる実態

福岡出身なら福岡支部に所属するのが通例。しかし、憧れていた峰竜太を追い求め、養成所に入所する時には”佐賀支部”での出願登録。そして、養成所を卒業してすぐ弟子を志願しました。

他支部のレーサーに弟子入りすることはよくありますが、定松勇樹のような例は極めて稀なケース。

握って回るレースが武器なので、峰さんのような豪快なターンができる選手になりたい。

引用元:スポニチ

こう話しているように、それほど峰竜太への憧れが強かったのでしょう。

峰竜太の弟子

話は変わりますが、峰竜太の弟子(峰チルドレン)は、定松を含めて現在5人。峰の遺伝子を受け継いでいるだけあって、どの選手も艇界を牽引するような逸材ばかり。

選手名支部登録期優勝
山田康二佐賀102期29回
上野真之介佐賀102期25回
高田明佐賀107期7回
安河内将佐賀111期7回
定松勇樹佐賀125期1回
※優勝回数は作成時の数値

5人とも優れた選手なのは間違いありません。

ただ、峰からも「10年に1度の逸材」を言われているように、最も飛躍するのは「定松勇樹」だと予想しています。

競艇界注目の新人選手!歴代の最優秀新人&未来のスター候補生

「峰竜太 VS 弟子」唐津ドリーム戦

2021年8月7日に夢のドリーム戦「峰竜太 VS 弟子」が開催。

結果は順当に峰1着、山田2着となりましたが、3着に入った定松のターンにファンたちは騒然!1マークでまくりにいかず、差しに切り替えた判断能力の高さはヤバいの一言。

それと、1周2マークのモンキーなんて峰にそっくり(笑)いつしか峰を負かして優勝…なんて日が来るかもしれませんね。

デビューから初優勝まで成績

定松勇樹のデビュー戦から、初優勝までの道のりを紹介します。それぞれの水神祭は以下の通りです。

  • 初出走:2019年11月2日(唐津)
  • 初勝利:2020年6月28日(唐津)
  • 初優出:2021年2月4日(若松)
  • 初優勝:2022年9月14日(下関)

デビュー戦は2019年11月2日(唐津)

定松勇樹とは?デビュー戦は唐津一般戦(2019年11月2日)

ボートレーサーとしてデビューしたのは、2019年11月に地元唐津で開催された一般戦。

6コースからコンマ40と出遅れるスタートとなり、結果は5着。2走目以降も「545F5」と惨敗に終わり、養成所チャンプとしてはあまり喜べない結果に。

初勝利は2020年6月28日(唐津)

デビューから約半年後の2020年6月28日。唐津で開催された一般で悲願の初勝利を果たします。

2日目までの3走を「436」とまずまずの走りを見せ、迎えた3日目の第1レース。インコースにはA2級「中越博紀」が座り、本番では6コース(5号艇)進入となります。

向かい風3mでイン有利となる中、定松はコンマ11の好スタート。4,5コースが凹んだところをまくっていき、さらにはスロー3艇がごちゃつく展開をついて最内差し。

見事なまくり差しが決まって待ちに待った水神祭を迎えます。

管理人

展開に恵まれたとはいえ、1マークで魅せた優れた状況判断!この節は「4361653」と新人とは思えない成績を残しました。

初優勝は2022年9月14日(下関)

デビューから約3年が過ぎた2022年9月14日。下関で開催された「ルーキーシリーズ」において、ようやく初優勝を果たす瞬間がやってきます。

平凡機だったモーターを仕上げ、初日から「32115241」にまとめ予想を4位で通過します。

準優勝戦はトップルーキーにも選出された「黒野元基」のイン戦。5コース中野夢斗のフライングにより大波乱となりかけたものの、なんとか2着に入って優出を決めます。

初優勝が懸かった優勝戦のメンバーはこちら。

定松勇樹とは?2022年9月14日「ルーキーシリーズ」優勝戦

定松勇樹は4コース進入。今節の成績から内側3艇が凹むことはほぼ期待できず、1着になるのはかなり難しい状況。

実際、本番でのスタートタイミングは、ほぼ全艇がSG並みの0台スタート。

定松勇樹とは?2022年9月14日「ルーキーシリーズ」優勝戦②

これだけスタートが揃うと普通ならイン逃げが決まって終了でしょう。しかし、定松はこうなることを予見していたのか、伸び特化仕様の「チルト2度」に変更していたのです。

この変更が功を奏して、スリット通過後に爆伸び!内側3艇を置き去りにする形でまくりが成功し、そのまま独走状態で念願の初優勝を果たしました。

いやぁ、レース映像を何度見ても惚れ惚れするスタート、そして全速まくり。

優勝戦のみチルトを跳ね、コンマ05のスタートを切れるなんて凄すぎる。準優までの出足とは全く違うので、それをバッチリ合わせられるのはまさしく天才。

これほどの走りをできる定松勇樹が、優勝するまで3年近くかかったことが不思議でなりませんw

SG制覇を期待させるレース映像

回りくどい説明は抜きにして、数年にSG制覇をしてしまうのでは?と期待させるレースをいくつか紹介します。

前づけされたら100倍返し

2度もSGを制している「深川真二」をまくり差しで打ち負かしたレース。

時折見せる「まくり・まくり差し」の技術は、SG常連のレーサーさえ飲み込んでしまうほど。また、1マークで魅せる多彩な攻め方も、将来を彷彿させる魅力があります。

5コースからヤバすぎるまくり差し

SGレーサー「深谷知博・篠崎元志」らを、5コースから豪快にまくり差したレース。

トップスタートを決めるなどして優位な状況ならまだしも、このレースのスリットはほぼ同体。しかも、勝った相手を考えれば、定松勇樹がいかにヤバいのか理解できるはず。

並みの選手じゃ残せない全速ターン

1着には届かなかったものの、1周2マークで神ターンを魅せたレース。

1マークで峰にイン逃げを決められ、2着は上野真之介でほぼ出来上がった状態。と思いきや、2マークで上野を沈める全速ターンが炸裂!並みの選手なら膨らんで後着するターンでしょう。

定松勇樹の年収や愛車など

ここからは定松勇樹のプライベートについて。気になる年収や所有している愛車などを紹介していきます。

直近の推定年収(獲得賞金)

1着数推定年収
2019年0回不明
2020年4回約600万円
2021年37回約1,500万円
2022年60回約2,000万円

定松選手はまだ賞金ランキングTOP100に届いておらず、詳細な年収(獲得賞金)は公表されていません。

上記に記載した年収は、出走数や着順による賞金および手当などを累計し、ある程度の推定値を予測した額となります。その為、正確な年収とは捉えないように。

愛車は1000万円超えの「ポルシェ カイエン」

定松勇樹とは?愛車のポルシェ カイエン
定松勇樹の公式ツイッターより

定松勇樹が所有していると思われる愛車は「ポルシェ カイエン」。

ソースは本人が投稿したツイート(上記画像)で、夕焼けを撮影した風景と共にアップされていました。

この写真だけだと、私の知識ではグレードまで判別できませんが、一番下のグレードだったとしても新車価格は1,000万円オーバー。仮にターボとかであれば2,000万円を超える超高級車ですw

さすがにハイグレードのカイエンではないと思いますが…。にしても、20歳前後でポルシェに乗っているとは羨ましい限り。

管理人

師匠の峰竜太をはじめ、トップ選手が乗っている愛車を紹介しています。5,000万円超えのスーパーカーなど、凄すぎる車ばかり。

競艇選手の愛車まとめ!5000万を超える高級外車も

定松勇樹のSNS(ツイッター・インスタ)

定松選手が運用しているSNSを紹介します。

ツイッター(@sada_5121)

定松勇樹のSNS(ツイッター)

ツイッターを開設したのは、ボートレース養成所を卒業した数日後。養成所内にはスマホを持ち込めないので、卒業する日を待ちわびていたのかもw

プロ選手となった頃から現在までの写真がアップされています。師匠(峰竜太)などと一緒に映っている写真もあるので、気になる方はフォローしておきましょう!更新頻度はそこまで高くありませんが…。

インスタグラム(sada.5121)

定松勇樹のSNS(インスタグラム)

インスタグラムでは、同期との集合写真をはじめ、プライベートで楽しんでいる写真などを楽しむことができます。

ツイッター同様、更新されるのは月に数回ですが、競艇ファンならフォロー必須です!

まとめ

現在の「定松勇樹」は、峰竜太が注目され始めた頃にそっくり。

どのコースからでも多彩な技を繰り出し、狙うのは1着のみ。その分、フライングや転覆は多めですが、舟券を買っている側からすると、番組で見つけたら無視できない存在の1人です。

そう感じているのはボート界の人間も同じ。2022年9月に優勝した際のインタビューで、伝説のレーサー「今村豊」さんからこのような発言がありました。

ボート界を背負っていける選手だと実感した。このまま努力すれば必ずやSG戦線で活躍すると思うし、この業界を引っ張っていく選手に成長すると思う。

引用元:ルーキーシリーズ優勝者インタビュー

今村氏からは滅多に聞けないお言葉。

最後に、定松勇樹というボートレーサーがどこまで成長するのか?SG・G1を制するその日まで、舟券を買って応援していくつもりです。

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます