ガチ勝てるおすすめの競艇無料予想

上野真之介とは?競艇の実績&嫁・師弟・年収・バー経営など

上野真之介とは?競艇の実績&嫁・師弟・年収・バー経営など

艇界のスーパースター”峰竜太”を師匠に持ち、次世代を牽引していくであろう「上野真之介」。

人気・実力は紛れもなくトップクラス。ただ、不思議なことにG2以上のタイトルは獲れておらず、SGやG1では善戦止まりの成績が続いています。

そんな中、峰軍団の後輩「定松勇樹」が2024年オールスターでSG初制覇。身近な存在として嬉しさもあったでしょうが、それ以上に悔しい思いの方が強かったかも。

はたして重賞制覇はいつ訪れるのか?また、上野真之介の結婚・師弟関係など含め、あまり語られないプライベートを探っていきます。

無料予想とは思えない的中&回収実績

蒼天ボート」をおすすめするのは…

  • 当たる無料予想がほしい
  • 一撃大回収を狙いたい
  • 投資コストはなるべく抑えたい

直近の検証で「的中率64%・回収率180%超え」の実績。ただ当てるだけでなく、収支に関してもすこぶる好調です!

本気で勝ちたいなら”ココ一択”で問題なし。

永久0円の”無料予想”からまずはお試しください。

気になる項目へジャンプできます

上野真之介とは?

上野真之介は佐賀県唐津市出身、佐賀支部のボートレーサー。

2008年5月に唐津でデビューし、約2年で初優勝を達成。その後、A1級に昇格した2012年あたりから急成長を遂げ、2013年にG1初優出、2020年にはグランドチャンピオンでSG初優出を果たす。

しかしながら、G2以上で幾度となく優出しているものの、未だタイトル獲得はできていない。

上野真之介の公式プロフィール

公式画像上野真之介(102期)
名前上野真之介(うえのしんのすけ)
登録番号4503(102期)
生年月日1988年2月25日
身長/体重167cm/52kg
出身/所属佐賀県/佐賀支部
デビュー日2008年5月7日

上野真之介の出場予定や期別成績は、オフィシャルサイトの選手ページでご確認ください。

競艇選手を志したきっかけ

陸上競技でプロになることが目標だった学生時代。インターハイに出場していた兄の影響が大きかったいいますが、思うような結果が残せず陸上の道は断念します。

競艇選手という職業を意識しだしたのは高校1年の時。

兄が持っていた競艇マンガ「モンキーターン」を読んで、小柄でもプロアスリートになれる道があることを知ったそうです。

上野真之介

兄が漫画モンキーターンを持ってきてくれて。身長が低くてもなれるプロの選手があるんだ!と驚きました。

そして、自宅からほど近い唐津競艇場でレースを観戦。あまりのカッコ良さに魅了され、さらには兄弟の1人ではなく「自分でありたい」という思いが、競艇選手を目指す一番の理由だと話しています。

ボートレーサー養成所の成績

やまと学校時代(若い頃)の上野真之介
やまと学校時代の上野真之介

高校を卒業して養成所を受験しますが、2度に渡って失敗。親に反対されながらもアルバイトをしながら受け続け、3度目の受験で合格。102期訓練生としてやまと学校へ入所を果たします。

養成所のリーグ戦成績は、勝率5.94・準優出5回・優出2回。まずまずの好成績を収め、2008年春に無事に卒業しました。

同期(102期)の注目選手

上野真之介の同期は31人がデビュー。102期チャンプは島田賢人、リーグ勝率1位は野間大樹です。

2022年の大村クラシックで女子初のSG覇者となった遠藤エミ、2度のG1優勝含む通算45勝(2024年6月現在)の前田将太など、一線級で活躍する選手が多数活躍中。

その他、同期で忘れてはいけないのが、同支部のライバルかつ峰竜太の一番弟子「山田康二」。

同じ師匠の下で育ち、共に甲乙つけがたいトップレーサーです。ただ、実績面で見ると、今のところ山田が一歩リードしています。

102期はかなり豪華な顔ぶれ!遠藤に次ぐSG覇者がいずれ現れるはず。

師匠は佐賀支部のスター「峰竜太」

上野真之介とは?師匠は佐賀支部のスター峰竜太

上野真之介の師匠は、佐賀支部に所属する95期レーサー「峰竜太」。

上記で説明した通り、峰の一番弟子は山田康二。師弟関係を結んだ時期が少し後となるため、同期でも山田は”兄弟子”の関係性になります。

ちなみに、山田・上野に続いて峰軍団は増殖中。2024年6月現在、孫弟子を含めると13名以上の最大派閥です。

弟子はトップルーキー「末永和也」

上野真之介とは?弟子はトップルーキー「末永和也」
上野真之介(左)・末永和也(右)

上野真之介の弟子は、佐賀支部に所属する119期「横田貴満」と、124期「末永和也」の2人。

中でも末永和也の活躍は目覚ましく、デビュー3年4ヵ月にして九州地区選手権(2023年)でG1初優勝を達成。上野が号泣しながら出迎えるシーンは印象的でした。

良い師弟関係を築けている証拠のようなシーンだった!

上野真之介の年収(年別獲得賞金)

獲得賞金順位
2015年20,760,000円309位
2016年32,180,000円78位
2017年30,300,000円130位
2018年41,060,000円55位
2019年46,140,000円51位
2020年67,990,000円21位
2021年65,300,000円23位
2022年48,080,000円58位
2023年46,990,000円65位
2024年27,590,000円29位
※2024年は6月時点の賞金額

活躍が目立ち始めた2015年以降の年収です。

SG初出場となった2018年の獲得賞金は、4000万円を超えてランキングも大きく上昇。2020年はグラチャン優出2着などさらに荒稼ぎし、自己最多となる約6800万円を獲得しています。

重賞タイトルなしでこれだけ稼いでいるのはヤバすぎ(笑)それほど安定した実績を残しているのです。

上野真之介の結婚・嫁・副業など

峰軍団といえば”アクティブ”なイメージを抱くでしょうが、上野真之介はその真逆を行くインドアなオフを過ごしている模様。

上野真之介は結婚してる?嫁や家族は?

結婚について詳細なことは公表していませんが、上野真之介は20代前半で結婚しているようです。

お相手(嫁)の情報はないので、おそらく一般女性の可能性大。また、2011年に1人目の男の子が誕生していることを、若松競艇場のインタビュー時に明かしています。

「お子さんと一緒に過ごせる休日が楽しみ」だと話す反面、「自分の父ちゃんに懐いとるのがショック」とも話していましたw

子供と一緒にいれないことは、ボートレーサー唯一の欠点かもな。

趣味はなく、サーフィンもやらない

上野真之介とは?趣味はなく、サーフィンもやらない

過去のインタビュー映像を隈なく検索しても、子育て以外にこれといった趣味はない様子。

子供はすでに3人いるという情報もありますが、レースのない日は体のケアや、自宅に作ったトレーニングルームで過ごすことが多く「一緒に遊びたいけどなかなか難しくて残念」と話しています。

超アクティブな”峰竜太の弟子”とはかけ離れたプライベート。

若手時代にも「趣味がほんとにない。仕事が部活みたいな感じ」と発言しており、子育て以外は競艇に集中しているようです。

無料予想の的中率は業界随一

こんな人は絶対に試すべき。

  • 是が非でも勝ちたい
  • 勝てる予想を探している
  • 予想にお金をかけたくない

ボートぴあ」は全ての願いを叶えてくれます。

無料予想ならリスクは一切ないので、業界トップクラスの”的中率&回収率”をその目で実感してください!

正直、無料予想のみでも勝てます。損したくなければぜひ!

地元唐津でBAR「COURSE」をオープン

画像タップで拡大できます。

上野真之介とは?地元唐津でBAR「course」をオープン①
上野真之介とは?地元唐津でBAR「course」をオープン②
上野真之介とは?地元唐津でBAR「course」をオープン③
上野真之介とは?地元唐津でBAR「course」をオープン④
店名COURSE
住所佐賀県唐津市原1173-1-2F
営業時間20:00〜LAST
定休日月曜日/第1・第3木曜日
電話番号070-9141-6052

上野真之介はBER「COURSE(コース)」の経営を副業で行っています。

お店がオープンしたのは2023年6月。「帰り道につい、寄りたくなる場所」というコンセプトで開店したとのこと。

落ち着いた雰囲気の店内にはカラオケやゲームを楽しめるスペースがあり、競艇選手もよく遊びに来ているらしい。運が良ければ上野本人、そして峰竜太にも会えるかも。

上野真之介のSNS(インスタ・X)

本人が運用しているSNSアカウントはなし。

2021年頃に師匠がSNSでトラブルを起こしているし、これから始めることはまずあり得ないでしょう。

デビューから現在までの成績

新人時代は「山口剛」の”強気なレーススタイル”を目標にしていた上野真之介。

その後、峰竜太の下でトップレーサーの階段を上っていきますが、神様のいたずら?と思ってしまうほど重賞タイトルと縁がない状況です。

2008年8月、若松で初勝利

上野真之介のデビュー戦は、2008年5月7日の唐津一般戦。前評判通りの走りを魅せ、最終日には2着初連対を果たします。

待望の初勝利は8月の若松初日第9レース。

ダッシュ勢が揃って飛び出す展開から、1マークでまくり差しを決めて初1着。デビュー4節目、27走目にして水神祭を飾りました。

初勝利した節で1着2回を記録し、同時に準優初進出も達成!

唐津一般戦で初優勝(2010年7月)

2013年頃(若い頃)の上野真之介
2013年頃(若い頃)の上野真之介

2009年までに外枠進入一本で17勝をマーク。2010年に入ると2月の児島G3で初優出、3月・4月の唐津一般戦でも優出を達成。

そして、初優勝は進入コースを解禁して4節目、2010年7月の唐津一般戦(第1回虹の松原カップ)。

予選を小さい着(23251)でまとめ、上位通過で予選突破。準優は3コースから鮮やかなまくり差しで勝利し、自身初の優出1号艇を獲得します。

優勝戦はコンマ04のトップスタートから難なく逃げ切り、デビュー2年2ヵ月で初Vで飾りました。

2020年グラチャンでSG初優出2着

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます