競艇初心者向けの予想ハウツー

岡崎恭裕とは?イケメン画像&嫁・弟子・年収・SG成績など

岡崎恭裕とは?イケメンの素顔&嫁・師弟関係・SG成績

艇界を代表するイケメンレーサー「岡崎恭裕」。

競艇最高峰のSGを制した実力に加え、アイドル顔負けのイケメンレーサー。特に女性ファンからの人気は絶大で、各地のレース場には追っかけが押し寄せるほど。

そんな彼も気づけばもうすぐ40歳。艇界を代表するイケおじとして、この先どんな活躍を見せてくれるのか?

そこで今回は、岡崎恭裕が残してきた競争実績をはじめ、結婚した嫁や子供、師匠・弟子など余すことなく深掘りしていきます!

勝てる競艇予想をお探しなら

ボートぴあ」の予想はお世辞抜きで優秀。しかも、初回登録ならその予想を完全無料で利用できます。

約1ヵ月間の検証実績は、的中率63%・回収率200%超え。これほど質の高い競艇予想は滅多にありません。

とりあえず5レースほど試し、あなたの目で凄さを実感してください!

気になる項目へジャンプできます

岡崎恭裕のイケメンすぎる画像

まずはじめに、ファンの間では「エロ崎」と呼ばれることもあるイケメンをご堪能ください。

岡崎恭裕のイケメンすぎる画像⑧
岡崎恭裕のイケメンすぎる画像⑩
岡崎恭裕のイケメンすぎる画像①
岡崎恭裕のイケメンすぎる画像②
岡崎恭裕のイケメンすぎる画像③
岡崎恭裕のイケメンすぎる画像⑤
岡崎恭裕のイケメンすぎる画像④
岡崎恭裕のイケメンすぎる画像⑦
岡崎恭裕のイケメンすぎる画像⑥
岡崎恭裕のイケメンすぎる画像⑨

男の私から見ても半端ないイケメン。これだけ整っていたら、そりぁ女性たちは黙ってないですわなw

イケメン好きの方々、以下の記事を読めばさらに満足できるかも

岡崎恭裕(やすひろ)とは?

岡崎恭裕は福岡県福岡市、福岡支部94期のボートレーサー。愛称はやすくん。

2004年5月に福岡でデビュー。3節目に初勝利を挙げると、デビュー8ヵ月の戸田で初優勝。そして、2010年にはG1よりも先にオールスターでSG初制覇を達成。

その後も安定した勝率を維持し、数々の重賞タイトルを獲得している。

岡崎恭裕の公式プロフィール

公式画像岡崎恭裕(94期)
名前岡崎恭裕(おかざきやすひろ)
登録番号4296(94期)
生年月日1987年1月10日
身長/体重172㎝/52㎏
出身/所属福岡県/福岡支部
デビュー日2004年5月8日

岡崎恭裕の出場予定や期別成績は、オフィシャルサイトの選手ページでご確認ください。

きっかけはお金。最終学歴は中学卒業

以下はネットから引用した情報のため、事実と異なっている可能性あり。

岡崎恭裕がボートレーサーを志したのは中学生の頃。収入面に魅力を感じたことがきっかけで、競艇の道へ進むことを決意。高校へは進学せず、中学卒業と同時に入所しています。

また、2019年の優勝インタビューではこのような話も。

岡崎恭裕

優勝できたのはうれしいけど、次はお客さんの前の表彰式に出たい。それが選手を目指すきっかけだったから。

金銭的な面もきっかけの一つだったかもしれませんが、本人が口にした「お客さんの前の表彰式に出たい」という思いもあったのでしょう。

やまと学校時代のリーグ成績

94期リーグ戦成績
  • リーグ勝率:5.77
  • 準優出:6回
  • 優出y:2回(優勝0回)

今でこそトップレーサーの1人ですが、同期の中ではぼちぼち優秀な程度。現に94期のやまとチャンプは「古賀繁輝」、リーグ勝率1位は「稲田浩二」が輝いています。

同期(94期)の注目選手

養成所チャンプ&リーグ勝率1位「稲田浩二」
稲田浩二
養成所チャンプ&リーグ勝率1位「古賀繁輝」
古賀繁輝
今井貴士(94期)
今井貴士
小坂尚哉(94期)
小坂尚哉
落合直子(94期)
落合直子
平田さやか(94期)
平田さやか

岡崎以外で活躍しているのは、3度のG1を制した稲田浩二、九州地区選手権でG1初優勝を達成した今井貴士。

その他、一般戦で通算46勝以上の実績を残す古賀繁輝、びわこG2で重賞を獲った麻生慎介など、伸びしろのある選手が多数在籍しています。

岡崎恭裕の師匠・弟子

岡崎恭裕に師匠はいません。しかし、2013年に引退した濱田和弘がリーダーを務めていた「我勝手隊」というペラグループに所属。師匠の代わりに、グループ内の先輩に指導してもらっていたと思われます。

弟子は同支部の103期「古澤光紀」。

岡崎恭裕の弟子「古澤光紀」
岡崎恭裕

教えるのが苦手だし、そういうのが上手な人についた方がいい

こうした理由から、古澤の申し入れを断ります。ただ、師匠のような存在の山一鉄也に「自分も成長できるかもしれない」と言われ、初弟子を向かい入れることに。

実際、古澤と師弟関係になって以降、岡崎の成績は急上昇!古澤もSG・G1で活躍してますし、山一さんが言った通りの相乗効果が生まれたのでしょう。

岡崎恭裕の嫁・子供・年収など

岡崎ファンが最も知りたいであろうプライベートを紹介します。

舞さん(嫁)と結婚、子供もいる

岡崎恭裕とは?結婚した嫁(舞さん)①
岡崎恭裕とは?結婚した嫁(舞さん)②

上記画像はSG初優勝の祝勝会。

2010年、一般女性の舞さん(当時25歳)と結婚し、2人の間にはお子さんがいることも報告されています。この写真を見る限り、かなりの美人さんですね!

一応、結婚式で着用していたタキシード姿を発見したので載せておきます。

岡崎恭裕とは?結婚式のタキシード姿

それにしても、超が付くほどお金持ちで、面も良く、さらには美人妻まで。紹介しているだけで虚しくなる…

岡崎恭裕の年収(年別獲得賞金)

獲得賞金順位
2024年
2023年57,400,000円45位
2022年57,540,000円35位
2021年48,490,000円48位
2020年71,060,000円18位
2019年44,870,000円56位
2018年87,210,000円5位
2017年52,570,000円25位
2016年68,200,000円14位
2015年40,460,000円45位
2014年33,000,000円84位
2013年45,330,000円35位
2012年44,070,000円36位
2011年32,700,000円67位
2010年110,450,000円5位

岡崎恭裕の最高年収は1憶1,045万円で、2010年以降の平均年収は約5,700万円。サラリーマンが年収400万円ぐらいだとすると、たった1年で10年分を稼いでいることに。

一体どんな生活をしているのか?めちゃくちゃ気になりますw

篠崎兄弟とは家族ぐるみの付き合い

岡崎恭裕とは?篠崎兄弟(元志・仁志)とは家族ぐるみの付き合い
岡崎恭裕とは?デビュー当初から仲良しの篠崎元志

ボート界では顔の広い岡崎恭裕ですが、その中でも特に親交の深い「篠崎元志篠崎仁志」。

年齢が1個違いで同じ福岡支部ということもあり、元志とはデビュー当初から大の仲良し!プライベートでは互いの自宅でバーベキューをするほど。

また、ルーキー時代は篠崎家(実家)に入り浸っていたらしい。当時、仁志はまだ学生でしたが、岡崎と兄の姿を見て「こんなに楽しそうなら選手になってやる」と口にしていたそうですw

それにしても全員イケメンすぎ(笑)まさに”類は友を呼ぶ”ですね

特技はダーツ。休日は在宅率高め

岡崎恭裕

仕事が忙しいのでほとんど家にいる。毒島さんみたいにアクティブではない。ダーツは続けていてたまに試合に出ている。

数年前のトークショーで話した内容です。

趣味と呼べるものはデビュー当時から続けているダーツ。「たまに試合に出場している」と言っていたので、かなりの腕前なのは間違いないでしょう。

岡崎恭裕のSNS(インスタ・ツイッター)

岡崎自身が運用しているSNSを検索しましたが、インスタ・ツイッターともにアカウントは発見できず。ただ、以前のインタビューで気になる発言をしています。

岡崎恭裕とは?SNS(インスタ・ツイッター)はやってる?

SNSとかもあって直接DM来たりとかもあるし

インタビューが公開されたのは2023年秋ごろ。SNSをやっていないと出てこない発言なので、既に開設されている可能性が高そう。

岡崎恭裕のSNSをご存じの方、コメントで教えていただけると嬉しいです。

デビューから現在までの成績

デビューから現在に至るまで、岡崎恭裕が残してきたキャリアを時系列で紹介します。

デビュー14走目で初勝利

2004年5月8日に福岡でデビュー。3節目となった同じ福岡の初日第1レース、道中の抜きで嬉しい初勝利を飾りました。

ド新人の水神祭なら特大万舟を期待するものですが、このレースの3連単配当は33,200円。それだけ岡崎への期待が大きかった証拠かもしれません。

それともう一つ。デビュー14走目の初勝利だったにもかかわらず、既に水神祭を達成済みの同期が6人も。

岡崎恭裕より水神祭が早かった同期一覧
  • 落合直子:デビュー初戦
  • 麻生慎介:デビュー3走目
  • 稲田浩二:デビュー3走目
  • 古賀繁輝:デビュー4走目
  • 今井貴士:デビュー7走目
  • 大澤大夢:デビュー11走目

落合直子なんて初戦で1着!マジでヤバいですw

初優勝は2005年2月の戸田

悲願のデビュー初優勝は、2005年2月に開催された「戸田日本モーターボート選手会会長賞」。

序盤から小さい着でまとめ、自身2度目の優出。優勝戦は大森健二・福来剛ら内枠に座り、岡崎は圧倒的に不利な6コース進入。

舟券に絡むことさえ難しい一戦でしたが、1マークで内側がごちゃつく絶好の展開に。先輩らが競り合っている隙をついて、最内差しで劇的な初優勝を達成しました。

展開に恵まれたとはいえ、このメンツで勝てたのは凄すぎ。しかも、驚くべきことに…

岡崎恭裕とは?全レースアウトコース進入で初優勝(2005年2月)

1度も枠なり通りに進入していなかったのです。この悪条件で優勝している以上、間違いなく実力で勝ち取ったVと言えるでしょう。

2010年オールスターでSG初制覇

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます