初心者に試してほしい舟券予想法

競艇場別売上ランキング!おすすめはオッズの歪みが少ない会場

ボートレースを楽しむ際、各場の売上を気にしてますか?

SGやG1といった重賞レースなら問題はありません。しかし、売上の少ない一般戦の場合、レースによっては”オッズの歪み”が発生し、本来の期待値を下回るオッズになることも。

そうしたリスクを回避するには「売上の多い競艇場」を選ぶのが得策です。

特に万張りをするような方には大きく影響するので、今後の投票時から意識した方が収支は良くなるはず。

管理人

回収率を上げるためにも、売上が高く推移している競艇場ぐらいは覚えておきましょう!

無料予想だけで勝てる!

グリーンベレー」はこんな予想サイト。

  • 無料予想がとにかく当たる
  • 有料予想をタダ(無料pt)で試せる
  • リピート率がすこぶる高い

競艇でマイナス続きの「初心者・中級者」なら満足度は高いはず。勝ち組になりたいならぜひお試しください!

管理人
1日1回の無料予想を5レースは検証するように。最終的な評価はあなたの目で確認しましょう。

気になる項目へジャンプできます

競艇場別 売上ランキング(年度別)

競艇場別の売上ランキングを紹介します。2017年から遡って集計していますが、参考にするのは直近の売上のみで大丈夫です。

ボートレースの年度は4月1日~翌3月31日までとなります。

2021年度の売上ランキング

順位(前年比)競艇場売上
1位(1位-)大村競艇1759億円
2位(3位↑)住之江競艇1575億円
3位(4位↓)蒲郡競艇1546億円
4位(7位↑)若松競艇1498億円
5位(2位↓)丸亀競艇1485億円
6位(6位-)桐生競艇1433億円
7位(5位↓)下関競艇1402億円
8位(9位↑)芦屋競艇968億円
9位(11位↑)戸田競艇900億円
10位(19位↑)福岡競艇867億円
11位(13位↑)多摩川競艇863億円
12位(15位↑)宮島競艇861億円
13位(21位↑)児島競艇834億円
14位(8位↓)徳山競艇826億円
15位(10位↓)平和島競艇817億円
16位(16位-)唐津競艇778億円
17位(12位↓)浜名湖競艇758億円
18位(20位↑)尼崎競艇740億円
19位(22位↑)江戸川競艇724億円
20位(17位↓)びわこ競艇722億円
21位(14位↓)鳴門競艇713億円
22位(18位↓)三国競艇670億円
23位(24位↑)常滑競艇625億円
24位(23位↓)津競艇551億円
集計期間:2021年4月1日~2022年3月31日

2020年度の売上ランキング

順位(前年比)競艇場売上
1位(2位↑)大村競艇1591億円
2位(5位↑)丸亀競艇1399億円
3位(1位↓)住之江競艇1363億円
4位(3位↓)蒲郡競艇1331億円
5位(7位↑)下関競艇1233億円
6位(4位↓)桐生競艇1225億円
7位(6位↓)若松競艇1167億円
8位(8位-)徳山競艇835億円
9位(11位↑)芦屋競艇820億円
10位(9位↓)平和島競艇792億円
11位(10位↑)戸田競艇723億円
12位(16位↑)浜名湖競艇719億円
13位(13位-)多摩川競艇706億円
14位(22位↑)鳴門競艇706億円
15位(17位↑)宮島競艇705億円
16位(12位↓)唐津競艇703億円
17位(23位↑)びわこ競艇675億円
18位(21位↑)三国競艇665億円
19位(15位↓)福岡競艇630億円
20位(14位↓)尼崎競艇624億円
21位(19位↓)児島競艇622億円
22位(20位↓)江戸川競艇615億円
23位(24位↑)津競艇563億円
24位(18位↓)常滑競艇527億円
集計期間:2020年4月1日~2021年3月31日

2019年度の売上ランキング

順位(前年比)競艇場売上
1位(1位-)住之江競艇1116億円
2位(6位↑)大村競艇1055億円
3位(2位↓)蒲郡競艇1013億円
4位(4位-)桐生競艇982億円
5位(3位↓)丸亀競艇887億円
6位(5位↑)若松競艇840億円
7位(7位-)下関競艇797億円
8位(11位↑)徳山競艇641億円
9位(10位↑)平和島競艇634億円
10位(8位↓)戸田競艇594億円
11位(9位↓)芦屋競艇593億円
12位(14位↑)唐津競艇577億円
13位(15位↑)多摩川競艇532億円
14位(13位↓)尼崎競艇523億円
15位(16位↑)福岡競艇505億円
16位(12位↓)浜名湖競艇499億円
17位(23位↑)宮島競艇498億円
18位(24位↑)常滑競艇497億円
19位(19位-)児島競艇479億円
20位(17位↓)江戸川競艇469億円
21位(21位-)三国競艇451億円
22位(18位↓)鳴門競艇447億円
23位(20位↓)びわこ競艇401億円
24位(22位↓)津競艇392億円
集計期間:2019年4月1日~2020年3月31日

2018年度の売上ランキング

順位(前年比)競艇場売上
1位(1位-)住之江競艇1033億円
2位(4位↑)蒲郡競艇919億円
3位(2位↓)丸亀競艇890億円
4位(5位↑)桐生競艇870億円
5位(3位↓)若松競艇788億円
6位(7位↑)大村競艇728億円
7位(6位↓)下関競艇708億円
8位(10位↑)戸田競艇644億円
9位(8位↓)芦屋競艇626億円
10位(9位↓)平和島競艇618億円
11位(13位↑)徳山競艇520億円
12位(14位↑)浜名湖競艇498億円
13位(17位↑)尼崎競艇492億円
14位(11位↓)唐津競艇471億円
15位(18位↑)多摩川競艇440億円
16位(12位↓)福岡競艇437億円
17位(16位↓)江戸川競艇407億円
18位(20位↑)鳴門競艇387億円
19位(22位↑)児島競艇386億円
20位(15位↓)びわこ競艇382億円
21位(24位↑)三国競艇375億円
22位(23位↑)津競艇370億円
23位(21位↓)宮島競艇368億円
24位(19位↓)常滑競艇358億円
集計期間:2018年4月1日~2019年3月31日

2017年度の売上ランキング

順位(前年比)競艇場売上
1位(1位-)住之江競艇974億円
2位(4位↑)丸亀競艇885億円
3位(5位↑)若松競艇843億円
4位(3位↓)蒲郡競艇833億円
5位(2位↓)桐生競艇773億円
6位(24位↑)下関競艇675億円
7位(6位↓)大村競艇567億円
8位(11位↑)芦屋競艇543億円
9位(7位↓)平和島競艇515億円
10位(8位↓)戸田競艇509億円
11位(13位↑)唐津競艇477億円
12位(10位↓)福岡競艇461億円
13位(12位↓)徳山競艇436億円
14位(17位↑)浜名湖競艇434億円
15位(16位↑)びわこ競艇393億円
16位(18位↑)江戸川競艇379億円
17位(9位↓)尼崎競艇371億円
18位(14位↓)多摩川競艇362億円
19位(22位↑)常滑競艇358億円
20位(15位↓)鳴門競艇337億円
21位(20位↓)宮島競艇335億円
22位(19位↓)児島競艇321億円
23位(21位↓)津競艇306億円
24位(23位↓)三国競艇298億円
集計期間:2017年4月1日~2018年3月31日

券種(賭け式)別の売上シェア

とある競艇場で開催された12レースを集計し、券種別の売上シェアを調べてみました。

  • 3連単 :93.5%
  • 2連単 :3.5%
  • 3連複 :1.8
  • 2連複 :1.6
  • 拡連複:0.3%
  • 単勝   :0.1%
  • 複勝   :0.1%

結果は大体分かっていましたが、ボートレースにおいて買われている券種(賭け式)はほぼ3連単。2連単も3%ほど売れてましたが、3連単がなかった時代に比べると大幅に減少しています。

ちなみに、競馬をやる時は3連単を基本として、2連単や3連複も買うし、レースによっては複勝やワイドで馬券を買うこともあります。

ただ、ほぼボートレースは3連単のみ。なぜここまで偏ったシェアなのかご存じですか?

理由は簡単で、3連単以外の売上がないから。当たり前のことを言っているようですが、ある程度の売上がないと賭け事が成立しません。

だからこそみんな3連単しか買わなくなってしまい、自然とその他の券種があってないような存在となったのです。

あくまで可能性の話ですが、競馬ユーザーが大量に流れてきた場合、2連単や3連複の売上シェア率は上がるでしょう。そうしたらオッズ変動はしにくくなるので、今とは違った勝ち方が出てくるかもしれません。

競艇場の売上が勝ち負けに影響する理由

競艇場の売上をなぜ意識しなくてはいけないのか?その理由について少しだけ解説しておきます。

売上が少ないとオッズの歪みが発生しやすい

オッズの歪みとは、実力に関係なく知名度だけで売れたり、競艇を知らない金持ちが大金を適当に投票するなどして発生。

そして、人気薄(人気高)の買い目に異常なお金が投じられ、通常ではあり得ないオッズになること

分かりやすく説明すると、売上が1000万円と、10万円のレースがあったとしましょう。どちらにも1万円を投票した場合、オッズが動きやすいのは10万円ですよね。

歪みが発生する原因はいくつかありますが、1レースあたり売上が少ないほど「オッズの歪み」が発生しやすくなることは覚えておきましょう。

ちなみに、ボートレースでもオッズの歪みは頻繁に起こっています。

以下は極端な例ですが、実際に起こった出来事となります。(画像引用元:boat-log.com

競艇 オッズの歪み①
競艇 オッズの歪み②

払戻しの異変に気づきましたか?

上の画像は、3連単2,950円に対し複勝が万舟券。下の画像は、3連単226,310円に対し、2連単で倍以上の579,900円。これらは実際に払い戻された配当ですからね(笑)

一般戦の売上は予想以上に少ない

競艇の最高峰であるSGをはじめ、原則A1級の選手しか出場できないG1の場合、注目度の高さから舟券もめちゃくちゃ売れます。

以下の記事で紹介している通り、近年のSG競争ではどの大会も節間で100億円以上の売上を記録。

競艇のSG売上&SG歴代優勝者一覧!節間200億円超えも

一方、B2級も斡旋される一般戦の場合、以下の理由から注目度は低くなります。

  • 開催数が多く投票がばらける
  • 人気選手があまり出場しない
  • 実力差が大きく予想しづらい

様々な要因が考えられる中、売上が少ない第一の理由は「開催数が多い」こと。

オフィシャルサイトを確認すれば分かる通り、一般戦は毎日10か所ほどの競艇場で開催されています。当然、それだけ開催されていれば投票は分散するので、1レースあたりの売上も少なくなります。

また、一般戦で優勝しても100万円程度しか貰えません。1円でも多く稼ぎたい選手にとって、賞金額の多いグレードレースを優先するのは当たり前。

その結果、人気選手はあまり出場してくれず、盛り上がらないレースとなってしまうのです。

階級の低い選手ばかりが集まるとどうなるのか?

イン逃げを軸にして当てやすい競艇において、軸を信頼できないレースはギャンブル性が高すぎます。したがって、知識がある人ほど参戦しなくなる可能性は高いでしょう。

以上のことから「売上の少ないレースを選ぶメリットはない」と言っても間違いではないかも。

手堅く価値を目指すなら、オッズの歪みが発生しにくい競艇場をおすすめします。

おすすめしたい競艇場ランキング

個人的な実績値から「勝ちやすい競艇場」を紹介します。

上記の競艇場別売上ランキングも指標の一つですが、当てやすい競艇場を選ぶのも勝率アップへの近道です。

その為にも、120通りしかない競技の特性を最大限に活かせる「インの強い水面」がおすすめ!

競艇場によってインコース勝率は違う

イン勝率イン勝率
1位芦屋(64.6%)1位戸田(43.0%)
2位大村(64.0%)2位江戸川(43.0%)
3位徳山(62.1%)3位平和島(45.9%)
4位下関(62.1%)4位鳴門(48.4%)
5位尼崎(59.4%)5位多摩川(52.1%)

※上記勝率は直近1年間のデータ。

競艇の必勝パターンはインコースを軸にし、できるだけ点数を絞って的中率を上がること。

ただ、いくらインが強い競技とはいえ、選手の実力や、インに有利・不利な水面、施工者の思惑が存在します。

そのうえで、イン勝率が最も高い「芦屋競艇」と、最下位の「戸田競艇」を比較してください。その差は歴然であり、どちらが予想しやすいか初心者でも一瞬で気づけるはず。

あなたが穴党であれば気にする必要はありませんが、1レースの勝ち分は少なくても的中率および回収率に拘りたい方は、比較的簡単に当てられる競艇場を選んでください。

インが強く当てやすい競艇場

芦屋競艇ファンからは「イン天国」と呼ばれている。イン勝率は常に上位で、風の影響も少なく第1ターンマークも広い。本命党なら絶対に外せない。
大村過去にインコース28連勝を記録。また、2コースの連帯率も非常に高く、軸だけでなくヒモまで絞りやすい。特にイン勝率を押し上げている朝の企画レースはマジおすすめ。
徳山イン勝率はトップクラスで、本命党には好まれている。企画レースも魅力で、1レース目のイン逃げ率は驚異の85%超え。オッズは低くなるが、銀行レースと称されることも。
下関1マークの設計がイン逃げしやすい作りになっており、A級選手が1号艇に入る企画レースは見逃せない。ただし、内枠に実力上位の選手がいる場合は注意が必要。
尼崎風が弱くインコースに有利な条件であれば、イン逃げ祭りもよくある競艇場。しかし、冬から春にかけては六甲おろしが吹くので、その日の出目は要確認。
住之江1マークのスピースは広く、インの実績は安定している。立地的に季節風には注意したいが、番組を見極めることができれば当てやすい。

上記におすすめした競艇場は、イン逃げしやすい水面として覚えておきましょう。

ただし、いくらイン有利だからといって、何も考えず買うのはNG。

最低でも「選手の実力・モーター・天候」ぐらいは確認し、少ない点数で的中できそうかチェックしてください。

現在、舟券の成績がいまいちだと感じているあなた、締切間近のレースを適当に選択してませんか?そんな買い方ではほぼ運任せのギャンブルとなってしまうので、長い期間やればやるほど回収率は下がっていくでしょう。

競艇は勝つべくして勝てるギャンブルだと感じています。その感覚に近づけるように、面倒でも知識を習得することを心掛けましょう!

まとめ

競馬を除いた公営ギャンブル(競艇・競輪・オートレース)の売上は意外と少ないのです。

しかも、売上の約25%を施工者が持っていき、その残りを的中者で配分するので、分母が少なければあなたが損するだけ。

利用者が急上昇中のボートレースとはいえ、一般戦の1レースに投じられる売上は1,000万円に届かないことがほとんど。

舟券を買いたくて我慢できない気持ちは分かりますが、大よその売上を把握したうえで掛け金の調整を行ってください。また、厚く張りたい場合は、売上の多い重賞レースがおすすめです。

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます