【Dランク】多摩川競艇の特徴&予想法!攻略が難しく上級向け

多摩川競艇場の予想ガイド!水面特性やコース別勝率などの特徴まとめ

競艇は同じレース、同じ開催で競い合うライバルたちだけでなく、水面や風などの自然環境も相手にして戦うスポーツであるといえます。

つまりは予想する側も、全国に24箇所ある競艇場の立地や水面特性、気象の特徴など、それぞれが持つ特有の傾向や競走データをしっかり頭に入れておく必要があります。また、舟券を当てるために欠かせない要素となるわけです。

今回は、東京都に位置する多摩川競艇場について、投票前に押さえておくべきポイントをわかりやすくまとめました。

競艇場一覧の特徴まとめ!イン勝率&難易度ランク

【9月最新】勝てる優良予想サイトはココ

競艇予想サイト「戦国ボート」PR

悪質サイトに騙されたくないならココ!

玄人でも利用する競艇予想サイト「戦国ボート」。論より証拠ということで、無料予想を各1万円で20レース検証した結果からご覧ください。

  • 的中率:70%(14レース的中)
  • 回収率:189%
  • 収 支:+178,000円

無料とは思えない高回収率!実績もさることながら、公開される予想の「レース見解」がマジS級なんです。さらに、他サイトの無料予想では滅多に見かけない”中穴予想”まで提供してくれます。

目標額にもよりますが、無料予想のみで大半の人は満足してしまうでしょう。騙されたと思ってぜひお試しください。予想精度の高さに驚くはず。

気になる項目へジャンプできます

多摩川競艇場(ボートレース多摩川)とは?

多摩川競艇場は東京都府中市にある競艇場で、当初は府中競艇場と呼ばれていました。同じく東京にある平和島競艇場(当時の場名は大森競走場)と同年、そして江戸川競艇場よりは1年早い、1954年に開場されました

多摩川競艇場は、JRA東京競馬場の近くにあることでも有名です。

松任谷由実が歌う「中央フリーウェイ」の歌詞には「右に見える競馬場、左はビール工場」とありますが、左にはビール工場だけでなく、多摩川競艇もあることをお忘れなく。

ボートレース多摩川の施設概要

ボートレース多摩川の施設概要

名称 多摩川ボートレース場
住所 東京都府中市是政4-11
公式HP ボートレース多摩川
電話番号 042-369-9211
営業時間 10:00~21:00
所属 東京支部
主な選手
  • 熊谷直樹
  • 濱野谷憲吾
  • 村田修次
  • 齊藤仁
  • 中野次郎 他多数

大人気の競艇漫画「モンキーターン」はご存じだと思いますが、波多野憲二(主人公)のイメージモデルとなっている「濱野谷憲吾」が所属する支部となっています。

ボートレース多摩川のアクセス

都心から近い場所にある多摩川競艇場は、首都圏各地から比較的短時間で来場できるアクセスの良さを持っています。

公共交通機関の場合

ボートレース多摩川のアクセス出典:ボートレース多摩川公式サイト

公共交通機関の場合、最寄りとなる駅は西武多摩川線「競艇場前駅」です。他にも京王線の多磨霊園駅、JR府中本町駅からも無料送迎バスが運行されています。詳しい経路ならびに無料送迎バスの時刻表に関しては、公式サイトに掲載されているので、そちらをご確認ください。

車を利用する場合

車を利用する場合、東京都心方面からは中央自動車道(下り)稲城IC、あるいは国道20号線(下り)からそれぞれ約10分、八王子方面からは中央自動車道(上り)府中スマートICが最寄りとなる他、調布ICや国道20号線(上り)からも近い場所にあります。

また、競艇場の周辺には、北駐車場、東駐車場、駅裏駐車場(本場開催時のみ)の3箇所、あわせて最大約380台収容の無料駐車場が用意されています。

管理人
車で行くなら、少し早めに到着した方がいいかも。記念レース、優勝戦などの日は近隣の駐車場が一瞬で埋り、駐車難民になったことが何度もあるので…

多摩川競艇場の意外な事実!

多摩川競艇場の水面特性についてのご紹介に入りたいところですが、その前に、とても大切なことをお伝えしておかなければなりません。

全国24箇所ある競艇場の内、場名に「川」がつくのは、この多摩川競艇場と、同じ東京にある江戸川競艇場の2箇所です。名前のとおり、どちらも河川を使った競艇場である、というイメージを抱くでしょうが…実はそうではありません。

「川にある」江戸川競艇場

まず、江戸川競艇場の地図から見ていきましょう。

「川にある」江戸川競艇場

江戸川競艇場は、競走水面に河川を使用する、唯一の競艇場です。(実際には江戸川ではなく、中川を使っています)

川の流れだけでなく、海にも近いことで、潮位の変化や風の影響も受けやすい過酷な環境となり、水面が荒れることが頻繁にある、全国一の難水面といわれています。

実は「川ではない」多摩川競艇場

実は「川ではない」多摩川競艇場

「江戸川競艇場は、競走水面に河川を使用する、唯一の競艇場」と申し上げましたが、ご覧のとおり、多摩川競艇場は多摩川の本流から離れた場所にあります。その為、実は河川を使用しないプール型の競艇場なのです。

多摩川競艇場は、かつて多摩川の河川敷にあった砂利採取場を転用して造られた歴史があります。水についても多摩川から引き込んでいるのではなく、場内にある井戸の水が競走に使用されています。

最初にも書きましたが、開設時の場名は「府中競艇場」でしたので、多摩川の河川や水を使用することについては、どうやら最初から考えられていなかったというわけです。

同じ「川」がつく競艇場でも、江戸川競艇場とは何もかもまったく違う立地と競走水面であることが、よくお分かりいただけたかと思います。

多摩川競艇場の水面特性

多摩川競艇場は、「多摩川に面しておらず、多摩川の水も引き込んでいない」独立したプール型の競艇場です。

河川の流れによる影響もなければ、潮位の変化もなく、風の影響も受けにくい(後述)環境にあるなど、水面を荒らす要素が非常に少ないことから、多摩川競艇場は「日本一の静水面」と呼ばれています。

全速攻めができる関東一のワイド水面

全国でも屈指の走りやすさを持つ多摩川競艇場ですが、競走水面にはどんな特徴があるのでしょうか。まず、多摩川競艇場の水面図をご覧いただきます。

多摩川競艇場の水面図出典:ボートレース多摩川

多摩川競艇場は、関東にある5つの競艇場(桐生、戸田、江戸川、平和島、多摩川)の中で唯一、第1ターンマークのバック側スペースが100m以上(108m)あります。この広さによって、レバーを緩めることなく全速ターンを仕掛ける選手が多いため、パワーを生かした迫力のあるスピード戦が展開されやすい競走水面となります。

「日本一の静水面」と呼ばれる数字の根拠

多摩川競艇場が「日本一の静水面」と呼ばれる理由は、データにも表れています。

年間で約2100~2200レースが行われている中、全国一荒れる水面といわれる「江戸川競艇場」で、波高が6cm以上あったレース数はなんと年間約800。対して多摩川競艇場は、年間でわずか1レースしかありませんでした。

ちなみに、同じ期間中において多摩川競艇場では、雨(または雪)の中で行われたレースが約270レースありました。それでも水面が大きく荒れるケースはたったの1度しかなかったわけですから、悪天候となっても水面に大きな影響が及ぶ可能性は滅多にない、ということが分かります。

風の影響が少ない理由は防風林

多摩川競艇場の水面は、東西に伸びています。メインスタンドは北側に位置しており、選手は東から西に向かってスタートを切る形になります。すぐ南側には多摩川があることから、強い南風が吹いた時には水面を乱すのではないか?と想像もできますが…

多摩川競艇場が「日本一の静水面」であることは、風の影響を受けにくい環境となっていることも大きく関係しています。その理由を、航空写真をご覧いただきながらご説明します。

多摩川競艇場の航空写真

多摩川競艇場のバックスタンド側には「防風林」があり、黄色のラインで記した場所に植えられています。

近年は、防風林が電光掲示板を越える高さにまで成長したこともあって、水面を南風からしっかりと守る存在になりました。また、防風林は東西にも多少延びているため、追い風、向い風の影響も少なくしているといわれています。

ただし、風がまったく吹かないわけではないので、レースごとの直前情報は必ずチェックするように!追い風ならイン有利、向かい風ならアウト有利なのは考慮して予想しましょう。

水質は「淡水」だが、乗りにくさは少ない

水質は「淡水」だが、乗りにくさは少ない

多摩川競艇場の水質は淡水ですが、静水面であることもあってか「握って回る時でも走りやすい」という印象のようです。ただし、淡水の硬い水面であることに変わりはありません。

浮力がつきにくい水質であり、前を行く艇の引き波を乗り越えながらの攻めとなる「差し」「捲り差し」にも、少なからず影響が出てきます。体重が重い選手や、パワーが劣るモーターを引いた選手が外枠となった場合の評価は、割り引いて考えるのがセオリーといえるでしょう。

多摩川競艇場コース別入着率

競艇のスタートラインは、進行方向に対して平行に引かれています。よって普通に考えれば、最も有利なのは第1ターンマークから一番近い1コース、最も不利なのは大外の6コースとなります。

しかし、各競艇場のコースレイアウトや競走水面の特性などによって、コースの有利さを生かしやすい競艇場もあれば、逆に生かすことが難しい競艇場もあるのが、舟券の予想を行う上での興味深いポイントなのです。

多摩川競艇場についてはどうなのか?コース別の入着率がこちらです。

多摩川競艇場コース別入着率出典:ボートレースオフィシャルサイト

ここで注目したいのは「1コースの1着率」と「4コースの勝率と1着率」です。

イン逃げは復権の傾向へ

昔から関東の競艇場は軒並み、1コースの1着率が50%を割り込む時代が続いていました。

ボートレース多摩川のオフィシャルサイトによれば、2014~2015年の1コース1着率は43.5%という数字も残っています。その為「多摩川は1コースが弱い」というイメージが定着し、イン逃げの苦戦ぶりがデータにも表れていたわけです。

しかし現在では、1コースの勝率も劣勢から盛り返す傾向にあり、直近の1年間では1着率が52.5%。同じく静水面といわれる浜名湖競艇場(同52.7%)と変わらない水準にまで伸びています。

そういえば昔、多摩川競艇場では優勝戦の1コースが逃げ切れないという結果が続いた時期があり、「魔の優勝戦1号艇」と揶揄された時代もありました。ただ、直近の優勝戦では…

コース 出走数 1着率
1コース 36レース 75.0%
2コース 36レース 5.5%
3コース 36レース 5.5%
4コース 36レース 8.3%
5コース 36レース 2.7%
6コース 36レース 2.7%

1コース逃げ切って優勝したのは36レース中27レース、1着率は75%です。同じ期間の集計では、浜名湖競艇場とまったく同じ確率(40レース中30レース)となっています。

特に2021年に入ってからの1コースの堅実ぶりは顕著で、多摩川競艇場で3月末までに行われた9つの開催(G1関東地区選手権を含む)において、優勝戦はすべて1号艇(1コース)の選手が見事にインから押し切って優勝を決めています。

「4カド」の代名詞は、過去の話なのか?

多摩川といえば4カドまくり」という言葉はオールドファンからよく聞かれたものですが、近年はインの勝率が上がってきたことで、4コースの強さも以前ほどではなくなった感じがします。

2020年4月1日~2021年3月31日の1年間、4コースの1着率11.2%。全24場の中で9位の数字ですが、全般にインが強くない傾向にある関東5場の中では、なんと下から2番目の低さなのです。

それでも同時期の勝率は5点台を超えており、2連対率、3連対率ともにトップ5に入る高さを維持しています。

データ上では、アタマで狙える期待こそちょっと低くなったかもしれませんが、ヒモとしての信頼度は依然高いと考えて良さそうです。多摩川競艇を予想する際は、以上のことを踏まえて予想の組み立てをしましょう!

多摩川競艇場のコース別決まり手

モーターの力を最大限に発揮しやすい多摩川競艇場が「日本一の静水面」であることは、各コースの決まり手データによっても裏付けられます。以下のデータをご覧になりながら解説をお読みください。

多摩川競艇場のコース別決まり手出典:ボートレースオフィシャルサイト

2コースは内外自在の強みあり

多摩川競艇場でイン逃げを狙う1コースにとって、2コースの脅威は他場に比べても非常に大きいものとなります。

2コースの決まり手で注目したい項目が「差し」と「捲り」。全24場のデータを確認したところ、多摩川競艇場のように「差しが60%、捲りが30%」という比率になったのは、他に戸田、蒲郡、福岡の3場しかありませんでした。

差しても良し、捲っても良し」の特徴は、1着率の高さにさらなる舟券の妙味を加える要素となります。

2コースといえば差しのイメージが強いと思います。ただ、全速で回りやすい水面特性を活かし、捲りでの攻めも決まりやすいため、1コースの選手に与えるプレッシャーは大きいのでしょう。

  • 自在の攻めができる選手が2コースに入った場合
  • 1コースとの比較で機力が上回っている場合
  • 1コースの選手がスタートに不安を持っている場合

こういったレースでは、2コースの信頼度はかなり高いと言って良いでしょう。

センター勢はスタートがカギ(当たり前だけど)

センターとなる3コース、4コースは、内側の動きを見ながら、全速で握って回れる水面の特性を生かした捲り、あるいは捲り差しを狙う展開が期待できます。決まり手のデータを見ても、その傾向は明らかです。

穏やかで広い水面となれば、内側の艇もしっかり握ってターンしやすい状況となります。センター勢が有利な展開に持っていくためには、内側の艇より少しでもスタートタイミングを決めること。これこそ、捲り・捲り差しを決めきるカギとなります。

前がやり合えば外にもチャンスあるけど…

多摩川競艇場の3連単高配当ベスト10

多摩川競艇場の3連単高配当ベスト10です。

こういったデータを見ると「自分が投票するレースでもひょっとしたら…」なんて、淡い期待を抱くのがギャンブラーというもの(笑)でも、ガッカリさせてしまうことを言いますが、そこまで期待値はないと思います。

5コースに関しては、スタートを決めて内側艇が凹んでいれば「捲り差し」が期待できます。一方、6コースはどんな展開でも決めきるのは困難。決まり手データでも、差し・捲り・捲り差しとほぼ差はありません。また、恵まれも11%ほどるので、6コースが勝つ展開予想は難しいかもしれません。

そのうえで特大万舟を狙いたいのであれば、ボックスなどで軽めの購入をおすすめします。

【多摩川競艇】まとめ

多摩川競艇場の特徴をまとめるとこんな感じ。

  • 日本一の静水面=モーターの力を存分に出せる
  • インは以前ほど弱くない
  • 2コースに強者がいる時は期待大
  • 4カドの入着率は高め
  • 特大万舟への期待は控えめに

走りやすい水面であることから、女子リーグ(ヴィーナスリーグ、オールレディース)の開催も多い多摩川競艇場。風の影響にあまり気にすることないので、番組によっては予想しやすい競艇場と言えるでしょう。

ただし、全国24か所の競艇場で比較した「イン逃げ率」は低いため、初心者におすすめしたい1コースを中心とした買い方には向いていません。その為、イン天国としても有名な「大村競艇」など、逃げやすい場の方が的中率は高くなるはずです。

どちらにしても、各競艇場の特徴だけは把握したうで挑みましょう!

多摩川競艇場の予想ガイド!水面特性やコース別勝率などの特徴まとめ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます
閉じる