宮島競艇場の予想ガイド!水面特性やコース別勝率などの特徴まとめ

競艇場は全国24箇所存在しますが、それぞれ水面や周りの環境、そしてコースにも個性があります。それぞれの個性を把握することがレース攻略につながります。

今回は4つの競艇場が存在する中国地区の一角を担う「宮島競艇場」についてまとめています。当記事をご覧頂ければ”宮島競艇場の攻略”に繋がり、舟券予想の精度はきっと上がるはずです。

競艇歴の長さに関係なく、わかりやすく噛み砕いてまとめてあるので、どんな方でも参考になる情報だと思います。

気になる項目へジャンプできます

宮島競艇場(ボートレース宮島)とは

宮島競艇場は、広島県廿日市市宮島口に設けられている競艇場です。まずは宮島競艇場と周囲の環境を地図で確認してみましょう。

地図をご覧頂くと、宮島競艇場は広島湾の一角を利用して作られていることがわかります。また、水面から見て北側にスタンドがあり、南方には厳島神社を望みます。

宮島競艇場を攻略するには、まずこれらの位置関係を押さえておく必要があります。

ボートレース宮島の概要

宮島競艇場(ボートレース宮島)出典:ウィキペディア

名称 宮島ボートレース場
住所 広島県廿日市市宮島口一丁目15-60
公式HP ボートレース宮島
電話番号 0829-56-1122
営業時間 9:00~17:00
所属 広島支部
主な選手
  • 西島義則
  • 辻 栄蔵
  • 北川幸典
  • 市川哲也
  • 海野ゆかり 他多数

宮島競艇場には強烈な前付けでガンガン上位着を重ねるインファイターの西島選手を始め、賞金王レーサーでありSG史上5人目の完全優勝経験を持つ市川選手、そして全競艇場での優勝を果たした賞金王レーサー辻選手など、名だたる選手が顔を連ねています。

また、艇界全体で2000番台の現役選手は11名。田中伸ニ選手と幸本誠選手の2名が広島支部に所属していることから、選手一人一人の息が長いことも特徴と言えるでしょう。

宮島競艇場の水面特性

続いては宮島競艇場の水面の特徴について。先の通り、宮島競艇場は広島湾の一角を利用して作られているため、水質は海水となります。

体重差はさほど関係がない

競艇は選手の体重がダイレクトにレースに影響する競技です。そのため、選手は常日頃から自身のウェイトコントロールに気を配っています。

ある選手の成績が最近落ちているなと思っていたら、その選手の体重が大幅に増量していたなんてこともザラ。しかし、海水面の場合、海水は淡水や汽水に比べ塩分濃度が高く、幾分か体重による差が軽減されます。

宮島競艇場は100%の海水。よほどのヘビー級レーサーでもない限りはさほど体重は気にしなくてもよいでしょう。

注目するべきは潮位差

宮島競艇場の水面特性 注目するべきは潮位差出典:Googleマップ

上記画像は、宮島競艇場を中からみた写真。

ご覧の通り、水面の壁面の多くは外海に面しているのがみてとれます。宮島競艇は海水面ですが、他の海水面の競艇場とは明らかにレベルが異なる特徴があります。

それは潮位差です。

この作りによる影響もあり、宮島競艇場は潮の動きやうねりなどを受けやすくなっているのです。特に潮位差は顕著で、その差は大きいときで3m。これだけ潮位が大きいと、当然レースをする選手は前半と後半では水面から見る景色は変わってきます。

そこで注目すべきは地元選手の存在です。この潮位差に普段から接している地元選手は、当然のごとく干潮時も満潮時も数多くレースをこなしています。そのとき水面から見る景色は朝も昼も夕方も関係なく体に叩き込まれている事でしょう。

しかし、地元選手以外にはこの見える景色が全くことなるため、スタート勘がとても掴みづらいと言われているのです。

これらのことから、宮島競艇場はまずは選手の出身地に是非とも注目し、そして出走表欄に記載のある当地成績に注目するようにしましょう。

うねりと潮の流れ

宮島競艇は潮位差が生じることをお伝えしました。潮位が変化するということは、うねりの存在を忘れるわけにはいきません。

特に、宮島競艇場は満潮時にはうねりが生じやすく、レースに影響が出ると言われています。また、潮位が変化するということは潮が動いているということですので、この潮の流れはスリットに影響が生じます。

ここで宮島競艇場のある広島湾を全体から捉えてみてみましょう。

この写真を図式化し、潮の流れを記したものが以下になります。

出典:環境省

広島湾を含む瀬戸内海ははっきり申し上げて潮の流れはとても複雑。そんな中、宮島競艇場付近の潮の流れはスタンド側から見て2マーク側からの流れとなります。

満潮に向かっている場合、追い潮の時は2マークから1マークに向かって潮が流れているため、スピードに乗せやすくなってスローが有利となります。一方、干潮に向かっている場合は向かい潮となるため、スローがスピードに乗せにくくダッシュ有利となります。

  • 満潮時はスロー勢が有利
  • 干潮時はダッシュ勢が有利

宮島競艇場のレースに及ぼす影響は、潮位差やうねりだけではなく、潮の流れも関連していることを覚えておくと良いでしょう。

宮島競艇場の風による影響

先の宮島競艇場を中から観覧した写真を今一度ご覧ください。

宮島競艇場の水面特性 注目するべきは潮位差出典:Googleマップ

壁面(防波堤)ですが、最も高くなっているのが電光掲示板であり、それ以外は低く設計されているのがみて取れます。

この防波堤は、水面が干潮時には平均的な水位よりも低くなるので、必然的に防波堤の位置が水表よりも高くなり、防風壁の役割を果たしてくれます。

一方、満潮が近づくにつれ、防風壁の役割を果たすことができなくなります。これにより風の影響が大きくなるのです。つまり、宮島競艇場のレースをより正確に予想するためには、潮位と風の両方を意識しておくことが求められます。

宮島競艇場のコースレイアウト

宮島競艇場のコースレイアウトには大きく分けて2つ特徴があります。それぞれ解説していくので、以下の図をご覧になりながら確認してください。

ボートレース宮島のコースレイアウト

ボートレース宮島のコースレイアウト

1マークとスタンドの距離

宮島競艇場の特徴として、1マークからスタンドまでの距離が短いことが挙げられます。この距離の全国平均が43.46mのであるのに対し、宮島競艇は40mと約3mほど短くなり、全国で4番目の短さなのです。

この距離が短いとその分勝負を決する1マークで艇同士の間隔が短くなり、窮屈な状態となりやすくなります。そうなると、不利な状況に置かれやすいのが、差しコースと呼ばれる2,4,6コース。

差すためのマイシロが少なくなり差しにくいのです。その分、高度な差しのスキルを要求されることが要求されます。

宮島競艇場の1コースでは、高度な差しの腕が必要だということを念頭においておきましょう。

スタートラインから1マークまでの振り幅

宮島競艇場はスタートラインが55mであるのに対し、1マークとスタンドの幅は40mと15mもの差があり、その分センターポールが斜めに設置されているのが見てとれます。この15mの差は全国で7番目に大きいとされています。

この差が大きい分、影響を受けやすいのがインコース。その次に2コースです。

理由は、センターポールに近い艇ほど1マークを旋回するために斜行して航走しなくてはなりません。しかし、センターは直進するだけで1マークのブイが近寄って来るように航走することができるのです。

宮島競艇場はスタートラインと1マークまでの振り幅が大きく、ややインと2コースには不利な設計がなされていることを、記憶の片隅にはおいておいた方が良いでしょう。

宮島競艇場のコース別成績の特徴

続いて宮島競艇場のコース別成績の特徴について。予想に役立ちそうな過去データを紹介するので、このポイントは目を凝らして確認してください。

以下が直近の宮島競艇場のコース別成績です。

2コースの3着率が高い

宮島競艇場は2コースの3着率が最も高くなっています。これはとても珍しく、同時期の統計では宮島競艇場と桐生競艇場のみとなっています。

これは、2コースがなんとか3着に差し残しやすいことをデータ上は差しているものの、一方では1-2で固いと考えられるレースが1-○-2と、ヒモ穴となる可能性も多いということを考慮しなくてはなりません。

しかし、いずれにしても2コースが入着しやすいデータと言えるため、2号艇の取扱いには注意が必要です。

イン逃げ率はやや高め程度

宮島競艇場のイン逃げ率は全国平均よりやや高め程度で、際立った特徴がある訳ではありません。統計的に言えば、2回に1回以上は逃げるという程度です。しかし、3連対率では84.8%と高値を示しています。

イン天国と呼ばれている「大村競艇場」は逃げ率が脅威の66%であるものの、インの3連対率で見れば87%程度と宮島競艇場と3%ほどしか変わりません。

大村競艇場のコース別入着率

大村競艇のコース別入着率&決まり手

このことから、宮島競艇場はインは逃げなくても連には絡みやすい競艇場であると言えます。

2コースの決まり手はほぼ差し

2コースの決まり手を確認してみると、圧倒的に差し選択が多くなっていることがわかります。同条件の大村競艇場(66%)と比較すると、10%以上も高くなっています。

2コースの捲りか差しかの選択は、インの連対率を変えるとても大きな要因となります。インが絡むかによって配当も出目もとても大きく変わってくるため、2コースの決まり手は圧倒的に差しである事実はぜひ覚えておきましょう。

【宮島競艇場】まとめ

今回は大村競艇場について、水面やコースレイアウト、そしてコース成績などの特徴をまとめさせて頂きました。

宮島競艇場は海水面であるがゆえ、海からの影響がとても大きい水面です。また、宮島競艇場はインがある程度活躍しやすい水面ではありましたが、2コースに大きな特徴があるのは覚えておきたいポイント。

舟券予想する際、これらの特徴は是非とも押さえておいて頂き、宮島競艇場の回収率アップに役立てて頂ければ幸いです。

よかったらシェアしてね!

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます
閉じる