無料で10万円以上勝てる予想サイト

戸田競艇の予想攻略&特徴!イン最弱で勝つには運も必要

戸田競艇を橋から見た景観

全国に24箇所存在する競艇場。それぞれに特徴があり、その特徴がレース結果に影響を及ぼすのも競艇の醍醐味です。

今回は、24箇所ある競艇場の中でも、埼玉県にある「戸田競艇場」について解説します。

他とは違った水面の特性や、コース別の入着率など、予想する際に押さえておくべきポイントをわかりやすくまとめておきます。

知識ゼロのまま適当に投票するか、ある程度の特徴を理解したうえで投票するかによって、戸田競艇場での収支は大きく変わっていくはずです。

インが強い競艇場まとめ!当てやすさで選ぶおすすめランキング

気になる項目へジャンプできます

戸田競艇場の水面特性

戸田競艇は、埼玉県戸田市戸田公園に位置している競艇場です。地図で確認してみると、以下のレイアウトとなっています。

戸田競艇の場所(Googleマップ)

もともとは漕艇場という別のボート競技に使われている水面でした。その一角を改修し現在の戸田競艇場が出来上がったという歴史があります。

この時点でひとつポイントとなるのが、戸田競艇は「競艇用に作られた水面ではない」ということ。これにより、他の競艇場にはない特徴が生まれることとなります。

日本一狭い競艇場

戸田競艇場は元来漕艇用の水面を改修して作られていることから、他の競艇場と比較してとても狭い水面となります。その狭さは日本一とも言われています。

戸田競艇場の具体的な図面をご覧ください。

出典:ボートレース公式サイト

この図でご注目頂きたいのが第一ターンマーク。

こちらを垂直に見てみると、上部(バックストレッチ側)が70.5m。下部(ホームストレッチ側)が37mとなります。こちらを加算すると計107.5mです。

一方、日本一広いと言われる水面は諸説あるものの、大きいことで知られている浜名湖競艇場の図面を確認してみましょう。

出典:ボートレース公式サイト

ご覧いただくと、浜名湖競艇場の場合はバックストレッチ側が126.0mでホームストレッチ側が42.7mとなり、計168.7mです。第一ターンマークだけで戸田競艇場と浜名湖競艇場の差は実に60m以上。

戸田競艇がいかに狭いかが分かりますね。

水質は淡水

競艇場は大きく分けて、海の一角を用いて作られた海水面、川の水を用いて作られた淡水面、そして海と川の間に作られた汽水面があります。

戸田競艇場は近くの川から水を引いてきて設計されていることから、水質は淡水です。

先の地図をご覧頂くと、戸田競艇場の近くには荒川が横断しています。しかし、戸田競艇場の水源はこの荒川ではなく、その荒川の支流である笹目川から水を引いています。

出典:Googleマップ

プールのような設計の静水面

川の水を用いていると聞くと、川の流れにレースが影響されると感じてしまいますが、実際はそうではありません。

戸田競艇場の水面はそこが漕艇場であった時代から、水を引いてきた水門は閉じています。その為、川の流れやうねりなどの影響はなく、実質はプールのような水面となり、戸田競艇場は比較的穏やかです。

これを一般的には静水面と呼びます。

また、以下に紹介する写真を見れば分かる通り、川の流れを止めるための防壁が設置されているんです。

戸田競艇 プールのような設計の静水面

戸田競艇場が静水面である一方、屈指の難水面として知られる競艇場に「江戸川競艇場」があります。同日の近い時刻に開催された水面の状況を確認してみましょう。

戸田競艇
江戸川競艇
  • 曇り
  • 気温16℃
  • 水温12℃
  • 風速0m
  • 波高0㎝
  • 曇り
  • 気温16℃
  • 水温13℃
  • 風速3m
  • 波高5㎝

戸田競艇場の水面は風はおろか波もたっていません。これに対し、江戸川競艇場は風もさることながら、波高は5cmとなっています。

ここで注意しておきたいのが「波高」です。

江戸川競艇場の場合、この波が特に立ちやすく、艇がこの波を乗り越えながら走るのでバンバンと跳ねやすくなります。

競艇は基本的には2つのブイを中心に3周旋回するレース。波が高いとキャビる原因になったり、ターン時の減速によって抜かされてしまうリスクが高まります。

静水面である戸田ではそのようなリスクが低いので、それ以外の予想データを参考にすれば良いでしょう。

予想に欠かせないコース別入着率

戸田競艇場は日本一狭い競艇場であり、水質は淡水、そして静水面であることがわかりました。これら水面の特徴が影響し、戸田競艇場はレース結果にも特徴が顕著に現れます。

イン受難水面で1コースが弱い

戸田競艇場は日本屈指のイン受難水面です。

イン受難水面とは、競艇は基本的にセンターポールの端にある2つのブイを中心に3周するレースですので、必然的にブイから近い場所からスタートするインコースが有利となります。

事実、競艇の決まり手に最も多いのがインが逃げる「イン逃げ」。これによってオッズもインコースから購入されることが多くなるのが競艇の大きな特徴です。

しかし、戸田競艇場の場合、このインが逃げにくいと言われているのです。

これは戸田競艇場の水面の狭さと淡水であり静水面であることが影響しています。ここで再度、戸田競艇場のレイアウトを確認してみましょう。

出典:ボートレース公式サイト

第一ターンマークのホームストレッチ側の幅は37mとなっています。この幅は日本一狭く、本来であれば平均しても40mは超えるものとなっています。

幅が狭いと、旋回時には艇同士の距離が狭くなるのと同時に、インとは反対にアウト勢にとってはブイから近くなるため、旋回時の距離が短くなります。

この理由から、戸田競艇場はインコースの優位が軽減されていると言えるのです。

データにも顕著に現れています。直近のコース別成績を確認すれば、いかにインが弱い水面なのか?ひと目で理解できるはず。

コース1着2着3着4着5着6着
147.018.410.98.88.46.1
215.124.519.915.313.211.8
316.221.517.617.113.413.8
413.916.516.921.116.714.7
56.010.419.719.523.220.9
62.69.616.019.224.927.4
※戸田競艇場のコース別成績

戸田競艇場のイン逃げ率は47%。これに対し、日本一のイン天国と言われている「大村競艇場」のデータと比較してみましょう。

コース1着2着3着4着5着6着
166.614.47.35.64.02.7
29.928.417.917.713.212.6
39.423.723.017.214.511.8
49.016.420.420.319.014.5
55.312.417.523.521.319.7
61.06.014.816.627.733.6
※大村競艇場のコース別成績

大村競艇場の場合は66%という数値を叩き出しており、実に20%近い開きがあることになります。

競艇は中止にならない限り、1日につき1レース場で12レース開催されます。その為、20%の違いは実に2〜3レースは大村競艇場の方が多く逃げるという計算が成り立つのです。

管理人

戸田競艇場は”逃げにくい”ことを覚えておきましょう!1号艇にめちゃくちゃ強い選手がいたとしても、ひょっとしたら万舟になるかもしれませんよ。

センター勢が強い(3、4コース)

戸田競艇場はインが弱いとなると、他コースの艇が代わりに活躍することになります。

そこで注目頂きたいのがセンター勢(3,4コース)です。インの代わりにセンター勢が活躍しやすいのが戸田競艇場の特徴となります。

大村競艇場とどの程度差があるのか?比較しやすいように、上記で紹介した2箇所のコース別成績を紹介しておきます。※スペースを食ってしまうので、確認したい方のみ展開してください。

管理人
もし本場に行く機会があれば「予想屋」の活用をおすすめします!予想難易度は高めの競艇場ですが、めちゃくちゃ優秀な予想屋がいますよ。

競艇場の予想屋とは?現地取材したら目からウロコの真実が知れた

センター勢に有利なコース設計

まずは戸田競艇場のコース別成績を改めて確認してください。

3,4コースの1着率が10%を超えており、3コースに至っては16%を超えます。これに対し、大村競艇場はというと、3,4コースの1着率ともに10%をきっています。

これにも戸田競艇場の水面の特徴が影響しています。

戸田競艇場のレイアウト図面を確認すると、スタートラインが50mであるのに対し、第一ターンマークのホームストレッチ側が37m。その差は13mですが、第一ターンマークがスタートラインからみて13mほど寄っていることを意味します。

差が大きいほどインは斜行しなければならず、不利とされています。

一方、センター勢は自然とブイが近寄ってくるような感覚で走ることが可能。走行に支障のない良いセンター勢にとって、勝機を得やすい水面と言えるでしょう。

それともう一つ、戸田競艇場は「淡水かつ静水面」です。

塩分濃度が低く浮力が少ないため、体重差が出やすいと言われています。仮に実力者であったとしても、体重が重たくて艇のスピードが出にくい状況では必然的に不利となります。

その不利でセンター勢に軽い選手が構えていた場合は、まくられる可能性が高くなってしまうのです。

管理人

戸田競艇場では選手の体重に気を配り、重たい選手や軽い選手に注意を払っておくとよいでしょう。

戸田はイン逃げより捲り

戸田競艇は捲り水面と称されることがあります。

捲りとは、自身より内側を走る艇を差す(内側にいく)ことなく、また割って入ることなく、全てを飲み込んで先マイすることを言います。戸田競艇場はこの捲りがとても多いのです。

戸田競艇の捲り率をコース別にまとめた表があったので確認してみましょう。

コース逃げ捲り差し捲り差し抜き恵まれ
193.90.00.00.06.00.0
20.024.466.20.09.30.0
30.055.48.622.811.91.0
40.055.625.313.95.00.0
50.032.30.052.911.72.9
60.033.320.026.620.00.0
引用:ボートレース公式サイト

インと5コースを除いた4つのコースにおいて、まくりの割合が最上位。特に3,4コースは、捲り差しと比較してもダブルスコアないしそれ以上の率でまくりが勝っています。

参考までに、イン天国である大村競艇場の決めり手データをご覧ください。

コース逃げ捲り差し捲り差し抜き恵まれ
195.60.00.00.04.10.2
20.022.066.10.011.70.0
30.021.526.138.412.31.5
40.055.57.930.13.13.1
50.027.00.048.618.95.4
60.057.10.014.228.50.0
引用:ボートレース公式サイト

戸田競艇場と比較して、明らかに異なるのが3コースの決まり手です。

大村競艇場の3コースは捲りよりも「捲り差し」の割合がはるかに勝っています。この違いは1マーク展開に大きく影響し、インが連対できるか出来ないかの確率が変わってきます。

基本的に3コースの捲り差しは、インと2コースの間を割って入る戦法。よって、捲り差しだとインが連対しやすいのが大きな特徴。

一方、まくりが決まるとインを飲み込んでしまうため、舟券圏内に残すのが難しくなります。これこそ、イン逃げよりまくり優勢と言われる所以となっています。

第一ターンマークがホーム側に寄っていることや、水質が淡水であることも関係しているでしょう。また、水面そのものが静水面であることも大きく影響しています。

静水面だと全速戦になりやすく、センターおよびダッシュ勢も思い切ったターンが可能になります。

これにより、スロースタートであるインコースや2コースの勝率は下がってしまい、センターやダッシュ勢が捲りやすくなるのです。

管理人

上記で説明したことを予想に組み込めば、戸田競艇場を制覇できる可能性は一気に上がります。比較的荒れやすい場でもあるので、たまには特大万舟でも狙ってみては?

【戸田競艇】まとめ

今回は戸田競艇場での舟券購入前に押さえておくべきポイントについてまとめましたが、戸田競艇場は日本屈指の狭い競艇場であることや、淡水で静水面であることをまずは念頭において頂ければと思います。

それに派生して、インが弱いことや捲りがとても多いことも大きな特徴ですので、戸田競艇場で舟券購入時には是非それらのことを押さえた上でレースを予想してください。

皆様の回収率100%超えを祈って、この辺で終わらせてもらいます。

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます