初心者に試してほしい舟券予想法

【2022年】競艇SGグランプリの出場選手&優勝予想

【2022年】競艇グランプリの出場者一覧&優勝者予想
最新情報

1号艇から「白井英治・原田幸哉・深谷知博・片岡雅弘・馬場貴也」で行われたグランプリファイナルは、イン逃げで白井英治が優勝。自身初のグランプリ制覇となります。

2022年12月13日から始まる「競艇グランプリ」。

出場するのは、チャレンジカップ終了時点(11月27日)で賞金ランキング18位以内の選手。その後、異議申請期間を経て、11月30日に公式サイトで正式発表されました。

まだ前検日も迎えていないタイミングですが、過去の傾向などをチェックしながら優勝者を予想したいと思います。

管理人

グランプリをあまり理解していない方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

無料予想だけでも勝てます

※約150万円の利益が出た的中画像

ゴールドシップ」の予想は爆発力もありますが、それ以外もめちゃくちゃ優れた予想サイトです。

  • 無料予想がとにかく当たる!
  • 利用者の評判がすこぶる良い!
  • 有料予想をタダ(無料pt)で試せる

無料予想のみでも凄さに気づきます。

特に、競艇でマイナス続きの「初心者・中級者」なら満足度は高いはず。本日の予想から試せるので、まだの方は今すぐどうぞ。

利用時の注意点
1日1回の無料予想を”最低5レース”は試すように。価値の判断は自分で確認しましょう!

気になる項目へジャンプできます

第37回競艇グランプリ出場選手一覧

2022年度のグランプリに出場する選手と、過去に優勝および優出経験者、初出場の選手データをまとめておきます。

選手画像・名前のリンク先は公式サイトのプロフィールページです。

賞金ランキングの選出順位

選手名成績
【2022年】競艇グランプリの出場者一覧「馬場貴也」
1位:馬場貴也
獲得賞金:137,622,000円
GP出場:4回目(2年連続)
GP優勝:0回
GP優出:0回
SG優勝:3回
出身/支部:京都府/滋賀支部
【2022年】競艇グランプリの出場者一覧「山口剛」
2位:山口剛
獲得賞金:121,955,457円
GP出場:1回(12年ぶり)
GP優勝:0回
GP優出:0回
SG優勝:1回
出身/支部:広島県/広島支部
【2022年】競艇グランプリの出場者一覧「片岡雅裕」
3位:片岡雅裕
獲得賞金:92,111,485円
GP出場:初出場
GP優勝:0回
GP優出:0回
SG優勝:1回
出身/支部:高知県/香川支部
【2022年】競艇グランプリの出場者一覧「原田幸哉」
4位:原田幸哉
獲得賞金:91,175,000円
GP出場:7回目(2年連続)
GP優勝:0回
GP優出:0回
SG優勝:5回
出身/支部:愛知県/長崎支部
【2022年】競艇グランプリの出場者一覧「深谷知博」
5位:深谷知博
獲得賞金:89,031,000円
GP出場:2回目(2年ぶり)
GP優勝:0回
GP優出:0回
SG優勝:2回
出身/支部:静岡県/静岡支部
【2022年】競艇グランプリの出場者一覧「菊地孝平」
6位:菊地孝平
獲得賞金:86,000,000円
GP出場:11回目(7年連続)
GP優勝:0回
GP優出:4回
SG優勝:5回
出身/支部:岩手県/静岡支部
【2022年】競艇グランプリの出場者一覧「白井英治」
7位:白井英治
獲得賞金:83,800,457円
GP出場:10回目(7年連続)
GP優勝:0回
GP優出:4回
SG優勝:2回
出身/支部:山口県/山口支部
【2022年】競艇グランプリの出場者一覧「池田浩二」
8位:池田浩二
獲得賞金:83,543,000円
GP出場:13回目(2年連続)
GP優勝:2回
GP優出:4回
SG優勝:10回
出身/支部:愛知県/愛知支部
【2022年】競艇グランプリの出場者一覧「桐生順平」
9位:桐生順平
獲得賞金:82,847,133円
GP出場:8回目(2年連続)
GP優勝:1回
GP優出:3回
SG優勝:3回
出身/支部:福島県/埼玉支部
【2022年】競艇グランプリの出場者一覧「椎名豊」
10位:椎名豊
獲得賞金:80,285,133円
GP出場:初出場
GP優勝:0回
GP優出:0回
SG優勝:1回
出身/支部:群馬県/群馬支部
【2022年】競艇グランプリの出場者一覧「石野貴之」
11位:石野貴之
獲得賞金:78,266,000円
GP出場:9回目(2年連続)
GP優勝:1回
GP優出:6回
SG優勝:9回
出身/支部:大阪府/大阪支部
【2022年】競艇グランプリの出場者一覧「毒島誠」
12位:毒島誠
獲得賞金:75,858,000円
GP出場:9回目(6年連続)
GP優勝:0回
GP優出:6回
SG優勝:7回
出身/支部:群馬県/群馬支部
【2022年】競艇グランプリの出場者一覧「遠藤エミ」
13位:遠藤エミ
獲得賞金:75,637,200円
GP出場:初出場
GP優勝:0回
GP優出:0回
SG優勝:1回
出身/支部:滋賀県/滋賀支部
【2022年】競艇グランプリの出場者一覧「磯部誠」
14位:磯部誠
獲得賞金:74,230,000円
GP出場:初出場
GP優勝:0回
GP優出:0回
SG優勝:0回
出身/支部:愛知県/愛知支部
【2022年】競艇グランプリの出場者一覧「羽野直也」
15位:羽野直也
獲得賞金:70,660,833円
GP出場:初出場
GP優勝:0回
GP優出:0回
SG優勝:0回
出身/支部:福岡県/福岡支部
【2022年】競艇グランプリの出場者一覧「上條暢嵩」
16位:上條暢嵩
獲得賞金:66,233,000円
GP出場:初出場
GP優勝:0回
GP優出:0回
SG優勝:0回
出身/支部:大阪府/大阪支部
【2022年】競艇グランプリの出場者一覧「瓜生正義」
17位:瓜生正義
獲得賞金:65,417,000円
GP出場:16回目(4年連続)
GP優勝:2回
GP優出:9回
SG優勝:11回
出身/支部:福岡県/福岡支部
【2022年】競艇グランプリの出場者一覧「丸野一樹」
18位:丸野一樹
獲得賞金:64,095,000円
GP出場:2回目(2年連続)
GP優勝:0回
GP優出:1回
SG優勝:0回
出身/支部:京都府/滋賀支部

グランプリ優勝および優出経験のある選手

GP優勝経験者(達成年度)

  1. 池田浩二:2回(2011・2013)
  2. 瓜生正義:2回(2016・2021)
  3. 桐生順平:1回(2017)
  4. 石野貴之:1回(2019)

GP優出経験者(着順)

  1. 菊地孝平:4回(2345)
  2. 白井英治:4回(3332)
  3. 池田浩二:4回(2116)
  4. 桐生順平:3回(512)
  5. 石野貴之:6回(263261)
  6. 毒島誠:6回(42525F)
  7. 瓜生正義:9回(236444141)
  8. 丸野一樹:1回(F)

グランプリ初出場の選手

【2022年】競艇グランプリの出場者一覧「片岡雅裕」
片岡雅裕
【2022年】競艇グランプリの出場者一覧「椎名豊」
椎名豊
【2022年】競艇グランプリの出場者一覧「磯部誠」
磯部誠
【2022年】競艇グランプリの出場者一覧「上條暢嵩」
上條暢嵩

グランプリ初出場者は6名

6名とも30代以下であり、下段の3名(磯部誠・羽野直也・上條暢嵩)に至っては”平成生まれ”のボートレーサーです。

余談ですが、これまで平成生まれでグランプリを制した者は1人もいません。その為、今大会でこの3名が優勝した場合、歴史的な快挙となります。

2022年グランプリの考察

あくまで個人的な見解ですが、2022年度の賞金王に輝くボートレーサーを予想したいと思います。

ちなみに、以下は過去10年の優勝者データ。

年度優勝者順位(初戦)GP出場歴
2021瓜生正義12位(1st)15回目
2020峰竜太1位(2st)7回目
2019石野貴之3位(2st)7回目
2018峰竜太2位(2st)5回目
2017桐生順平3位(2st)4回目
2016瓜生正義3位(2st)12回目
2015山崎智也1位(2st)12回目
2014茅原悠紀12位(1st)初出場
2013池田浩二1位(2st)6回目
2012山崎智也1位(2st)10回目

過去にグランプリファイナルで優勝した選手を確認すると、いくつかの傾向が見えてきます。

過去10年の傾向
  • 10名中8名がトライアル2stから出場
  • 初出場で優勝したのは茅原のみ
  • 賞金ランク1~3位の優勝率は8割

トライアル1stからの優勝は難しい

賞金ランク6~18位が出場する「トライアル1st」で生き残るには、得点率で上位6位に入ることが条件。仮に7位以下だった場合は、グランプリシリーズに参戦する流れ。

また、2stに進めたとしても、2ndステージの枠番はアウトコース。スロー進入に比べて、上位の着は取りにくくなるでしょう。

【2022年】競艇グランプリのトライアル2nd

ただし、4日目・5日目の枠番は抽選で決定します。

よって、運を味方につければ勝ち上がることは可能ですが、優勝戦に進めるのはあくまで得点率上位の6選手。

賞金ランキング1~6位の選手は好枠番で戦っているので、トライアル1st組が不利であることに変わりはありません。

大きなプレッシャーのかかる賞金王決定戦

【2022年】競艇グランプリ!大きなプレッシャーのかかる賞金王決定戦

年末に開催される「競艇グランプリ」は艇界のNo.1を決める戦い。

1億円という賞金額の違いはもちろんのこと、他のSGとは全くの別物。その場を経験しているのか、はたまた初出場なのか。その差はとても大きな影響を及ぼすはず。

また、SGの準優および優勝戦でのフライングは、売上も半端ないことから罰則も重め。

そうした重圧に耐えられるのは、同じような状況を経験している選手の方が有利と言えるでしょう。

管理人

過去10年で初出場者の優勝は1度だけ。そのレースもかなり展開に恵まれた1着だったので…

賞金ランキング上位3選手が好実績

  • 2021年:瓜生正義(12位)
  • 2020年:峰竜太(1位)
  • 2019年:石野貴之(3位)
  • 2018年:峰竜太(2位)
  • 2017年:桐生順平(3位)
  • 2016年:瓜生正義(3位)
  • 2015年:山崎智也(1位)
  • 2014年:茅原悠紀(12位)
  • 2013年:池田浩二(1位)
  • 2012年:山崎智也(1位)

その年の賞金ランキング上位者ほど優秀な成績を収めています。「当たり前だろ」と怒られそうなことだけど…

過去10年で2度だけ12位から優勝してますが、どちらのレースもグランプリの優勝戦らしからぬ波乱の展開。

2014年はインの白井英治が凹み、6コースからの差しが決まる大波乱。

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます