競艇初心者向けの予想ハウツー

上條暢嵩とは?結婚した嫁&師弟関係・父兄・年収など全て

上條暢嵩とは?結婚した嫁&師弟関係・父兄・年収など全て
STEP
2024年に入って既に3勝目

4月27日に開催された三国優勝戦。オール3連対で予選トップ通過すると、優出1号艇も圧巻のイン逃げで優勝。

今年は1月に住之江一般戦、下関G1を制覇。そして今節Vで3勝目となり、賞金ランキングも10位以内にランクアップさせた。

また、4月24日には兄の上條嘉嗣(よしつぐ)が通算5度目の優勝を飾っている。

STEP
2024年1月24日

下関G1「競帝王決定戦」で3度目のG1制覇達成。優勝賞金1100万円を獲得し、大会終了時点の賞金ランキングは1位となった。

関連記事:上條暢嵩が下関G1で優勝!3度目のG1Vもまたまた同じ

次世代のエース候補「上條暢嵩(かみじょうのぶたか)」。

デビュー3年が過ぎたあたりから才能を開花させ、3年連続でスター候補生に選出(内2回はトップルーキー)。そして現在、大阪支部を代表する若手レーサーとして君臨しています。

優れたレースセンスはもちろんのこと、ファッション誌”anan”に特集を組まれたイケメンレーサー。

今後、SGなどで活躍の機会が増えれば、峰竜太のような存在になっていくはずです。

そこで今回は、上條暢嵩の競争成績をはじめ、結婚や嫁、父兄、弟子など気になる情報をまとめていきます。

勝てる”無料予想”はこちら

一つでも該当するなら「競艇モンスター」をぜひお試しください。

  • 予想が全く当たらない
  • 勝てるレースを選定できない
  • 勝ち組になりたい

モンスターでは”当たって勝てる無料予想”を入手可能。7割以上のリピート実績を誇るので、まだ試していない方はぜひ!

無料予想を5レースほど検証すれば凄さに気付けるはずです。

気になる項目へジャンプできます

上條暢嵩(のぶたか)とは?

上條暢嵩は大阪府大阪市出身、大阪支部のボートレーサー。

最終学歴は大阪市立生野中学校卒業。高校在学中に受けた試験で合格し、中退してやまと学校(現ボートレーサー養成所)へ入所。1年間の訓練を経て、2012年5月にデビューを果たし現在に至る。

上條暢嵩の公式プロフィール

公式画像上條暢嵩(110期)
名前上條暢嵩(かみじょうのぶたか)
登録番号4719(110期)
生年月日1994年1月4日
身長/体重168㎝/51㎏
出身/所属大阪府/大阪支部
デビュー日2012年5月18日

上條暢嵩の出場予定や期別成績は、オフィシャルサイトの選手ページでご確認ください。

父「上條信一」・と兄「上條嘉嗣」も同じボートレーサー

上條信一(49期)
上條信一
上條嘉嗣(102期)
上條嘉嗣

上條暢嵩の父親は、2020年に引退した49期「上條信一」元選手。そして、実兄は2008年デビューの102期「上條嘉嗣(よしつぐ)」です。

競艇界は特に”姻戚関係の多い業界”と言われていますが、上條家も2世代に渡ってボートレーサーを輩出しています。

兄の嘉嗣さん曰く、信一さんが現役の頃はかなり怖かったらしい。ただ、引退後は穏やかになったうえ、結婚し孫ができたことで「ただのおじいちゃん」になったみたいw

競艇選手を目指したきっかけ

生まれた瞬間からボートレーサーの父(上條信一)を見て育ちます。

そうした環境の中、学生時代に兄が出場したやまと学校の卒業記念レースを見て「父や兄と同じ世界に入って勝負したい」と、ボートレーサーになる決意を固めたそうです。

その後、2度目の試験に合格し、大阪府立大塚高校を中退して110期で養成所へ入所しています。

同期(110期)の注目選手

村上遼(110期)
村上遼
白神優(110期)
白神優
三浦敬太(110期)
三浦敬太
河野大(110期)
河野大
森永隆(110期)
森永隆
喜多須杏奈(110期)
喜多須杏奈

上條暢嵩に次いで活躍しているのは、ビッグタイトルはないもののG1優出、SG初勝利を達成している「村上遼」。また、同期一番乗りでG1制覇を果たした「河野大」も有望株。

その他、美人レーサーランキングでよく見かける「喜多須杏奈」や、勝率爆上げ中の「森永隆」など、楽しみな選手が多数在籍しています。

美人レーサーをお探しの方は、以下の記事をご活用くださいw

師匠は大阪支部69期「野添貴裕」

上條嘉嗣とは?師匠は大阪支部69期「野添貴裕」

上條暢嵩の師匠は、大阪支部69期の「野添貴裕」。

SGでの実績はないものの、2度のG1制覇含む優勝44回。通算勝率6.44・2連対率48.1%、獲得賞金7億5,498万円という輝かしい実績を残し、2021年10月に引退。

選手時代の経験を活かし、現在は解説者として活躍中。ボートレース公式Youtubeではお馴染みの顔となっています。

弟子入りした経緯は分かりませんが、引退した今でも仲は良いそうです!

弟子は期待のルーキー「渋川夏」

上條嘉嗣とは?弟子は期待のルーキー「渋川夏」

上條暢嵩の弟子は、133期養成所チャンプ「渋川夏」。

デビュー戦を迎えた渋川がインタビューを受けた際、弟子は「上條嘉嗣さんと暢嵩さんです」と回答。上條兄弟の2人が面倒見てあげているようです。

個人的にも大注目のルーキー。まずは1日でも早い初優勝を達成してもらい、いずれかは師弟対決が見れる日を期待しています!

上條暢嵩の結婚・年収・趣味など

上條暢嵩のレースでは見せないプライベートに迫ってみましょう!

結婚はしていて子供もいる

上條暢嵩とは?結婚した嫁との間に子供がいる

上條暢嵩は結婚しており、2021年12月頃に第一子の誕生を自身のSNSで報告しています。

気になる嫁さんの素性ですが、関連情報は一切発見できず。後姿さえ公表していないことから、レーサー同士ではなく一般女性である可能性が高いです。

ananで特集されたイケメンレーサー

上條嘉嗣とは?ananに特集されたイケメンレーサー

人気ファッション雑誌”anan”の特集で「上條暢嵩・羽野直也」のイケメン2人が登場しました!

その際、インタビューでボレジョが喜びそうな回答をしていたので、気になったものだけQ&A方式で紹介しておきます。

仕事上、ストレスも相当あるのでは?

そうかもしれない。その分は休日に先輩や友人と打ちっぱなし(ゴルフ)に行く。体を動かすことが好きなので。

アクティブ派なんですね?

ゲームも好きなので、深夜までプレイしちゃうことも。そうなると翌日はずっと寝ているっていう(笑)

好きな女性のタイプは?

王道かもしれないけど、吉岡里帆さんが好き。優しそうな雰囲気に惹かれる。逆に気が強い女性は苦手かも。柔らかい雰囲気で愛嬌のある女性だと引っ張っていきたくなる。妻がまさにそういうタイプ。

パートナーとはどんなデートがしたい?

夏だったら海に出掛けるとか、やはりアクティブなデートがいい。ただ、二人で過ごせるならどんなデートでもいいかなぁ。

一緒に登場した「羽野直也」については以下の記事をご覧ください。

上條暢嵩の年収(年別獲得賞金)

獲得賞金順位
2024年
2023年62,149,066円32位
2022年70,022,000円18位
2021年41,650,000円72位
2020年35,360,000円116位
2019年42,800,000円66位
2018年33,820,000円102位
2017年24,540,000円228位
2016年26,100,000円150位
2015年16,050,000円518位
2014年9,950,000円1110位
2013年5,090,000円1448位
2012年3,700,000円1490位

デビュー以降の年収は上記の通り。

2年目にはサラリーマンの平均年収を突破し、3年目からは大手企業の重役レベル。そして、G1覇者となって以降は1年で戸建てを買えてしまうほどに。

ここ最近はさらに調子を上げているので、1憶レーサーになる日はそう遠くないでしょう。

趣味はゴルフ・ゲーム

上條暢嵩とは?趣味はゴルフ・ゲーム

2019年頃にマイブームだと語っていたゴルフ。その趣味は今も続けているようですが、新型コロナで在宅率が上がってからは「オンラインゲーム」にド嵌り中。

過去に公開された自宅の写真を見る限り、プロゲーマー顔負けのゲームスペースw

上條暢嵩とは?自宅のゲーム専用スペース

誰とは言いませんが、ゲームに嵌ってスランプに陥ったスーパースターがいましたね。同じ過ちを犯さないで欲しいけど…

上條暢嵩が運用するSNSアカウント

自身が運用中のSNSは「インスタ・X」の2つ。

ただ、インスタは鍵垢になっているので、おそらく近い関係者専用。我々ファンはボチボチ更新されるX(旧ツイッター)をフォローしておきましょう。

デビューからこれまでの実績

上條暢嵩がこれまでに残してきた競争実績を紹介します。以下は水神祭や重賞制覇の一覧です。

上條暢嵩のハイライト
  • 2012年5月:住之江でデビュー
  • 2012年6月:初勝利(住之江)
  • 2015年3月:初優出(常滑)
  • 2016年6月:初優勝(住之江)
  • 2016年7月:G1初勝利(住之江周年)
  • 2018年10月:G1初優出(住之江)
  • 2019年4月:G1初優勝(下関)
  • 2019年7月:SG初出場(オーシャンカップ)
  • 2019年10月:SG初勝利(ダービー)
  • 2022年3月:SG初優出(クラシック)
  • 2023年9月:G1優勝(ヤングダービー)

2012年5月18日に住之江でデビュー

2012年3月に養成所を卒業し、同年3月の住之江でデビュー。初戦は6着に終わりましたが、3走目と6走目、デビュー節で2着に入る好走を披露。

初勝利を達成したのは2節目の津一般戦。ごちゃつく展開をついたまくり差しが見事に決まり、デビュー11走目にして水神祭を飾りました。

初優勝は4年目の住之江一般戦

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます