競艇初心者向けの予想ハウツー

片岡雅裕とは?デビュー前の経歴&結婚・嫁・SG戦績など全て

片岡雅裕とは?元高校球児&元自衛隊の嫁・趣味など全て
最新情報

2023年11月のチャレンジカップにおいて、昨年のメモリアルに続き2度目のSG優勝を達成。また、賞金ランキングを10位まで上げ、グランプリ選出が確定。

2022年メモリアル、2023年チャレンジカップでSGを2度制した「片岡雅裕」。

安定した成績だけでなく、事故率が低いレーサー。無事故で結果を残し続けるレースぶりは業界内外から高い評価を受けています。

また、丘での活動もかなり活発的で知られ、艇界のスーパースター「峰竜太」ともサーフィン仲間として交流があるようです。

そこで今回は、高校球児&自衛隊からボートレーサーになった片岡雅裕について、選手およびプライベートを深掘りしていきたいと思います!

試せば分かる優良予想サイト

一つでも該当するなら「競艇モンスター」をぜひお試しください。

  • 舟券が全く当たらない
  • 当てやすいレースを選定できない
  • 他力本願でも勝ち組になりたい

モンスターでは”勝てる予想”を無料で入手可能。無課金で利用しているユーザーも多く、長期的にプラス収支を達成しています。

さらに、期間限定で”アマギフ1000円分”のプレゼントキャンペーン実施中!

まずは無料予想から。5レースほど検証すれば凄さに気付けるはずです。

気になる項目へジャンプできます

片岡雅裕とは?

片岡雅裕は1986年生まれ、高知県幡多郡黒潮町出身のボートレーサー。

101期生としてやまと学校へ入所。2007年に卒業後、同年11月に丸亀競艇でデビュー。2010年3月の初優勝から通算30勝を挙げ、全グレードを制覇したトップ選手の1人。

片岡雅裕の公式プロフィール

公式画像片岡雅裕(101期)
名前片岡雅裕(かたおかまさひろ)
登録番号4459(101期)
生年月日1986年2月11日
身長/体重155cm/54kg
出身/所属高知県/香川支部
デビュー日2007年11月17日

片岡雅裕の出場予定や期別成績は、オフィシャルサイトの選手ページで確認してください。

中学、高校時代は野球に没頭

片岡雅裕とは?中学、高校時代は野球に没頭

片岡雅裕は中学(佐賀中)、高校と野球部に所属。高校は県内有数の進学校であり、1977年のセンバツで準優勝の実績がある中村高校に在籍。

在学中はレギュラーを務め、先頭打者で出塁率の高いリードオフマンだったといいます。

ただ、全国大会出場を目指して3年間の最高成績は県ベスト8。甲子園の目標は達成できなかったものの、持ち前の運動神経とセンスでチームに貢献したようです。

自衛隊入隊中に競艇の道へ

高校卒業後は自衛隊に入隊。配属先の久居駐屯地(三重)では戦闘ヘリの整備や操縦、被災地支援に関係した勤務に従事します。

いずれ自衛隊を出て新しい道へ進むつもりだったそうですが、当初の夢だった”パイロット”は膨大な費用が掛かることを知り断念。

その後、書店で立ち読みした資格の本で「ボートレーサーの資格」があることを知ったのが、競艇選手を目指す最初のきっかけだとインタビューで話しています。

余談ですが、A級レーサー「赤岩善生原田幸哉」なども自衛隊あがりの選手です

やまと学校時代の成績

やまと学校のリーグ戦成績
  • 勝率:6.04
  • 準優出:8回
  • 優出:3回
  • 優勝:0回

本人いわく”とりあえず”の感覚で受けた養成所試験を合格し、101期の訓練生となった片岡雅裕。

運動神経に自身のある人間が多くいる中、リーグ戦では8回も準優に進出する活躍。また、卒業記念競走でも優出(5着)の好成績を残しています。

厳しくて有名なやまと学校(現ボートレーサー養成所)の生活。

しかし、自衛隊を経験している片岡にとっては、それほど過酷じゃなかったのかもしれませんねw

同期(101期)の主な選手

片岡雅裕の同期(101期)を引っ張るのは、養成所チャンプの「篠崎仁志」。

2013年のG1新鋭王座決定戦で優勝した後、2020年のオールスターで同期一番乗りでSG初制覇を達成しました。

篠崎に負けない活躍を魅せているのが「守屋美穂」。混合戦を含めG2を3度優勝しており、遠藤エミに次ぐSG優勝が期待される女子レーサーです。

その他、G1覇者の大池佑来や、元グラドル秋山莉奈と結婚した後藤翔之など、期待されるレーサーが多数在籍しています。

師匠は秋山広一、弟子は西岡顕心

片岡雅裕とは?師匠は秋山広一、弟子は西岡顕心

片岡雅裕の師匠は78期の「秋山広一」。

2度のG1優勝を果たしているA級レーサー。近年はA1とA2を行ったり来たりですが、一般戦やマスターズリーグを中心に活躍中です。

弟子は129期の養成所チャンプ「西岡顕心」。

デビューから1年1ヵ月で初勝利を果たすと、2023年7月の尼崎で初優出(2着)を達成。成長し続けている若手のホープであり、近い将来、師弟でSG同時参戦が期待されます。

片岡雅裕の年収(獲得賞金)

獲得賞金順位
2024年
2023年116,830,000円7位
2022年115,966,485円5位
2021年46,562,266円50位
2020年38,650,000円91位
2019年43,710,000円61位
2018年49,400,000円37位
2017年45,600,000円37位
2016年27,670,000円126位

片岡雅裕の年収(獲得賞金)は上記の通り。

2017年頃から賞金額は一気に上昇していき、SG初制覇の2022年は1億円レーサーの仲間入り。続く2023年もSG2勝目を挙げ、自己最多となる1憶1600万円の年収を獲得しています。

片岡雅裕の家族やプライベート

家族や趣味など、片岡雅裕のプライベートについて。おとなしそうな雰囲気もありますが、意外と業界内の交友関係は広いようです。

家族構成は一般女性の嫁と子供

片岡雅裕とは?家族構成は一般女性の嫁と子供
※奥さんが撮影したお子さんの写真

片岡雅裕は結婚していますが、おそらく一般女性と推測されます。結婚に関しては報じられておらず、公の記事や発言も見られません。

お子さんについては、2017年にびわこG1で優勝した際の取材で口にしています。

片岡は賞金の一部50万円を市に寄付。その時の取材で「自分にも子どもがいるし、教育方面などでも役立ててほしい」とコメント。

また、インスタに投稿された写真から「子供は2人以上」いることが確認できます。

お子さんの教育をかなり熱心にやってそうな印象。あくまで個人的な感想ですけど

公式SNSはインスタグラムのみ

片岡雅裕とは?公式SNSはインスタグラムのみ
出典:片岡雅裕公式インスタグラム

自ら発信しているSNSはインスタグラムのみ

投稿内容はレースの報告やオフショット。レーサー仲間との写真も多数アップされており、インスタ内でプレゼント企画なども実施しています。

実は、このインスタを勧めたのは奥さんらしい。投稿の中に「#嫁カメラ」とあるように、奥さんが自らカメラマンを務めることも。

艇界随一のサーフィン好き

片岡雅裕とは?艇界随一のサーフィン好き

片岡雅裕といえば、高校時代から続けている無類のサーフィン好き。

新人の頃は競技に専念するため封印した時期もあったそうですが、住まいを香川に移してから本格的に再開。

時間があれば、同じ趣味を持つ「峰竜太」らとサーフィンのために宮崎へ出向くことも。インスタには2人で波乗りを楽しむ姿が沢山投稿してあります。

デビューからSG制覇までの道のり

片岡雅裕は2007年11月に丸亀でデビュー。3ヵ月後の宮島で初勝利を挙げ、そこから急速な成長を遂げていきます。

正直、峰竜太や西山貴浩のような派手さはなし。ただ、着実に実力をつけていった片岡は、2022年8月に悲願のSG初優勝。そして、高校時代に夢だった”甲子園”を競艇で叶えることに。

「師匠超え」の初優勝は地元丸亀

初優勝を達成したのは2010年3月の丸亀一般戦。

まだスロー進入を解禁しておらず、優勝戦も3号艇ながら5コース進入。そんな中、コンマ07のトップスタートを決め、内枠にいた師匠(秋山広一)らをまくり差しで一掃。

片岡雅裕とは?「師匠超え」の初優勝は地元丸亀

難水面のびわこでG1初優勝

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます