競艇初心者向けの予想ハウツー

【男女別】競艇史に残るレジェンドレーサー10選

競艇界のレジェンド10選

競艇が1952年に始まってから5300人以上が選手登録されましたが、最高峰のSG(スペシャルグレード)に選出されたレーサーは1割程度。さらに、タイトルを獲得できたのはその中でもごく僅か。

そんな記録と記憶に残る活躍をした選手たちを、艇界では「レジェンドレーサー」と呼びます。

そこで今回は、競艇を語るうえで欠かせない”レジェンド10人”をピックアップ。

世代を問わず認知度の高い選手から、現役ながら既に殿堂入りが確実視される選手まで、歴史に名を刻んだレジェンドたちを男女別で紹介します。

勝てる競艇予想をお探しなら

ボートぴあ」の予想はお世辞抜きで優秀。しかも、初回登録ならその予想を完全無料で利用できます。

約1ヵ月間の検証実績は、的中率63%・回収率200%超え。これほど質の高い競艇予想は滅多にありません。

とりあえず5レースほど試し、あなたの目で凄さを実感してください!

気になる項目へジャンプできます

競艇界のレジェンド【男子選手】

まずは男子のレジェンドレーサーから紹介しますが、予め一点だけお伝えしておくと…

同じ競技とはいえ、今と昔では仕組み自体が大きく変化しています。よって、選手に対する評価も人それぞれなので、その辺をご理解のうえ読み進めてください。

ちなみに、選ばなかったレジェンド候補は以下の方々。

  • 北原友次
  • 加藤峻二
  • 倉田栄一
  • 岡本義則
  • 彦坂郁雄
  • 安岐真人
  • 中道善博
  • 刀根辰治

上4人は3000勝達成者。5番目の彦坂郁雄も歴代記録を多数保有するなど、ボートレース界の発展に多大なる貢献をした選手たちです。

野中和夫 ~ SG優勝17回のモンスター

競艇界のレジェンド「野中和夫 ~ SG優勝17回のモンスター」
名前野中和夫(のなかかずお)
登録番号2291(27期)
生年月日1944年1月1日
所属支部大阪支部
デビュー日1969年3月24日
引退日2009年12月10日
通算成績勝利数:2574回
優勝数:132回
SGタイトル
グランプリ:3回(88・92・93)
ダービー:1回(91)
クラシック:1回(91)
オールスター:5回:74、76、87、90、91、93)
メモリアル:3回(74、79、85)
グランドチャンピオン:1回(95)
オーシャンカップ:1回(96)

競艇ファンの誰もが認める絶対的な強さを誇った「野中和夫」。あまりの強さからモンスターの異名を持ち、昭和の競艇界を象徴するレジェンドレーサー。

賞金王決定戦3V、笹川賞6V(現オールスター)を含む”SG通算17勝”は今現在も破られていない大記録です。

また、史上初の(当時)6大SG完全制覇や、1976年にマークした期間勝率9.53など、打ち立てた記録は数知れず。

1995年には第1回オーシャンカップを制してSG7冠達成。そして、3度の賞金王決定戦制覇はいずれも地元住之江で達成しています。

植木通彦 ~ モンキーターンで頂点を極めた艇王

競艇界のレジェンド「植木通彦 ~ モンキーターンで頂点を極めた艇王」
名前植木通彦(うえきみちひこ)
登録番号3285(59期)
生年月日1968年4月26日
所属支部福岡支部
デビュー日1986年11月21日
引退日2007年7月18日
通算成績勝利数:1562回
優勝数:74回
SGタイトル
グランプリ:3回(95・96・02)
ダービー:1回(94)
クラシック:1回(93)
オールスター:2回(97、05)
グランドチャンピオン:1回(01)
オーシャンカップ:1回(02)
チャレンジカップ:1回(02)

モンキーターンをいち早く習得し、競艇の常識を変え続けた「植木通彦」。

1995~96年のグランプリ連覇などSG10Vを果たし、賞金王タイトルは3回獲得。1996年には公営競技初の年間2億円レーサーに輝き、生涯獲得賞金は歴代8位(23年12月時点)の約22億6000万円。

今でも語り継がれる1989年の重大事故。顔面をプロペラで切り裂かれる大ケガに見舞われますが、わずか半年で復帰。

こうした常人離れした活躍から「不死鳥」「75針のケガから笑って帰ってきた男」とメディアで報じられ、当時のテレビCMでも大きな話題になりました。

引退後はモーターボート競走会の理事となり、2012年にやまと学校の校長に就任。そして現在、BOATRACE振興会アンバサダーとしてテレビなどで活躍中。

今村豊 ~ 艇界のプリンス

競艇界のレジェンド「今村豊 ~ 艇界のプリンス」
名前今村豊(いまむらゆたか)
登録番号2992(48期)
生年月日1961年6月22日
所属支部山口支部
デビュー日1981年5月7日
引退日2020年10月8日
通算成績勝利数:2880回
優勝数:142回
SGタイトル
ダービー:3回(87、88、90)
クラシック:1回(04)
オールスター:1回(84)
メモリアル:2回(92、10)

勝率6点台という衝撃のデビュー期にはじまり、当時の最年少記録を次々と更新した「今村豊」。

「ダービーこそが最高峰」と強いこだわりを持っていた全日本選手権を3度優勝した、現代の競艇ファンにもなじみの深いレジェンドレーサーです。

最長最上級継続記録(78期)・最速1億円突破・最年長ナイターSG優勝など、数々の歴代1位記録を樹立。

持病のメニエール病とも闘いながら通算2880勝を挙げ、SG7勝に加えて名人戦(マスターズチャンピオン)も3回制覇。

デビューからキャリア晩年までトップの地位で走り続け、愛弟子「白井英治」をはじめ“強い山口支部”を育て上げた39年の現役生活。

そうした功績が評価され、2020年10月に新設された「ボートレース殿堂」の第1号として認定。参考までに、伝統入りするための認定基準を説明しておくと…

  • 10年4月1日以降に現役を引退した元ボートレーサー
  • ゴールデンレーサー受賞者またはボートレース振興会、関係団体による同等の表彰の受賞者
  • SG、G1の優勝が合計50回以上
  • 現役期間を通じて品行方正を保ち、他のボートレーサーの規範となった

強いレーサーであるのはもちろんのこと、規範となる人間性も必要なんです。

今村豊の凄さは以下の記事で解説してます。気になる方はぜひ!

松井繁 ~ 生涯獲得賞金40億円超え

競艇界のレジェンド「松井繁 ~ 生涯獲得賞金40億円超え」
名前松井繁(まついしげる)
登録番号3415(64期)
生年月日1969年11月11日
所属支部大阪支部
デビュー日1989年5月13日
通算優勝回数142回
SGタイトル
グランプリ:3回(99・06・09)
オーシャンカップ:4回(98・06・08・13)
ダービー:1回(09)
クラシック:2回(08・14)
オールスター:2回(96・01)

野中和夫からバトンを受け継ぎ大阪支部の大黒柱となった「松井繁」。

全盛期にはケタ違いの強さを魅せ、4度の賞金王に輝くなど2023年現在の生涯獲得賞金は前人未到の40億円オーバー。50代半ばとなった今もなお挑戦を続ける現役最強のレジェンドです。

特筆すべきは、通算58勝まで積み上げたG1・PG1での強さ。

近年は若干衰えを感じますが、2023年1月のBBCトーナメントで5年1ヵ月ぶりにG1タイトルを獲得しました。

未だ1人も達成していない「全24場記念制覇」まで残り2場。そして、生涯獲得賞金をどこまで伸ばすのか?引退するまで目が離せません!

峰竜太 ~ 現ボート界のスーパースター

競艇界のレジェンド「峰竜太 ~ 現ボート界のスーパースター」
名前峰竜太(みねりゅうた)
登録番号4320(95期)
生年月日1985年3月30日
所属支部佐賀支部
デビュー日2004年11月10日
通算優勝回数100回
SGタイトル
グランプリ:2回(18・20)
ダービー:1回(23)
オールスター:1回(21)
オーシャンカップ:2回(17・20)

予想屋との繋がりで大炎上した「峰竜太」。

アンチ急増の峰竜太。出場停止の理由&過去最悪の評判まとめ

しかし、2023年の蒲郡でSGダービー初優勝&通算100V&24場制覇を同時に達成。暗いトンネルを抜け出し、艇界のスーパースターが舞い戻ってきました。

2015年以降の年間勝率は8点台を維持。さらに、出場したSG優出率は45%という驚異的な実績を残しています。

人気テレビ番組”相席食堂”で大悟が発した「4カドの峰」は有名ですが、どのコースからでも勝てる技術とセンスは艇界No.1といっても過言ではないでしょう。

「レジェンドとして紹介するのは早くない?」確かに、実績だけ見れば時期尚早かもしれません。

でも、レーサーとしての腕は最上級で、これほど業界に貢献した(している)人気者は過去にいなかったような…。そう思って紹介させていただきました。

競艇界のレジェンド【女子選手】

競艇人気を底上げした元選手や、歴史的快挙を成し遂げた現役選手を紹介します。

鈴木弓子 ~ ボート界の百恵ちゃん

競艇界のレジェンド「鈴木弓子 ~ ボート界の百恵ちゃん」
名前鈴木弓子 ※旧姓 田中
登録番号2945(46期)
生年月日1960年11月29日
所属支部愛知支部
デビュー日1980年5月
引退日1989年2月
通算成績勝利数:399回
優勝数:9回
主な獲得タイトル
第1回女子王座決定戦(87)

女子レーサー人気の礎を築いた”艇界の百恵ちゃん”こと「鈴木弓子」。

現在は200人ほどいるいますが、当時は50人程度しかいなかった女子の競艇選手。その時代から男子に混ざって業界を盛り上げ、女子界が発展するきっかけを作ったレジェンドです。

キャリアハイとなる実績は、第1回女子王座決定戦(現G1レディースチャンピオン)優勝。また、混合戦でも活躍を魅せました。

同支部の「鈴木幸夫」と結婚後も現役を続行。1988年2月にはファン待望の夫婦対決が実現し、その翌年に引退しています。

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます