競艇初心者向けの予想ハウツー

寺田千恵とは?10億円レーサーの軌跡&旦那や若い頃など

寺田千恵とは?若い頃から現在の成績&旦那や弟子など全て

第1回女子王座決定戦の開催から2023年で36年。これまでの長い歴史にはスター選手も数多く登場しましたが、今回取り上げる「寺田千恵」もその1人。

男子優勢だった競艇界に大きな風穴を開けたレジェンド級の女子レーサーです。

”史上初”の快挙をいくつも成し遂げ、人気先行だった女子の競技力向上に大きく貢献。また、50歳を過ぎても実力は衰えることなく、最前線で活躍を続けています。

そんな寺田千恵について、若い頃から現在までに残した実績を始め、旦那や娘さんなどプライベートを紹介します。

今最も稼げる”無料”の競艇予想

BEE-BOAT」はこんな人におすすめ。

  • 勝ち方が分からない
  • 簡単なレースを選べない
  • 本物の無料予想がほしい

無料予想がとにかく優秀!約1ヵ月の検証では的中率60%以上&プラス収支を達成済み!

競艇の楽しさをいまいち理解していない方、試さないとマジで損しますよ。

いきなり予想を購入せず”無料予想”からお試しください。

気になる項目へジャンプできます

寺田千恵とは?

寺田千恵は山口県防府市出身、福岡県育ちのボートレーサー。

デビュー当時は福岡支部でしたが、立間充宏との結婚を機に岡山支部へ移籍。それと同時に住む場所も岡山に移し、立間の両親、20歳前後の娘さんと暮らしています。

寺田千恵の公式プロフィール

公式画像寺田千恵(65期)
名前寺田千恵(てらだちえ)
愛称てらっち
登録番号3435(65期)
生年月日1969年4月11日
身長/体重157cm・46kg
出身/所属福岡県/岡山支部
デビュー日1989年11月

寺田千恵の出場予定や期別成績は、オフィシャルサイトの選手ページをご確認ください。

競艇選手を目指すきっかけは母親

小学校1年生の時に父親間を病気で亡くし、山口県から福岡県北九州市に移住。ボートレース若松の近くに住んでいたこともあり、子どもの頃から競艇を身近に感じていたそうです。

ボートレーサーになろうと思ったきっかけは、元ソフトボール選手でスポーツが好きだったアサ子さん(母親)の勧め。

「女手一つで育ててくれた母親に孝行したい」という思いから、福岡県立若松高校を卒業してすぐ本栖研修所(現ボートレーサー養成所)受験、合格しています。

モンキーターン「櫛田千秋」のモデル

寺田千恵とは?モンキーターン「櫛田千秋」のモデル

寺田千恵は、競艇漫画モンキーターンに登場する「櫛田千秋」のモデル。

名前が似ているだけでなく、(当時)福岡支部所属というのも寺田千恵を意識した設定だったのでしょう。

「最強の女子選手」という肩書きや、後輩の面倒見が良い人間性は寺田千恵そのもの。さらに、SG優勝戦に出走して波多野憲二らと戦ったエピソードも、寺田千恵のキャリアに沿って描かれてます。

同期(65期)の注目選手

大賀広幸(65期)
大賀広幸
柏野幸二(65期)
柏野幸二
大平誉史明(65期)
大平誉史明

1年間の訓練生活を共にした同期には、G1覇者「大賀広幸・柏野幸二」や、一般戦で優れた成績を残している「大平誉史明」らいます。

その他、2023年に突然引退した「森秋光」も65期生。八百長疑惑は晴れぬままですが…

森秋光が引退。またしても八百長を疑われた競艇選手の引退

寺田千恵の旦那・弟子は?

寺田千恵は2002年に同じボートレーサーと結婚。また、デビュー30年目にして初めての弟子を迎えています。

夫はボートレーサーの立間充宏

寺田千恵とは?夫はボートレーサーの立間充宏

寺田千恵の旦那さんは、ボートレーサーの「立間充宏」。

女子のトップ選手が6歳年下の男子選手と電撃結婚したニュースは、当時のスポーツ紙を賑わせる大きな話題となりました。

馴れ初めは福岡支部の藤丸光一を通じての紹介。その後、交際を経て2002年2月に結婚、同時に長女の出産で産休に入り、岡山支部へ移籍しています。

2人ともSNSでの発信は行っておらず、夫婦仲を覗き見ることはできません。ただ、過去に出演した動画を見る限りは、ラブラブの様子が伺えます。

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます