競艇初心者向けの予想ハウツー

深川真二とは?前付けに拘る理由&嫁・弟子・年収・SG成績など

深川真二とは?前付けに拘る理由&嫁・弟子・年収・SG成績など
最新情報

2024年5月20日の浜名湖優勝戦。4号艇から最内に前付けし、トップスタートを決めてイン逃げ勝利。11選9勝という圧巻の強さで今年2勝目、通算111回目のVを飾った。

遠慮のない前付けでレースをかき回す、艇界屈指のインファイター「深川真二」。一部のファンからは”深イン真二”の愛称で呼ばれています。

並みの選手ならまくられて終わり。しかし、深インでも抜群のスタートと巧みなターンを武器に、これまでSGを2度も制した艇界屈指のトップレーサーです。

そこで今回は、佐賀支部きっての実力者&クセ者「深川真二」について、現在までの競争成績をはじめ、結婚などプライベートも合わせて紹介していきます!

深川真二を嫌いな方々、この記事を見ればちょっと好きになるかも。

勝てる”無料予想”はこちら

ボートぴあ」の無料予想はお世辞抜きで優秀。しかも、その予想を本日から0円で利用できます。

約1ヵ月間の検証実績は、的中率63%・回収率200%超え。これほど質の高い競艇予想は滅多にありません。

とりあえず5レースほど試し、あなたの目で凄さを実感してください!

気になる項目へジャンプできます

深川真二とは?

深川真二(ふかがわしんじ)は佐賀県出身、佐賀支部のボートレーサー。

高校時代は空手・合気道に励み、1992年11月(当時18歳)に地元唐津でデビュー。その後、複数の重賞タイトル獲得、通算100勝など実績を挙げ、佐賀支部のドンとして活躍中。

深川真二の公式プロフィール

公式画像深川真二(71期)
名前深川真二(ふかがわしんじ)
登録番号3623(71期)
生年月日1974年6月6日
身長/体重165cm/52kg
出身/所属佐賀県/佐賀支部
デビュー日1992年11月

深川真二の出場予定や期別成績は、オフィシャルサイトの選手ページでご確認ください。

本栖研修所(養成所)の成績

高校在学中に養成所試験を合格し、71期訓練生となった深川真二。17歳での入所は同期最年少であり、1つ上の登番(3622)には同年生まれの山崎智也がいます。

養成所リーグでは目立った成績を上げられず。ただ、1年間の厳しい訓練生活を耐え抜き、1992年秋に卒業。競艇選手としてプロデビューを果たしました。

同期(71期)の主な選手

2022年に登録削除および引退した競艇選手「山崎智也」
山崎智也(引退)
馬袋義則(71期)
馬袋義則
角谷健吾(71期)
角谷健吾
岩崎芳美(71期)
岩崎芳美
海野ゆかり(71期)
海野ゆかり
川北浩貴(71期)
川北浩貴

SG優勝11回、生涯獲得賞金25億9690万の実績を残し、2022年に突然の引退を発表した「山崎智也」。同期で最も有名な選手といって良いでしょう。

その他、2012年SG総理大臣杯を制した馬袋義則、2000年関東地区戦でG1覇者となった角谷健吾。

また、岩崎芳美・海野ゆかりの女王2人(レディースチャンピオン優勝)も在籍しており、現在も多数のベテランがA級で活躍しています。

深川真二と山崎智也が同期(笑)知らなかった人も多いのでは?

深川真二の師匠・弟子は?

深川真二の師匠や弟子については、過去も含めて明確な情報は確認できません。

一応、ネット上で見つけた噂によると「師匠は上瀧和則、弟子は峰竜太」といった情報も。ただし、いずれも信憑性は低いので、真実として拡散しないように。

現役生活が長いのに情報がないということは、一匹狼の可能性が高そう。

深川真二が獲得したビッグタイトル

年月場/格式大会
2009.06唐津/G1モーターボート大賞
2010.01唐津/G1全日本王者決定戦
2012.10芦屋/G1全日本王者決定戦
2015.10下関/G1競帝王決定戦
2017.10平和島/SGボートレースダービー
2020.12平和島/SGグランプリシリーズ
2021.08尼崎/G2モーターボート大賞
2022.10びわこ/G1びわこ大賞

2024年5月現在、SG2勝・G15勝。

デビュー初および2度目のG1タイトルは地元唐津で獲得し、2つのSGはいずれも平和島の水面でした。詳しくはこの後の項目で紹介します。

深川真二の年収(年別獲得賞金)

獲得賞金順位
2007年29,630,000円122
2008年48,990,000円31
2009年33,150,000円81
2010年35,740,000円65
2011年33,970,000円56
2012年45,060,000円33
2013年34,840,000円67
2014年47,120,000円30
2015年47,640,000円26
2016年48,470,000円28
2017年70,680,000円14位
2018年32,220,000円115位
2019年50,020,000円44位
2020年64,160,000円27位
2021年46,200,000円52位
2022年58,700,000円33位
2023年30,910,000円108位

深川真二の年別獲得賞金(2007年以降)は上記の通り。

SG初制覇した2017年はグランプリ初出場を果たし、自己ベストとなる賞金ランキング14位。2020年も年末のSGグランプリシリーズを優勝して6400万円超まで積み上げました。

派手さはないかもしれませんが、17年間の平均年収は約4,500万円というヤバすぎる実績です。

深川真二の嫁・趣味など

深川真二のプライベートに関してはほぼ明かされていませんが、そのうえで判明している情報だけ周知しておきます。

深川真二は結婚してる?嫁さんは?

深川真二の結婚・嫁・子供など、家族関係については情報がありません。

インタビューでは家族の話を一切せず、薬指に指輪をはめている様子もなし。2017年のダービーで優勝した際も、祝勝会に家族らしい人の姿は見られず。

以上の理由から「独身の可能性」もゼロではない気がします。

ただ単純に公表していないだけなのか?それとも独身を貫いているのか?事実を知っているのは本人と関係者のみ。

艇界一のビール好きらしい

深川真二とは?艇界一のビール好きらしい

1つだけ分かっているのは「大のビール好き」であること。

尼崎で開催されたサッポロビールカップの取材では「赤星ラガーと黒ラベル愛してます!」のボードを手に満面の笑みで対応。

また、同取材でビールのお供を質問された際「なし。食べるとビールを飲める量が少なくなるから、家ではビールしか飲まない」と回答しています。

意外とお茶目な一面もある

深川真二とは?意外とお茶目な一面もある
自転車で会場入りした深川真二・峰竜太

嫌われ者ランキング」で常に上位の深川真二ですが、実はめちゃくちゃファンサービス旺盛な人物。

2014年SGオーシャンカップの前検日には、同支部の後輩「峰竜太」と自転車で場入り。しかも、その自転車を駆けつけてくれたファンへプレゼントする神対応を披露しました。

それにしても、かなり昔から峰竜太とは仲良さげ!

深川真二と峰竜太の2ショット②
深川真二と峰竜太の2ショット①

「深川真二の弟子は峰竜太」という噂が出るのも頷ける気がしますw

峰竜太の師匠は「松尾孝明」が濃厚ですけど。

「深イン真二」の前付けスタイル

深川真二といえば、いかなる状況でも必ず前付けする生粋のイン屋。彼のスタイルを知っておくと、今後の舟券生活に役立つかも。

深川真二の進入コース(2023年)

深川真二の進入コース(2023年)

2023年に走った264レースを確認すると、5~6コースからの進入はゼロ。艇番より外のコースから進入した回数もゼロ。コースを奪うことはあっても奪われることはありません。

2~3号艇では枠なり、4号艇から外の場合は2コースに前付けするのが基本パターン。

注目すべきは6号艇の1着率が25.8%と高い点。一方、3号艇の1着は2本しかなく、2連対率(36.0%)もワースト。良くて3着という傾向です。

佐賀支部「上瀧和則」から伝承

上瀧和則の若い頃(2009年)
引用元:X(@harapeko_mth_f)

前付けが基本スタイルの深川真二。その影響を強く受けいたのが、佐賀支部の先輩にあたる60期「上瀧和則」と言われています。

上瀧和則

みんなが枠なり進入じゃつまらない。6号艇でじっとしていては勝ち目がない。

こうした思いから、先輩相手に臆することなくコースを奪いにいった上瀧。当時、佐賀支部の若手には「6号艇の時は動け」と上瀧から指示が出ていたという話もあります。

深川も上瀧にならって積極的に動き、1号艇を楽に逃げさせないコース取りを続けているのでしょう。

伝説の前づけ「江戸川45m起こし」

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます