競艇初心者向けの予想ハウツー

赤岩善生とは?艇界屈指のイン屋&嫁・海野との沈没事件など

赤岩善生とは?艇界屈指のイン屋&嫁・海野との沈没事件
最新情報
STEP
2024年は未だ優勝なし

2月29日現在、G1東海地区戦で優出4着など好調をキープしているが、今年に入って未だ優勝は0回。

STEP
2023年グランプリシリーズ

3年連続15回目の出場となった2023年グランプリシリーズ。赤岩らしい前づけで強気に攻めたが、1度も1着を獲れずあえなく予選敗退。

枠番に関係なく内側へ前づけするインレーサーであり、コワモテの武闘派としても知られる「赤岩善生」。

そんな赤岩もデビューから早25年。若い頃のギラギラ感は多少落ち着きましたが、地元蒲郡では未だに圧巻の実績を残し続けています。

これまでSG優勝、全場制覇、2000勝など華々しいキャリア。ただ、過去には優勝戦まさかの沈没事件やアキレス腱断絶によるスランプも経験。

また、ベールに包まれているプライベートについても、根こそぎ深掘りしていこうと思います。

今最も稼げる”無料”の競艇予想

BEE-BOAT」はこんな人におすすめ。

  • 勝ち方が分からない
  • 簡単なレースを選べない
  • 本物の無料予想がほしい

無料予想がとにかく優秀!約1ヵ月の検証では的中率60%以上&プラス収支を達成済み!

競艇の楽しさをいまいち理解していない方、試さないとマジで損しますよ。

いきなり予想を購入せず”無料予想”からお試しください。

気になる項目へジャンプできます

赤岩善生とは?

赤岩善生は鹿児島県出身、愛知支部のボートレーサー。プロフィール上は愛知県の表記ですが、出生地および本籍地は鹿児島です。

赤岩善生の公式プロフィール

公式画像赤岩善生(82期)
名前赤岩善生(あかいわよしお)
登録番号3946(82期)
生年月日1976年2月8日
身長/体重168cm/57kg
出身/所属愛知県/愛知支部
デビュー日1998年5月15日

赤岩善生の出場予定や期別成績は、オフィシャルサイトの選手ページでご確認ください。

自衛隊を辞めて競艇の道へ

愛知県立岡崎東高等学校を卒業し、航空自衛隊へ入隊したものの約1年で退職。その後、職を転々とする中で競艇という職業に惹かれていきます。

当時の受験資格ギリギリとなる20歳で合格。82期生として本栖研修所への入学を果たし、艇界への第一歩を踏み出しました。

赤岩善生の若い頃
赤岩善生の若い頃②

※上記は赤岩善生の若い頃。

赤岩善生に関する情報でよく目にする「負けず嫌い」というワード。その片鱗は訓練生時代から見せており、負傷したまま養成所リーグを戦い抜いた経験もあるほど。

そして、よっぽどの状況じゃない限り休場したいのがポリシーだとか。

後に紹介する「アキレス腱断絶の重傷から1ヵ月で復帰」のエピソードも、自分に負けたくない一心だったのでしょう。

同期(82期)の主な選手

トップレーサーが勢揃いの82期は、赤岩を含めてSG覇者が4人。

SG優勝5回の菊地孝平を筆頭に、地元浜名湖でSG2勝の坪井康晴、クラシック覇者の中澤和志。

その他、本栖チャンプに輝き安定した成績を残す作間章や、通算60勝以上している横澤剛治らが現役で活躍中です。

赤岩と菊地が同期だと初めて知った方も多いのでは?明らかに菊地の方が若く見えますしw

弟子は「宇野弥生・北川潤二」

宇野弥生(90期)
宇野弥生
北川潤二(91期)
北川潤二

赤岩善生の弟子は同支部90期「宇野弥生」と、91期の「北川潤二」。

宇野弥生はまだ女子戦の重賞タイトルこそありませんが、2012年2月に大村の男女混合G2競争で優勝した実績があります。

北川潤二は2022年から急成長中。安定しなかった級別もA1級に定着し、記事作成時点で優出10回・優勝3回と好調を維持しています。

赤岩善生の年収(獲得賞金)

獲得賞金順位
2024年
2023年62,436,680円30位
2022年57,411,485円37位
2021年50,576,000円43位
2020年41,550,000円77位
2019年60,932,000円26位
2018年64,779,000円17位
2017年46,234,333円35位
2016年50,537,000円26位

赤岩善生の年収(獲得賞金)は上記の通り。

20年ほど前から高実績を残し続けており、毎年5000万円ほどの賞金を獲得。当然ながら、デビュー以降に獲得した生涯獲得賞金は軽く10億円を超えています。

赤岩善生といえば前づけ

赤岩といえば艇界きってのインレーサー。

枠番がアウトコースだった場合、基本的に3枠以内に前づけを敢行。例え助走が短くなって不利になっても、SG・G1のようなグレード戦でも、我が道を全うするのが赤岩善生の戦い方。

前づけへのこだわり

赤岩善生のコース別進入回数(2022年全レース)

赤岩にとっての前付けは勝つために全力で戦う姿勢そのもの。彼が番組にいたら、枠なり進入になることはほぼないと思った方が良いでしょう。

2022年の全出走データを見ると、4~6号艇で出走した129レース中、枠番通りに進入したのは7レースだけ。これほど前づけを徹底しているSGレーサーは極めて稀です。

伝説的なピット離れ(2018年チャレンジカップ準優)

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます