競艇初心者向けの予想ハウツー

今垣光太郎とは?引退の真相&弟子・自宅・年収・娘など

今垣光太郎とは?引退の真相&弟子・自宅・年収・娘など
最新情報
STEP
2024年5月10日

現在はフライング2本により90日間の欠場中。A2級降格で引退説も囁かれていた中、F休み消化後の6月10日、約4ヵ月ぶりとなる斡旋が追加された。

また、その斡旋以降は6月グランドチャンピオン、7月オーシャンカップに出場予定。

STEP
2024年2月10日

G1近畿地区戦において2本目のフライング。最後の斡旋が終了する3月10日から90日間のF休みに入るため、5月のSGオールスターは選出除外に。

また、来季(2024年後期)は出走回数不足によりA2級降格が濃厚となった。

生涯獲得賞金は歴代4位の25億円超えの「今垣光太郎」。

他にも数々の記録を打ち立てていますが、そんな名選手もぼちぼち引退の文字がチラつく年齢。引き際を意識するコメントも囁かれる中、はたして競艇界を去る日はいつなのか?

また、デビューから現在までの道のりをはじめ、アイドルの娘たちや自宅など、気になるプライベートをまとめて紹介します。

勝てる”無料予想”はこちら

一つでも該当するなら「競艇モンスター」をぜひお試しください。

  • 予想が全く当たらない
  • 勝てるレースを選定できない
  • 勝ち組になりたい

モンスターでは”当たって勝てる無料予想”を入手可能。7割以上のリピート実績を誇るので、まだ試していない方はぜひ!

無料予想を5レースほど検証すれば凄さに気付けるはずです。

気になる項目へジャンプできます

今垣光太郎とは?

今垣光太郎は石川県能美市出身、福井市部のボートレーサー。

座右の銘は「平常心」。緊張でメンタルを乱しやすいタイプであることから”レースで平常心を忘れないように”という戒めの意味があるそうです。

今垣光太郎の公式プロフィール

公式画像今垣光太郎(63期)
名前今垣光太郎(いまがきこうたろう)
登録番号3388(63期)
生年月日1969年9月18日
身長/体重161cm/52kg
出身/所属石川県/福井支部
デビュー日1988年11月

今垣光太郎の出場予定や期別成績は、オフィシャルサイトの選手ページをご確認ください。

師匠は父親の「今垣武志」元選手

今垣光太郎とは?師匠は父親の「今垣武志」元選手

今垣光太郎の師匠は、かつて福井支部を牽引した実父の「今垣武志」元選手。

幼い頃から父の姿を見て「この仕事しかない」と心に決めていたらしく、光太郎が競艇の道へ進むきっかけそのものでした。

親子で競艇選手となり、レース場では師弟関係となった2人。現役時代には「一生懸命走っている」と息子を称賛するコメントしたこともあります。

弟子は福井支部「木田峰由季」

今垣光太郎とは?弟子は福井支部「木田峰由季」

今垣光太郎の弟子は同支部の「木田峰由季」。

ネットでは様々な憶測が飛び交っていますが、日刊スポーツが報じた記事にはこのような記載があります。

木田峰由季(27=福井)が優勝戦の1枠をゲットした。準優11Rでコンマ01の全速スリットから1Mを先マイ。そのまま悠々と逃げ切った。

ただ、師匠の今垣光太郎(48=福井)は4枠で4着となり優出を逃した。

「今垣さんとワンツーが決まったと思った。そこが一番悔いが残っています」と悔しそう。

引用元:日刊スポーツ

選手たちに直接インタビューしている情報なので、ヤフー知恵袋などより信憑性は高いはず。ただ、今垣本人の口から弟子の名前は公表されていません。

同期(63期)主な選手

滝沢芳行(63期)
滝沢芳行
坪内実(63期)
坪内実
加藤雅之(63期)
加藤雅之
塚田修二(63期)
塚田修二
渡邉睦広(63期)
渡邉睦広

2023年10月現在、63期で現役を続けているのは6名。

その中で(今垣以外)最も活躍しているのは、2001年のSG常滑ダービーを制した滝沢芳行。息子の「滝沢崚(124期)」も同じボートレーサーです。

歴代4位の生涯獲得賞金

順位選手名生涯獲得賞金
1位松井繁40億9万円
2位今村豊29億4144万円
3位山崎智也25億9690万円
4位今垣光太郎25億1287万円
5位瓜生正義24億2250万円
6位濱野谷憲吾22億6186万円

2023年現在、今垣光太郎の生涯獲得賞金は25億円台後半。

引退選手を含んだ歴代ランキングでは4位に位置していますが、2020年に引退した山崎智也を上回るのは時間の問題。今村豊にどこまで迫れるかが今後の注目となりそう。

今垣光太郎の引退について

少し前から”引退の噂”は囁かれていますが、その日が訪れるのは予想以上に早くなるかも…

本人が語った「引退発言」の真相

今垣光太郎の引退発言の真相とは?

イケメンで女性人気の高かった今垣光太郎もマスターズ世代の54歳。バリバリ現役で活躍中ですが、ネットでは「引退」を噂する声も上がるように。

その噂を耳にしだしたのは、2022年11月浜名湖周年の優勝インタビューがきっかけ。

今垣光太郎

最近はいつ引退するか考えるようになった

しかしこれは、期待を裏切れない思いから出た「退路を断つ」という意味。現役トップクラスの実績者ですから、一線級で戦えないなら潔く辞める、その覚悟の表れでしょう。

フライング2本でA2級降格

  • 2024年1月21日:下関G1競帝王決定戦
  • 2024年2月10日:G1近畿地区選手権

今年に入って上記2レース(予選)で痛恨のフライング。これにより、3月G1尼崎センプルカップを最後に90日間のF休みとなるため、2024年後期は出走回数不足で”A2級降格”となります。

今垣光太郎といえば、ほぼ全ての期で勝率7点を超えるA1級でもトップ層の選手。

2013年に事故率超過でB2級を経験していますが、その期を除いて2000年以降はA1級を維持していきました。それが今回のF2によりA2級に降格。

40代以下であればなんら問題はないと思います。しかし、御年54歳のベテランレーサー。この状況をどのように捉えているのか?

今垣光太郎がF2…来季A2級降格で心配される引退の二文字

2024年2月、斡旋が全て削除➝復帰戦が組まれる

今垣光太郎が斡旋を削除。出場予定がゼロに
※2024年2月28日時点

2月27日時点では、出場が決まっていた3月「G1尼崎センプルカップ」は出場するとばかり思っていたのですが…

翌28日に確認すると斡旋は全て削除。高額賞金のG1競争を辞退するのはよっぽどのことです。

もちろん、体調不良などによる欠場も考えられますが、さすがに開催まで約1週間前という時期は早すぎる。まさか引退?といった心配をされた方も多いでしょう。

そんな中、5月10日までに出場予定が更新され、約4ヵ月ぶりとなる復帰戦が決まりました!

2024年5月10日、今垣光太郎の復帰戦が決まる
※2024年5月10日時点

良からぬ噂が的中しなくて本当に良かった。A2級に降格するとビッグレースの斡旋は減るでしょうが、ほぼ間違いなく2025年前期にはカムバックしてくるはず!

今垣光太郎の年収・自宅・家族など

自身が運用するSNSアカウントは1つもありません。

しかし、娘が芸能界で活躍しているおかげで、家族に関する情報はネット上に多数落ちていました。

今垣光太郎の年収(獲得賞金)

獲得賞金順位
2018年3626万4000円78位
2019年7057万9000円18位
2020年4442万8000円64位
2021年6044万3000円30位
2022年5027万1000円51位
2023年8328万8000円15位

今垣光太郎の年収(獲得賞金)は上記の通り。

1億円超えは2010年(1億5734万円)から遠ざかっていますが、さすがはSG常連のベテラン!毎年3000万円以上の賞金を荒稼ぎしています。

嫁は一般女性の円さん

今垣光太郎の嫁は一般女性の円さん

今垣光太郎の嫁は、1998年頃に結婚した2歳年下の円さん。お子さんは「李華(長女)・葵香(次女)・光貴(長男)・光陽(次男)の4人。

レース用ヘルメットに刻まれているのは、奥さんと子供たち4人の名前。

今垣光太郎の子供は4人

オフの大部分は普段会えない家族との時間に費やしているそうです。

自宅(豪邸)にあるのは700万円のオーディオルーム

今垣光太郎の自宅写真①
今垣光太郎の自宅写真②

石川県小松市にある今垣光太郎の自宅。閑静な場所に建つ豪邸は、過去に民放のテレビ番組で紹介されたこともあります。

自慢のオーディオルームには総額700万円相当の設備。普段はここでクラシック音楽を聴きながら瞑想しているらしい。

メンタルを大切にする今垣にとって、気持ちを落ち着かせて集中するための専用ルームなのでしょう。

2人の娘はアイドルとして活躍

今垣光太郎とは?2人の娘はアイドルとして活躍①

娘2人(李華・葵香)は、キッズモデルや石川のご当地アイドル「JUMPIN’(ジャンピン)」で活動。

そして現在、李華(長女)さんはガールズユニット「miao」のセンターを務め、各地の音楽イベントなどに登場。2023年12月には初のワンマンライブを開催予定。

今垣光太郎とは?2人の娘はアイドルとして活躍②

葵香(次女)さんも私立恵比寿中学の新メンバー候補に選ばれましたが、その後の活動状況は不明です。

息子たちは未来のボートレーサー?

未来のボートレーサー「今垣光貴・今垣光陽」

競艇界に親子で活躍している例は多数あります。ただ、もし長男の光貴さん、次男の光陽さんのどちらかが選手になれば、競艇史上初の「3世代ボートレーサー」が誕生することに。

ちなみに、光貴(長男)さんはアルバイトをしながら養成所試験にチャレンジしているとか。

言い方悪いけど、親族がいれば優遇される意見もあるし。普通に合格する気がする…

趣味はなく”競艇バカ”の日常

今垣光太郎とは?趣味はなく”競艇バカ”の日常

「競艇バカになる」と自分で言うほど、常にレースのことを考える日々。また、趣味はないとも話しており、時間があれば体のケアをしているようです。

50代とは思えない引き締まった筋肉に加え、体の軟らかさも驚異的なレベル。決して手を抜かない姿が肉体からよく分かります。

デビューからSG制覇までの道のり

2023年でデビュー35周年を迎える今垣光太郎。

2世レーサーから独り立ちを果たし、福井支部のみならず艇界を代表するレーサーへ。デビューから現在までの道のりを追っていきましょう。

デビューは1988年秋の三国

1988年9月30日に選手登録、同年11月に福井県三国競艇場でデビュー。

今垣武志の息子ということで注目された中、デビューからしばらくは成績の上がらない日々が続きます。

今垣光太郎

最初の1、2年はレースに集中せず遊んでばかりだった

当時は「いつかA級になれれば良い」という程度の考えでしたが、いつしか「地元の期待に応えたい、もっと上のレベルに行きたい」という気持ちが芽生えてきたそうです。

蒲郡で初優出初優勝(1990年)

デビューから2年経った1990年10月、蒲郡一般戦で初優出を果たし、勢いそのままに初Vの水神祭も達成しました。

今垣にとって蒲郡は相性の良い水面。1997年以降の記録では、地元三国を除いて1着数、優勝回数がいずれも最多。SGも過去2回優勝(2002、2004年メモリアル)しています。

今も一般戦に出場する時は、オフィシャルサイトで優勝候補の一角に挙げられるほど。

三国G1優勝戦で親子対決(1993年)

今垣光太郎とは?三国G1優勝戦で親子対決(1993年)

ようやく掴んだ記念G1のタイトルは、1996年の下関「競帝王決定戦」。

優勝戦は6号艇から3コースに前づけ。内側2艇がスタートで遅れ、コンマ09のタイミングで飛び出した今垣は3枠から押し切って優勝。

当時全盛期だった植木通彦や、支部の後輩である石田政吾らを抑えてのG1初制覇となりました。

クラシックでSG初優勝(1999年)

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます