競艇初心者向けの予想ハウツー

濱野谷憲吾とは?引退も囁かれながら悲願の賞金王を狙う

濱野谷憲吾とは?引退も囁かれながら再び悲願の賞金王を狙う
最新情報
2024年4月29日

優勝候補に推されていた多摩川のパン戦。2日目まで圧巻の強さを魅せていたが、3日目9R、5コースからコンマ01のフライングで賞典除外に。

3月の未消化分を含めてF2。5月のSGオールスター終了後、90日間のF休みに入るため、オーシャンカップ・メモリアルは出場不可。また、2025年前期は90走が難しくなり、A2級降格が濃厚となった。

2024年2月8日

平和島で開催された第69回関東地区選手権において、5号艇「濱野谷憲吾」がまくり差しで優勝。同大会は2度目、25度目のG1制覇を成し遂げた。

「艇界のファンタジスタ・ムテキング・東都のエース」など数々の異名を持ち、漫画モンキーターン”波多野憲二”のモデルでもある「濱野谷憲吾」。

長年にわたってSG戦線で上位を競い合ってきたトップレーサーであり、競艇を語るうえで欠かせない存在です。

しかし、2007年のSGクラシック優勝をピークに、年を追うごとに調子が下降。多くのファンがここまでかと思われていましたが…

長い低迷を脱し、悲願の賞金王まで狙える位置まで成績が回復。

既にベテランと言っても良い年齢ではありますが、今後の成績次第では大きなタイトル獲得も十分あり得るでしょう。

勝てる”無料予想”はこちら

一つでも該当するなら「競艇モンスター」をぜひお試しください。

  • 予想が全く当たらない
  • 勝てるレースを選定できない
  • 勝ち組になりたい

モンスターでは”当たって勝てる無料予想”を入手可能。7割以上のリピート実績を誇るので、まだ試していない方はぜひ!

無料予想を5レースほど検証すれば凄さに気付けるはずです。

気になる項目へジャンプできます

濱野谷憲吾とは?

濱野谷憲吾は、東京出身で高校を中退して競艇選手の道を志し、難関の養成所試験に合格。本栖研修所(現ボートレーサー養成所)での厳しい訓練を乗り越え、1992年にデビュー。

濱野谷憲吾のプロフィール

公式画像濱野谷憲吾(70期)
名前濱野谷憲吾(はまのやけんご)
愛称ムテキング
ヘマキング
東都のエース
水上のファンタジスタ
登録番号3590(70期)
生年月日1973年11月8日
身長/体重169cm/57kg
血液型A型
出身地東京都世田谷区
所属支部東京支部

昔は略字体で「浜野谷」と書かれることも。現在は競艇場の出走表やスポーツ紙などでも、本来の選手名表記である「濱野谷」とされています。

以下の動画は、デビュー直前の訓練修了記念パーティー。表情がまだ初々しいですねw

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます