競艇初心者向けの予想ハウツー

中村日向とは?5000番台初のG1覇者&結婚・師匠・年収など

中村日向とは?引退危機から5000番台初のG1覇者
最新情報
STEP
茅原を破って今年初優勝

2024年4月17日の第19回マンスリーBOATRACE杯。1号艇茅原悠紀を直まくりで撃破し、昨年7月以来、通算5度目の優勝を達成。

STEP
2023年のふり返り

2023年は初優勝・G1初制覇含む4勝。そして、3月にはクラシックでSG初出場を果たしたが、1走目にフライングを犯し賞典除外となった。

実力派レーサーが多数在籍する香川支部に、またしても注目のルーキーが登場。その名は「中村日向(ひゅうが)」。

ここ最近は周囲も驚く急成長を遂げ、2023年1月にデビュー初優勝を飾ると、2月の四国地区選で5000番台レーサー初となるG1優勝を果たしました。

デビューから芽が出ず苦しんだ日々を乗り越え、今では誰もが認める122期の出世頭。SG戦線での活躍も大いに期待される中村日向のこれまでを振り返ります。

本当に当たる無料予想

BEE-BOAT」はこんな人におすすめ。

  • 勝ち方が分からない
  • 簡単なレースを選べない
  • 本物の無料予想がほしい

無料予想がとにかく優秀!約1ヵ月の検証では的中率60%以上&プラス収支を達成しています。

無料予想は”15秒のLINE登録”のみでずっと0円です!

気になる項目へジャンプできます

中村日向とは?

中村日向は香川県丸亀市出身、香川支部のボートレーサー。

中学生の頃、現師匠「秋山広一」のペアボートに乗せてもらったことがきっかけとなり、レーサーへの道を意識し始める。県立丸亀高校を卒業後、一発で養成所の試験に合格。クビすれすれの成績で卒業しています。

なお、香川支部の姉妹「中村晃朋・中村桃佳」と姻戚関係はありません。

中村日向の公式プロフィール

公式画像中村日向(122期)
名前中村日向(なかむらひゅうが)
登録番号5043(122期)
生年月日1998年11月8日
身長/体重165cm/55kg
血液型O型
出身/所属香川県/香川支部
デビュー日2018年5月16日

中村日向の出場予定や期別成績は、オフィシャルサイトの選手ページでご確認ください。

ボートレーサーを目指すきっかけは現師匠の秋山広一

中村日向とは?ボートレーサーを目指すきっかけは現師匠の秋山広一

中村日向が競艇を志すきっかけとなったのは中学生時代。丸亀競艇場で行われていたペアボート試乗会に参加した時でした。

ペアボートを操縦していたのは、後に師匠となる78期A級レーサー「秋山広一」。偶然にも小学校時代からの友人が秋山選手の甥っ子だったそうです。

中学2年生か3年生だったと思いますが、今の師匠の秋山広一さんにペアボートに乗せてもらったんです。そのときにすごく面白いなと思って、ぼんやりとレーサーになりたいと思い始めました。

引用元:ボートレースオフィシャルサイト

まさしく運命的な出会い!友人と付き合っていなかったら、ボートレーサーじゃなかったかも。

養成所試験は高3の冬に一発合格

中村日向とは?卒業した県立丸亀高校
出典:ウィキペディア

中村日向が卒業した「県立丸亀高校」は県内屈指の進学校。

しかし、モータースポーツが好きだったこともあり、競艇選手を1つの選択肢として考えるようになります。

養成所試験は大学受験と並行しながら勉強を続け、高校3年生の冬に受けた1回のみ。ダメだったら大学に進学するつもりで受験。見事一発で合格し、122期訓練生として入所しました。

ちなみに、養成所の合格通知が届いたのはセンター試験の前日。大学進学の道も残されてはいましたが、退路を断つ意味で競艇の世界を選んだといいます。

同期(122期)の注目選手

畑田汰一(122期)
畑田汰一
安河内健(122期)
安河内健
養成所チャンプ&リーグ勝率1位「原田才一郎」
原田才一郎
中亮太(122期)
中亮太
若林義人(122期)
若林義人
平川香織(122期)
平川香織

将来有望な122期レーサーは、現時点で最も優勝回数の多い「畑田汰一」。中村よりも早くA級昇格を果たし、デビュー2年で初優勝を成し遂げています。

その他、中村以外に香川支部が2人(田頭虎親・谷口知優)所属する珍しい期。3人とも非常に仲が良く、休みが合えば食事やキャンプに出かけているとのこと。

また、同期のアイドル「平川香織」も、人気・実力を兼ね備えた注目レーサーの1人です。

中村日向の年収(獲得賞金)

獲得賞金順位
2024年
2023年39,290,000円103位
2022年37,078,000円115位
2021年23,310,000円360位
2020年11,500,000円1028位

覚醒した2023年の年収は4000万円弱。約1600人のボートレーサーがいる中、賞金ランキング103位という好記録を残しています。

若干25歳でこれほどの収入を得てしまうとは…。まさしく勝ち組と呼ぶべき存在ですねw

中村日向は結婚してる?彼女は?

2024年4月現在、中村日向に「結婚・彼女」を匂わせる情報は一切ありません。

ただ、ボート界はレーサー同士の交際率がやたら高い業界。情報がないだけで付き合っている女性がいたり、既に結婚していた…なんてことは日常茶飯事。

いずれにしても、怪しい動きがあれば改めて報告させていただきます。

中村日向のSNS(ツイッター)

中村日向の公式ツイッター

中村日向の公式ツイッターでは、出場したレースの報告や振り返り、ファンへのメッセージなどを投稿。競艇と真摯に向き合う真面目な人柄が見て取れる内容となっています。

レース以外にも、小さな頃から憧れだった車の話題も。ボートレーサーは高級車ばかりですが、中村の愛車は走り屋の定番ハチロクw

中村日向の“クビ”も覚悟した新人時代

「日常が一変する養成所生活は厳しいことだらけだった」とインタビューで話しています。

リーグ戦勝率は4.53、優出ゼロと成績はパッとせず。それでも養成所は無事に卒業できましたが、デビュー後はさらに苦しい日々を送ることになります。

デビュー節はオール6着

中村日向の“クビ”も覚悟した新人時代「デビュー節はオール6着」

中村日向のデビュー戦は、2018年5月16日の丸亀開催。

デビュー1走目はタダでさえ緊張するものですが、師匠の秋山広一も同じレースに出走するという異例の番組。そんな状況で結果を残せる訳もなく、大きな出遅れで6着に終わりました。

2走目以降も落ち着いた状態で迎えることができず…。1マークの争いに加わることすらできないまま、デビュー節は6レース全て6着。

師匠からは「最初はみんなこんなもん」と励まされたそうです。

「クビになるぞ」散々だった2年間

デビュー年の2018年は、最後まで浮上の兆しが見えなかった中村日向。スタートを決めてもターンの未熟さで上の着が取れない結果続き。

焦りが募ることでレースが荒くなる悪循環を生み、10~11月の2節で4回の転覆失格。2019年に入ってもF2、さらに手の負傷で長い戦線離脱を余儀なくされます。

新人時代には同期と丸亀で練習する機会もありましたが、当時最も成績が悪かったことで気持ちは空転状態。他の2人から「お前、ほんまクビになるぞ」と言われたこともあったのだとか。

1年7ヵ月目で初勝利&初優出

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます