ガチ勝てるおすすめの競艇無料予想

【2024年】競艇グレードレース(SG・G1・G2)開催日程

【2024年】競艇グレードレース(SG・G1・G2)開催日程

2024年に開催される最も格式の高いSG(スペシャルグレード)をはじめ、PG1・G1・G2競争の開催日程を紹介します。

ただし、あくまで現段階で予定されているスケジュールです。悪天候や災害などによって変更される可能性もあるので、詳細については特設ページ等で確認しましょう。

G3および一般戦を含めると多すぎるため、当記事では紹介しません。

勝てる”無料予想”ならココ一択!

こんな人は絶対に試すべき。

  • 是が非でも勝ちたい
  • 勝てる予想を探している
  • 予想にお金をかけたくない

ボートぴあ」は全ての願いを叶えてくれます。

無料予想ならリスクは一切ないので、業界トップクラスの”的中率&回収率”をその目で実感してください!

正直、無料予想のみでも勝てます。損したくなければぜひ!

気になる項目へジャンプできます

SG競争(スペシャルグレード)

開催場・スケジュール

SG競争開催場開催日程
クラシック戸田3/15~20
オールスター多摩川5/21~26
グランドチャンピオン尼崎6/25~30
オーシャンカップ大村7/23~28
メモリアル丸亀8/27~9/1
ダービー戸田9/18~23
チャレンジカップ下関11/19~24
グランプリ
グランプリシリーズ
住之江12/17~22

初開催となるのが、オールスター(多摩川)とオーシャンカップ(大村)の2つ。

そして、1年で最も盛り上がりを見せる「グランプリ(賞金王決定戦)」の開催地は、2年連続32回目となる住之江で行われます。

競艇ファンにとって欠かすことのできないSG競争。初日から万全の状態で参戦できるようい、日程だけは覚えておくようにしましょう!

各SGの歴代優勝者(過去10年)

ボートレースクラシック
開催年開催場優勝者
2023年平和島土屋智則
2022年大村遠藤エミ
2021年福岡石野貴之
2020年平和島吉川元浩
2019年戸田吉川元浩
2018年浜名湖井口佳典
2017年児島桐生順平
2016年平和島坪井康晴
2015年尼崎桐生順平
2014年尼崎松井繁
ボートレースオールスター
開催年開催場優勝者
2023年芦屋石野貴之
2022年宮島原田幸哉
2021年若松峰竜太
2020年住之江篠崎仁志
2019年福岡吉川元浩
2018年尼崎中島孝平
2017年福岡石野貴之
2016年尼崎平本真之
2015年大村山崎智也
2014年福岡菊地孝平
グランドチャンピオン
開催年開催場優勝者
2023年徳山磯部誠
2022年唐津池田浩二
2021年児島前本泰和
2020年宮島徳増秀樹
2019年多摩川柳沢一
2018年徳山白井英治
2017年鳴門石野貴之
2016年蒲郡山崎智也
2015年宮島山崎智也
2014年浜名湖菊地孝平
オーシャンカップ
開催年開催場優勝者
2023年児島羽野直也
2022年尼崎椎名豊
2021年芦屋濱野谷憲吾
2020年鳴門峰竜太
2019年常滑瓜生正義
2018年若松毒島誠
2017年丸亀峰竜太
2016年鳴門石野貴之
2015年三国石野貴之
2014年丸亀吉田拡郎
ボートレースメモリアル
開催年開催場優勝者
2023年福岡馬場貴也
2022年浜名湖片岡雅裕
2021年蒲郡原田幸哉
2020年下関寺田祥
2019年大村毒島誠
2018年丸亀毒島誠
2017年若松寺田祥
2016年桐生菊地孝平
2015年蒲郡篠崎元志
2014年若松白井英治
ボートレースダービー
開催年開催場優勝者
2023年蒲郡峰竜太
2022年常滑馬場貴也
2021年平和島平本真之
2020年大村深谷知博
2019年児島毒島誠
2018年蒲郡守田俊介
2017年平和島深川真二
2016年福岡瓜生正義
2015年浜名湖守田俊介
2014年常滑仲口博崇
チャレンジカップ
開催年開催場優勝者
2023年三国片岡雅裕
2022年鳴門深谷知博
2021年多摩川辻栄蔵
2020年蒲郡毒島誠
2019年桐生石野貴之
2018年芦屋馬場貴也
2017年下関毒島誠
2016年大村石野貴之
2015年芦屋笠原亮
2014年下関太田和美
グランプリシリーズ
開催年開催場優勝者
2023年住之江深谷知博
2022年大村宮地元輝
2021年住之江新田雄史
2020年平和島深川真二
2019年住之江馬場貴也
2018年住之江平尾崇典
2017年住之江新田雄史
2016年住之江今垣光太郎
2015年住之江長田頼宗
2014年平和島平本真之
グランプリ
開催年開催場優勝者
2023年住之江石野貴之
2022年大村白井英治
2021年住之江瓜生正義
2020年平和島峰竜太
2019年住之江石野貴之
2018年住之江峰竜太
2017年住之江桐生順平
2016年住之江瓜生正義
2015年住之江山崎智也
2014年平和島茅原悠紀

PG1(プレミアムグレードワン)

1年に5回程度しか開催されないプレミアムG1。その代わり、他のG1より高額な賞金が用意されています。

G1競争で賞金が低い順に並べると、地区選手権・周年記念・PG1といった感じ。同じグレードワンでも優勝賞金は580~1,600万円の差があります。

開催場・スケジュール

SG競争開催場開催日程
BBCトーナメント大村1/11~14
マスターズチャンピオン鳴門4/16~21
レディースチャンピオン福岡8/7~12
ヤングダービー桐生9/18~23
クイーンズクライマックス蒲郡12/26~31

PG1の中で最も盛り上がるのが、女子界のグランプリに値する「クイーンズクライマックス」。

1月1日からレディースチャレンジカップ終了時点の獲得賞金上位12名が選出され、女子戦では最高額となる1,600万円を懸けて競い合います。

ただ、グランプリの賞金(1億1,100万円)ほど多くはないので、優勝者が賞金女王になるとは限りません。

各PG1の歴代優勝者(過去10年)

BBCトーナメント
開催年開催場優勝者
2024年大村関浩哉
2023年びわこ松井繁
2021年鳴門丸野一樹
2020年若松寺田祥
2019年平和島田村隆信
※BBCトーナメントの第1回大会は2019年
マスターズチャンピオン
開催年開催場優勝者
2023年若松井口佳典
2022年三国上平真二
2021年下関原田幸哉
2020年村田修次
2019年宮島今垣光太郎
2018年福岡渡邉英児
2017年今村豊
2016年びわこ田頭実
2015年児島今村豊
2014年唐津金子良昭
レディースチャンピオン
開催年開催場優勝者
2023年遠藤エミ
2022年丸亀香川素子
2021年浜名湖遠藤エミ
2020年多摩川平山智加
2019年蒲郡大山千広
2018年桐生山川美由紀
2017年芦屋小野生奈
2016年海野ゆかり
2015年丸亀滝川真由子
2014年三国水口由紀
ヤングダービー
開催年開催場優勝者
2023年下関上條暢嵩
2022年多摩川近江翔吾
2021年徳山羽野直也
2020年びわこ磯部誠
2019年三国永井彪也
2018年浜名湖関浩哉
2017年蒲郡中田竜太
2016年常滑松田大志郎
2015年尼崎松田祐季
2014年戸田桐生順平
クイーンズクライマックス
開催年開催場優勝者
2023年多摩川浜田亜理沙
2022年住之江田口節子
2021年福岡田口節子
2020年浜名湖平高奈菜
2019年徳山今井美亜
2018年平和島松本晶恵
2017年大村遠藤エミ
2016年平和島松本晶恵
2015年福岡川野芽唯
2014年住之江日高逸子

G1(グレードワン)

全国24ヵ所にある各競艇場が年1回開催する「周年記念競走」と、それ以外のG1競争を分けて紹介します。

参考までに、周年記念とは開設を記念して各場が実施するG1のこと。とはいえ、実際の開設月に開催される決まりはなく、他の大会と日程を調整しながら開催されます。

G1周年記念競走

G1競争日程
桐生赤城雷神杯10/6~11
戸田戸田プリムローズ5/30~6/4
江戸川江戸川大賞2/27~3/3
平和島トーキョーベイカップ5/14~19
多摩川ウェイキーカップ10/31~11/5
浜名湖浜名湖賞1/25~30
蒲郡オールジャパン竹島特別6/8~13
常滑トコタンキング決定戦開催なし
ツッキー王座決定戦9/6~11
三国北陸艇王決戦11/28~12/3
びわこびわこ大賞9/12~17
住之江太閤賞3/24~29
尼崎尼崎センプルカップ3/4~9
鳴門大渦大賞12/3~8
丸亀京極賞11/9~14
児島児島キングカップ4/4~9
宮島宮島チャンピオンカップ6/9~14
徳山徳山クラウン争奪戦9/24~29
下関競帝王決定戦1/19~24
若松全日本覇者決定戦9/27~10/2
芦屋全日本王座決定戦8/1~6
福岡福岡チャンピオンカップ12/8~13
唐津全日本王者決定戦開催なし
大村海の王者決定戦4/7~12

上記は2024年の開催スケジュールであり、開催なしとなっていても「2024年度内(2024年4月1日~2025年3月31日)」の開催は予定されています。

G1地区別選手権

G1競争日程
平和島関東地区選手権2/3~8
芦屋九州地区選手権2/4~9
蒲郡東海地区選手権2/5~10
尼崎近畿地区選手権2/9~14
宮島中国地区選手権2/10~15
丸亀四国地区選手権2/11~16
唐津ダイヤモンドカップ3/26~31
2023年地区別選手権の優勝者
  • 関東:石渡鉄兵
  • 東海:徳増秀樹
  • 近畿:馬場貴也
  • 四国:中村日向
  • 中国:茅原悠紀
  • 九州:末永和也

G1地区別選手権とは、6つの地域(関東・東海・近畿・四国・中国・九州)で競い合うG1競争。開催場は地域ごとに持ち回りとなり、毎年別々の競艇場で1回開催されます。

なお、G1でありながら優勝賞金は480万円。同時期に開催され強い選手がちらばるため、他のG1より格式を下げているのでしょう。

G2(グレードツー)

開催場・スケジュール

SG競争開催場開催日程
モーターボート大賞江戸川1/15~20
レディースオールスターびわこ2/20~25
モーターボート大賞宮島3/9~14
レディースオールスター宮島5/7~12
モーターボート大賞平和島5/14~19
モーターボート大賞児島7/2~7
全国ボートレース甲子園7/10~15
モーターボート大賞江戸川7/16~21
モーターボート大賞三国9/2~7
秩父宮妃記念杯びわこ10/15~20
レディースチャレンジカップ下関11/19~24

レディースオールスターは、2月(第8回)が2023年度、5月(第9回)が2024年度の開催です。

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます