競艇のルーキーシリーズはなぜ荒れる?特徴や攻略法を伝授

競艇のルーキーシリーズはなぜ荒れる?特徴や攻略法を伝授

テレビCMなどの効果もあって、ボートレースファンは年々増加していっています。しかし、荒れることで有名なルーキーシリーズだけはどうしても苦手…という方が多いようです。ただ、そんな方にこれだけは言わせてもらいます。

競艇の「ルーキーシリーズ」は知れば知るほど面白く、そして勝ちやすいレース。

そもそも、ルーキーシリーズがどういったレースなのか?理解していない方も多いと思うので、基礎的なことも合わせて紹介します。

この記事を読み終わる頃には、ルーキーシリーズに投票したくてウズウズしているはず(笑)そうなってもらえるように、競艇歴20年の知識を全力で伝授させていただきます。

【7月】回収率No.1の無料予想

戦国ボート

約1ヵ月、戦国ボートの「無料予想のみ」試したところ、収支は58万円のプラスとなりました!ちなみに、同じ時期に他の予想サイトも検証して、これほど高回収率だったのはココだけ。

「たまたま運が良かっただけでしょ?」と感じたかもしれませんが、実際に試せば”運ではない”と分かるはずです。

  • 無料なのに見解付きで予想公開
  • 無料なのに中穴予想も提供される

予想に至るまでの「レース見解」が一級品なんです!この情報はもちろん0円なので、参考にするだけでも利用価値はあると思います。

気になる項目へジャンプできます

ルーキーシリーズとは?

ルーキーシリーズは一般競争に位置付けされており、1年間で24レース開催されます。「24レース」という数字を見て気づいた方も多いでしょうが、全国にある24場で1年に1回開催するレースです。

ちなみに、現在は「ルーキーシリーズ」として認知されていますが、平成25年度までは「新鋭リーグ戦」と呼ばれるレースでした。その為、昔からボートレースを楽しんでいた方は、新鋭リーグの方が聞き慣れているかも知れません。

ルーキーシリーズの出場資格

ルーキーシリーズに出場するには、以下の条件を満たしている必要があります。

  • デビューしてから6年以内(例外あり)
  • 新鋭王座決定戦競走に優勝していない

例外というのは、オーバーエイジ枠が6枠設けられており「デビュー6年目以上であっても30歳未満かつ、SG競走で優勝戦に進出していない選手であれば参戦可能」とされています。

また、ルーキーシリーズ戦での優勝者は、PG1ヤングダービーのプレシリーズである「GIII競走のイースタンヤング・ウエスタンヤング」への優先出場権が与えられます。

管理人
トップレーサーの登竜門とも言われるプレミアムG1「ヤングダービー」。そりぁ、みんな気合が入るでしょうね!

他の一般戦にはない醍醐味

ルーキーシリーズの醍醐味といえば、それはなんと言っても「迫力あるスピード戦」です。

また、イン戦(1コース)が経験不足の選手も多く、センターおよびアウトコースからの全速ターンを得意とする選手が多い印象。過去データを見ても、3,4コースから捲り決着する確率が比較的高く、高配当が続出するのも魅力のひとつ。

裏を返せば「イン逃げしにくい」という見方もできるため、少ない点数でズバっと的中したい本命党には向かないかも。

「トップルーキー」と「フレッシュルーキー」

デビュー6年未満の同じルーキーであっても、将来のボートレース界を担うであろう選手を強化・育成する目的で「スター候補選手」が毎年選出されています。

そのスター候補選手は「トップルーキー」と「フレッシュルーキー」の2つに分けられています。選出基準は以下の通り。

トップルーキー 登録6年以下のA1選手を最大15名選出。15名以上の場合は勝率順で選出
フレッシュルーキー 登録5年以内の各レース場における推薦選手2名。全体で48名選出

上記基準をくぐり抜け選出された選手は、フレッシュルーキー実技訓練に参加する事ができます。そこではトップレーサーから直々に指導をしてもらうことができる他、競艇場から呼ばれやすくなるメリットも。

ちなみに、2021年度に選出されたトップルーキーは…

  • 上田龍星(4908)
  • 吉田裕平(4914)
  • 黒野元基(4960)
  • 大山千広(4885)
  • 宮之原輝紀(4939)
  • 新開航(4932)
  • 小池修平(4907)
  • 前田篤哉(4983)
  • 井上忠政(4959)
  • 栗城匠(4928)

美人レーサー」の記事で紹介した「大山千広」選手をはじめ、既にグレードレースで活躍している選手ばかり!ルーキーとはいえ、A1級のベテラン選手たちも恐れる存在です。

レースによっては実力に大きな差があることも

ルーキーシリーズでは、デビューして間もない新人もいれば、前述した「スター候補選手」のような実力のある選手も一緒に走ります。トップレーサーに選出された選手はA1級もおり、ど新人との実力差は計り知れません。

当然、舟券の人気が集まるのは、既に記念レース(G1など)を走っている知名度の高い選手。他のスポーツで与えるなら、そういったレースは「プロ野球と高校野球」ほどの実力差を感じます。

しかし、その実力差にこそ「ルーキーシリーズの狙うべき穴」があると私は考えています。

管理人
詳しくはこの後説明しますが、プロ野球のピッチャーから高校球児がヒットを打つ確率ってゼロじゃないですよね?そこに狙い目があるのです。

ルーキーシリーズの予想攻略法

ルーキーシリーズに限った話ではありませんが、選手の特徴を知ることは予想するうえで非常に重要なポイント。

とはいえ、選手全ての特徴を知ることなんて不可能ですし、そんな苦労をするなら別の知識を覚えた方がマシ。なので、誰にでも簡単に活用できる特徴を3つに絞ってみました。

 イン逃げを得意としている選手か?

ボートレースファンなら常識ですが、競艇は1コースからの勝率がきわめて高い競技。ただし、ルーキーシリーズにおいては、全体を通して1コースの勝率が平均より低い傾向にあります。

理由として考えられるのは、デビューしたての選手だと1コースからの出走回数が少なく、イン戦に不慣れな選手が多いから。有利であってもスタートで凹んでしまうと、センター勢から捲られたり差されたりする可能性が高くなります。

イン逃げ率が7割を超えるA級レーサーは置いといて、B級のルーキーレーサーでも勝率が50%超えの選手はいます。それだけの実績が伴っていれば、いくら外側にA級がいたとしても勝つ可能性は十分あります。

ひとつだけ覚えておいてほしいのは…

競艇のインコースは腐ってもインコース

ということ。番組にA級選手がいれば美味しい配当になることもあるので、全体の勝率だけでなく「イン勝率」も必ずチェックしてください。

スタートは早いか?捲りは得意か?

もし、この2つの条件が揃っていた場合、全速戦を得意としているケースが多いです。

展開次第ではセンターおよびアウトコースから「一撃まくり」を決め、特大万舟に貢献してくれるかもしれません。また、レース中盤での追い上げにも期待できるので、軽視しすぎないようにしましょう。

6コースの3連対率はどのくらいか?

何度も説明している通り、ルーキーシリーズは実力差が大きいレースです。その為、中盤で「できたな」と思っていても、終盤での2,3着の順位が変わりやすい特徴があります。

「いやいや、さすがにそこまで予想するのは無理でしょ」と感じたあたな、あらかじめ選手データを調べておけばそれが可能なんです!

そのデータとして注目したのが「6コースの3連対率」。

ご存知だとは思いますが、6コースというのは最も不利なコースであり、よほど展開に恵まれないと上位に食い込むのが難しいコースと言って良いでしょう。しかし、選手の中にはやたら6コースに自信を持っている選手がいます。

例えば121期生の「中村かなえ」選手。2017年に11月にデビューしたばかりですが、6コースの3着率はなんと30%超え!

競艇のルーキーシリーズはなぜ荒れる?121期生の「中村かなえ」選手出典:ボートレースオフィシャルサイト

このデータを知っているだけで、軸にはできなくても「2,3着はあるかな?」と予想することが容易にできます。ルーキーシリーズにはこのような選手が紛れているので、コース別入着率だけは絶対に確認することをおすすめします。

ルーキーシリーズで勝ちやすいコースは?

ルーキーシリーズと言えども、1コース有利という点は変わらず、イン逃げするかしないか?の予想が基本となります。そのうえで、ルーキーシリーズには注目すべきデータがあります。

それは「2〜4コースの勝率がさほど変わらない」というデータ。

グレードレース(SG・G1)などであれば、若いコース順に勝率が高くなるもの。一方、ルーキーシリーズでは全速ターンをする選手が多いこともあってか、2~4コースの勝率に差がないと推察されます。以上のデータを考慮すると…

イン逃げに不安が残る番組では、2コースまたはセンター勢を積極的に狙っていくのも有効だと思います。あくまで「荒れる予想」なので、投票額は控えめを推奨します。

決まりやすい決まり手は?

前述でも述べましたが、ズバリ「捲り」です!

イン逃げしない全艇となりますが、ルーキーシリーズで波乱となるレースで「捲り」による決まり手が多く見られます。その際、抑えておきたい出目は競艇のセオリー通り「3-4・4-5」。特に捲り決着の場合、外側の艇が付いてくる展開が多いでしょう。

【上級編】プラスαの情報で勝率アップ

上記に紹介した攻略法を実践すれば、ルーキーシリーズを楽しむことは可能です。ただ、それなりに知識がある人なら理解しているので、少しでも有利に予想するための秘策を伝授します。

モーター性能は重要なポイント

競艇のルーキーシリーズはなぜ荒れる?モーター性能は重要なポイント

ボートレースを研究している方からすれば「モーターの重要性なんて言われなくても知ってる」という方がほとんどでしょう。ですが、ルーキーシリーズでのモーターに関しては、他のレースとは少し違った意味を持っていると考えます。

結論からお話すると、ルーキーシリーズでは「モーター調整が難しい」ということ。

モーター調整には長年の経験や勘など、費やした時間がもモノを言います。そんな中、ルーキーシリーズに出場する選手はデビューして6年未満の選手であり、調整する技術がなくて当たり前。

当然、A級レーサーであっても例外ではありません。操縦テクニックは優れているので、それなりのモーターなら結果を残すことはできるでしょう。しかし、問題なのは悪いモーターを引いてしまった場合。

自分好みの調整ができず、本来の実力を発揮できない可能性は十分考えられます。そこまで考慮して予想を組み立てることがでいれば、より精度の高い予想ができるはず。

狙うべきB級ボートレーサー

戸田競艇の時計台※戸田競艇場の時計台

ルーキーシリーズに出場するB級レーサー。スタートの得意な選手や、イン逃げが得意な選手など特徴は様々ですが、中でも私がおすすめしたいB級レーサーは「埼玉県支部の選手」です。

その理由は、難易度の高いコースとして知られる「戸田競艇」を普段の練習場にしているから。

戸田競艇というのは、インが弱いボートレース場としても有名ですが、その原因となっているのが狭いコースレイアウトが関係しています。ターンが膨らむと消波装置に激突するリスクや、小回りで減速しすぎると簡単に捲られてしまうコース設計。

そういった事情もあって、戸田をホームとする埼玉支部のレーサーは、嫌でもターンが上手くなると言われるほど。特に経験の浅い選手が出場するルーキーシリーズでは、ターン技術が結果に反映されやすいと感じています。

ただし、この情報はあくまで私の経験則です。

開催場所の地元選手は注目すべき

ルーキーシリーズは全国の24場でそれぞれ1回ずつ開催されます。そのレースには必ず地元選手も出場しますが、ホームコースを航走する地元勢が有利なのは間違いないでしょう。ただ、その有利はルーキーシリーズにおいて、より鮮明に発揮されるはず。

ルーキーから卒業した登録7年目以降の選手だと、コースの特徴を理解していき苦手意識を克服していくもの。その為、地元でなくても結果を残せるようになっていきます。

しかし、はじめてだったり数回しか経験のないコースを真面に走れるのか?特に「難水面」と言われている以下の競争水面では、戸惑いながらの走りになると思います。

地元選手やベテラン選手でも難しいのに、最近まで訓練生だったルーキーたちに攻略できる訳ありません。

以上のことから、経験の浅い選手が出場するルーキーシリーズでは、地元有利の法則がより明確に現れる可能性が高い。そう思って予想した方が良い結果になるかもしれません。

まとめ

スター候補選手をはじめ、デビューしたての新人レーサーまで出場するルーキーシリーズ。本命党にはあまり好まれないレースですが、クセさえ掴んでしまえば「特大万舟ゲット」も可能な美味しいレースです!

最後に、ボートレース界をしょって立つ「トップレーサーの登竜門」でもあるので、推しレーサーがいない方には絶好のレースかも。ピチピチのイケメンや美女も沢山いますよ(笑)

よかったらシェアしてね!

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます
閉じる