競艇初心者向けの予想ハウツー

2024年にA1級初昇格!上位グレードに参戦する若手レーサー

2024年後期にA1級初昇格した5000番台レーサー

2017年11月以降にデビューした5000番台の中で、2024年後期(2023年11月1日~2024年4月30日)に”A1級初昇格”を果たした若手レーサーを紹介します。

参考までに、A1級昇格に必要な条件を少しだけ。

2024年後期の勝率ボーダーは6.23。その基準をクリアしたうえで、出走回数90回以上・事故率0.70以下の選手。

上位20%しか到達できない厳しい条件。しかし、達成した先には原則A1級レーサーしか選出されないSGの出場資格、優先的な斡旋など、賞金を稼ぎやすい待遇が待っているのです。

はたして、今回紹介する若手のA1級レーサーたちはどんな活躍を魅せてくれるのか?

勝てる”無料予想”はこちら

ボートぴあ」の無料予想はお世辞抜きで優秀。しかも、その予想を本日から0円で利用できます。

約1ヵ月間の検証実績は、的中率63%・回収率200%超え。これほど質の高い競艇予想は滅多にありません。

とりあえず5レースほど試し、あなたの目で凄さを実感してください!

気になる項目へジャンプできます

2024年後期に初A1級昇格した注目の若手レーサー

A1級昇格が適用されるのは2024年7月1日~12月31日。よって、オフィシャルサイトの選手ページの情報もその時期に合わせて更新されます。

競艇の級別審査については以下の記事をご覧ください。

若林義人(わかばやしよしと)

2024年後期に初A1級昇格した若手レーサー「若林義人(わかばやしよしと)」
公式画像若林義人(122期)
名前若林義人(わかばやしよしと)
登録番号5034(122期)
デビュー日2018年5月17日
2024年後期
適用成績
出走回数:132回
1着数:29回
勝率:6.36
1着率:21.9%
2連対率:48.4%
3連対率:70.4%
優出回数:3回
優勝回数:0回

静岡支部に所属する122期レーサー「若林義人」。

A2級に昇格した2023年頃から急成長を遂げ、5度目の優出となった3月の浜名湖で初優勝。さらに、5月の福岡でも2勝目を達成し、飛ぶ鳥を落とす勢いでA1級へ駆け上がりました。

既にG1以上のグレードで活躍する同期の「畑田汰一・中村日向安河内健」。今節から若林も加わるので、122期の大旋風が巻き起こるかも。

同期でG1タイトルを獲得したのは、今のところ中村日向のみです。

田頭虎親(たがしらとらちか)

2024年後期に初A1級昇格した若手レーサー「田頭虎親(たがしらとらちか)」
公式画像田頭虎親(122期)
名前田頭虎親(たがしらとらちか)
登録番号5037(122期)
デビュー日2018年5月16日
2024年後期
適用成績
出走回数:150回
1着数:36回
勝率:6.31
1着率:24.0%
2連対率:45.3%
3連対率:68.0%
優出回数:3回
優勝回数:0回

香川支部に所属する122期レーサー「田頭虎親」。

2023年6月に美人レーサー”石丸小槙”と電撃結婚し、2024年後期に初のA1級昇格!公私ともに絶好調の田頭ですが、8回も優出に進出しながら初優勝は未達成。

ただ、2023年2月に出場した地元地区戦では、初日1走目に5コースからまくり差しでG1初勝利。トップレーサーとも対等に戦える実力は証明済みです。

田頭実は父親?とよく見かけるけど、全く関係ありませんので。

香川支部「田頭虎親・石丸小槙」が電撃結婚!6月5日に入籍

西岡成美(にしおかなるみ)

2024年後期に初A1級昇格した若手レーサー「西岡成美(にしおかなるみ)」
公式画像美人レーサー「西岡成美」
名前西岡成美(にしおかなるみ)
登録番号5056(123期)
デビュー日2018年11月26日
2024年後期
適用成績
出走回数:125回
1着数:30回
勝率:6.43
1着率:24.0%
2連対率:45.6%
3連対率:64.0%
優出回数:3回
優勝回数:0回

徳島支部に所属する123期レーサー「西岡成美」。

2021年7月12日の初優出を機に勝率を伸ばし、2023年6月の鳴門混合戦で初V達成。そのあたりからさらに強さを増し、世代トップクラスの女子レーサーに成長しました。

そして、実力もさることながら、見た目の可愛さも一級品!なのですが、2023年1月、同期の眞鳥章太と入籍していたことが判明。当時、なるみんロスに陥ったファンは相当いたはず。

かくいう私もその一人。でも、人妻だろうがこれからも推しを続けていくつもりですw

前原大道(まえはらひろみち)

2024年後期に初A1級昇格した若手レーサー「前原大道(まえはらひろみち)」
公式画像前原大道(123期)
名前前原大道(まえはらひろみち)
登録番号5.58(123期)
デビュー日2018年11月21日
2024年後期
適用成績
出走回数:98回
1着数:25回
勝率:6.38
1着率:25.5%
2連対率:44.9%
3連対率:69.3%
優出回数:3回
優勝回数:0回

岡山支部に所属する123期レーサー「前原大道」。

デビュー当時から優れた実績を残し、2年目にして大村で初優出達成。その後も安定感の走りを続け、2023年6月の津ルーキーシリーズ第9戦で初優勝を果たしました。

A1級になった今では手遅れかもしれませんが、前原が人気薄のレースは絶対に買い!

進入コース問わず連対率は激高なので、そうしたレースを探してガッポリ稼いじゃいましょうw

前原大道は123期養成所チャンプに輝いた逸材!

中島秀治(なかじましゅうじ)

2024年後期に初A1級昇格した若手レーサー「中島秀治(なかじましゅうじ)」
公式画像中島秀治(124期)
名前中島秀治(なかじましゅうじ)
登録番号5075(124期)
デビュー日2019年5月16日
2024年後期
適用成績
出走回数:156回
1着数:42回
勝率:6.62
1着率:26.9%
2連対率:53.8%
3連対率:68.5%
優出回数:6回
優勝回数:1回

滋賀支部に所属する124期レーサー「中島秀治」。

同期では「末永和也」に次いで期待された若きホープ。デビュー1ヵ月で初勝利を挙げると、2021年12月に初優出、2023年5月に初優勝。また、初Vから驚異的な活躍を披露しています。

ちなみに、中島の師匠は「守田俊介」と言われていますが、実は以下の条件をクリアするまで弟子ではないらしい(守田談)。

  • 琵琶湖の漁業権取得
  • 狩猟免許の取得
  • (フレディ・マーキュリーぐらい)毛を生やす

デビューしてから1つも達成しておらず、現時点では正式に弟子と認めていないようですw

中島秀治は守田俊介の弟子?

冗談はさておき、艇界を代表するSGレーサーに育ててもらえるベストな環境。師匠と肩を並べる日はそう遠くない気がしています。

砂長知輝(すなながともき)

2024年後期に初A1級昇格した若手レーサー「砂長知輝(すなながともき)」
公式画像砂長知輝(125期)
名前砂長知輝(すなながともき)
登録番号5112(125期)
デビュー日2019年11月27日
2024年後期
適用成績
出走回数:133回
1着数:36回
勝率:6.28
1着率:27.0%
2連対率:46.6%
3連対率:61.6%
優出回数:3回
優勝回数:0回

埼玉支部に所属する125期レーサー「砂長知輝」。

A1級でバリバリ活躍する「定松勇樹」を追いかけ、5期目にしてA級へ昇格。そして、2023年には初優勝含む2勝を挙げ、2024年後期ついにA1級昇格を果たしました。

G1初出場となった2023年2月の江戸川では、トップレーサー相手に1着2回、3着2回と大暴れ。G1以上の経験はそれのみですが、定松に負けず劣らずの素質を秘めた選手だと感じています。

近い将来、大躍進する可能性の高い若手レーサーといってでしょう。

仲道大輔(なかみちだいすけ)

2024年後期に初A1級昇格した若手レーサー「仲道大輔(なかみちだいすけ)」
公式画像仲道大輔(127期)
名前仲道大輔(なかみちだいすけ)
登録番号5166(127期)
デビュー日2020年11月6日
2024年後期
適用成績
出走回数:119回
1着数:24回
勝率:6.32
1着率:20.1%
2連対率:47.9%
3連対率:67.2%
優出回数:4回
優勝回数:0回

愛知支部に所属する127期レーサー「仲道大輔」。

パンチパーマがトレードマークで、艇界のエンターテイナー「西山貴浩」の後継者とも言われる人気レーサーです。

実力に関してもデビュー当時から注目の存在でしたが、仲道が覚醒したのは2023年に入ってから。5月に初優出&初優勝を果たすと、2024年も5月時点で既に優出3回。

127期で天才と評された「清水愛海」を凌ぐ活躍で、2024年後期最年少のA1級初昇格を成し遂げました。

そんな仲道大輔の魅力といえば、稀に発動するチルト3度!もし、伸び仕様にして人気薄だった場合は、一撃に期待して狙う価値あり。

【番外編】石本裕武(いしもとひろむ)

2024年後期に初A1級昇格した若手レーサー「石本裕武(いしもとひろむ)」
公式画像石本裕武(131期)
名前石本裕武(いしもとひろむ)
登録番号5267(131期)
デビュー日2022年11月3日
2024年後期
適用成績
出走回数:151回
1着数:51回
勝率:6.19
1着率:33.7%
2連対率:48.3%
3連対率:61.5%
優出回数:2回
優勝回数:1回

大阪支部に所属する131期レーサー「石本裕武」。

2024年後期は惜しくもA1級昇格を逃しましたが、彼の存在だけは絶対に知っておく必要があると思ったので…

正直、今はまだ粗削りな部分が多く、期間内の転覆は4回。さらに、2024年3月・4月には2本のフライングを切り、内1本は非常識なF(.09)を犯してしまう荒っぽさ。

しかし、石本裕武は2022年11月にデビューしたばかりの新人さん。

95日間のF休みで来期も昇格は難しそうだけど、近い将来、間違いなくSGの中心人物になるはず。

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます