競艇初心者向けの予想ハウツー

競艇漫画モンキーターンとは?登場人物&モデルの選手など

競艇漫画モンキーターンとは?登場人物&モデルの選手など

競艇ファンのみならず、パチスロ好きにも愛される漫画「モンキーターン」。

週刊少年サンデーで約10年間(1996~2004年)連載され、単行本の総発行部数は1000万部以上。今もなお絶大な人気を誇り、競艇界では伝説となっている漫画です。

そして、モンキーターンには”実在する選手”がモデルになっている人物も。その選手を把握しておくと、より楽しく読むことができるでしょう。

そこで今回は、モンキーターンの基本情報をはじめ、モデルとなった競艇選手まで全てまとめていこうと思います!

勝てる”無料予想”はこちら

ボートぴあ」の無料予想はお世辞抜きで優秀。しかも、その予想を本日から0円で利用できます。

約1ヵ月間の検証実績は、的中率63%・回収率200%超え。これほど質の高い競艇予想は滅多にありません。

とりあえず5レースほど試し、あなたの目で凄さを実感してください!

気になる項目へジャンプできます

漫画「モンキーターン」とは?

モンキーターンとは、河合克敏(かわいかつとし)によって描かれた競艇漫画。

漫画名モンキーターン
作者河合克敏
出版社小学館
連載期間1996年~2004年
発行日1997年3月15日
巻数全30巻
TV放送2004年1月10日~12月18日

第1回コミックグランプリ受賞作「帯をギュッとね!」の連載が終わった1996年、担当編集者から競艇漫画を打診され、取材先の平和島で見たレースに感銘を受けて執筆を開始。

週刊少年サンデーの連載期間は1996年~2004年。また、2004年1月10日~12月18日にはテレビ東京でアニメ化されました。

誕生のきっかけは濱野谷憲吾

漫画モンキーターンとは?誕生のきっかけは濱野谷憲吾

河合克敏がモンキーターンを描くきっかけは、平和島競艇場で「濱野谷憲吾」のレースを観戦したこと。

週間サンデーの編集者に「競艇の漫画をやらないか?」と言われ平和島に取材しに行ったところ、当日の第12レース、2周2マークで大逆転劇を目の当たりにしたらしい。その選手というのが濱野谷だったのです。

そうした経緯もあって、河合氏は「彼をモデルとして描いでいこう」と決めます。

主人公と濱野谷憲吾の類似点
  • 名前(波多野憲二・濱野谷憲吾)
  • ルックス
  • 出身地(東京都世田谷区)
  • 所属支部(東京支部)

ただし、イメージ上のモデルは濱野谷ですが、物語上のエピソードは他2選手がモデルになっています。

パチスロ台としても大人気の機種

漫画モンキーターンのパチスロ台「スマスロモンキーターンV」
漫画モンキーターンのパチスロ台「パチスロ モンキーターンⅣ」
漫画モンキーターンのパチスロ台「パチスロ モンキーターンⅢ」
漫画モンキーターンのパチスロ台「パチスロ モンキーターンⅡ」
漫画モンキーターンのパチスロ台(初代機種)

モンキーターンは”パチスロ機”としての大人気!2011年に初代モンキーターンが導入され、現在に至るまで5つの機種が登場しています。

中でも注目が集まるのは「スマスロモンキーターンV」。ループ率約83%の上位AT(青島SG)を搭載するなど、スロットファンの評判はまずまずのようです。

モンキーターンの登場人物

競艇漫画モンキーターンの登場人物「波多野憲二」
波多野憲二
競艇漫画モンキーターンの登場人物「洞口雄大」
洞口雄大
競艇漫画モンキーターンの登場人物「青島優子」
青島優子
競艇漫画モンキーターンの登場人物「榎木祐介」
榎木祐介
競艇漫画モンキーターンの登場人物「蒲生秀隆」
蒲生秀隆
競艇漫画モンキーターンの登場人物「浜岡猛」
浜岡猛
競艇漫画モンキーターンの登場人物「潮崎俊也」
潮崎俊也
競艇漫画モンキーターンの登場人物「洞口武雄」
洞口武雄
競艇漫画モンキーターンの登場人物「櫛田千秋」
櫛田千秋
競艇漫画モンキーターンの登場人物「犬飼軍志」
犬飼軍志
競艇漫画モンキーターンの登場人物「小林瑞木」
小林瑞木
競艇漫画モンキーターンの登場人物「光瀬明」
光瀬明
競艇漫画モンキーターンの登場人物「生方澄」
生方澄
競艇漫画モンキーターンの登場人物「城ヶ崎ありさ」
城ヶ崎ありさ
競艇漫画モンキーターンの登場人物「高橋香子」
高橋香子
波多野憲二本作の主人公
洞口雄大主人公と同期。洞口武雄の息子
青島優子主人公と同期。原作者一番のお気に入り
榎木祐介艇王と呼ばれる最強レーサー
蒲生秀隆登場機会の多いSGレーサー
潮崎俊也人気・実力トップクラスのイケメン
浜岡猛東京支部で頼りになる先輩
洞口武雄洞口雄大の父親。愛知の巨人
櫛田千秋クッピーの異名を持つ女子最強レーサー
犬飼軍志北陸の狼と呼ばれるベテラン
高橋香子美人で人気のあるレポーター
生方澄波多野を支える幼馴染の同級生
城ヶ崎ありさ生方澄の親友でクセ強キャラ
山崎正彦主人公と同期。ほぼ出番なし
岸本寛主人公と同期。光瀬明と交際
三船正義主人公と同期
河野一実主人公と同期。既婚者で子供あり
勝木景虎主人公と同期。蒲生秀隆に弟子入り
小林瑞木主人公と同期の美人レーサー
古池勘一東京支部で主人公の師匠
前島治古池勘一と同期
江上修二東京支部。主人公と同じペラグループ
萩原麻琴東京支部。気が強い美人レーサー
和久井錠司東京支部で潮崎俊也と同期
多尾努東京支部の先輩
沖田龍一郎東京支部の後輩
光瀬明東京支部。岸本寛と交際
波多野元太郎主人公の父親
波多野法子主人公の母親。賞金の管理を担う
波多野紘一主人公の兄。後に銀行員
波多野はづき主人公の姉
波多野かんな主人公の妹
波多野ウメ主人公の祖母

他にも登場人物は沢山いるので、気になる方は原作で確認してください!

漫画モンキーターンのモデル

モンキーターンのモデルになった競艇選手を紹介します。

濱野谷憲吾(波多野憲二)

漫画モンキーターンのモデル「濱野谷憲吾(波多野憲二)」
名前濱野谷憲吾(はまのやけんご)
登録番号3590(70期)
生年月日1973年11月8日
身長/体重169㎝/57㎏
出身/所属東京都/東京支部
デビュー日1992年5月19日
波多野憲二の人物像

プロ野球選手を夢を諦め競艇選手を目指す。本栖研修所では転覆王と呼ばれD班に配属されるが、卒業記念レースで優勝を果たすまでに成長。その後、様々な苦難を乗り越えSG優勝へ挑む。

漫画モンキーターンが生まれるきっかけとなった「濱野谷憲吾」。

主人公の波多野憲二と共通点が多く、見た目・名前・出身地・支部の他に、SG初制覇を達成した大会(全日本選手権)も設定が同じです。

まさしく”濱野谷憲吾の若い頃”を映し出した内容ですが、本作に描かれているエピソードは別の選手もモデルになっています。

漫画モンキーターンのモデル「平田忠則(波多野憲二)」
平田忠則
漫画モンキーターンのモデル「植木通彦(波多野憲二)」
植木通彦

平田忠則はデビューして1年が過ぎた頃、左手に怪我を負って半年程度のリハビリを経験。植木通彦は大怪我を負った桐生競艇で復帰戦を果たし、後に”不死鳥”と呼ばれるように。

本作ではほぼ同じエピソードが描写されています。

仲口博崇(洞口雄大)

漫画モンキーターンのモデル「仲口博崇(洞口雄大)」
名前仲口博崇(なかぐちひろたか)
登録番号3554(69期)
生年月日1972年8月3日
身長/体重164㎝/52㎏
出身/所属愛知県/愛知支部
デビュー日1991年11月16日
洞口雄大の人物像

優秀な成績で卒業後、若手No.1として活躍。デビューのきっかけは父(洞口武雄)を倒すことだったが、次第に父の偉大さに気づき弟子入り。波多野を下すためイン屋に転向し、激戦を繰り広げていく。

一時期、思いを寄せていた青島と交際するが、いろいろあって別れを告げられる。

波多野と良きライバル”洞口雄大”のモデルは「仲口博崇」。

また、親子レーサーである仲口博崇と同様に、洞口雄大の父親も”愛知の巨人”と呼ばれる洞口武雄。この関係性から、洞口武雄は仲口の父「仲口俊博」がモデルという説と、実績面で「野中和夫」という説があります。

ちなみに、仲口博崇の師匠「大嶋一也」さんも、キーパーソンとなる人物のモデルに起用されています。

仲口博崇は2024年4月に”2500勝”を達成しました!

仲口博崇が2500勝達成!デビュー32年&史上43人目の快挙

日高逸子(青島優子)

漫画モンキーターンのモデル「日高逸子(青島優子)」
名前日高逸子(ひだかいつこ)
登録番号3188(56期)
生年月日1961年10月7日
身長/体重155㎝/49㎏
出身/所属宮崎県/福岡支部
デビュー日1985年5月23日
青島優子の人物像

借金返済や家族を養うため競艇選手に。持ち前の実力で成績を上げていき、やがて女子のトップレーサーに成長。

本当は波多野に好意を寄せていたが、彼女がいたことで洞口雄大の交際を受け入れる。しかし、レースの考え方でぶつかり破局。その後、波多野と交際を始めたものの、最終的にフラれる。

モンキーターンのヒロイン役”青島優子”のモデルは「日高逸子」。

1985年のデビューからもうすぐ40周年。子宮全摘出と卵管切除の大手術、フライング3本で長期離脱などの苦難を乗り越え、今現在も最年長女子レーサーとして現役で活躍中です。

青島優子の日高逸子の共通点は、宮崎出身であることと、かわいいルックスながら酒癖の悪い女の子。日高も宮崎出身で酒豪らしいので、青島のモデル説は濃厚かと。

さらに、青島モデルと言われている選手がもう一人。

漫画モンキーターンのモデル「中里優子(青島優子)」

同じ名前(優子)、濱野谷憲吾と同期の「中里優子」。ただ、日高逸子ほどの類似点はないため、実際のところは関係者しか分かりません。

今最も稼げる”無料”の競艇予想

BEE-BOAT」はこんな人におすすめ。

  • 勝ち方が分からない
  • 簡単なレースを選べない
  • 本物の無料予想がほしい

無料予想がとにかく優秀!約1ヵ月の検証では的中率60%以上&プラス収支を達成済み!

競艇の楽しさをいまいち理解していない方、試さないとマジで損しますよ。

いきなり予想を購入せず”無料予想”からお試しください。

植木通彦・今村豊(榎木祐介)

漫画モンキーターンのモデル「植木通彦・今村豊(榎木祐介)」
名前植木通彦今村豊
登録番号3285(59期)2992(48期)
生年月日1968年4月26日1961年6月22日
身長/体重165cm/51kg162㎝/50㎏
出身/所属福岡県/福岡山口県/山口支部
デビュー日1986年11月21日1981年5月7日
引退日2007年7月18日2020年10月8日
榎木祐介の人物像

デビュー3年目でSG優勝し、3年連続で賞金王を獲得。グランドスラム達成が迫る中、波多野・洞口ジュニアらと熾烈な戦いを繰り広げていく。

モンキーターンで”艇王”の異名を持つ榎木祐介のモデルは2人。

リアルのボート界で艇王と呼ばれた「植木通彦」と、艇界のプリンスこと「今村豊」。当時、最強レーサーと評された2人を合体させたことで、榎木祐介の絶対的強さを作り上げたのでしょう。

山室展弘(蒲生秀隆)

漫画モンキーターンのモデル「山室展弘(蒲生秀隆)」
名前山室展弘(やまむろのぶひろ)
登録番号3070(51期)
生年月日1961年6月8日
身長/体重169㎝/52㎏
出身/所属岡山県/岡山支部
デビュー日1982年11月13日
蒲生秀隆の人物像

榎木の1期先輩。SG優勝戦のフライングがきっかけでSGに出場しなくなる。そんな中、波多野との対戦を機にSGへの気持ちが蘇り、長い期間を経て大舞台に舞い戻ってくる。

天才レーサー”蒲生秀隆”のモデルは、新鋭王座決定戦競走の初代王者、そして1999年全日本選手権覇者「山室展弘」。

設定上で酷似しているのは、実力があるのに「SG・G1」に出場していなかった点。

山室はインタビュー嫌い、蒲生はSG優勝戦のフライング。それぞれ斡旋を避ける理由は違いますが、こうした”変わり者”の部分を参考にしてそうな気がします。

山崎智也(潮崎俊也)

漫画モンキーターンのモデル「山崎智也(潮崎俊也)」
名前山崎智也(やまざきともや)
登録番号3622(71期)
生年月日1974年3月11日
身長/体重165㎝/55㎏
出身/所属群馬県/群馬支部
デビュー日1992年11月21日
引退日2022年4月13日
潮崎俊也の人物像

SGで優勝する腕前ながら、艇界の貴公子と呼ばれるルックスを併せ持つ才色兼備レーサー。

モンキーターンで一番のイケメン”潮崎俊也”はもちろん、艇界の貴公子と呼ばれていた「山崎智也」。

実は潮崎俊也のキャラが登場する前、河合克敏(作者)と山崎は面会していたらしい。その際、河合の前作「帯をギュッとね!」と「モンキーターン」の愛読者であることを伝え、河合自身も山崎のファンになったと公言しています。

それ以上の詳細は不明ですが、2人が面会していなかったら”潮崎俊也”という人物はいなかった可能性もありそう。

いずれにしても、潮崎俊也×山崎智也は全てにおいて似すぎ(笑)

矢後剛(浜岡猛)

漫画モンキーターンのモデル「矢後剛(浜岡猛)」
名前矢後剛(やごたけし)
登録番号3347(62期)
生年月日1967年2月11日
身長/体重164㎝/54㎏
出身/所属静岡県/東京支部
デビュー日1988年
浜岡猛の人物像

波多野の兄貴分で面倒見が良く、レーサーとしての実力も一級品。ただ、作中ではお笑い担当のキャラが強め。

主人公と同じ東京支部のムードメーカー”浜岡猛”のモデルは、2000年に総理大臣杯を制したSGレーサー「矢後剛」。

1988年のデビュー当時は静岡支部に所属。その後、実家の転居で東京支部に移籍した頃から成績が上昇していき、2000年・2005年と重賞タイトルを獲得。遅咲きの苦労人と言えるでしょう。

モデルとなった浜岡猛も似た感じ。初勝利まで10ヵ月、デビューから4期連続B2級など、実績が出だしたのは遅め。

それに、見た目や明るい人間性もかなり寄せてる気がしますw

寺田千恵(櫛田千秋)

漫画モンキーターンのモデル「寺田千恵(櫛田千秋)」
名前寺田千恵(てらだちえ)
登録番号3435(65期)
生年月日1969年4月11日
身長/体重157㎝/45㎏
出身/所属福岡県/福岡支部
デビュー日1989年11月
櫛田千秋の人物像

女子にしてSG優出を果たす福岡支部のツヨカワレーサー。後輩からも慕われ、特に青島への期待が大きい。

女子最強レーサー”櫛田千秋”のモデルは、長年女子界のトップに君臨している「寺田千恵」。

後輩たちから人望が厚く、レースに対する向き合い方。そして、2001年に成し遂げた女子レーサー初のSG優出など、櫛田千秋の強さに相応しい設定だと思います。

そんな寺田千恵も50台半ばのベテランレーサー。

2004年前期から続くA1級はいつまで維持できるのか?2010年ぶりのG1優勝は達成できるのか?今後の活躍から目が離せません!

大嶋一也(犬飼軍志)

漫画モンキーターンのモデル「大嶋一也(犬飼軍志)」
名前大嶋一也(おおしまかずや)
登録番号3010(49期)
生年月日1958年1月28日
身長/体重163㎝/53㎏
出身/所属愛知県/愛知支部
デビュー日1981年11月5日
引退日2017年11月9日
犬飼軍志の人物像

北陸の狼と呼ばれる福井支部のA1級レーサーで、弱点を無抜く力に長けている。プロペラは自作すべきという考えから、ペラの提供を受ける波多野・洞口と衝突することも。

犬飼軍志のモデルは、トレードマークである口髭がそっくりな「大嶋一也」。

艇界屈指のインレーサーとして活躍し、1999年グランドチャンピオンでSG初制覇。SGはそれのみですが、13回のG1V含む94勝・勝率7.09・通算2532勝と驚異的な成績を残しています。

高橋香代(高橋香子)

漫画モンキーターンのモデル「高橋香代(高橋香子)」
名前高橋香代(たかはしかよ)
生年月日非公表
身長/体重非公表
出身北海道紋別郡上湧別町
高橋香子の人物像

当初は競艇クイーンを務めるが、後にレポーターへ転身。研修所時代から波多野とは交流があり、レース開催時に度々登場する。

美人レポーター”高橋香子”のモデルは、2代目モーターボートクィーンに選出された「高橋香代」さん。

一文字違いの名前、当時の競艇CMに多数出演するなど、作中の役柄と本人はほぼ同じ。漫画と現実の共通点だけで見れば、高橋香代が最も近いモデルかもしれませんw

現在の活動状況を調べてみましたが、日本の芸能界にはいないっぽい。少なくともボートレースとの関わりはなさそうです。

まとめ

競艇ファン必読の「モンキーターン」。

内容が面白いだけでなく、競艇を楽しむために必須の専門知識を習得できます。さらに、一昔前の業界を知ることができるので、読んで損した気持ちになる人はいないはずです!

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます