無料で10万円以上勝てる予想サイト

史上最強のB1級「峰竜太」が復帰!歴史に名を残した記録まとめ

峰竜太の成績まとめ!競艇史に残る1位&不名誉な1位

結論、峰竜太はボート界に欠かせない存在

出場停止で峰不在となってる間、遠藤エミの女子史上初SG制覇をはじめ、原田幸哉が制したSGオールスターなど、競艇ファンが熱くなる出来事は沢山ありました。

ただ、何かが足りないんです。おそらくそれは「峰竜太」であり、自分では気づかないだけで峰ロスに陥っていたような…。

「いやいや、峰竜太なんてもう戻って来なくていい」

もちろん、そういった意見も沢山あるでしょうが、艇界No.1がいない状態で1位を決めるのは虚しくないですか?選手もファンも”真のNo.1”を求めていると思うので、過去の過ちは一旦保留し、実績のみの評価をしてあげてください。

そこで今回は、峰竜太の凄さを改めて理解してもらうため、競艇史に残る記録をまとめておきます。これを見ればスーパースターであることを再認識するはず!

競艇界の峰竜太まとめ!成績・年収・嫁など異次元すぎだろ

正直、勝ちたいなら利用しないと損です

ゴールドシップPR

ゴールドシップ」はこんな予想サイト。

  • 無料の的中率は業界トップクラス
  • 利用者のリピート率85%以上
  • 入会ボーナスで有料予想を試せる

とやかく言う前に、実際に利用すれば凄さに気づきます。

特に、競艇でマイナス続きの「初心者・中級者」なら満足度は高いはず。冗談抜きで勝てるので、まずは無料だけでもお試しください!

限定キャンペーンお見逃しなく!
会員登録後、問い合わせから「キャンペーン増額希望」と送信すれば、初回ptとは別に5,000円分のポイントが貰えます。

気になる項目へジャンプできます

峰竜太が艇界のスーパースターである証拠

それでは早速、峰竜太がこれまでに残した輝かしい記録を紹介します。

デビュー2年目にして最高峰のSG初出場

いくら実力のあるボートレーサーでも、SGに出場するまで5~10年ほどの期間を要します。

そんな中、峰竜太はデビュー2年目、若干22歳の若さで第34回笹川賞(オールスター)に初出場を果たす快挙。また、初日の6Rに出走し、4コース(3号艇)からまくり差しでSG初勝利を飾っています。

この頃から成績は上昇していき、2009年には自己最多となる7勝を記録。勝率も7点台に乗せ、れっきとしたトップレーサーの仲間入りを果たします。

  • 2004年:勝率3.96(0勝)
  • 2005年:勝率5.06(1勝)
  • 2006年:勝率6.38(2勝)
  • 2007年:勝率6.62(3勝)
  • 2008年:勝率6.66(4勝)
  • 2009年:勝率7.48(7勝)

ご覧の通り、ルーキーとは思えない好成績。峰竜太のスター街道はデビュー直後から始まっていたのです。

6年連続で勝率1位(2015~2021)

年度 勝率(順位) 1着率(順位) 2連対率(順位)
2015 8.59(1位) 48.23(1位) 73.76(1位)
2016 8.07(1位) 42.15(3位) 63.22(6位)
2017 8.36(1位) 37.80(5位) 58.66(12位)
2018 8.25(1位) 38.91(5位) 61.87(5位)
2019 8.74(1位) 47.11(2位) 69.01(2位)
2020 8.71(1位) 48.38(1位) 71.12(1位)
2021 8.62(1位) 41.26(5位) 64.57(4位)

競艇の勝率とは、各選手の成績を点数で表したもの。

着順点÷出走回数=勝率

上記の計算方法によって算出され、年に1回行われる「級別審査」などの参考データとして活用されます。

難しい話はこの辺にして、勝率は「ボートレーサーの強さを映し出した数値」といっても過言ではありません。よって、峰選手の6年連続1位は、6年No.1レーサーだった訳です。

ちなみに、8点台の勝率を6年も継続した選手は、過去20年のデータを見る限り峰竜太1人。それほど凄い記録であり、超える選手は現れないかもしれません。

競艇の勝率ってどんな仕組み?計算方法や着順点など12のこと

ファン投票の得票数5年連続1位(SGオールスター)

年度 得票数(順位) 結果
2017年 16,238票(1位) 予選敗退
2018年 14,383票(1位) 準優敗退
2019年 28,420票(1位) 優出3着
2020年 22,459票(1位) 準優敗退
2021年 34,968票(1位) 優勝

毎年開催されるボートレースの祭典「SGオールスター」。

前年の覇者やグランプリ優勝戦出場者、当年のクラシック優勝者などを除き、出場する選手を”ファン投票”によって決めるレース。言わば「その年の人気レーサーNo.1」を決める戦い。

そのレースにおいて、峰竜太は2017年から5年連続で得票数1位を獲得。さらに遡ると、1位ではないものの11年連続でオールスターに選出されています。

これを艇界のスーパースターと呼ばずなんと呼べば良いのか?

2022年度は出場停止処分となって途中から除外となったものの、そのまま投票されていたらおそらく1位だったでしょう。それほど峰竜太というボートレーサーは強く、舟券から外せない存在なのです。

MVP含む史上初の5冠達成!

史上初の5冠達成!最優秀(MVP)獲得出典:ズバっと!ボート

グランプリ覇者となって1億円の賞金を手にした2021年。この年、ボートレース界で最も活躍した選手に贈られる「最優秀選手(MVP)」含む、史上初の5冠を達成!

  • 最優秀選手
  • 賞金王(2億5,302万円)
  • 最高勝率(勝率8.71)
  • 最多勝利数(134回)
  • 記者大賞

上記1つ獲得するだけでも凄いのに、峰選手は同時に5つも成し遂げてしまう剛腕。

実際、2020年度の峰竜太は恐ろしく強く、優勝回数はなんと14回。A1級のトップレーサーでも彼の勢いを止めることはできず、出場する全てのレースで勝っていたように思えます。

2021年の優秀選手は「瓜生選手」に受け渡しましたが、グランプリ優勝戦の転覆さえなければ2年連続で選ばれていたはず。

管理人
紹介したこと以外にも、輝かしい功績はめちゃくちゃあります。要するに…

峰竜太は艇界No.1レーサーであり、この業界になくてはならない存在ということ。彼がどんなに嫌われようが、それだけは紛れもない事実です。

競艇史に残る不名誉な記録

良いことばかりでなく、峰竜太のダークな部分も紹介しておこうと思います。ただ、これからの活躍を邪魔したくないので、あくまで”過去のこと”だと認識したうえでご覧ください。

アンチ急増の峰竜太。出場停止の理由&過去最悪の評判まとめ

グランプリ優勝戦で史上最高額となる返還

今となっては伝説となった2021年グランプリの優勝戦

賞金ランキング1位でグランプリ3日目からとなった峰竜太。1号艇として出場した1走目は、他艇を寄せ付けない鮮やかなイン逃げを決めます。そして、4,5日目も不利な外側のコースから2着に入り、優勝戦は絶好の1号艇をゲット。

ちなみに、2021年は優勝8回、勝率8.62と無類の強さを発揮。オッズを見れば分かる通り、ほぼ全ての競艇ファンが峰の1着を予想していました。

峰竜太 グランプリ優勝戦で史上最高額となる返還

1号艇の峰選手を軸にした買い目は、2-1-345を除き全て万舟といったオッズ。イン逃げがいかに人気あったのか一目瞭然。

しかも、コンマ07の好スタートを切り、通常であれば順当に決まっていたはずですが…

瓜生選手のツケマイを阻止しようと焦ったのか、ターンマークに激突して転覆。さらに、峰竜太のボートに乗り上げてしまった丸野選手、平本選手、毒島選手も転覆失格。

結果的に2艇のみしかゴールすることができず、3連単は不成立となってしまいます。

峰竜太 グランプリ優勝戦で史上最高額となる返還②

不成立となった舟券は返還となりますが、4,5号艇以外を含めていた舟券は96.18%。実際に投票されていた売上は42億7752万円以上だったので、返還額は史上ワーストとなる「41億1426万3700円」。

その原因は明らかに峰選手だったこともあり、翌日に自信のSNSで謝罪しています。

年末最後の”厚張り”が全返還となってムカついたのは事実。でも、今思えば全力で勝ちいった結果である以上、仕方のないことだと感じています。

管理人
この返還事件が直接的な原因ではないけど、翌年の2月28日以降、ツイッターの更新はストップしています。

アンチの数もボートレーサーNo.1

峰竜太 アンチの数もボートレーサー1位出典:好き嫌い.com

人気者の宿命というべきか…。「好き嫌い.com」が実施しているアンケートでは、圧倒的に”嫌い”の割合が多い状況。

直接的な原因は分かりませんが、おそらく以下の行いが反感を買ったのでしょう。

  • 41億円返還を引き起こした転覆
  • レースそっちのけでゲーム配信
  • 競艇予想屋との怪しい関わり
  • 否定的なツイートは全て削除

はたして、出場停止明けとなる復帰戦(2022年6月30日)以降、元々の峰竜太ファンはどうなっていくのか?私は全力で応援したいと思ってますが、全員がそうなるとは限らないかも。

どちらにしても、以前のように圧倒的な強さを発揮してもらい、艇界のスーパースターを世間にアピールしてほしいですね。

峰竜太 アンチの数もボートレーサー1位②

現在は「ボートレーサー1位の嫌われ者」です。しかし、嫌いと言っている競艇ファンの中には”今の峰が嫌い”というだけで、昔の峰は大好きだった人も多いはず。

そういった人を振り向かせるためにも、今後のさらなる活躍を期待しておきましょう!

まとめ:峰竜太はレジェンド級の実力

競艇界の”レジェンド”と呼ばれるボートレーサーが時代ごとに誕生しています。

  • 彦坂郁雄:優勝回数179回(歴代最多)
  • 北原友次:通算勝利数3,417勝(歴代最多)
  • 今村豊 :オールスター出場35回(歴代最多)
  • 野中和夫:最高勝率9.53(歴代最高)
  • 松井繁 :生涯獲得賞金約40億円(歴代最多)

それぞれの選手が活躍した時代も違うし、戦ってきた相手も違うことから、No.1を選ぶことはできません。ただ、ひとつだけ言えるのは、どの選手も類を見ないほどめちゃくちゃ強いこと。

そのうえで、峰竜太の旋回力などこれまでの実績は、レジェンドたちと同等なのでは?個人的にはそう感じています。

この意見に関しては賛否あるかもしれません。でも、今後の活躍次第では仲間入りできる可能性は十分ありますし、同じ時代を生きる1人のファンとして、そうなってくれることを願っています!

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます
閉じる