パチンコが勝てない理由や仕組み。ほぼ負けるのにまだ打つ?

パチンコは99%勝てない仕組み。人生やめたいなら続ければ

18歳の誕生日から20代中盤まで”人生を賭けて”打ち続けたパチンコ・スロット。おかげで人生は破綻し「生きている意味」すら見失った時期がありました。

ただ、奇跡的にパチンコ依存症を克服し、こうしてブログを書いたり、借金のことを考えず寝ることができている。他人に誇れるほどお金は持っていませんが、あの時期を思い返せばめちゃくちゃ幸せな人生を歩めています。

それにしても、当時はなぜ気づけなかったんだろう?99%勝てない仕組みは明らかなのに…。

パチンコ・スロット依存症」の人に言っても響かないでしょうが、このままやり続けて人生やめるつもり?改善したい気持ちがあるなら、あなたと同じ境遇から脱却した先輩の経験談を聞いてください。

気になる項目へジャンプできます

パチンコ屋が存続できる仕組み

世の中にある全てのギャンブルは「胴元が勝つ仕組み」で成り立っています。この当たり前のことを理解しておかないと、いつまで経っても”カモ”のままですよ。

ギャンブルの控除率および還元率

控除率 還元率
パチンコ 15~20% 80~85%
オンラインカジノ 3% 97%
競馬 20~30% 70~80%
競輪 25% 75%
競艇 25% 75%

※オンラインカジノについては説明しませんが、3%の控除率は120%嘘。パチンコより破産しやすいので絶対やらないように。「オンラインカジノは99%勝てない」が参考になります。

控除率とは、そのギャンブルを主催する企業や団体の「利益(粗利)」を意味します。

例えば、パチンコ店を運営する場合、土地の賃貸料・人件費・台の購入やメンテナンス費・光熱費といった経費が掛かります。当然、その経費を払い続けないと存続できないので、あらかじめ利益の割合を設定してあるのです。

その仕組みを理解したうえで上記の表を確認すると、パチンコは15~20%で、ユーザーに還元されるのは80~85%。この数値だけ見ると「公営ギャンブルより勝てそう」と思ったはずですが…

この控除率にこそカラクリがあります。

よく見る控除率は嘘!50%以上の可能性も

パチンコの15~20%という数値、実は20年以上前から何も変わっていません。

百歩譲って、全盛期(4号機など)の時代であれば、店単位で80%以上の還元をしていたかもしれません。しかし現在は、規制などによって利用者が激減してしまい、売上は当時の半分以下になった店舗がほとんどでしょう。

そんな状況でも新台投入はしないといけないし、賃貸料や光熱費はそのまま。人件費を多少削ることはできても大したコストカットにはなりません。

はたして15~20%の還元率で運営が成り立つのか?もちろん無理。そこで運営を継続するために講じる策というのが…

控除率・還元率の操作」です。

お金が足りなければユーザーに戻す割合を減らし、利益率を上げてしまえば全て解決します。パチンコ・スロットの売上は遊技料しかないので、この方法以外に生き抜く術はないのです。

ちなみに、全盛期だった1995年頃は30兆円産業とも言われていましたが、現在はその半分程度にまで減少。また、新型コロナの感染拡大によってさらに状況は悪化しており、2,900万人いた遊技人口は890万人まで落ち込んでいます。

もうお分かりですよね。ユーザーが70%程度減少したということは、そのショートした分を何とかしないといけない訳です。

中山泰三
胴元が年々厳しくなっていく状況で、これまで以上に勝つのは難しくなっていくでしょう。パチンコ屋に募金するの、そろそろ終わりにしませんか?

パチンコ・スロットが勝てない理由

たまに勝つことはあるけど、トータル収支は鬼のようにマイナス…」大抵のパチンコ・パチスロファンはこんな感じですよね。

なんで勝てないんだろう?そう思っている方に勝てない明白な理由を教えます。

機械割や当選確率はいくらでも操作可能

パチンコ・スロットが勝てない理由 機械割なんていつまで信用してるの?出典:DMMぱちタウン

設定6だと170分の1で107.4%も期待できんのか!最悪設定1でも97.6%以上あるし、このスペックなら勝てそうだな

少しでも前向きな思考回路の方、こんなクソデータ信用する価値のない情報です。

確かに、メーカーから発表されたデータは実際の数値かもしれませんが、おそらくこのデータを算出するまでに数万回、いや数十万回以上の試運転をしているはず。正直、それだけ回しても確率は収束しないのに、1000回程度回したところで何も参考になりません。

そもそも、台の設定は店側のさじ加減。パチンコにしても、利益を残すための釘調整だったら当選確率は意味を成しません。

要は、あなたを勝たせることも、負けさせることも店側の操作ひとつで大体決まるのです。

こんなユーザーに不利しかない賭け事、ギャンブルと呼ぶことはできません。店側の利益に貢献してくれる「カモビジネス」の方がよっぽどしっくりきます。

等価交換が禁止に(地域による)

東京都内のパチンコ店で「等価交換が禁止」になったのは記憶に新しいはず。

この交換率の変更によって行かなくなった人も多いようですが、そんなの関係ねえ!と通い続けているあなた、本気で将来を考えた方が身のためですよ。なぜなら、交換率の悪化によってさらに勝てなくなっているので。

当然、交換率が悪くなれば、これまでと同じ出玉であっても手元にくるお金は減ります。もし、減った分を補ってくれる出玉になればなんら問題はありませんが、当然そんなことはしてくれません。

一昔前より明らかに控除率は上がっているのに、加えて換金率まで下げてしまうとは…。

中山泰三
この現状を把握しておきながらパチンコを打ちにいく人って、ギャンブル依存の重症者か、相当なアホぐらいでしょう。

釘調整の取締りが厳しくなった

大前提として、パチンコ玉の流れを意図的に変える「釘調整」は風営法で禁止されています。ただ、実際のところ調整している店がほとんどで、中には10,000円の回転数が倍近く違うことも。

とはいえ、釘調整はユーザーの見方といっても過言ではないもの。

より回る台を打つことができれば勝率は上げることができ、回る台なら打つのをやめる。店側が釘調整をすることで、この判断をしやすくなるメリットがあったのです。しかし、勝ちに導いてくれていた釘調整も、徐々になくなっていく事件が続出しています。

群馬県内を中心にパチンコ店「Dステーション」を経営する「NEXUS(ネクサス)」(高崎市島野町)のみどり市の店舗に対し、県公安委員会が5日、風営法に基づき6カ月以内の営業停止の処分を決めた。県公安委の承認なしにパチンコ台の釘を曲げ、性能に影響を与えたことが違法とされた。

出典:朝日新聞

暗黙の了解で黙認されていた釘調整。最近になって取締りが強化され、上記の店舗では「営業停止処分(4か月)」の重たい処罰が下されました。

意外と知られていないことですが、メーカーから納入された状態の釘はあり得ないほどクソです。店舗側が調整しなくなった場合、1,000円で15回転も回らないのが当たり前となるかも。

イベントのない運ゲーでは勝てない

パチンコ・スロットが勝てない理由 イベントのない運ゲーでは勝てない

現代の若者には信じられないでしょうが、1990年代は「設定開示イベント」が日々開催されていました。しかも、現行の純増3枚といったスペックではなく、数時間で万枚出るような爆発機ばかり。

設定6確定台に座ることさえできれば、10万円ぐらいの勝ちはほぼ確定。身近で起こったケースでは、朝一から閉店まで当たりが止まらず、1日で50,000枚弱(約100万円)を出した友人もいます。

あの時代であれば「パチンコ・スロットは勝てる」と言っても嘘ではなかったでしょう。

しかし、今では設定開示はもちろん、イベントを示唆することが禁止されました。まさしく運任せ状態で、確かな情報もなく勝つことなんて不可能に近いと思います。

いやいや、毎日通い続ければ店側のクセも把握してくるし、勝率を上げるのは可能だから!

この考えが間違っているとは言いません。でも、それだけ熱心に研究していくら勝っているのか?仮に20万円程度しかプラスになっていない場合、その能力を他のことに費やせば倍以上の稼ぎを生むことができるはず。

結論、パチンコ・スロットは時間の無駄なんです。

パチンコ中毒者に忠告するデメリット

偉そうなことを言っている私も、パチンコ・スロットに嵌っていたクズです。その為、ついつい足を運んでしまう心情は察しますが、失うのは決してお金だけではないことを分かってほしい。

これから紹介する「パチンコによるデメリット」をまずは確認してください。そのリスクを理解してもやめられないなら、重度のパチンコ依存症だと認識した方が良いでしょう。

ギャンブル依存症になる

パチンコやスロットをやるうえで、最も注意したいリスクは「ギャンブル依存症」です。一応、ギャンブル依存症の定義を紹介しておくと…

一般的に「パチンコや公営競技のような賭け事にのめりこむことにより日常生活又は社会生活に支障が生じ、治療を必要とする状態」を指す。

出典:ギャンブル依存症予防回復支援センター

私自身を含め、周りにはギャンブル依存症がいたので、その怖さは身をもって体験しています。

パチンコ代のために犯罪に手を染めたやつなんて腐るほどいて、中にはたった200万円程度の借金で自己破産したやつも。一番記憶に残っているのはやはり自殺した友人。借金で首が回らなり、死ぬ前は精神状態もかなりおかしくなっていたそうです。

それほどまでに人間を壊していくパチンコ・スロット。ただ、この記事を見ている人は「なんとかしたい」と思っているはず。強い意志を持って挑めばきっと克服できると思います。

以下に、ギャンブル依存症のチェック項目を載せてきます。

  • ギャンブルの負けはギャンブルで取り戻す
  • 負けても勝っていると嘘をつく
  • 自分ひとりではギャンブル引退は不可能
  • ギャンブルが原因でトラブルになった
  • ギャンブルのために仕事や学校をサボった
  • ギャンブルの資金は生活費の一部
  • ギャンブル仲間が沢山いる
  • 今の状態がダメだと認識している
  • 他に没頭できる趣味などがない

該当した項目が5つ以上あった場合は、一人で解決するのが難しい可能性もあるので、依存症の専門機関に相談することをおすすめします。

負けたら地獄

パチンコで勝てたら天国ですが、負けたら地獄なのは言うまでもありません。

例えば、投資金が生活資金と別にあって、楽しむことが理由なら続けても問題はないと思います。ですが「今日の食事代を賭ける」「負けたら生活できない」といった、私生活に影響をきたすようになっていたら赤信号です。

正常な人間なら「なんでそこまでするのか意味不明」と感じることですが、パチンコ・スロットにはいるんです、魔物が。

では、魔物に憑りつかれてしまうとどうなるのか?

  • あと1万円あれば勝てるはず
  • 5万負けてるけど10万取り戻せばいい
  • 負けた分はなかったことにしよう

みるみるうちにお札は溶かされていき、最終的には一文無しになる。しかも、一度でも憑りつかれるとなかなか離れてくれず、よほど強い意志がない限りは死ぬまで付いてきます。

とにかくパチンコはやらないこと。これに尽きます。

時間潰しのつもりが閉店まで打ち続ける

パチンコに行く人の中には「勝てる勝てないはどうでもいい。ただの時間潰し」という考えの人もいると思います。ただ、入ってしまったが最後、大切な用事をキャンセルしてまで打ち続けるハメに。

パチンコあるあるですが…

  • 時間がない時に限って当たる
  • ケツに用事があるとに限ってSTに入る

休日などゆとりがある日はうんともすんとも言わないのに、長い時間打てない時に限って当たるもの。

そして、仕事(用事)かパチンコか?究極の選択に迫られます。それで前者を選べているうちはまだ救いようがありますが、後者を選ぶようになったらかなり危険な状態と認識してください。

嘘によって大切な人を失う

家族と交際相手と住んでいる場合「パチンコ屋に行ってくる」とは言えず、パチンコだとバレないように嘘をつきます。また、嘘をつくとその嘘を隠さないといけないので、大切な人に嘘をつくのが平気な思考回路となっていくのです。

ただ、パチンコ店に行っていることはいずれバレます。数回程度なら許してもらえるでしょうが、その時点で相手からの信頼は確実に失っています。

パチンコ依存症の人にありがちですが、たとえ大切な人から信頼を失ってもやめようとはしません。最悪のケースでは離婚してでもパチンコを優先してしまい、全てを失ってから気づいても時すでに遅し。

あなたの周りには誰ひとり残っていません。

人間関係が悪化していく

上記デメリットにも関連することですが、パチンコを始めてから人間関係が悪化するというのはよくある話です。

  • 預金が底をついて友人から借金するも返済しない
  • 家族に嘘がバレて関係がギクシャクした
  • 休日は子供と遊ぶよりパチンコを優先
  • パチンコ漬けで彼女からフラれる

パチンコには人間関係を悪化させるギャンブル。

テレビドラマや映画などでも、パチンコにのめり込んで闇金に手を出してしまい人生が終わる…といった末路はよく見ますよね?あれって現実に起こっていることで、それに近い経験をした私からすると大げさではないと感じています。

そして、パチンコは苦しむのはあなただけではありません。あなたの家族、友人、知人までも巻き込み、他人の人生さえも狂わしてしまう危険なギャンブルなのです。

騒音性難聴になる可能性がある

パチンコ店の大音量は「うるさい」と感じていますか?もし、なんとも感じないという方は「騒音性難聴」になっている可能性大です。

久々に行くと非日常の騒音に耐え切れず、お店を出てしまうほどの環境。店外にいても聞こえてくる音量ですし、実際に店中に長時間いたら耳が悪くなってしまうのは当然でしょう。

ちなみに、パチンコ店内の音を騒音計で調べると「約80~110デシベル程」。数値だけだと分からないと思うので、同レベルの騒音を紹介しておきます。

デシベル(db) 目安の騒音
110db ヘリコプターの付近・クラクション
100db 電車が通っている最中のガード下
90db 稼働中の工場内・人の大声・犬の吠え声
80db 走行中の地下鉄の車内・ピアノ音

110デシベルともなると、あなたのすぐ近くにヘリコプターが飛んでいたり、目の前でクラクションを鳴らされている状態となります。パチンコ店内ではそれと同じぐらいの音が鳴り響いているのです。

では、その騒音が耳に与える影響はどの程度あるのか?

騒音性難聴とは別名、職業性難聴、音響性難聴とも呼ばれ、その名の通り、職業性難聴とは騒音の下で長時間働くことによって起こる難聴のことで、勤務している年数が長ければ長いほど難聴も進行していきます。

騒音性難聴の症状としては、初期は4000Hzを主とした高音域の音が聞こえなくなり、耳鳴りが始まります。この段階では聴力が低下しているという自覚はありません。しかし進行していくと聴力が著しく低下していき、日常生活に支障をきたす難聴になります。

出典:Doctors「騒音性難聴」

騒音性難聴になる可能性が高くなるのは100デシベルからと言われており、騒音性難聴になると完治は難しいと言われています。

そう言われてみれば、パチンコ屋で長時間滞在して外に出ると、耳がキーンとなっていたような。それに、友人と話しているとあまり聞き取れないことも。私の耳は既に難聴かもしれない…

座りっぱなしで病気になることも

パチンコでは、台を物色する時やお手洗い、煙草を吸いに行くとき以外は基本的に座っていますよね。実は、長時間同じ体勢で座りっぱなしは非常に危険!どれほど危険かと言うと…

  • 腸への負担で結腸癌
  • 子宮内膜がん、乳がんのリスクが高まる
  • 首への負担
  • 血流が悪くなって最悪脳卒中のリスク

以上のように、長時間座りっぱなしでパチンコをした場合、痛みを引き起こしたり病気になる可能性が高くなります。

最初は数分、数時間と思っていても実際に始めれば長時間になっているのがパチンコ。知らず知らずのうちに姿勢は悪くなり、確変が継続すれば休憩もろくにできません。ネットの掲示板を見ても、カラダへの負担があるのは確実です。

パチンコ始めてから本当腰痛が酷くなった気がする。で、辛すぎる時は片膝たててやるけど、店員におろせと怒られる。もうやめようかな。
禁煙になって臭いがなくなったのは有難い。にしても目の疲れはどうにかならんのか?異物が入ったぐらい痛いんだが

そこまでしてパチンコをやる意味って何なんでしょうね…

得られるものは金以外ない

肉体的、金銭的なリスクを負ってやるパチンコですが、得られるものは「金」のみ。

時にはパチンコ仲間を得るなんてこともあるでしょう。しかし、そんな人間はただの知人であり、いくら気が合っても互いを高め合える友達にはなりません。結局、パチンコをすることによって得られるのは勝った時の「金」だけです。

逆に負けた時に失うのは「費やしたお金」だけなのか?それは違います。二度と取り戻すことのできない「時間」も失っています。パチンコをやめて思うのは…

お金なんてどうにでもなるが、時間だけはいくらお金があっても買うことができないということ。

パチンコ依存症だった時期、他のことに時間を費やしていたら違った人生があったはずなのに。その後悔の大きさを今更ながら痛感しています。

まとめ

パチンコやスロットなんて、この世から消え去ればいいのに。そもそも、換金できること自体違法だし、大手のパチンコ屋は日本企業じゃないって噂だし、パチンコがあるおかげで破産者が増えているようだし。

まさに「百害あって一利なし」と言うべき存在だと思います。

正義感に溢れた政治家が現れ、パチンコの3点方式は違法!なんて改革をしてくれたら最高だけど(笑)まぁ、政治家の天下り先になっているので、国に期待するのは難しそう。

となれば、やはり遊技する人口を減らすしかない。特に若い世代には絶対にやってほしくないので、これからも実際に経験したことを伝えていくことにします。

中山泰三
パチンコなんかより「競艇」がおすすめ。興味ある方は初心者向けの記事から読んでみてください!
よかったらシェアしてね!

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます
閉じる