競艇初心者向けの予想ハウツー

非常識なフライングとは?罰則内容&競艇史に残るレース映像

歴史に残るフライングのレース映像!賭けてたら台パン確実w

競艇において「フライング」は絶対に許されない違反。

まず、投票したファンを裏切る行為であり、全額返還されたとしても何ひとつメリットなし。また、レース展開を乱してしまうので、他の選手に迷惑を掛けることも。

それと、Fを犯した舟券は全返還となるため、レースを開催している施行者の損害が半端じゃないこと。

SG・G1の優勝戦ともなると10億円以上のお金が投票され、人気が集まる1号艇がフライングしてしまうと売上はほぼ返還されます。

重たい罰則のある選手が故意でやることはないでしょう。ただ、損をする競艇ファンと施行者が大激怒するのは仕方ありません。

そんな中、台パンしたくなるような「非常識なフライング」も度々発生しています。

競艇フライングをあまり知らない人は以下の記事が参考になります。

勝てる”無料予想”はこちら

一つでも該当するなら「競艇モンスター」をぜひお試しください。

  • 予想が全く当たらない
  • 勝てるレースを選定できない
  • 勝ち組になりたい

モンスターでは”当たって勝てる無料予想”を入手可能。7割以上のリピート実績を誇るので、まだ試していない方はぜひ!

無料予想を5レースほど検証すれば凄さに気付けるはずです。

気になる項目へジャンプできます

非常識なフライングとは?

非常識なフライングとは、0.05以上のタイミングでスリット通過してしまうスタート事故。

競艇の世界は「コンマ1秒」を競う競技のため、0.05秒のフライングは絶対に許されない行為。よって、単にフライングとは呼ばず「非常識」というワードが付与されます。

「即日帰郷」の罰則内容は撤廃

以下の通り、2022年5月1日に非常識なフライングのルールが改正されました。

一般財団法人日本モーターボート競走会は、集団スタート事故防止策の一環として、非常識なフライングを起こした選手に対する処置について、下記の通り変更することを発表しました。

非常識なフライングを起こした選手に対する処置
≪令和4年4月30日までの非常識なフライング≫
⇒原則、即日帰郷の処分とする。

令和4年5月1日以降の非常識なフライング≫
⇒原則、即日帰郷の処分を廃止し、従前のスタート事故による出場辞退期間に、5日間の出場辞退日数を加算する。

出典:ボートレースオフィシャルサイト

非常識Fを犯すと「即日帰郷」だったものが、改正後は撤廃。その代わり、F休みの日数が加算されることに。

F回数改正前改正後
1回目30日間35日間
2回目60日加算65日加算
3回目90日加算95日加算
4回目180日加算185日加算

時期によってはF休みが重なり、選手が足りないといったケースもしばしば。そういった事態を減らすためにも、良い改正だと感じています。

重大違反に課せられる「途中帰郷」については以下をご覧ください。

競艇史に残る非常識なフライング映像

ボートレーサーは「ボートレーサー養成所」で過酷な訓練を受け、卒業試験に合格してはじめてデビューできます。その為、最低限のスキルは備わっているはずですが…

なぜ、そのような選手たちが「非常識なフライング」をしてしまうのか?

怒りを通り越して笑ってしまう「フライングのレース映像」をまとめて紹介します。

【西島義則・熊谷直樹】SG優勝戦Fで20億円超えの返還

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます