ガチ勝てるおすすめの競艇無料予想

徳増秀樹とは?SGの実績&結婚や嫁・師弟関係・年収など全て

徳増秀樹とは?SGの実績&結婚や嫁・師弟関係・年収など全て
最新情報

2024年6月開催のSGグランドチャンピオン。予選トップ通過で1号艇を獲得するも、西村拓也のまくり差しに屈して無念の4着。

2度目のグラチャン制覇は来年以降に持ち越しとなった。

”濃く行きます”でお馴染みのイケオジレーサー「徳増秀樹」。

艇界に欠かせないトップレーサーの1人ですが、SGを獲ったのはデビュー26年目。定松勇樹のように5年ほどで優勝する選手もいる中、実績面でいえば苦労人といって良いでしょう。

そんな徳増秀樹について、SG・G1の実績をはじめ、あまり語られない結婚・嫁・デビューのきっかけなど、余すことなく解説していきます。

本題の前に一つだけ…

徳増秀樹と俳優「役所広司」が似てる説
徳増秀樹(右)・役所広司(左)

20ちかく年齢差はありますが、徳増秀樹と俳優「役所広司」って似てませんか?以上です。

無料予想とは思えない的中&回収実績

蒼天ボート」をおすすめするのは…

  • 当たる無料予想がほしい
  • 一撃大回収を狙いたい
  • 投資コストはなるべく抑えたい

直近の検証で「的中率64%・回収率180%超え」の実績。ただ当てるだけでなく、収支に関してもすこぶる好調です!

本気で勝ちたいなら”ココ一択”で問題なし。

永久0円の”無料予想”からまずはお試しください。

気になる項目へジャンプできます

徳増秀樹とは?

徳増秀樹は静岡県浜松市村櫛町出身、静岡支部75期のボートレーサー。

75期として本栖研修所へ入所。1994年11月に浜名湖でデビューし、1997年8月の津で初優勝。その後、10年以上が経過した2010年3月の地元周年でG1初優勝、2020年グランドチャンピオンでSG初優勝を達成。

徳増秀樹の公式プロフィール

公式画像徳増秀樹(75期)
名前徳増秀樹(とくますひでき)
登録番号3744(75期)
生年月日1974年11月29日
身長/体重166㎝/55㎏
出身/所属静岡県/静岡支部
デビュー日1994年11月

徳増秀樹の出場予定や期別成績は、オフィシャルサイトの選手ページでご確認ください。

競艇選手になったきっかけ

徳増秀樹とは?競艇選手になったきっかけ
本人がルーツと話す村櫛町の八柱神社

進路に悩んでいた高校2年生の時、父親から競艇選手を勧められたことがボートレーサーを志すきっかけだと話しています。

実際にその会話が行われたのは、子供の頃からよく遊んでいた八柱神社。その場所で秋祭りがあった際、たまたま父と話をする機会があり、進路を何も決めていない息子に…

徳増父

何もないならボートの選手やったらどうだ?

徳増秀樹

それって稼げるの?(稼げる)じゃあやるわ。

というのがレーサーを目指すきっかけになったそうです。

競艇界に導いてくれた徳増父ですが、普段は遊びまわっててほぼ家にいなかったらしい。競艇ファンだったのは間違いないでしょうねw

生まれ故郷「村櫛町」のヒーロー

徳増秀樹とは?生まれ故郷「村櫛町」のヒーロー①
徳増秀樹とは?生まれ故郷「村櫛町」のヒーロー②

2500人程度しかいない静岡県の村櫛町(むらくし)で育った徳増秀樹は、町民たちから「村櫛町のヒーロー」と呼ばれていました。

そんな幼い頃からお世話になった町や人に対して…

徳増秀樹

嬉しいっていうか励みになる。1人でやってるんじゃないとひしひし感じる。ほんと家族みたいな人たち。

徳増にとってかけがえのない場所。たまにしか帰れないそうですが、故郷への愛が強さの原動力になっているのかもしれません。

同期(75期)の注目選手

上平真二(75期)
上平真二
林美憲(75期)
林美憲
岡瀬正人(75期)
岡瀬正人
大澤普司(75期)
大澤普司
桂林寛(75期)
桂林寛
國崎良春(75期)
國崎良春

75期の養成所チャンプは2023年6月26日に引退した「宮田政勝」。

徳増に次いで実績を残している現役選手は、2022年マスターズチャンピオンでG1初制覇を果たした「上平真二」と、3度のG1V&SG優出経験もある「林美憲」の2人。

その他、弟子”竹井奈美”と師弟婚で話題になった「桂林寛」、同期最速でビッグタイトルを手にした「高濱芳久」も一般戦を中心に活躍中です。

永遠のライバルは「今坂勝広」

永遠のライバルは「今坂勝広」

徳増秀樹がライバルと語るのは、最前線で共に切磋琢磨してきた同期「今坂勝広」。

通算優勝回数61回、生涯獲得賞金7憶5,000万円超えの名選手ですが、2016年某日、胃がんにより40歳という若さでこの世を去っています。

そんな今坂勝広こそ、徳増にとって唯一無二の親友、そして”永遠のライバル”と呼べる存在。

今坂が天国に旅立った2016年8月のお盆開催。10戦7勝と圧巻の強さでVを飾り、優勝インタビューで涙ながらにこう話しました。

徳増秀樹とは?永遠のライバルは2016年に亡くなった今坂勝広

今ちゃん、やったよ。

僕がずっとライバルだと思っていたのは同期の今坂勝広。本当に負けたくないなと思ってぶっとやってきました。天国から笑われないように、何やってんだと言われないようにやってるとこです。

いつ何時でも本気で立ち向かっている姿勢は、盟友「今坂勝広」に対する意思表示なのかもしれません。

師匠は39期本栖チャンプ「牧野俊英」

ボートレースコラムニスト”チムリー”さんのブログによると、徳増秀樹の師匠は「牧野俊英」元選手。39期の養成所チャンプに輝いた実績があり、浜名湖で解説者を務めていたらしい。

ただし、本人および関係者による情報ではないため、牧野俊英と師弟関係を結んでいた確証はありません。

弟子は静岡支部98期「藤田靖弘」

徳増秀樹とは?弟子は静岡支部98期「藤田靖弘」

徳増秀樹の弟子は、同じ静岡支部に所属する98期レーサー「藤田靖弘(ふじたやすひろ)」。

デビュー1ヵ月で水神祭を挙げ注目を集め、初V達成は2010年9月。翌年にはG1初出場を果たしますが、思ったような成績を残せず現在に至ります。

スター候補選手に選ばれた2012年、師匠について以下のコメントを残しています。

藤田靖弘

憧れは徳増秀樹選手。師匠で人間的にすばらしく、尊敬できるから。

藤田靖弘はまだまだこれからの世代。まずはA1級を定着させ、大きな舞台で活躍する未来に期待しましょう!

「濃く行きます」の誕生秘話

イケオジ「徳増秀樹」の濃い眉毛

インタビュー時の”濃く行きます”が生まれたのは2017年前後。

白井英治と他選手の勝利者インタビューを見てた際、ファンへの一言ってところで「なんかフレーズあるといいよね」と。そこで白井から言われたのが…

白井英治

徳さんはもう濃く行きますで良いっすよ!

この一言がきっかけとなり、次の斡旋から取り入れるように。今ではファンの間で欠かせないフレーズとなっています。

徳増秀樹の結婚・妻・子供・愛車など

全くとして語られない徳増秀樹のプライベートを深掘りしていきます。

徳増秀樹は結婚してる?嫁は?

「徳増秀樹の嫁は徳増宏美」という情報を見かけましたが、徳増宏美の旦那は「徳増富士雄(43期)」さん。名字が同じ名だけで、血縁関係は一切ありません。

徳増秀樹の奥さんは一般人であり、それを裏付ける証拠を同支部の後輩「長嶋万記」が明かしています。

以下は公式ブログ「長嶋万記のバードアイ」で紹介された一部。

徳増秀樹の奥さんが経営するエステサロン

徳増秀樹さんの奥さんは、サプリメント扱ったり、お肌のエステのお仕事をされていて、最近私もお世話になっている。エステ中、徳増さんが淹れたコーヒーを持ってきてくださり、いろいろレースの話をした。

奥さんの顔だしはしてないけど、イケメン&大金持ちを射止めた女性。ほぼ間違いなく美人さんのはず。

子供もボートレーサーなの?

上記に説明した「徳増富士雄」さんをお父さんと思い、その繫がりで”富士雄2世”だと勘違いしている人が若干いる模様。

しかし、そんな事実はなく、ボート界に姻戚関係者は1人もいません。

愛車はシボレーコルベットC8(推定2000万円)

徳増秀樹の愛車はシボレーコルベットC8(推定2000万円)
徳増秀樹の愛車はシボレーコルベットC8(推定2000万円)②

さすが金持ち!と言わんばかりの超高級外車を所有しています。

その愛車とは、アメリカが誇る自動車ブランド「シボレー」のコンベットC8。同じグレード・年式の価格を調べたら、推定2,000万円ほどのスーパーカーでした。

コロナ禍の真っただ中ということもあって、部品不足などで納車までに1年ちょっと待ったようです。

それにしても凄い車。イケオジの徳増選手にとてもお似合い!

ボート界にはもっとヤバめの愛車を所有する選手がいますw

徳増秀樹のSNS(インスタ)

徳増秀樹のSNS(インスタ)

徳増秀樹が運用しているSNSは「インスタ」のみ。

一発目の投稿2020年8月7日。更新頻度はまちまちですが、レースでは見せないプライベートショットを楽しめます。美容室で撮影した写真がやたら多いようなw

デビューから現在までの実績

1994年11月に浜名湖でデビューして以降、現在までに歩んできた道のりを時系列で紹介します。

初優勝は1997年8月の津一般戦

若い頃の徳増秀樹
若い頃の徳増秀樹

1995年2月の浜名湖において、デビュー3ヵ月で初勝利を飾ります。

そこから一気に勝率を上げていき、A2級として出場した1997年8月の津一般競争(納涼しぶき杯)。

ルーキーらしからぬ走りで予選を突破すると、準優も5コースから道中の抜きで1着。2コース進入となった優勝戦は、コンマ19のスタートから差してデビュー初Vを達成しました。

2010年3月、地元周年でG1初制覇

徳増秀樹とは?地元周年でG1初制覇(2010年3月)

初優勝を達成して以降、怒涛の勢いで勝ち星を重ねていきます。

2003年には獲得賞金上位者が選出される「チャレンジカップ」でSG初出場を果たし、同年のグランプリシリーズでは予選通過する好成績を収めます。

その後も好調を維持し続け、2005年は7勝、2006年は8勝を挙げ最多勝選手に。そんな中、2010年3月の地元周年「G1浜名湖賞」でビッグタイトルが舞い込んできたのです。

ほぼ舟券に絡む活躍で上位通過すると、準優も難なく逃げ切りポールポジションを獲得します。

迎えた優勝戦。コンマ05のトップスタートを決めると、赤岩善生・瓜生正義らに付け入る隙を与えず完勝。

SGを何度か獲っていてもおかしく男が、デビュー15年にしてようやくG1初優勝を果たしました。

2020年グランドチャンピオンでSG初制覇

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます