競艇選手の心理状態にヒントあり!ワンランク上の舟券攻略法

競艇選手の心理状態にヒントあり!ワンランク上の舟券攻略法

まさかですが、競艇選手の実力や成績だけで予想してないですよね?そんな予想をしていたら長期的にプラスを継続するのは難しく、永遠と”負け組”のままですよ。

競艇というのは、まず予選で競い合い、準優勝戦に進出できるのは得点率上位の18名のみ。さらに、そこで2着以内に入った選手しか優勝戦に出場できない競技。当然、優出すればやる気MAXでしょうが、それ以外の選手たちはどうなのか?

また、フライング持ちで同じ過ちを絶対にできない選手がいた場合、はたして本来の実力を発揮することはできるのか?

そういった選手の心理まで読み切ってこそ「ボートレースの勝ち組」となれるのです。

もちろん、競艇場の特徴や展開予想などの基礎知識は必要ですが、今よりランクアップしたいなら「状況別の心理状態」を理解するのが近道だと思います。

【7月】回収率No.1の無料予想

戦国ボート

約1ヵ月、戦国ボートの「無料予想のみ」試したところ、収支は58万円のプラスとなりました!ちなみに、同じ時期に他の予想サイトも検証して、これほど高回収率だったのはココだけ。

「たまたま運が良かっただけでしょ?」と感じたかもしれませんが、実際に試せば”運ではない”と分かるはずです。

  • 無料なのに見解付きで予想公開
  • 無料なのに中穴予想も提供される

予想に至るまでの「レース見解」が一級品なんです!この情報はもちろん0円なので、参考にするだけでも利用価値はあると思います。

気になる項目へジャンプできます

競艇選手の心理を読む予想法とは?

競艇は競艇選手がボートに乗って争うレースです。そして、競艇選手も私たちと同じ人間である以上、いろんなことを考えながらレースに挑んでいます。

例えば、最も不利な6コースから出走することになった場合…

攻めすぎてフライングや転覆をすることなく、3着以内に入ることを心掛けよう
もう後がない。即刻帰郷になってもいいから、一か八かで0台のスタートを決めて勝負するしかない!

こういった選手の心理を読むことは競艇の予想では重要なこと。ただ、ここまで考えている競艇ファンは意外と少ないです。決して全てのレースに当てはまる訳ではありませんが、明らかに選手の心理状態が反映されるレースも沢山あります。

そういったレースはまさに「狙い目のレース」と覚えておきましょう。

競艇選手は走っている目的

競艇選手の心理状態 競艇選手は走っている目的

そもそも競艇選手は何のためにレースをしているのでしょうか?

その答えはとても単純で「お金を稼ぐため」です。競艇選手の収入は賞金がメインなので、自分や家族の生活を支えるには1円でも多く稼ぐ必要があります。

仮に、1日に2回走りで1レース目は予選で一着賞金8万円、2レース目は準優勝戦で一着賞金20万円で優勝戦に行ける権利付きだっただった場合、選手はどちらに注力するでしょうか?当然、準優勝戦ですよね。

その際、1レース目でフライングや転覆など、事故を起こしてしまうと準優勝戦に出場資格がなくなるとしましょう。そうなると、最終目標である優勝戦にも出走できないので、2レース目に照準を合わせてくるのは容易に想像できます。

以上のようなケースはよくあり、大事なレースが控えている選手は「フライングや事故を起こさないよう慎重に乗ってくる可能性が高い」です。

我々ファンにとっては裏切られたと感じるでしょうが、利益を優先するのは仕方のないこと。逆にそのモチベーションを理解したうえで予想すれば、高配当をゲットできるチャンスとなるのです。

管理人
高額賞金のSG・G1だと同様のケースは多発します。特に”勝負駆け”の選手がいるレースは要注意!

数値データだけで判断することの危険性

競艇選手の心理状態 数値データだけで判断することの危険性

選手の実力や出目を信用しすぎるのは危険です。その理由は言葉じゃ理解しづらいので、例として、徳山競艇場え開催されたレースを例として説明します。

まず、徳山競艇場はインコースの強い競艇場。勝率は65%ほどあり、この日はインに有利な追い風が吹いていた影響も相まって、勝率72.7%(不成立を除いた11レース中8レース)というイン逃げ祭りでした。

以下がその日のレース結果です。

  • 1R:1-2-4
  • 2R:不成立
  • 3R:1-4-5
  • 4R:1-3-4
  • 5R:?-?-?
  • 6R:1-4-5
  • 7R:4-5-6
  • 8R:5-1-2
  • 9R:1-3-4
  • 10R:1-4-3
  • 11R:1-2-5
  • 12R:1-2-3

インコースの強さが圧倒的だった中、皆さんに見てもらいたいのが5R。

競艇選手の心理状態 数値データだけで判断することの危険性出典:ボートレースオフィシャルサイト

1号艇の正木選手はここまで3勝しており絶好調。あらゆる数値データが正木選手の優位を示しており、当然断トツで一番人気となりました。

しかし、レース本番ではスタートで凹んでしまい、まさかの6着という結果に

ちなみに、正木選手のスタートはコンマ17と遅くはないものの、別日と比較すると決して攻めたとはいえないタイミング。さらに、道中も他艇と距離を取って航走しており、間違いなく「事故を起こさない走り」に見えました。

実は正木選手、このあとの準優勝戦(11R)で2号艇に乗ることが既に決まっていました。つまり、この第5Rは正木選手にとって「できれば出たくない、あまりやる気の起きないレース」だったと思われます。

そして、このレースでフライング・出遅れ・転覆などで失格になってしまったら、準優勝戦に乗れなくなるか、仮に出場できても不利な影響になるのは避けられない状況。

選手は「より多くの賞金を稼ぐこと」が目的なので、5Rと11Rを天秤にかけた可能性は捨てきれません(もちろん確証はありませんが)。その心理状態を読んでいれば「正木選手のモチベーションは低いかも」と予想することはできたはず。

これが選手の心理を読むということ。

選手はより多くの賞金を獲得したいと考えており、場合によっては「ここは頑張らなくていい。慎重に事故を起こさないように」と挑む選手がいてもおかしくありません。

開催日程と選手心理の関係

競艇選手の心理状態 開催日程と選手心理の関係出典:ボートレースオフィシャルサイト

それぞれのレースは、3~7日の日程で開催されます。

仮に6日開催だった場合、1~4日目の予選から始まり、予選で得点率上位の18名が準優勝戦に進出。そして、準優で1,2着だった6名によって優勝戦が行われますが、予選・準優・優勝戦と選手たちの心理状態には変化が生じます。

6日間開催を例に解説します。

レース初日の1日目・2日目

出場する選手全員、レース初日の前日に行われる「前検日」に集合。くじ引きでモーターやボートが割り当てられるので、勝負はこの抽選から始まっているといっても過言ではないでしょう。

悪いモーターを引いてしまった選手は自分で整備をして改善を試みます。上位階級の選手ほど整備技術に優れており、SGレーサーともなればそれなり状態に仕上げてくるもの。だからこそA1級を維持できているのです。

ただ、調整が苦手なB級選手が悪いモーターを引いてしまうとどうなるのか?実力が劣っているうえ、満足に整備もできないとなると当然お手上げ状態。

その為、初日、1日目は「悪いモーターを引いたB1級以下の選手」を狙い打ちするのがおすすめ。

管理人
選手たちの心理状態に大きな動きはないと思いますが、初日および2日目のレースは”実力の差が明確に出る”のは覚えておきましょう。

心理状態が荒れる3日目・4日目

開催3日目・4日目は選手のモチベーションが最も荒れるタイミングです。

特に予選最終日となる4日目は、準優出がかかった上位18名に残れるかが決まる日。ボーダーラインぎりぎりの選手にとってはいわゆる「勝負駆け」となり、モチベーションの高い最も気合の入った状態となります。

勝負駆けが成功すれば準優勝戦に出られ、失敗すれば指を咥えて準優を眺めるだけ。まさに天と地ほどの勝負。

準優勝戦は例え6着でも高額賞金が貰えるので、その開催で得られる賞金総額に大きな影響を及ぼします。もちろん、勝負駆けだからといって勝つとは限りませんが、狙ってみる価値は十分あると思います。

一方、既に準優勝戦進出を決めた強い選手にとってはモチベーションが下がる日です。

しかも、ここでフライングや事故などを起こしたら、せっかく確定している準優勝戦出場が台無しに。そういった事情から、過度な期待はし過ぎない方が良いでしょう。

予選最終日は「勝負駆けでやる気まんまんの選手」と「準優が決まっているモチベーションの低い選手」が一緒に走るので、波乱が起きやすい日かも。

管理人
予選最終日とその前日は、選手たちが置かれた状況を把握し、穴目を狙うのがおすすめ。本命党は翌日以降が狙い目です。

準優勝戦が行われる5日目

準優勝戦の行われる5日目。当然、準優に出場する選手にとっては優出のかかった命懸けの日。重賞レースであれば稼ぎが数百万円以上も変わってくるので、モチベーションは最高潮といっても良いでしょう。

ただし、舟券予想においてそこまで気にする必要はなし。なぜなら、準優メンバーは全員同じ意気込みですので(笑)ここは心理状態を無視してもOKです。

また、18名に残れなかった選手に関しても同様で、賞金を上積みするモチベーションは皆同じ。実力やモーターの良し悪しを確認して予想してください。

優勝戦が行われる最終日

優出者にとっては1着を目指すのみ。それ以外の選手は消化レースとなるので、勝負駆けのような熱い攻めはしないはず。よって、各選手の心理状態に影響することはないと思います。

モチベーションの差が激しくなる日」をおさらいで紹介すると…

  • 準優出のかかった予選最終日
  • 準優出者が出場する予選最終日の前日

上記の日はモチベーションの高低差が顕著に現れます。どの選手がやる気あって、攻める必要のない選手は誰か?その両選手が出走するレースこそ「心理予想」を活用すべきです。

選手の心理を左右するフライングや出遅れ

ここまで賞金を中心に選手の心理状態を述べてきましたが、賞金以外にもモチベーションに大きく影響するものがあります。それは「フライング・出遅れ」などの罰則です。

予選中にフライング・出遅れをしてしまったら、それまでいくら好成績を残していても、そのレース期間中は評価を下げるべき。というのも、ちょっと可哀そうになるぐらい、フライング・出遅れの罰則は厳しい内容。

  • 1回目:30日間
  • 2回目:60日加算
  • 3回目:90日加算
  • 4回目:180日加算

たった1回のミスで30日間も斡旋停止となり、その期間は無収入となります。2度目のミスを犯してしまうとさらに60日加算、それ以上のミスは選手生命に関わるほど。

過去には同じ期に3回繰り返し、A1級からB2級に降格した選手も。1億円以上あった収入はゼロになるだけでなく、休みが明けても呼んでくれる競艇場はほぼありません。フライングとは、競艇選出にとってそれほど怖いものなのです。

話を戻しますが、1度でもフライングをしてしまうと、しばらくはスタートが行けなくなるそうです。そんな辛い心理状態を予想に活かすのは申し訳なく感じますが、利用できるものは全て利用させてもらいます。

直近でフライングした選手がいる場合は、その艇の外側を軸にするのが鉄則

A1級選手ともなると1回程度のFを気にせず突っ込んでくる強者もいますが、少なくてもF0の時より本領発揮できないのは間違いありません。

管理人
さすがにF2持ちは軸から外して良いかと。3度目を犯して1年間無職になりたい選手なんていないと思うので…

競艇史に残る非常識なフライング!賭けてたら台パン確実w

まとめ

競艇選手の心理状態は、様々な理由が起因して変わるもの。

レースによってモチベーションが上がることもあれば、無理しない安全第一の走りをしたり。他にも、フライングなどの罰則が怖くて自ら追い込まれることも。まぁ、大金と地獄が隣り合わせの競技である以上、ボートレーサーの宿命かもしれません。

理由はどうであれ、その情報を知っている人の方が予想精度は確実に向上します。今回説明した「心理予想」は理解するほど舟券攻略に繋がるので、騙されたと思ってぜひ研究してみてください!

よかったらシェアしてね!

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます
閉じる