競艇初心者向けの予想ハウツー

PIST6は失敗作?車券が売れないやばい理由&利用者の評判

PIST6は失敗作?おすすめしない理由&利用者の評判
最新情報

2024年4月28日、Youtuber「ヒカル」とコラボ企画したことが判明。ヒカル氏のチャンネルにて現在公開中。

まずは結論から。

PIST6(ピスト6)を利用するなら、他の公営ギャンブルを推奨する。まだ一つのギャンブルとして確立しておらず、発展途上のうちはメリットが少ないから。と私個人は感じています。

その評価に至った理由や、PIST6の仕組み、実際に投票した人たちの口コミ・評判を解説します。

ココでお伝えすることを知らないと損するリスクがあるので、ぜひ最後までお付き合いください。

PIST6を紹介するサイトの大半は会員誘導(報酬)が目的。当然、マイナス面には触れていないので、実際に利用する場合は”欠点”も理解しておくように。

無料で5万円以上勝てる予想サイト

競輪予想サイトランキング!競輪クラブ虎の穴

競輪クラブ虎の穴」は初心者はもちろん、競輪で勝てない人に強くおすすめしたい!なぜなら…

  • 無料予想のみでも勝てるクオリティ
  • 利用者の評判が総じて高い
  • 無料ポイント内で有料を試せる

無料予想がこれだけ優れている予想サイトは滅多にありません。ラインや展開予測は紛れもなく”本物”であり、疑っている人も利用すれば価値に気づけるはず。

「無料の質をもう少し下げればいいのに…」そう感じてしまうほどイケてます。悩む時間があるなら今すぐ試すべき。

気になる項目へジャンプできます

PIST6(ピスト6)とは?

PIST6は2021年10月に始まった250競争(競輪種目)の愛称。千葉市が主催し、民間の株式会社JRFに運営委託する形で開催されています。

競輪のルールとは大きく異なり、出場選手数・ラインの有無・バンクは全くの別物。どちらかといえば、ボートレースに近い競技と言えるかもしれません。

基本的なことから解説するので、時間がない方は以下のリンクから本題へジャンプできます。

運営会社「㈱JPF(日本写真判定)」

会社名株式会社JPF
旧社名日本写真判定株式会社
設立年月日1957年9月3日
所在地東京都千代田区富士見2-4-11
代表者渡辺俊太郎
資本金3,000万円
子会社株式会社JPFイノベーション
株式会社JPFagri
当たるんです株式会社

主催元の千葉市から包括委託され、PIST6の運営を行っているのが「株式会社JPF」。

主に競輪の写真判定システム構築を中心に行っています。また、公営競技とはズブズブのようで、他にもオートレースの「当たるんです」を運営。よっぽど図太いパイプをお持ちらしい。

そして、今回紹介するPIST6が開催される”TIPSTAR DOME CHIBA”はJPFの所有施設。これ以上は踏み込みませんが、すごく利権の匂いがする…

当たるんですに興味ある方は以下の記事が参考になります。

「KEIRIN」のルールを採用

PIST6はオリンピック種目にもなった「KEIRIN(ケイリン)」のルールを採用しています。

ルールを含め、競輪とPIST6の違いがこちら。

競輪KEIRIN
出場人数最大9車最大6車
開催場43カ所1カ所
バンク(長さ)333〜500m250m
バンク(傾斜)約30度最大42.6度
バンク(素材)コンクリート木製
周回数4~6周6周
競技特性ライン個人戦
ブロックありなし

特に抑えておきたいのがラインの有無。競輪予想は”ライン命”と言われるほど重要な戦術ですが、PIST6には存在せず完全に”個人戦”です。要は、いかに速く走れるかがカギとなります。

TIPSTAR DOMEの入場料金

PIST6とは?開催場はTIPSTAR DOME CHIBA

PIST6の開催場は「TIPSTAR DOME CHIBA」のみ。

そもそも、PIST6は「PIST6公式投票サービス」のネット投票しかできない公営ギャンブル。仮に現地へ足を運んだとしても、券売機で車券を購入することはできません。

開始直後に一度だけ来場しましたが、ライブイベントみたいでめちゃくちゃ楽しかったです!関東圏にお住まいなら行く価値はあると思います。

ただし、他の公営競技と比べて入場料が割高です。

PIST6とは?TIPSTAR DOME CHIBAの入場料
A レギュラーシート2,000円
B レギュラーシート2,000円
C レギュラーシート2,000円
D レギュラーシート2,000円
E レギュラーシート2,000円
E 車いすシート2,000円
F レギュラーシート2,000円
F BOXシートBOX1:8,000円
BOX2:8,000円
BOX3:12,000円
G プレミアムシート5,000円

軍資金が少なく、車券で稼ぎたい人には不評かもしれません。

場内の様子はYoutubeに沢山公開されています。気になる方はぜひ!

PIST6の知っておきたい特徴

  • タイムトライアルで枠番決定
  • 1号車の勝率は57%以上

前日にタイムトライアルを実施。タイムの速い順に車番(1~6番)が割り当てられるので、最速タイムを記録した1号車の選手が同番組で一番強く、必然的に車券も一番売れます。

ちなみに、1号車の勝率は60%程度。実力差の大きい予選だけに絞ると80%を超えることも。

1号車の高い勝率こそ、PIST6最大の特徴(魅力)といって良いでしょう。

3連単の平均配当は7,000円前後

3連単2者単
平均配当7,540円1,294円
配当中央値1,570円505円
最高配当387,370円21,220円
最低配当120円100円
万車券率12.84%1.90%
引用元:輪pedia

上記は2023年の約900レースを集計した「3連単・2車単」の配当結果。

ご覧の通り、配当中央値を見ると3連単が1570円、2車単が505円。公営ギャンブルで最も低配当の競艇と似た感じ。それだけ1号車に人気が偏っていると想定されます。

PIST6をおすすめしない理由

前向きの人には大変申し訳ないですが、ここからはPIST6に対して”後ろ向きな情報”が続きます。投票する気満々なら閲覧しない方がいいかも…

ただし、あくまで個人的な感想です。100%信頼せず一つの参考情報としてご覧ください。

【重要】売上が少なすぎてオッズを信頼できない

年度PIST6競艇
2021年14億8000万円
※開幕から約半年
2兆951億円
2022年16億5000万円2兆3,926億円

2021年、2022年の年度売上は上記の通り。

開幕当初は目標以上の売上を記録しましたが、新規客獲得の要だったキャッシュバックキャンペーンが終了。それ以降、瞬く間にファン離れが加速し、急成長するはずの2022年度。目標を106憶円下回る悲惨な状態となっています。

正直、この程度しか投票されないギャンブルはリスクしかありません。なぜなら、ちょっとした厚張りでオッズ変動するから。

オッズの歪みについては説明を省略しますが、変動幅は分母(売上)によって大きく変わります。

お気づきの方も多いみたいですけど…

売上が多いほど変動幅は小さく適正なオッズになりやすい。対して売上が少ない場合、人気とは相反するオッズが生じてしまう可能性が高くなるのです。

2兆円以上ある競艇でも歪みは発生するのに、100億円にも満たないPIST6で真面な勝負ができるのか?

オッズの歪みを詳しく知りたい人は以下の記事をご覧ください。

現金購入不可…税金恐れて高額ベット者が寄り付かない

PIST6は公式投票サービスでしか車券を買えず、開催場(TIPSTAR DOME CHIBA)に行っても現金で購入することができません。

まぁ、1レース100円しか買わない人であれば問題はないでしょう。しかし、万張りで数十万~数百万の払戻しを狙っているだと、近年話題になっている”税金リスク”が発生します。

「そんなの全ての公営ギャンブルに共通することだよね」

ごもっともな意見です。ただ、PIST6の利用者は極端に少なく、高額払戻しを受けたユーザーはかなり目立ちます。

競馬・競艇のように高額的中者が膨大にいれば候補になりにくいでしょうが、PIST6だと目をつけられる可能性はめちゃくちゃ高そう。

ギャンブルとしての魅力が乏しい

1号車を強くして的中難度を下げ、ビギナーでも参加しやすくする。これってボートレースが調子良いから、良いところをパクっただけでは?

確かに、ビジネスをするうえで”流行っているものを真似る”のは常套手段です。しかし、PIST6にはそれ以外の魅力がなく、展開どうこうより強い選手を予想するだけのギャンブル。

そのビジネスモデルがそれほど盛り上がらないのは、PIST6と似た「ガールズケイリン」の売上推移を見れば明白かと。

売上
20154億6958万円
20164億6577万円
20174億6096万円
20184億6323万円
20195億5790万円
20205億7714万円
20215億7135万円

2018~2019年にかけて1億円ほど伸びていますが、これは新型コロナによる巣ごもり需要が要因。

結局、過去5年比で200%程度伸びたボートレースと比較して、ガールズケイリンの売上は横ばい。PIST6も同じ結果になると予想してます。

競馬・競艇・競輪には予想する楽しみがある。それなしで嵌る人っているのか?

若年層を狙いすぎて中年ファン置きざり

  • ネット投票しかできない
  • 開催場は完全キャッシュレス
  • ややこしいキャンペーンだらけ

多種多様な公営ギャンブルが確立した市場で、全く同じことをしても盛り上がらない。そう思って”若年層をターゲット”にしたのでしょうが…

一番の優良顧客は「お金にゆとりのある中年層」ですから。

ビジネスを語れる人間ではありませんが、あまりにも浅はかな発想。熱しやすく冷めやすい若年層を狙っても、そりぁ失敗しますよ。

PIST6とは?競輪場内は完全キャッシュレス

しかも、TIPSTAR DOME内の売店すら現金使用不可。ここまで徹底されるともう一度行きたいとはなりません。

Youtuberなどを起用した広告が露骨すぎ

PIST6とは?露骨すぎる広告案件が増えてきた
※当ブログに届いた掲載依頼メール

2023年10月頃から「PIST6の広告掲載依頼」が急増しています。

当ブログも広告を貼って収益化しているので、提案いただくのは有難いことです。ただ、あまりに依頼数が多いのでビックリしてます。

複数の代理店さんからお願いされるということは、PIST6が用意した広告予算を捌けていないのでしょう。

当ブログでおすすめすればそれなりに稼げる案件だと思います。でも、自分が率先してやりたくないないギャンブルをおすすめするのもねぇ…

ここ最近、パチンコ・スロットなどギャンブル系Youtuberたちがこぞって紹介してますが、全て案件だと認識しておきましょうw

Youtuber「ヒカル」を広告塔に起用

PIST6がYoutuber「ヒカル」を広告塔に起用

売上アップのために様々な施策を講じてきたPIST6ですが、これまでとは規模間の違う”コラボ企画”を2024年4月28日に発表しました。

その人物は、絶大な影響力を誇るYoutube「ヒカル」。

28日に公開した動画は大きな反響を呼び、若年層のファンを中心にバズっている模様。また、コラボを記念してキャッシュバックキャンペーンなどが実施されています。

PIST6とヒカルのコラボキャンペーン①
PIST6とヒカルのコラボキャンペーン②

そこそこ話題になっているようですし、新規ユーザーを呼び込む施策としては成果が出ていることでしょう。

ただ、メインターゲットとなる「公営競技ファン」にアプローチできているのか?また、ヒカル氏にいくら払っているかは知りませんが、千葉市民たちは”血税のバラマキ”に納得しているのか?

正直、ヒカル氏の起用によって得られるメリットは、10~20代前半のライト層。ガチのギャンブル層にはあまり良い印象を与えていないような…

あくまで個人的な心象を言わせてもらうと、ホワイトとは程遠い広告戦略に感じています。

ヒカルさんって今では大物Youtuberだけど、一昔前は黒い噂もあった人物だし。行政に関わるのはどうなんだろ。

PIST6を利用した人の口コミ・評判

私だけの評価じゃ一方的すぎるので、PIST6を利用した第三者の意見も紹介しておきます。

PIST6を「失敗」と評価した口コミ

気になった口コミを適当にピックアップしておきました。

PIST6に関連する投稿を見ていると、ほとんどが否定的な意見。また、ココでは紹介できない衝撃的な内容もあったので、今のところ間違いなく評判は悪いです。

今後どのような戦略で利用者を増やしていくのか?広告予算をさらに増やすようなら、Youtuberやブロガーはプチバブルが来るかもw

PIST6を高評価した口コミ

評価している口コミの多くは”ヒカル信者”ばかり。

ヒカル氏の起用はそれなりの広告効果を生んでいますが、PIST6に嵌っているというより”ヒカル”を追いかけているだけの人が割合高め。

確かに、ヒカル氏の影響力は凄いと思います。ただ、ギャンブルとは無縁のファンも多そうですし、PIST6を利用し続けてくれるファンがどれだけ残るのか?

しばらくしてから改めて進捗を報告させていただきます。

まとめ

競艇ファンとして、PIST6に乗り換えることは120%ありません。

当てやすい特徴だけは良いとして、研究するほどの要素はないし、レース選びできるほどのレースがない。さらに、私を含む現金派の中年オヤジを客だと思ってなさそうだし。

Youtuberなどの宣伝によって利用者数は増えていくはずですが、問題は予算を使い切った後。

ある程度期間が経過したらまた進捗を報告させていただきます。

コメントお待ちしてます!

コメント一覧 (3件)

  • ありがとうございます。
    あとヒカルさんの進言で入場料が今後無料になったようです。
    他にも色々改善点が見えてきてるみたいなので、これからの動向を見守っていきたいと思います。

  • ヒカルさんとは成果報酬型の契約を結んだようなので、現状ヒカルさんには1円も払っていないようです。
    1年後とかにめちゃくちゃ売上が上がっていれば、その内の何%かを払うということになったそうです。
    なのでヒカルさんも本気で盛り上げようと今やる気になっています。

    また、ヒカルさんのメイン視聴者はデータも公開されていますが20代後半から30代後半で、逆に今の中高生とかには全く見られていません。
    (今の若者はTikTokとかがメインです。昔ヒカルさんの動画を見てた若者がそのまま大人になってる見てるイメージです)
    なので現在は令和の虎とのコラボだったりビジネス寄りの動画がめちゃくちゃウケていますし、過去に何度もギャンブル動画を出していますので、相性は抜群だと思います。

    勿論Youtuberと絡むリスクについては動画内で何度も言及されていましたが、今のPIST6の悲惨な現状を見る限り、これぐらいのことをしないと起死回生の一手にはならないと思います。
    なので個人的には結構ポジティブな目線で捉えてます。

    • ごもっともな意見、ありがとうございます。
      少し個人的な偏見が強かったと思うので、頂いた意見を参考にして修正を検討させていただきます。

コメントする

気になる項目へジャンプできます