競艇初心者向けの予想ハウツー

競艇好き芸能人!ボートレース芸人や数億円負けた有名人11選

競艇好き芸能人!ボートレース芸人や数億円負けた有名人

競艇CMに有名芸能人も起用される時代となり、昔の鉄火場のイメージからは大きく脱却したように感じます。

最近では競艇に関するYouTubeチャンネルも盛り上がりを見せており、芸人やユーチューバーなどはもちろん、以前は絶対に考えられなかったアイドルが予想番組に出演することも。

そんな中で、ボートレース関連の仕事ではなく「プライベートで競艇を愛する芸能人」を11名紹介します。

ボートレース好きの芸能人
  • 坂上忍
  • 蛭子能収
  • 博多華丸(博多華丸・大吉)
  • 大悟(千鳥)
  • 吉田敬(ブラックマヨネーズ)
  • 増田英彦(ますだおかだ)
  • 夢大作
  • 徳光和夫
  • 山本譲二
  • 立川談春
  • 喜多條忠

誰もが知っている人気芸能人から、長年にわたって何千万、何億というお金を舟券に注いできたベテランの競艇好きまで。

他のサイトではあまり取り上げられていない、マニアックな人もいるはず。

おすすめのボートレース系Youtubeについては以下の記事が参考になります。

本当に当たる無料予想

BEE-BOAT」はこんな人におすすめ。

  • 勝ち方が分からない
  • 簡単なレースを選べない
  • 本物の無料予想がほしい

無料予想がとにかく優秀!約1ヵ月の検証では的中率60%以上&プラス収支を達成しています。

無料予想は”15秒のLINE登録”のみでずっと0円です!

気になる項目へジャンプできます

知名度のある競艇好き芸能人

まずは「競艇が好きといえばこの人」と思い浮かぶ代表格の2人から。

どちらの方も舟券に莫大なお金をつぎ込んでいるようです。趣味と仕事の両方で競艇に大きく携わり、いろんなメディアで競艇の魅力を伝え続けてきた方々です。

芸能界を代表する競艇好き・坂上忍

芸能界を代表する競艇好き・坂上忍
出典:PR TIMES

競艇好きといえばやはりこの人「坂上忍」さん。お昼の情報番組でも活躍しており、芸能界のキャリアは子役時代から数えると50年以上。

ちなみに、2014年の取材記事で「競艇歴は27年」という言葉があったため、2021年現在では34年という長さになります。

坂上さんといえば、2015年の年末に「1日6000万円負けた」という話もあるほどの豪快な賭け方で有名。以前は1年間の稼ぎを、年末にまとめて競艇で勝負するのが恒例だったそうです。

「もともと働く意欲のない人間なので、勝ったら来年は働かないって決めて勝負していた」

そう話す坂上さん。過去に大勝ちした時には、翌年の仕事を本当に1年間休んでしまったのだとか。

現在は私財を投じて千葉に動物の保護施設を建設していることから、年末の大勝負は卒業しているかもしれません。

そんな坂上さんの予想スタイルは、点数を絞りに絞った買い方。無駄に手広く買うのではなく、当たった時の収支を考えながら少ない点数で狙うタイプ。

グランプリ優勝戦で「3連単1点買い」したのは競艇ファンの間で有名な話ですね。

芸能界を代表する競艇好き・坂上忍①

坂上さんは2019年当時、現地住之江の予想イベントでもこの「1-3-2」1点勝負を公言しており、おそらく他の目は買っていなかったと思われます。

結果は残念ながらハズレ(1-2-4)でしたが、この漢気ある舟券の買い方にキャリアを感じます。

そして、2020年のグランプリ優勝戦は、3連単で的中(1-3-6)。

本命に据えた1号艇の峰選手に、この年に引退した今村豊さんへの思いを込めて同じ山口支部の3号艇寺田選手を絡めた舟券で、見事に年末の大一番を仕留めました。

以下はYoutubeで配信した買い目。

芸能界を代表する競艇好き・坂上忍②

ベット額までは明らかにしてませんが、おそらく一般人には考えられない金額が投じられたはず。

トータルでは相当な金額を負けているとのことですが、それでも一発を狙わず、収支にこだわった買い方は根っからの競艇ファンである証拠でしょう。

基本的に流しやボックスは買わない主義らしいですが、平和島だけは346のボックスをいつも買っているそうですw

競艇を愛し続ける功労者・蛭子能収

競艇を愛し続ける功労者・蛭子能収
出典:女性自身

独特の画風で知られる漫画家、そしてタレントとしてもおなじみの「蛭子能収」さんも、競艇好き芸能人の代表格に挙げられます。

蛭子さんが2020年末まで連載していた「蛭子能収のうきうきギャンブラー人生」によると、競艇をはじめたのは20歳の誕生日が過ぎた最初の日曜日。場所は地元の大村競艇だったそうです。

競艇歴は50年以上

その間には専門誌やスポーツ紙などでの漫画を交えた予想コラムや、SGレース中継のゲスト出演など、競艇に関するメディアへの登場回数はNo.1でしょう。

競艇場のテレビCMだけでも、確認した限りでこれだけの出演歴。映像を見れば分かる通り、かなり若いころから競艇に関わっていたようです。

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます