ガチ勝てるおすすめの競艇無料予想

香川素子とは?元旦那・息子・娘&過去の成績や年収など

香川素子とは?元旦那・息子・娘&過去の成績や年収など
最新情報

2024年5月11日のG2レディースオールスター準優勝戦。香川素子を含む4艇の集団フライングが発生し、ゴールしたのは2艇(長嶋万記・實森美祐)のみで3連単は不成立となった。

なお、G2準優のフライング罰則は、既に入っている斡旋終了後、G1・G2レースに6か月間選出除外となる。

2022年の丸亀レディースチャンピオンでG1初制覇を果たした「香川素子」。

元夫や2人の息子、そして長男の嫁もボートレーサーの競艇一家。子供たちの成長を見守りながら、自身も「まだまだ息子には負けられへん」とA級で活躍中の女子レーサーです。

そんな香川素子について、家族などのプライベート情報をはじめ、デビューから現在までの成績をまとめていきます。

無料予想とは思えない的中&回収実績

蒼天ボート」をおすすめするのは…

  • 当たる無料予想がほしい
  • 一撃大回収を狙いたい
  • 投資コストはなるべく抑えたい

直近の検証で「的中率64%・回収率180%超え」の実績。ただ当てるだけでなく、収支に関してもすこぶる好調です!

本気で勝ちたいなら”ココ一択”で問題なし。

永久0円の”無料予想”からまずはお試しください。

気になる項目へジャンプできます

香川素子とは?

香川素子は大阪府大阪市出身、滋賀支部のボートレーサー。

デビュー時は大阪支部所属でしたが、結婚後の1998年秋に長崎へ移住。しかし、2008年頃の離婚を機に、住まいを京都へ移し滋賀支部に移籍し現在に至ります。

108期の木下翔太は同じ高校(市立桜宮高校)を卒業した後輩レーサーらしい。

香川素子の公式プロフィール

公式画像香川素子(80期)
名前香川素子(かがわもとこ)
登録番号3900(80期)
生年月日1977年1月8日
身長/体重156cm/47kg
出身/所属大阪府/滋賀支部
デビュー日1997年5月17日

香川素子の出場予定や期別成績は、オフィシャルサイトの選手ページでご確認ください。

きっかけは「父」と「田中信一郎の父」

自分の父親と、69期の賞金王レーサー「田中信一郎」の父親が知り合いだったことが、競艇選手を目指すきっかけになったそうです。

高校卒業後、何となく受験した養成所試験に見事合格。「二次試験で初めて乗ったボートがとても楽しかった」と本人は話しています。

高校時代はソフトボールで優勝実績もあるスポーツウーマン。

本栖研修所の成績

香川素子は1996年春に80期生として養成所へ入所。

訓練生時代のリーグ戦成績は不明ですが、1年間の厳しい訓練生活を耐え抜いて1997年春に無事卒業。ちなみに、80期で入所した女性はわずか3人。無事デビューできたのは香川と池田浩美の2人しかいません。

同期(80期)主な選手

白井英治(80期)
白井英治
重成一人(80期)
重成一人
平田忠則(80期)
平田忠則
村越篤(80期)
村越篤
池田浩美(81期)
池田浩美
養成所チャンプ&リーグ勝率1位「白石健」
白石健

80期のレーサーはかなり豪華な顔ぶれ。

最も実績を残しているのは、ホワイトシャークの異名を持つ「白井英治」。2022年グランプリを制し、自身初の賞金王に輝きました。

その他、8回のSG優出経験がある「重成一人」や、G1優勝4回の「平田忠則」といったトップで活躍する面々も香川素子の同期生です。

香川素子の師匠・弟子は?

香川素子の師匠はおそらく不在。

弟子は同じ滋賀支部の「清水未唯」。2020年11月に三国でデビューし、2022年2月の平和島で初勝利を挙げた127期レーサーです。

香川素子とは?弟子は127期「清水未唯」

親子ほど年齢が離れているので、まさに“お母さん”のような存在。そんな香川の印象は「おっとりした人」だとか。

直近では1着の本数は年々増え勝率も上昇中。また、今後の目標を聞かれた際「師匠の背中を追い、いずれは追い越せるレーサーになりたい」と話しています。

座右の銘は「自然体」

香川素子とは?座右の銘は「自然体」

香川素子の口からよく聞かれる「自然体」は、本人の性格そのものを指す言葉でもあります。

後輩レーサーの大山千広が「いい意味でサバサバしている」と言う通り、インタビューなどでもマイペースな話しぶりがとても特徴的です。

同じ滋賀支部の遠藤エミがSG優勝して刺激になったか?と聞かれて「いや、まったく」と素っ気なく回答。そのやり取りがテレビで流された時には「変な誤解をされそうだからやめて!」と焦ったらしい(笑)

遠藤がSGを獲れたからといって私も獲れるとは思っていない。あくまで「私は私だから」という意味であることを、別のインタビューで弁明しています。

一見、素っ気ない対応に見えるけど、これが香川選手の魅力でもある。

香川素子の年収(年別獲得賞金)

獲得賞金女子順位
2024年
2023年2615万3000円23位
2022年3934万3000円5位
2021年2299万2739円29位
2020年3130万3733円11位
2019年3369万0333円10位
2018年1958万2000円29位
2017年1808万1900円36位

香川素子の年別獲得賞金(2017年以降)は上記の通り。

長年A級をキープしているだけあって、女子レーサーの中では毎年上位に君臨。そして、レディースチャンピオンで優勝した2022年は4000万円近い賞金を荒稼ぎしてます。

香川素子の元旦那・息子・義理の娘など

香川素子は元旦那・2人の息子・義理の娘、さらにその父もボートレーサーという競艇一族。身内にここまで多くの同業者がいるのはかなり稀なケースと言えるでしょう。

香川素子の元夫は飯山晃三。再婚は?

香川素子とは?元夫は飯山晃三(いいやまこうぞう)

香川素子が結婚・離婚した元旦那は、選手会の理事を務める「飯山晃三」。

デビュー4ヵ月で初勝利を挙げ、2002年1月の丸亀一般戦で初優勝を達成。未だG1タイトルはありませんが、優出は5回記録。一般戦では10回の優勝があります。

2人は約10年の結婚生活を送ったものの、2008年に離婚。香川は再婚せずシングルマザーを続ける一方、飯山は後に一般女性と再婚しています。

飯山氏はSNSでちょいちょい炎上していた人物。ただ、選手会から怒られたのか、ある時期から発信をストップ

飯山晃三がSNS自粛。八百長・いじめ問題でお上からの圧力か?

息子「香川颯太・香川陽太」も競艇選手

公式画像香川颯太(125期)香川陽太(133期)
名前香川颯太香川陽太
登録番号5115(125期)5323(133期)
生年月日2000年2月4日2003年3月19日
身長/体重166cm/53kg166cm/58kg
出身/所属京都府/滋賀支部
デビュー日2019年11月19日2023年11月5日

2000年に長男(颯太)を、2003年に次男(陽太)を出産。2人とも両親と同じボートレーサーの道へ進んでいます。

長男の125期「香川颯太」は2019年11月にデビュー。2023年7月のびわこ一般戦で初優出を果たすと、コンマ02のトップスタートからまくり一撃。地元水面でうれしい初Vを達成しました。

次男の133期「香川陽太」は2023年11月にデビュー。実績はこれからですが、養成所ではリーグ勝率6.83・優出3回・優勝1回の優等生。期待のルーキーとして注目されています。

長男(颯太)が「金子七海」と結婚

香川素子とは?長男(颯太)が「金子七海」と結婚
香川素子とは?長男(颯太)が「金子七海」と結婚①

長男の香川颯太は、2023年12月に同期の「金子七海」と結婚。そして、金子七海の父親は福井支部長を務める77期「金子貴志」。

香川家・金子家の結婚により、姻戚関係にある選手がボート界に6人も。

香川家・金子家のボートレーサー
  • 金子貴志(3814/77期)
  • 飯山晃三(3906/80期)
  • 香川素子(3900/80期)
  • 香川颯太(5115/125期)
  • 金子七海(5116/125期)
  • 香川陽太(5323/133期)

こうして見ると、親・親戚などにボートレーサーがいれば合格しやすいのか?そう勘ぐってしまう自分がいる。たまたまかもしれませんが…

趣味は旅行・携帯ゲーム・パチスロ

香川素子とは?趣味は旅行・携帯ゲーム・パチスロ

香川素子の趣味は旅行・携帯ゲーム・マッサージなど。旅行は国内海外を問わず出かけており、ゲームやマッサージはレースがない日の良い息抜きになっているようです。

もう1つ、横西奏恵や細川裕子と「パチスロ部」を結成したことも。年代的に“4号機世代”ですかねw

保護猫活動は大切なライフワーク

競艇と同じくらい心血を注いでいる保護猫活動。

香川には持病がある愛猫を引き取って自宅で看取った過去があり「幸せな猫を増やしたい」という思いから、個人で保護猫活動を始めました。

香川素子とは?YouTubeチャンネル「もっぴー子のねこ部屋」

活動の様子は自身のXで見られる他、YouTubeチャンネル「もっぴー子のねこ部屋」でも公開中。

息子2人も協力しながら、多い時には12頭の保護猫がいたという香川家。今は猫たちのために賞金を稼ぐことが大きなモチベーションになっているのかも。

本人が運営するSNS(X・インスタグラム)

香川素子とは?ツイッターアカウント(@mokosouhina)

香川素子のSNSは「X(旧ツイッター)とインスタグラム」。それと、上記でも紹介したYoutubeを運用しています。

インスタは知り合いだけに公開しているため、斡旋予定や息子たちの近況、保護猫たちの情報はXかYoutubeでチェックしましょう。

デビューからG1優勝までの道のり

1997年5月のデビューから、2022年G1レディースチャンピオン優勝までの成績をまとめていきます。

デビュー2節目の下関で初勝利

デビュー節は1走目2着の後、6着が5本続いた香川素子。2節目は下関に場所を移しての男女W開催でした。

初日の第1レース、大外6コースからまくり差しを決めて1着。デビュー7走目での水神祭となりました。

初優勝は2005年8月の鳴門G3

デビュー初優勝を達成したのは、次男の出産から2年後の2005年8月鳴門女子戦。

予選を手堅くまとめて6号艇で優勝戦に進出。横西奏恵のイン戦という厳しい状況でしたが、田口節子がフライングで消えるまさかの展開に。

香川は波乱に乗じて1周1マークで艇団を抜け出し1着でゴール。運を味方につけた「恵まれ」により、8度目の優出で初Vを飾りました。

2020年住之江オールスターでSG初出場

香川素子とは?2020年住之江オールスターでSG初出場

2006年以降も多彩な技で優勝戦を制してきた香川素子。

実力に人気も伴う形で、2020年5月の住之江オールスターはファン投票29位で選出。43歳にしてSG初出場を果たします。

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます