ガチ勝てるおすすめの競艇無料予想

うまログ&ボーターズの黒幕は同じ?怪しい過去も酷似しすぎ

うまログ&ボーターズの黒幕は同じ?怪しい過去も酷似
新着情報
2024年3月23日

うまログのタコル・ゆうま・けんしろうが3人で動画配信!運営会社とのしがらみなど、3月23日公開の動画で語っています。視聴していない方は以下の動画で。

うまログ(Youtube動画)

2023年11月7日

けんしろうが自身のチャンネルを開設し、うまログの脱退理由を告白

2023年10月1日

うまログ「けんしろう」が脱退を表明

競馬系Youtubeで42万人超えの「うまログ」と、競艇系Youtubeで24万人超えの「ボーターズ」。

ともに業界トップクラスの人気チャンネルであり、各ジャンルで今最も勢いのある存在と言って良いでしょう。そんな「うまログ・ボーターズ」ですが…

裏で糸を引いている人間(会社)は同じかも。

そう思える事実がいろいろ発覚したので、個人的な考察と合わせて紹介していきます。

仮に黒幕が同じであっても、番組や演者を”悪”と認定している訳ではありません。

無料予想とは思えない的中&回収実績

蒼天ボート」をおすすめするのは…

  • 当たる無料予想がほしい
  • 一撃大回収を狙いたい
  • 投資コストはなるべく抑えたい

直近の検証で「的中率64%・回収率180%超え」の実績。ただ当てるだけでなく、収支に関してもすこぶる好調です!

本気で勝ちたいなら”ココ一択”で問題なし。

永久0円の”無料予想”からまずはお試しください。

気になる項目へジャンプできます

うまログ(旧タコル競馬)&ボーターズとは?

2つのYoutubeチャンネルを知らない方向けに、動画の内容やメインで活動している演者について解説します。

「うまログ」競馬系No.1チャンネル

「うまログ」競馬系No.1Youtubeチャンネル
アカウントうまログ(旧タコル競馬)
開設日2019年8月7日
登録者数42万人以上
総再生回数3,600万回以上
サブCHうまろぐ
ツイッターけんしろう
ゆうま

競馬予想や馬券勝負などを配信している「うまログ」。

開設日は4年以上前(2019年8月)になっていますが、うまログとして本格的にスタートしたのは2021年6月。それ以前は「タコル競馬」というチャンネル名だった過去があります。

タコル競馬を運営していたのは”タコル”さん。うまログに改名してからは、以下2名の演者が中心となって回していました。

うまログの演者「ゆうま・けんしろう」
出典:うまログ

けんしろう氏は23年10月1日の動画を最後に脱退しました

元々メンバーだったけんしろう氏は、元々大井競馬場でバレット(騎手のサポート)をしていた経験あり。ジョッキー志望だったとのことですが、体重が重くて断念したらしい。

ゆうま氏は、亀井有馬(本名)で俳優業をしていた人物。過去には教育関連事業を行っている「Z会」のテレビCMに出演した実績あり。

コメントお待ちしてます!

コメント一覧 (2件)

  •  中田さんの指摘は大正解です。競艇も競馬も競輪もオートも所詮射幸心によって成り立つものなので、企業がその資料を提供し時にはファンの購入をも操作して何の不思議もありませんから。「何百万儲けた」等の喧伝も当然の仕事でしょう。ただ、「けんしろう君の企業脱退」には全く同感しています。ファンの飛びつきそうな様々な企画(企業には必要不可欠)に対し、「馬が大好きで仕方ないこと」が心の根底にあり、馬の血統や距離の適正、レース展開、当日の出来不出来の見極めを繋げることが楽しくてたまらない、つまり「儲けることが最優先」になり切れないファンも多くいるのです。彼が返し馬を長くじっと見つめている姿は本当に美しい。競馬歴60年、タカマガハラ、オンスロート世代の爺は今ではばんえい競馬を中心に楽しんでいます。

    • コメントありがとうございます。

      けんしろうさんはガチの競馬好き。その人間を追い出したことは大きな損失であり、これまで以上にうまログが成長することはないはず。

コメントする

気になる項目へジャンプできます