ガチ勝てるおすすめの競艇無料予想

競馬で再び八百長疑惑…選手宿舎でスマホ使用し騎乗停止処分

競馬で再び八百長疑惑…選手宿舎でスマホ使用し騎乗停止処分

レース開催期間中に騎手6名のスマホ使用が発覚してから約1年後、再びファンを失墜させる同様の事件が起こりました。

事件が報じられたのは2024年5月31日。日本ダービー開催期間中の5月24~26日に渡って通信機器(スマホ)を不適切に使用したとして、美浦トレーニングセンター所属の騎手「水沼元輝(21)」が無期限の騎乗停止に。

以下はネットケイバが報じた内容。

水沼元輝騎手は24年5月24日~26日にわたって、美浦トレーニング・センターおよび東京競馬場の調整ルーム居室内に通信機器を持ち込み、使用していた事実が判明した。

騎手として重大な非行があったものと認められるとして、日本中央競馬会競馬施行規程第148条第2項により本事案について裁定委員会に送付するとともに、同条第4項により24年5月31日から裁定委員会の議定があるまで、同騎手の騎乗を停止することとなった。

引用元:netkeiba

水沼元輝の師匠「加藤和師」氏は自身のX(旧ツイッター)にて、31日の正午頃に謝罪文を投稿。

水沼元輝の師匠「加藤和師」が投稿した謝罪ツイート

加藤和宏です。加藤和宏厩舎所属の騎手、水沼元輝が絶対にやってはならないことをやってしまいました。

加藤和宏、厩舎スタッフ共々本当に申し訳なく思います。厳しく指導し信頼を取り戻せるよう精進します。

お世話になってるファンの皆様、水沼に関わってる全ての皆様、本当に申し訳ございませんでした。

1年前あれだけ問題になっておきながら、全く同じ過ちを繰り返してしまうとは…

スマホ使用=八百長」に発展する違反ですし、宿舎等へ絶対に持ち込ませない対策をなぜ講じないのか?

違反行為を犯した本人は問答無用に罰せられるべきですが、若手騎手を預かっている美浦トレーニングセンターおよびJRAの管理体制に難があるように思えます。

気になる項目へジャンプできます

事件を知ったファンの反応

今回のニュースを見たファンからは様々な声が寄せられています。

「誰にだってミスはある。ここぞとばかりに叩くはおかしい」といったコメントも一部見られますが、一般企業に勤めるサラリーマンなら”即クビ”になる事案です。

ましてや、競馬をはじめ公営競技に携わる騎手・選手たちは、国が発行する国家資格を有する者。

そうした立場である以上、我々一般人より厳しい環境であるのは当然のこと。

そのうえで、過ちを犯せば相当の厳罰が科されるべきであり、ファンが投票したお金で成り立っている。ということを自覚してもらいたい。

2024年5月に騎手6名がスマホ使用

事件を風化させないために改めて紹介しますが、今回と同じ”スマホ使用”は2023年5月にも発生しています。

違反を犯した騎手は以下の6名。

処分が下った騎手一覧(当時の年齢)
  • 河原田菜々(18)
  • 小林美駒(18)
  • 今村聖奈(19)
  • 角田大河(19)
  • 永島まなみ(20)
  • 古川奈穂(22)

ルール違反を犯したのは18~22歳の女性騎手。

競馬施行規程第147条19号「競馬の公正確保について業務上の注意義務に違反した者」に該当したため、6名全員に同じ処分が下されました。

そんな中、衝撃を受けたのが処分内容。他の公営競技で同様の行為を行った場合、6~12ヵ月以上の出場停止、もしくは引退勧告を受けても不思議ではありません。

しかし、スマホ持込みおよび使用に対する処分は…

30日間の騎乗停止処分

おそらく、過去の事例を参考にしたのでしょうが、公営競技全体で八百長が問題視されている昨今。30日間程度の出場停止で納得しないファンも多いはずです。

こんな軽い処分なら”やったもん勝ち”と思ってしまう騎手が現れても仕方ない気がします。

売上しか頭にないJRAに何言っても無駄だろうけど。

コメントお待ちしてます!

コメントする

気になる項目へジャンプできます